軍土門隼夫 さん プロフィール

  •  
軍土門隼夫さん: 追憶の名馬61
ハンドル名軍土門隼夫 さん
ブログタイトル追憶の名馬61
ブログURLhttp://gundomon2.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文競馬ライター軍土門隼夫のブログ。本業の競馬ネタの他、川崎フロンターレの話も。
自由文『優駿』などで執筆中の競馬ライター。川崎フロンターレのファンでもあるため、週末は競馬場やら等々力やらで大忙し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/08/12 22:23

軍土門隼夫 さんのブログ記事

  • ルヴァンカップ敗退と現在地
  • ルヴァンカップ、敗退しちゃった。1st.legが1-1で、五分かそれよりわずかに有利な条件で迎えた2ndが1-3。「内容より結果」のカップ戦トーナメントで、まさに90分の内容じゃなくゴールに直結する結果の部分の差を見せつけられた、という感じのゲームだった。今思えば、1st.legからして、内容はすごく良かったのに決定力不足で結局1-1という結果になったこと自体が、そういうことだったのかな、と思うわけだけど。ちなみにカシマスタ [続きを読む]
  • 仙台戦と天皇杯・湘南戦
  • 仙台戦、いやー暑かった。ほんとに暑かった。蒸し暑すぎた。たぶん今年いちばんだった。夜とはいえ真夏のスポーツ観戦は、ドーム的なスタジアムじゃない限りしんどい。で、それ以上に選手はしんどくて、そのしんどさを眼の前で、心底共感しながら見られるというのが真夏のスポーツ観戦というか応援の醍醐味の一つなんだけど、それにして暑かったなあ。とんでもない量の汗かいた。ゲームは、最近多い、内容は完勝、でもスコアや展開 [続きを読む]
  • ゴールドシップと札幌記念と「そだね〜」
  • 週末、北海道へ。さすが涼しいぜ!といい気持ちになってたら、東京も驚くほど涼しくなってたとか。ちえっ。ビッグレッドファームにいるゴールドシップは、じつは引退以来いちども見てなかったので、2年半ぶりくらいの再会。こういうの、ほんとうに昔の友達に会ったような気持ちになれるんだよね。見学に来ている旅行中のファンもたくさん、ひっきりなしに訪れていたのにびっくり。馬房で食事してるところを写真撮ろうとしたら、「 [続きを読む]
  • 鳥栖戦とトーレスと学のドリブル
  • 鳥栖戦の日は、長野県の上田電鉄で使われていた昔の東急電鉄の車両を陸送させて里帰り的な、いやすごいことなんだろうけど、個人的にはどうしても興奮するまではいかなくて微笑ましいねっぽい反応しかできないイベントだったんだけど、好きな人たちにとっては、けっこう目新しい出来事だったようです。肝心のサッカーの方の注目は、元スペイン代表のフェルナンド・トーレス。そろそろ、もうちょっと望遠のきくデジカメ買おうかな。 [続きを読む]
  • お盆と花火と家長
  • 清水戦、行ってきました。お盆初日の8/11(土祝)。新幹線を早めに予約しておいたおかげでなんとか普通に到着できたけど、交通費節約のため東海道線で来た人に聞いたら、なんと小田原から清水までいちども座れなかったという。いやあ、衝撃だ。そういえば、新幹線は3人がけの2席だったんだけど、残る1席は幼児を抱いたお母さんで、幼児が「パパは?」と訊くと、「パパは1番から5番のどっかに乗ってるんだよー」「えー、行きた [続きを読む]
  • 猛暑とエアコン
  • いろいろあって更新ご無沙汰しているうちに、夏も半分くらい終わっちゃった。いろいろの一つは、エアコンが壊れて、慌てて新しいのに換えたこと。いやあ、焦った。なんかで読んだけど、いきなり壊れて困るものベスト3ってのは、冷蔵庫、(風呂の)給湯器、そして近年赤丸急上昇なのが、猛暑のときのエアコンらしい。じつは給湯器は数年前に壊れて、やっぱり慌てて新しいのにしたので、あとは冷蔵庫のみ。壊れる前にちゃんと買い換 [続きを読む]
  • キタサンブラックと帝王賞とW杯と移籍
  • 先月は放牧地にいなくて会えなかったけど、今月はやっと会えた。キタサンブラックの話ね。去年の年末の有馬記念を勝って、すぐ種牡馬入りして、いきなり新生活が始まって、ようやく新しい仕事が一段落するかなというタイミングのキタサンブラックは、まだまだ種牡馬というよりは、現役の競走馬みたいなスッキリした体つきを保っていた。ちょっと調教すれば、すぐまた筋肉が張って走れるんじゃないかという感じ。まだ引退から半年く [続きを読む]
  • 『優駿』7月号とW杯
