大空澄人 さん プロフィール

  •  
大空澄人さん: 続 いのちの波動
ハンドル名大空澄人 さん
ブログタイトル続 いのちの波動
ブログURLhttp://susanoo1948.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分とは何者か、人は何のためにこの世に生まれてくるのか。
自由文自分の体験をもとに楽しみながら真理の探究をしてきました。人生も後半にさしかかりこれから出来ることは限られてくるとは思いますが、自分がこれまでに見つけたものを大切にして生きていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/08/14 17:58

大空澄人 さんのブログ記事

  • 霊的意識の発動
  • 覚醒が進むほど心の中で霊的意識の占める割合が多くなる。日常生活において雑多なものに心が捉われてもすぐに霊的意識が発動してくるようになり、平穏な状態に戻れる。不安や心配の念は消える。 [続きを読む]
  • 神性の芽生え
  • 一人一人の人間には一つの方向性が植えつけられていて人生のどこかでそれが現れてくる。その時期はそれぞれ違う。遅れてもいつかは発現してくる。それは神の種子であり今生の人生において芽を出さなかった場合、次の生で現れてくる。 [続きを読む]
  • 魂で読む
  • 理屈が多過ぎると真理の吸収、理解を阻害する。何故なら理屈は物質世界の事を表現するもの。言葉もそうである。真理は物質を超えたものであり、理屈にこだわる事は真理の理解に限界を設けることになる。霊言などを読む時は理屈で読むのではなく魂で読むことが大切である。そうしないと本当に身に付いたものにはならない。 [続きを読む]
  • 心を一つにして
  • あなた方(真理の普及に勤しむ人達)の務めが出来るように常にこちらから守っています。他から害されることのないようにガードしています。その絆はこの世の人間社会におけるものよりもはるかに強固なもの。決して裏切ったり見捨てたりするようなことはありません。互いに心を一つにして進んでいるからです。 [続きを読む]
  • 自分の道を楽しんで
  • 真理の道を楽しみなさい。楽しくなければ続かない。楽しいと感じるものが自分の道。人生は短いもの。人間は60年この世で過ごしてもその内の三分の一から四分の一は寝ているのでその時はこの世にはいないのと同じ。なので60年生きても実際には40年ほどしか過ごしていない事になる。 [続きを読む]
  • 悟りを見る指標
  • 悟りの度合いを試すにはこれまで嫌と感じていたものに相対してみればよくわかるだろう。以前と変わらないならあまり進めていない。以前ほど感じなくなっていれば進歩があるということだ。 [続きを読む]
  • 親愛の情
  • 霊力の通路になる人間は霊界にとって必要な道具なので大切にされ守られ、親愛の情で包まれます。あなたが暖かいものを感じるのはこちらの親愛の情なのです。あなたが無用の危害を受けることのないように守っています。常にこちらの声を聞きながら進んでください。 [続きを読む]
  • 面白くない所へは行かない
  • 霊界に進んだ人達は気持ちの良い波動のなかで生活している。この世のように心を乱されるものがない。この世の人間より遥かに幸せなのである。そういう環境にいる者がこの乱れた地上に帰りたいと思うだろうか?何かの事情がなければそうは思わないだろう。人間は面白くない所に行きたいとは思わないから。 [続きを読む]
  • 大霊は万物の親 
  • 大霊からのエネルギーを取り入れることが出来れば何一つ不可能な事はない。全ての病気は治る。取り入れる事が出来るか否かは自分の霊的成長次第である。大霊は生命エネルギーそのものであり、全ての生きとし生ける者の親であるから。 [続きを読む]
  • 心で触れ合う
  • 今年の2月初旬、朝の瞑想の時にYさんが現れた。そして「霊界ではお互いの目を見つめ合うと考えていることがわかるので言葉を交わす必要がないのです」と言う。このメッセージはもちろん地上の言葉ではなくインスピレーションとして受け取ったものである。この事は地上の言葉では表現することが出来ない。事実Yさんがすぐ傍に来ていることを感じてとても暖かいものを感じたが、これまた地上の生活においては無いものである。Y [続きを読む]
  • 霊的成長とこの世の雑事
  • 無用な心配をする癖は日頃の雑事、地上特有の生活形態から生まれる。それらは常に変化し続けて定まる事がないからである。その中で一緒になって回り続けている限り抜ける事は出来ない。自分が霊的に成長して行けば高い波長で生きられるようになり、次第にそういうものの影響を受けなくなる。雑事の処理をしながら高い心境を維持出来るようになる。 [続きを読む]
  • この世を旅する時の持ち物
  • この世の雑事は大したことは無い。機械的に対応して行けばよいものばかりであり、人生を左右するようなものではないから重大に考える必要はない。旅行の時の荷物、身にまとう衣類のようなもの。要するにこの世を旅する時の持ち物と考えればよい。 [続きを読む]
