Londen さん プロフィール

  •  
Londenさん: rivergreen2nd
ハンドル名Londen さん
ブログタイトルrivergreen2nd
ブログURLhttp://rivergreen2nd.seesaa.net/
サイト紹介文鹿児島よりフライフィッシングとトレッキングのサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/08/08 10:40

Londen さんのブログ記事

  • じゃあ、あなたには教えてあげるからねえ・・。
  • 満潮が夕食後の時間帯になってきたので、昨夜は久しぶりに近場の釣り場に行ってみました。毎度の事ながら中潮くらいじゃ水が上がり切らないです。小魚が群れていましたが、掛けてみるとコトヒキの子供。夏を過ぎる頃から浅場にはコトヒキが入りますね。セイゴは2匹しか見えませんでしたが、どちらもスッポ抜け。手を変え品を変え、実験をしてみると、夏場とフライは変わらない。変わらないものの夏に比べるとセイゴもあまりフライ [続きを読む]
  • テールウォークのアジングロッド2本比較。
  • tailwalk PE-Z 80UL-AJtailwalk SlashBoil 80UL2本になりましたので簡単なデータを載せておきます。ガイドに関してはSlashBoilのほうがティップセクションに1つ多くなっています。PE-ZにおけるG7へ移る前にG6をもう一つ挿入したような形で、ガイド高もG6に準じます。掲載のガイド位置はガイドフットの立ち上がり位置を計測しています。カスタムの参考に!tailwalk PE-Z 80UL-AJ======================.. [続きを読む]
  • 愛妻リグ用のロッドを買いました。
  • 今、奥さんが使っているメインロッドはコレ。フッコだろうがヒラメだろうがマゴチだろうが問題なくとれています。たとえスレ掛かりだったとしても。今回、愛妻リグをより遠くに飛ばすために、なんだかよく分からない中から(よく分かっていないのは自分だよ)状態のいい中古品を一本買うことにしました。これです。tailwalk slashboil 80ULかなり前のモデルらしいですが、物が良くて?型落ちで安いなら、試してみるには良いかと。 [続きを読む]
  • 2018-11-09 湾外
  • 大荒れ。風強し。トップセイゴ終了か。単にシケのせいかもしれないけれど、現地の人の話だと先週以降入ってきていないとの事。辛くも奥さんルアーでヒラメの幼魚1匹。フライにはコンタクトなし。昨年の今頃はまだメッキも釣れている。 [続きを読む]
  • 「やっぱりアジでしたよ」と現物確認ができてよかったです。
  • んー、やっぱりアジでした。この夏に見つけたポイントがあるんですが、昼間から魚が見えてるような場所で、潮のタイミングでは青物が回ってくる場所です。前々回に跳ねるのをみてアジじゃないかなーと思って、話しかけられても「あの跳ね方はアジだと思うんですけど・・」と答えていたんですが、前回は6フィート#3ロッドで竿がのされてバラし、正体が分からず終い。今回は番手を上げて2匹目を無事釣りあげて、跳ねの正体が尺ア [続きを読む]
  • ジグヘッド用のフック購入。
  • 中古釣り具店にてコータックのフック(流れ品?)を買いました。フック形状、水平アイ、金色なんですけど、こういうフックは稀有です。バス用になると軸が細くてサイズも大きいのがほとんど。シャンク長とゲイプ幅のバランスが合わないし、クランクになっていたりする。餌用になると太軸で環が垂直だったり、鉤にネジレが入ってたりします。いずれも私が求める(愛妻リグ用の)フックではない。それ以前に価格が高くてビックリしま [続きを読む]
  • 重いジグを遠くに投げて「ここは魚が全然いない」と言われても返す言葉がない。
  • これは性格なんでしょうけど。奥さんなんかはビューーーンと遠くまで投げたいわけですよ。で、重いジグとかを投げて「ここは魚が全然いない」と言われても返す言葉がない。私としては、今いる魚を一匹でも釣ったほうが楽しいんじゃないの?と思ってしまうんですけど、奥さんはチマチマした釣りは好きではないので、最初からドーンと釣りたい。そしてそれが何度も続けばいいと思うのかもしれない。(まあ、そういう釣りを経験してい [続きを読む]
  • この仕掛けは釣れるということでOK!