  • 『優駿』7月号が今日、6/25発売です。連載の「武豊語録」の他、ダービーを勝ったワグネリアンの記事を書かせてもらってます。記事は、ノーザンファームで繁殖、中間育成、育成の各担当者と場長に取材したもの。軽やかな回転のピッチ走法。走るというよりは、まるで滑るように小柄な馬体を前へと運ぶ軸のぶれないフォーム。福永祐一が「あの体格の馬ができるレースじゃない」と驚き、称賛した、ダービーでの一途な頑張り。そう [続きを読む]
  • ユニコーンSとワールドカップの初戦
  • いやあ、やっとというか、ついにというか、ようやくというか、どうにかというか。ギリギリでスケジュールが重ならない程度に、自転車操業的にやるべきことが連続していた日々が、一応の区切りを迎えた。というわけで、ゆっくりユニコーンSを楽しんだり。帰ってやらなきゃいけないことが特にない競馬場は気が楽だなあ。ルヴァンスレーヴは、足抜きのいい湿ったダートも合ったんだとは思うけど、それにしても破格の強さだった。で、 [続きを読む]
  • 天皇杯2回戦とキタサンブラック不在
  • 馬主さんや牧場の取材とか立て続けのG1とか天皇杯2回戦とか、考えてみればGWあたりからずーっと続いていた自転車操業的スケジュールもいよいよ終わりが見えてきた。天皇杯2回戦、まあいろいろ語りたくなるところだけど、そういうのひっくるめてざっくり、前後半の選手のテンションの違いがこのゲームの見どころだったのかなと思う。前半、最初はエウソンの仕掛け方が相手をナメてるようにも見えたんだけど、あれはじつは違って [続きを読む]
  • ガーナ戦とロシアW杯の23人
  • ロシアW杯でプレーする選手、決まったねえ。GK川島永嗣(メス)東口順昭(ガンバ大阪)中村航輔(柏レイソル)DF長友佑都(ガラタサライ)槙野智章(浦和レッズ)吉田麻也(サウサンプトン)酒井宏樹(マルセイユ)酒井高徳(ハンブルガーSV)昌子源(鹿島アントラーズ)遠藤航(浦和レッズ)植田直通(鹿島アントラーズ)MF長谷部誠(フランクフルト)本田圭佑(パチューカ)乾貴士(エイバル)香川真司(ドルトムント)山口蛍( [続きを読む]
  • 2018年ダービー
  • 今年もダービーが終わった。有馬記念にはもちろん独特の「終わった」感があるけど、ダービーには、それとはまたぜんぜん違う「終わった」感がある。うまくいえないけど、終わって「どっと疲れる」感じ、放心しちゃうような感じは、断然ダービーだ。今年のダービー馬はワグネリアン。福永祐一がデビュー23年目、19回目の騎乗でついにダービーを勝った。祐一が初めてダービーに乗った1998年、僕は競馬雑誌編集者だったけど、本馬場入 [続きを読む]
  • 柏戦とヴィクトリアマイル
  • 例によって土曜は日立台でレイソル戦、日曜は東京競馬場でヴィクトリアマイルという、芝生のハシゴ酒。いや日曜の酒は仕事後ですよ一応。土曜はとにかく暑かった。最高気温は25℃くらい、ゲームの公式記録では23.6℃ってことになってるけど、いやそれなんかの間違いだよってくらい暑かった。日が陰ると急に一瞬、涼しい感じになってたから気温自体はそんなもんだったんだろうけど、直射日光の破壊力はマジですごかった。で、勝敗を [続きを読む]
  • FC東京戦と毒舌と焼肉
  • せっかくこのゲームのために仕事を頑張って終わらせたのに。もう、とっとと風呂入って寝たいので、ざざざーっと雑にいきます。「雑」宣言。宣言すれば許されるのかという話ではあるけど。まず、なんかいきなりターンオーバーしてきたけど、これはどこをどう考えても浦和戦でやるべきことだった。FC東京のドン引き長谷川健太サッカーでは、ドリブラーの学はスペースがなくて仕事ができない。入れるなら、バイタルを横切るようなドリ [続きを読む]
  • 浦和戦の緊迫と金箔
  • GWなんてなんのその。いや言葉の使い方ちょっと間違ってるか。なにぶんGWなんて関係なく、仕事がバタついてるので、簡単に。浦和戦は、いやあ、いろいろひどい試合になった。ソンリョン退場の奈良GKというのは、そんな中で選手にもサポにもやぶれかぶれな一体感を醸し出して、それはそれで面白い体験だったとは思うけど、でも大事なリーグ戦の34試合の中の1つということでは、自ら無駄にしてしまうようなゲームだったと思う。多く [続きを読む]
  • 関西3泊4日で神戸戦と天皇賞・春
  • いやー、さすがに疲れた。そもそも、4/26(木)に日帰りで関西の牧場取材が入って、その時点で3日後の京都の天皇賞・春のためにまた日帰り往復するのはしんどいなあ、でもしょうがないよなと思って新幹線を取っておいたら、4/27(金)にも栗東での取材が入った。おお、これは1泊のみならず2泊すれば、4/28(土)の神戸でのアウェイ戦が見られるじゃないか! もともと諦めてたのに!いやいや、2泊のみならず3泊すれば、そのまま天 [続きを読む]
  • 鹿島戦と怪我
