Londen さん プロフィール

  •  
Londenさん: rivergreen2nd
ハンドル名Londen さん
ブログタイトルrivergreen2nd
ブログURLhttp://rivergreen2nd.seesaa.net/
サイト紹介文鹿児島よりフライフィッシングとトレッキングのサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/08/08 10:40

Londen さんのブログ記事

  • しばらくたってみるとすぐに自分の間違いに気づく。
  • それでも、ある程度の妥協のあるところで「これで完璧!」とか思っていたのに、しばらくたってみるとすぐに自分の間違いに気づく。これは愚かなのか進歩なのか分からない。結果オーライな考えならよいのだけど、もしそうなっていたら全然ダメだっただろうなと判明している時点で、精神的に不安定(不機嫌)になる。年々そんなことが増えてくるようで、だんだんと自分が疑わしくなってくるのだけれど、大丈夫かな。こうやって短気な [続きを読む]
  • 秋のセイゴ祭りの模様です。
  • 自作ジグヘッドのテスト釣行です。ジグ単でホシセイゴ&メッキ見れなかった時は↓を 。【ジグ単でホシセイゴ&メッキ】私のようにフローティングラインで釣る時よりは若干泳ぐ層が下になりますが、カウントダウンで泳がせる層を自由に変えられるので、その点は有利です。フライでもシューティングシステム+シンキングラインで釣るのなら、これでほとんど同じことができている(できる)と思っています。フライも#10より [続きを読む]
  • この種は遅れてやってくるんでしょうか。養殖脱走兵かもしれない。
  • できたてほやほやのジグヘッドのテストに行ってきました。うちの場合(底を取ってからみたいな)一般的な使い方ではなく「フライと同じように釣るために」というのが発端となっていますので、ヘッドの重さに対する考えなども違うと思います。フックが大きくなると自重が増えますので、ヘッドはむしろ小さく軽く抑えなければなりません。実釣テストは秋のセイゴ祭りとなりました。結果、フライで釣る時とほどんど同じ確率で掛かるよ [続きを読む]
  • ジグヘッド製作2018秋。
  • 造りは夏と同じ。まとめて購入したコータックのアシストフック3種を使用。既製品のジグヘッドでは頭が重すぎるんですよね。ならばと一瞬、ビーズヘッドでいいんじゃないかと思ったけれど、さすがにそれはやっちゃいかん。釣り方がフライと変わらないので、ジグヘッドも近づいていっちゃうなーと。※写真は製作途中のものです。左よりフックサイズ#6#8#4。これだけ見るとラーバ(フライ)ですね。ずれ防止コブの半分をスレッ [続きを読む]
  • 常夜灯があって他の釣り人の来ない場所ってねえ。
  • 難問だ。うちはいつも昼間に魚を見ながら掛けるスタイルなんですが、最近の奥さんは夜釣りもやってみようかという気もあるらしく。①あまり遠くない場所で②常夜灯が海面まで灯りを落としていて③魚が寄る場所で④危なくない、他の釣り人が来ないところ(奥さんは他の釣り人がいると釣りをしません。)という事になる。私は先月の夜中に、一人で車を飛ばして常夜灯の灯っている場所を探して回ったんですが、灯っている場所は何か所 [続きを読む]
  • あきあじは秋鯵ではなかった。
  • 奥さんが「あきあじ最中」というお菓子をもらってきました。開封すると魚の形のもなかが出てきました。奥さん「これ全然アジっぽくないよねー!」私「サケだね。」奥さん「それって、どうなの?アジって書いてあるのにサケってダメでしょ。」私「あなた、あきあじって、秋に獲れる鯵って思ってない?」奥さん「違うの?」私「ちがうよ。」『アイヌの碑』萱野茂1980,1990 [続きを読む]
  • 奥さん本命あと一歩。
  • 奥さんのtailwalk slashboil+ジグ単での釣行報告。まずその前に、新しい釣り場を探すべく、マップ上でのみ確認している場所へ(ルート確認を含め)行ってみる。車を降りてみると風が吹いて海面もザップザップ。釣り人が2組いましたが、どちらも暇そう。潮が流れた時には色んな魚が寄るだろうなという場所で、今後に期待ということで見学だけで退散。どこもシケに違いないので、勝手知ったるいつもの場所へ行く。状況はやはりシケ [続きを読む]
  • 夕刻にまわる青物をきょうはジグ単で奥さんが狙います。
  • 購入したアジングロッドの実釣練習をしてきました。もう表層の時期が終わっているので、水平ではなく垂直の釣り、つまりジグ単での釣りです。適度なテンションを保ちながらフリーに落とし込んで(矛盾はしていない)その沈下中に魚に食わせる。これで大きなベラやフグ、カサゴなどが何匹か掛かって、抜き上げ方なども確認しました。奥さんのほうはいつものやり方がなかなか抜けず、ジグが落ちる途中でもうアクションをつけて引いて [続きを読む]