  • 11月に入りまして、トップのセイゴも終わりかなーと調査を兼ねて行ってみました。あわよくばサイズがアップしてるんじゃないかという期待もこめて。奥さんは最近仕入れたシーバス用のルアーを色々と投げますが何の反応もなし。私は場所を少しずつ移動しながらフライで反応をみる。すると夏季は岸際の岩周りについているセイゴたちが川幅中程にいるみたい。そこまで確認したところで、場所を指定して奥さんに投げさせてみますが、 [続きを読む]
  • 水中から何かが上がってくるのって、飽きないものだな−。
  • 水が冷たくなってきて、ここらの釣り場では置き竿で一発狙いみたいな通常モードに戻ってきてて、表層人としてはかなり気が滅入る時期なのですが、そこで動画でも見て気分を紛らわせようかと・・見てて思うんだけど、水中から何かが上がってくるのって、人間飽きないものなんだな−と、もちろん自分をふくめ(笑)漁港の角から特大モンスターと遭遇ゆるしてね見れなかった時は↓を 。釣りスギ四平 漁港の角から特大モンスタ [続きを読む]
  • 首を一回横に振ると結んだフライのとこから切れています。
  • また切られてしまいました。先糸0.8号、フライが#16、ライン4番、少し遠めのシーバス。魚が分かっていればもっと太くしとくんですけど、普段からそんな100匹に1匹を狙うような釣りはしないから、まあ、喰っちゃったって感じですよね。一瞬、反転する魚体が見えたのですが、50センチくらいの幅広だったと思います。本来は切れない範囲で泳がせながらゆっくりとストレスを与えて寄せていくんですけど、たまたまラインを [続きを読む]
  • ホットになりそうなキーワードを2つ。
  • 奥さんにアカマイって知ってる?と聞いたら「ご飯に入れるやつ?」という答えでした。来年、再来年あたりホットになりそうなキーワードを2つ挙げておこうと思います。「サイバー保険」「アカマイ・テクノロジーズ」。もちろん「福島和可菜」さんは続けて推し!ということでお願いします(誰にだ)。先日もNHK BS「にっぽん百名山」で拝見したところでしたが、なんと今日、霧島の韓国岳に登られてるみたいです!うちからすぐ [続きを読む]
  • 責任を持ってダメにしていく?そうなるともう誰も何も言わなくなる。
  • 昔いた会社は(入ってから知ったんですけど)建物も土地も別会社のもので、従業員がいくら頑張っても収益は家賃と設備投資に回されてしまって給料にはちっとも帰ってこないんですよね。(そりゃそうです、土地建物がそうなら、発言権もそちらに相当ありますから。)毎年、大卒も採ってましたけど、そんなこと知ってか知らずか、キラキラしてる彼ら彼女らが気の毒というか目の毒というか、気付いた順に転職していくことになるんです [続きを読む]
  • 数えながらひたすら歩いて歩いて。
  • 何でも気付くのが遅い人間なので、やっとく事はできるだけ早め早めに、そうすれば幾らかでも気付くのが早くなって、まだいいのだろうと思うのだけど、一周二周、三周くらいしてやっと、事の本質が分かってくるような気がする自分は、なかなか他人様にはその遅さが理解されないようで、まだ社会に出たばっかでしょ?というような若い方にも、すぐに足元を見られるような、ほんと情けない話なのですが、ひっそり生きていこうと思って [続きを読む]
  • 川にいて小さくて平べったい魚。いつも外道扱いされてた魚。
  • ざらばん紙って伝わらないらしいですね。色の濃さや紙質も何段階かあっと思うのだけど。先生の行き来なのか、業者の違いか、元はおんなじだったのか。確かに「わらはんし」なら「わらばんし」と濁ったほうが口に出しやすいし、言い始めが「わ」なのは喋りづらいので、ざらざらした風合いと相まって「ざらばんし」になったかもしれない。昭和の和式便所に置いてあった紙・・あれは私の家では「ちり紙」だったんですが、隣の校区に育 [続きを読む]
  • やたらめったら知らない人ばっかしが書いててね。
  • 『山女魚里の釣り』芦澤一洋1989芦澤さんは15の川を記す動機をこう書いています。「この国の自然景観は美しいという教説と、この国の住人は、山川草木を愛する徳性をもっているという教説を疑うところからはじまっている。」釣り人ならではの生活視点というものが今どうなっているのだろうと思うことがあるんですが、あのちょっと辛辣で、ユニークな、ユーモアあふれる語り口がもし釣り場でしか聞けなくなるとすると寂しい。でも [続きを読む]