田中勝悟 さん プロフィール

  •  
田中勝悟さん: カウンセラーのつぶやき
ハンドル名田中勝悟 さん
ブログタイトルカウンセラーのつぶやき
ブログURLhttp://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/
サイト紹介文カウンセリングの仕事をしています。ここでは私が日頃感じたことや役立ちそうなことを紹介しています。
自由文いちおし記事
カウンセリングと薬物療法
当事者はいじめに気づきにくい
スクールカウンセラーは何者か?
心の弱い人がうつになるのか
選択理論とは?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/08/09 16:32

田中勝悟 さんのブログ記事

  • カウンセラーがすごいのではない。クライエントがすごいのだ。
  • 今回は自戒の念を込めて。カウンセリングでは時折、ものすごい展開を見せるケースがあります。また、カウンセラーが働きかけて、それでクライエントが良くなったというケースというのもあります。その時に、カウンセラー自身が「俺はすごいカウンセラーだ。だって、こんな風にクライエントを解決に導いてやったんだから」と思ってしまうと、それは大きな誤りです。カウンセラーの働きかけによって、クライエントが動いたから、ケー [続きを読む]
  • 傾聴・共感=カウンセリングではない
  • こんにちは。久しぶりの投稿です。カウンセリングとは、傾聴・共感が大切ですが、傾聴・共感=カウンセリングというわけではありません。もちろん、私もカウンセリングを学び始めたときは、必死に傾聴・共感の練習をしました。しかし、経験を積むうちに、それらはクライエントの支援のツールとして使うもの・・・という風に認識が変わってきました。心理カウンセリングの目的は、心理的な知識や知見を使って、クライエントの援助を [続きを読む]
  • 自分がないのが一番の強み
  • 久しぶりの投稿ですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?私は毎日忙しく、楽しくやっています。ただ、こういう状態なので、カウンセリングの依頼が来るのですが、お断りするしかない状況です。本当に申し訳ないです。最近思うのですが、私は本当に「自分というのがないな」と思っています。自分自身の考えがないというか、自分というのがないです。でも、それが自分の一番の強みではないかと、最近は強く感じるようになりました [続きを読む]
  • 公認心理師現任者講習のテキストは買いましたか?
  • 先日、公認心理師現任者講習のテキストをAmazonネット注文しました。↑ するとAmazonのホームページに飛びます。4000円はするので、結構お財布が痛いのですが、試験対策のために買いました。公認心理師の試験はおそらく1回目なので、そこまで頑張らなくても合格しやすいのではないかと思います。ただ、油断は禁物なので、やはり試験勉強はある程度した方がいいでしょう。ちなみに、試験内容は事例問題がたくさん出ると [続きを読む]
  • 人生一度くらいは崩れてもいいと思う
  • 先日の選択理論心理学研究会の中で、「うつで休職する前に、それを防ぐ方法はなかったのか」という議論がありました。私たちの人生では、絶えずいろんなことが起こります。うつで休職したり、夫婦関係がうまくいかなくなって離婚したり、仕事を首になったり、子どものトラブル、ご近所トラブルなどなど。こうしたことを防ぎたいという気持ちを持つのは至極当然です。ただ、大切なことですが、選択理論を学んだからと言って、勉強を [続きを読む]
  • カウンセリングをすると元気になる。
  • 最近、「自分って本当にカウンセリングしか能のない人間だなあ」と思ってしまいます。というのも、今の職場はうれしいことにカウンセリングをする機会をいただいているのですが、カウンセリングを一週間していないと、メンタルがかなり崩れてしまったのです。やはり、自分にとってカウンセリングは生活の一部というか、人生の一部なんだなと心から思いました。私の場合、カウンセリングをするととても元気になります。選択理論で説 [続きを読む]
  • 昨日は神戸支部研究会で事例検討をしました。
  • 昨日は神戸支部研究会でした。今回の研究会は少し趣向を変えて、4年前に私が選択理論心理学会で発表した事例を提供し、参加者で討論をしました。久しぶりに自分の事例を読み返したのですが、感想としては「教科書のようにきれいな事例だったな」です。まあ、学会で発表する事例なんで、ある程度きれいなものを選ぶのですが、自分でもびっくりするくらいきれいにクライエントが良くなって終結していて、たぶんリアリティセラピーの [続きを読む]
  • 不登校親の会くろーばーのホームページをリニューアルしました
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。先週、インフルエンザに罹ってしまい、なかなかブログの更新ができませんでした。実はその前から「不登校の子どもと親を応援する会」のホームページのリニューアル作業をしていて、やっと一通り終わりました。前回の分と一番違うところは、なんといっても過去のメルマガが読めるようになったことです。また、今後は親の会の様子をお伝えしていき、どんな感じなのかがわかりやすいように工夫 [続きを読む]
  • 発達障害の人でもカウンセラーになれるのか?