  • 少し上流で採取される百発百中のエサ生物と釣れる場所。
  • 満潮が夕食後の時間帯になってきたので、昨夜は久しぶりに近場の釣り場(フライの実験場)に行ってみました。毎度の事ながら中潮くらいじゃ水が上がり切らないです。小魚が群れていましたが、掛けてみるとコトヒキの子供。夏を過ぎる頃から浅場にはコトヒキが入りますね。セイゴは2匹しか見えませんでしたが、どちらもスッポ抜け。手を変え品を変え、実験をしてみると、夏場とフライは変わらない。変わらないものの夏に比べるとセ [続きを読む]
  • テールウォークのアジングロッド2本比較。
  • tailwalk PE-Z 80UL-AJtailwalk SlashBoil 80UL2本になりましたので簡単なデータを載せておきます。ガイドに関してはSlashBoilのほうがティップセクションに1つ多くなっています。PE-ZにおけるG7へ移る前にG6をもう一つ挿入したような形で、ガイド高もG6に準じます。掲載のガイド位置はガイドフットの立ち上がり位置を計測しています。カスタムの参考に!tailwalk PE-Z 80UL-AJ======================.. [続きを読む]
  • 愛妻リグ用のロッドを買いました。
  • 今、奥さんが使っているメインロッドはコレ。フッコだろうがヒラメだろうがマゴチだろうが問題なくとれています。たとえスレ掛かりだったとしても。今回、愛妻リグをより遠くに飛ばすために、なんだかよく分からない中から(よく分かっていないのは自分だよ)状態のいい中古品を一本買うことにしました。これです。tailwalk slashboil 80ULかなり前のモデルらしいですが、物が良くて?型落ちで安いなら、試してみるには良いかと。 [続きを読む]
  • 2018-11-09 湾外
  • 大荒れ。風強し。トップセイゴ終了か。単にシケのせいかもしれないけれど、現地の人の話だと先週以降入ってきていないとの事。辛くも奥さんルアーでヒラメの幼魚1匹。フライにはコンタクトなし。昨年の今頃はまだメッキも釣れている。 [続きを読む]
  • 「やっぱりアジでしたよ」と現物確認ができてよかったです。
  • んー、やっぱりアジでした。この夏に見つけたポイントがあるんですが、昼間から魚が見えてるような場所で、潮のタイミングでは青物が回ってくる場所です。前々回に跳ねるのをみてアジじゃないかなーと思って、話しかけられても「あの跳ね方はアジだと思うんですけど・・」と答えていたんですが、前回は6フィート#3ロッドで竿がのされてバラし、正体が分からず終い。今回は番手を上げて2匹目を無事釣りあげて、跳ねの正体が尺ア [続きを読む]
  • ジグヘッド用のフック購入。
  • 中古釣り具店にてコータックのフック(流れ品?)を買いました。フック形状、水平アイ、金色なんですけど、こういうフックは稀有です。バス用になると軸が細くてサイズも大きいのがほとんど。シャンク長とゲイプ幅のバランスが合わないし、クランクになっていたりする。餌用になると太軸で環が垂直だったり、鉤にネジレが入ってたりします。いずれも私が求める(愛妻リグ用の)フックではない。それ以前に価格が高くてビックリしま [続きを読む]
  • 重いジグを遠くに投げて「ここは魚が全然いない」と言われても返す言葉がない。
  • これは性格なんでしょうけど。奥さんなんかはビューーーンと遠くまで投げたいわけですよ。で、重いジグとかを投げて「ここは魚が全然いない」と言われても返す言葉がない。私としては、今いる魚を一匹でも釣ったほうが楽しいんじゃないの?と思ってしまうんですけど、奥さんはチマチマした釣りは好きではないので、最初からドーンと釣りたい。そしてそれが何度も続けばいいと思うのかもしれない。(まあ、そういう釣りを経験してい [続きを読む]
  • この仕掛けは釣れるということでOK!
  • 11月に入りまして、トップのセイゴも終わりかなーと調査を兼ねて行ってみました。あわよくばサイズがアップしてるんじゃないかという期待もこめて。奥さんは最近仕入れたシーバス用のルアーを色々と投げますが何の反応もなし。私は場所を少しずつ移動しながらフライで反応をみる。すると夏季は岸際の岩周りについているセイゴたちが川幅中程にいるみたい。そこまで確認したところで、場所を指定して奥さんに投げさせてみますが、 [続きを読む]
  • 水中から何かが上がってくるのって、飽きないものだな−。
  • 水が冷たくなってきて、ここらの釣り場では置き竿で一発狙いみたいな通常モードに戻ってきてて、表層人としてはかなり気が滅入る時期なのですが、そこで動画でも見て気分を紛らわせようかと・・見てて思うんだけど、水中から何かが上がってくるのって、人間飽きないものなんだな−と、もちろん自分をふくめ(笑)漁港の角から特大モンスターと遭遇ゆるしてね見れなかった時は↓を 。釣りスギ四平 漁港の角から特大モンスタ [続きを読む]