  • 目覚めると守られる
  • 霊的に目覚めると自動的に守られるようになる。それまでは霊的エネルギーを受け入れることが出来なかったのである。目覚めると言うことは人間本来の姿になれたということ。それまでは本当の人間の姿をしていなかったという事になる。 [続きを読む]
  • 瞑想とは自分を知ること
  • 瞑想をすることの意味は一言で言って自分を知る事。それによって自分の本体が肉体以外にあることに気付く。自分は霊である事を身を持って知ることが出来る。広い世界があることを体験する事が出来、それまでに比べて視野が格段に広がることになる。 [続きを読む]
  • 霊的真理は最大の財産
  • 霊的真理に通じることは何よりも大きな財産となる。それを知ることなくこの世を去った者の何十倍、何百倍もの速さで霊界で進歩していくことになる。無知な者が地上時間で何百年もかかるところを一瞬にして駆け抜けることになるからである。地上に居ながらにして魂の浄化が進む事と地上界、霊界を通してのナビゲーションシステムを備えているからである。 [続きを読む]
  • 肉体の制限 
  •               夏の瀬戸内海肉体は脆くて壊れやすく、人はその維持に人生の大きな部分を費やしている。そこに宿る霊は直接この世の変化を受けないが肉体が先に参ってしまうから行動を共にしなければならない。本当は人間の行動はその事により大きな制限を受けている。肉体優先になっている。その事に気付くことなく一生を終える者が多い。気付いた者は気付かぬ者よりも霊的に進んでいることになる。 [続きを読む]
  • 棲み分けと霊的成長
  • この世にいる時も人間は各々の意識のレベルに応じた世界に住んでいる。磁力と斥力が働くので合う者とは引き合い、合わない者とは離れていく。但しこの世にいる間はあらゆるものが目に触れたり耳に入って来たりする。見たくないものや聞きたくないものも入って来るが、それらは時間の経過と共に自分の意識の中で淘汰されていく。 [続きを読む]
  • 霊的真理を理解する鍵
  • 自分の理屈にこだわる程、真理は遠ざかる。自分で作った理屈を追い出さないと真理は入って来られない。この点、多くの人は勘違いをしている。自画自賛を繰り返すうちに真理は遠ざかっていく。自分へのこだわりをどれくらい捨てられるか。それが霊的真理、即ち宇宙の真実を理解する鍵となる。 [続きを読む]
  • グラデーションの世界
  • 下の世界に行く程、色々なものが混入して来て複雑なものになっている。地上の世界を見ればよく分かるだろう。上に行くほど余計なもの、程度の低いものが取り除かれシンプルになっていく。故に爽やか、清浄なものとなる。自分が向上して行けば地上に居ながら清浄な環境に近づいていく。 [続きを読む]
  • 何も知らない
  • 2か月ほど前に他界した知人より彼からはこれまでに何度かメッセージをもらっている「そちらの人間は死後の存続について何も知らない。一番大切な事を知らずに過ごしている」。以下はいつものインスピレーションです。彼からではありません。世の人達は肉体の存続が最も大切な事になっていてそれが全てと思っているが、それは勘違いも甚だしい。肉体を生かしているもの、即ち霊魂こそが最も大切なものであり、肉体は霊魂の従属品な [続きを読む]
  • 価値観の違う世界
  • 真理の普及に努める者はそれ以外の人間とは違った周波数の中で暮らすようになる。同じ場で生活していても霊界からのエネルギーで生きている。霊界はこの世とはかなり違う世界。時間と価値観が全く違うので何の知識も持たなかったら戸惑うであろう。この世の価値観や常識は通用しない。どっぷりとこの世に浸ってきた者ほど戸惑う事になる。 [続きを読む]
  • 霊界にも存在する人情
  • 悟りが進むほど護られ導かれるようになる。本人もそれを実感するのでさらに悟りが進む。地上の真理の道を進む者は霊界側から見ても必要な人材であるので大切にされ様々な支援を受ける事になる。人情と言うものは両方の世界において共通のものがある。霊界の者は豊かな人情を持っている者が多い。 [続きを読む]
  • 人生の大きな目標
  • 人は人生の大きなものを霊界から引き継ぐ。小さなものは即ち地上の環境から生まれる。人生で追求すべきは大きなものであり霊界から引き継いで来ているもの。それが人生の大きな目標ということになる。地上の様々な彩はその時だけ、この世を去ればやがては消えていく。 [続きを読む]
  • 無用な心配をしない事 
  • 取り巻く環境がどうあろうとも一人一人の人間は自分の人生を成就することを考えておればよろしい。自分の人生を全うするとは自分の役割を果たす事。置かれた状況の中で自分のベストを尽くす事。荒れる世の中と言えどもそれも神の法則の範囲内にあり、それなりの結果に向かって進んでいる。全ては法則内で起きている事であり、無用な心配は必要が無い。 [続きを読む]