  • 発達障害の人でもカウンセラーになれるのか。※ここでの発達障害とはADHD、アスペルガー障害、LDといったひと昔でいう軽度発達障害を指します。例えば、アスペルガーの人は相手の気持ちに共感することがなかなかできないので、カウンセラーに不向きであるイメージがあります。また、発達障害の人は能力に偏りがあるので、常識的に知っていることを知らなかったり、周りの雰囲気でどうすればいいかをつかみ取る感覚にかけているとこ [続きを読む]
  • 不登校親の会くろーばーの特徴
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。私は現在不登校親の会くろーばーの代表をしています。おかげさまで1年以上も続けることができました。パートナーの湊さんにも本当に感謝しています。私は長年、スクールカウンセラーと病院で働いてきました。その中で、不登校の子供と関わった経験をたくさん持ち、湊さんの声掛けもあり、不登校親の会くろーばーを立ち上げました。不登校は年々増えています。文科省のデータでは「一時期不 [続きを読む]
  • 臨床心理士の資格更新が無事に提出できました。
  • 先日、やっと臨床心理士の資格更新の書類の提出が無事に終わりました。これで資格を取って10年たちましたが、まだ無事にさせていただけることに感謝です。ただ、今回は研修ポイントがなかなか溜まらず、本当に苦労しました。この5年間は本当にいろいろありましたね。派遣アルバイトで妻を養ったり、嘱託公務員と非常勤を複数掛け持ちして家計を維持したり、よく耐えれたなと思います。今は正社員の場で働かせていただいているので [続きを読む]
  • カウンセリングはクライエントと「箱庭」を作るように聴く
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。カウンセリングの聴き方ですが、よく「クライエントの感情に寄り添って」とか「クライエントの気持ちに共感して聴くように」と言われますが、これって非常に難しいやり方だなと思います。もちろん、そのやり方にセンスがある人はそれで構わないのですが、私みたいに臨床のセンスがない人は、それだけだと「どうしたらいいんだろう?」と余計戸惑ってしまいます。「クライエントの話をどう聞 [続きを読む]
  • カウンセリングの基本は上質世界
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。今回はカウンセリングについて、お話をしたいと思います。私は選択理論心理学をベースにしたリアリティセラピーを中心に、他の心理療法を組み合わせて、カウンセリングを使っています。リアリティセラピーは10年以上も使い続けているので、私の中では切っても切り離せない存在です。今でも冗談半分でいうのですが、リアリティセラピーに出会わなければ、もうすでにカウンセラーの仕事はや [続きを読む]
  • 心が強い人についての特徴
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。最近ブログの投稿が頻繁になっていますが、これは予約投稿です。このブログが公開されているときは、私は仕事をしていると思います。さてさて、今回は心が強い人についてお話をしたいと思います。心が強い人というのは、どんな逆境でも耐えられる・・・という人ではありません。また、どんな手段を使っても他人を不幸に陥れても心が痛まない人でもありません。心が強い人というのは、いろん [続きを読む]
  • 人生は自分磨きの連続である
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?カウンセラーとして生きてきましたが、「もう生きるのが嫌だ」と思ったことはたくさんあります。カウンセラーはメンタルヘルスの専門家ですが、だからといって心を病まないというわけではありません。そもそもメンタルヘルスを勉強しただけで、心が強くなるのであれば、この世からうつ病なんてなくなっているはずです。それくらい人生ってしんどいことの連続だと思います。しんどいこと、苦 [続きを読む]
  • スクールカウンセラーに向いている人ってどんな人?