  • 鹿島戦4-1の大勝、決して得点差がついたからというんじゃなく、なんというか、見ていて楽しくて、気持ちの入りまくる、ものすごくいいゲームができた。そしてそれは間違いなく、3日前のACL蔚山戦があったからからこそ実現されたものなんだろうな、と、ゲームを見ているだけで強く確信できるものだった。試合前は、小宮山の引退の挨拶があった。コミ、本当に大好きな選手だった。怪我がなければ今ごろは代表入り争いくらいしていた [続きを読む]
  • ACL蔚山戦
  • いやあ、中2日だと、感想をまとめてるヒマすらない。バタバタしてたらあっという間に次の試合だよ。でも、このゲームのことだけはちょっとでもいいから記しておきたいなと。周囲の誰に聞いても「楽しかった」という感想が出てくるゲームなんて、そうあるもんじゃない。ましてや、引き分けたのに。もちろんそれは、敗退が決まっているカップ戦の消化試合で、普段出場機会のない選手によるゲームという特殊な状況がもたらしたもので [続きを読む]
  • 皐月賞とアウェイ仙台戦
  • 皐月賞は、見た目以上に馬場と枠順が影響しまくったレースだったと思う。5番枠までの5頭はみんなスタートで前に進めなくて後方。勝負どころから直線もインは下が柔らかいから、外を回るしかない。ロスだらけの競馬しかできなくなっちゃってた。結果を見ても、結局上位の馬はみんな重馬場が上手、あるいは味方にできるというか、そういう馬ばっかり。思い切ってそっちに全振りした予想ができなかったのは、先行馬が多くて、展開も [続きを読む]
  • セレッソ戦のがっかりと希望
  • セレッソ戦、楽しみにしてたんだけどなあ。いや、前半はある程度、期待通りだったともいえた。知念はすごく良かったしゴールも決めた。大島のボール捌きは格が違うレベルだったし、嘉人も、とりあえずボールにたくさん触って「サッカー」をしてた。でも、時間とともに良くないところも目につくようになってきたし、何より、セットプレーで短い時間に連続失点というのは、なんというか、萎える。嘉人は、押し込む展開だと楽しそうで [続きを読む]
  • 桜花賞とマリノス戦とハリルホジッチ解任
  • 4/8(日)は阪神競馬場で桜花賞。。。ではなく、日産スタジアムのマリノス戦に行ってました。桜花賞は馬券は買ってあって、発走はキックオフの20分くらい前。試合前の練習やスタメン選手紹介なんかがあらかた終わった「待ち」の時間にワンセグで観てた。アーモンドアイ、ありゃ規格外の強さだね。スタートは相変わらず悪いし、ギアが2個しかなくて、じわっと上がっていけない感じはいかにも短距離血統なんだけど、それを補って余 [続きを読む]
  • 広島戦の誤審と嘉人先発時の成績
  • じつは花見らしい花見ってほとんどやったことないかもしれないというくらいなんだけど、こうやって、たまたま出かけた先で満開の桜を見るのは、なかなかいいもんだなといつも思ってる。この日は等々力だったけど、次の日には阪神競馬場で同じように花を見て楽しい気持ちになれたし、この両方での偶然の通りがかり的な花見は、だいたい毎年、体験してる。でも、そんな気持ちも、ゲームが終わったらふっとんじゃった。僕は個人的には [続きを読む]
  • 『優駿』4月号と日本代表
  • 少し告知が遅れたけど、『優駿』4月号が発売になってます。今回、書かせてもらったのはフェブラリーSのレポートと、連載の「武豊語録」、そして桜花賞と皐月賞の特集。桜花賞と皐月賞は、レースまでまだ日があるので、読んだ方の参考に少しでもなれば。で、さっそく話は変わっちゃうけど、サッカー日本代表のゲームを2つ見た。冴えないなあ、というところでは概ね世の中の意見と同じ。問題はどうして冴えないのかで、ハリル [続きを読む]
  • ガンバ戦と家長無双
  • ガンバ戦、圧倒的な内容で完勝だった。3日前のACLメルボルン戦も、引き分けたけれど内容は良くなっていて、ボールを握って速攻、遅攻を織り交ぜて攻めまくるサッカーができていた。2失点はたんなる不運とは言わないけど、間が悪かったというか、チームの方針自体を修正しなくちゃいけないようなものじゃなかったわけで、だからここはじっと我慢して「やり続けた」ことがよかったんだと思う。とはいえ、何も変えないわけじゃなか [続きを読む]
  • シャープペンなくした
  • 唐突だけど、僕はシャープペンが好きだ。筆記具の中でも、かなりの上位にランキングされている。いや、ランキングなんて作ったことないけど、でもたぶん、間違いなく上位に入る。っていうか、1位だと思う。優勝だ。昨年、フロンターレは悲願の初優勝を飾ったけど、僕の中のシャープペンは、もうずっと1位だ。連覇だ。というか、たぶん40連覇はしてる。なぜかみんな、大人になるとシャーペンを使わなくなる。でも僕は、ページレイ [続きを読む]