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?今年度の目標は週に1回は必ずブログの更新をするということを目標にしている今日この頃です。これが達成できるといいなあと思っています。さて、私は長年スクールカウンセラーをしてきて、今は福祉の方で働いています。ちなみに正社員です。今の仕事についてから、思うのはスクールカウンセラーに向いている人についてです。スクールカウンセラーに向いている人というのは、組織の視点で動 [続きを読む]
  • ケースワークとカウンセリングの違い
  • こんにちは。今回はケースワークとカウンセリングの違いについてお話をしたいと思います。どちらも相談支援という枠組みでは同じものなのですが、理論背景や専門性は全く異なります。  まず、ケースワークとは社会福祉士や精神保健福祉士が行うものです。一方でカウンセリングとはカウンセラーが行うものです。ケースワークの基盤は法律です。DV防止法や児童福祉法、障害者福祉法など、福祉の法律に基づいて相談を受けます。その [続きを読む]
  • 勉強が苦手な子供に勉強を教える方法とは?
  • こんにちは。今回は勉強が苦手な子供に勉強を教えるための方法についてお伝えしたいと思います。このやり方は発達障害関係なく、多くの子どもに有効な方法です。私たちは、「なぜ、わからないのか?」と聞かれると委縮してしまいます。よく「なんで?」と言われ続けると、子どもは自信を無くすといわれていますが、これは半分間違いです。「なんで?」と言われ続けると、子どもは自信を無くすのではなく、「どうしたらいいのかよく [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • 新年あけましておめでとうございます。今年の新年は実家に帰って、ゆっくりと過ごさせていただきました。英気を養ったので、明日からの仕事は頑張れそうです。昨年は私にとって試練の年でした。そのかいあってか、いろんな経験を積ませていただけ、いろんな人の思いや考え方を知ることができ、よい勉強になりました。私自身、まだまだ中途半端な人間ですが、こうしていろんな方たちと知り合い、一緒に学ばせていただき、成長させて [続きを読む]
  • 公認心理師の勉強がなかなかできない・・・
  • 皆さんいかがお過ごしでしょうか。最近は仕事が多忙でなかなか公認心理師の勉強ができない状況です。このブログも予約投稿で書いています。まあ、こんなブログを書く暇があれば、はやく勉強しろということなのですが、まあ一言でいえば、勉強をする気力がなかなかでないというところですかね。仕事はいろんなことを学べるのでとてもありがたいですが、本当に時間を見つけて勉強をしないといけないなあと思います。公認心理師を目指 [続きを読む]
  • 自分がカウンセラーに向いているのか悩む
  • こんばんは。いかがお過ごしでしょうか?最近自分がカウンセラーに向いているのか悩んでいます。もちろん、カウンセリングは結構してきましたし、なったかたもたくさんおられます。しかし、時おり「自分のカウンセリングは自己満足ではないか」と思うときがあるのです。本当にクライエントのためをおもっているのか、自分はカウンセリングをするに足る人間かを考えてしまいます。自信を持ってカウンセリングなんて到底できません。 [続きを読む]
  • 自動リボ払いの怖さを思い知った・・・借金地獄に陥るところだった
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。最近、楽天カードにすべてを一任するようにしたのですが、どうも毎月6千円ほどしか引き落としがなく、「なぜ、あんなに買ったのに毎月こんなに安いんだ?」と不思議に思っていました。そこで、ホームページを隅々まで調べると、「自動リボ」という項目を発見??????????「自動リボってCMで聞いたことがあるけど何だろう?と思って調べてみると、かなり仰天しました。前に買った商 [続きを読む]
  • クライエントは裁かずに赦して関わること
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか上記の言葉は、私がリアリティセラピー上級講座で、講師の柿谷先生より教わったものです。また、師匠からも何度も言われてきた言葉です。最近になって、「裁かずに赦すこと」というのは非常に奥深く、意味の多い言葉だと改めて思うようになりました。カウンセリングで一番まずいのは、クライエントの話を聞いて「なんてダメなクライエントだ」と裁いてしまうことです。裁くことで、カウンセラ [続きを読む]