大空澄人 さん プロフィール

  •  
大空澄人さん: 続 いのちの波動
ハンドル名大空澄人 さん
ブログタイトル続 いのちの波動
ブログURLhttp://susanoo1948.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分とは何者か、人は何のためにこの世に生まれてくるのか。
自由文自分の体験をもとに楽しみながら真理の探究をしてきました。人生も後半にさしかかりこれから出来ることは限られてくるとは思いますが、自分がこれまでに見つけたものを大切にして生きていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/08/14 17:58

大空澄人 さんのブログ記事

  • 受け身でなければいけない理由 
  • 霊界の道具になる地上の人間が受け身でなければならない理由は、地上人の自分の考えが入ると正しい判断が出来ないからである。地上の人間の判断にはどうしても肉体を持つことによって様々な煩悩が入って来る。その結果間違いを起こし易くなるので、自分の我を入れる事なく霊界側の意志を正しく受け取れる人間が霊界の道具となるにふさわしい。 [続きを読む]
  • 自分の為すべきことを為す
  • 世の中がどうであろうと、世の人々が如何にあろうと自分の為すべきことを為せばよい。真理を悟った者は環境によって左右されることはなく落胆することがない。何故なら常に霊界の援助を受けていることを知っているからである。 [続きを読む]
  • 最善の道
  • 自分がその時良しと思ってした事を後悔する必要はない。人間はその時最善と思ったことを実行すれば良く、それ以外に方法は無い。後はそれに伴う様々な問題を一つずつ解決して行けば良い。それだけの事である。それが最善の道なのである。 [続きを読む]
  • 魂の糸  
  • 霊的真理の道を進むとある時期から守られていることを実感するようになる。それはそれまでの努力が花開いたもの。自分の霊性が高いレベルのものと共鳴するようになった事を意味する。魂の糸で結ばれ高い界層の者の配下に置かれるようになり、斥力が働いてこの世の汚れたものが近づかなくなる。怖れや不安に襲われる事もなくなる。 [続きを読む]
  • 守護霊と共に
  • この世で一生を過ごす事は元来修業であり楽なものではない。しかし常に見守られ導かれているので様々な難題をクリアーしてくることが出来ている。人間は決して一人でこの世を生きているのではない。常に守護霊と共に進んでいる。 [続きを読む]
  • 霊性心
  • 霊性心が表面に出て来るようになると自分の身の回りの事もそれに沿うようになってくるようです。不思議な事に嫌な事が減ってきます。自分の出す霊的エネルギーが周囲に影響すると共に霊達から守られ導かれるようになるからでしょう。逆に肉体的欲望が表面に出て来ると争い事に巻き込まれたり、身の回りに嫌な事が増えてくるのを実感します。それらを一言で表現するなら摂理の働きと言っていいのかもしれません。霊性心が自分を支 [続きを読む]
  • 自由意思と未来予測
  • 人間には自由意志が許されているのでその人の未来を的確に当てるのは極めて難しいことです。人生を構成する要素は多く、それらが複雑に絡み合ってくる事に加えて自由意志の問題が入ってくるからです。そして全てを統括している神の法則があり、その範囲の中で人生が展開して行きます。人生においては必ず右か左かを選択しなければならない場面があり、その時に発動されるのが自分の自由意志です。本人の性格やこれまでの経験で大体 [続きを読む]
  • この世の生活の特徴
  • 私たちが住んでいるこの地上世界も霊界の一部であり、神によって創造されたものですが、霊界との違いは物質を伴った世界であるということです。霊界は非物質の世界、この世は物質の世界ということが出来ます。この地上世界は人間の本来の棲家である霊界に進む為の基礎学習の場として存在しています。この世界の特徴はあらゆるレベルの者が同じ場所で生活していることです。霊的成長度が一人ひとり違い、考え方が違うので、色々な軋 [続きを読む]
  • 終末期医療と看取り
  • 最近、終末期医療の事が話題に上ってくるようになりました。それは自然の流れでしょう。少しずつではあるけれど世の中が生命の実相に目覚めつつあるのかもしれません。あくまでも少しずつですが。テレビで看取りや終末期医療のことを取り上げた番組を見ると殆ど医者か僧侶が登場しています。医学関係者はお迎え現象において先祖や親が迎えに来るという話を脳内の酸欠状態がそういう現象を生んでいると結論付けようとする傾向があ [続きを読む]
  • 病気とヒーリング
  • 人間は心身の調和が取れた状態では病気になりません。何かの原因によって不調和が起きると心や身体の故障、つまり病気が発生することになります。人間の体は精密機械であり、少々のストレスを受けても恒常性が保たれるようになっています。その限界を超えた時に壊れる、つまり病気が発生します。自分の体に異変が起きた時は日頃の生活において何らかの無理があると考えるべきでしょう。その不調和な状態を修正すれば自然治癒力が [続きを読む]
  • 死刑制度と地縛霊
  • 新聞の報道によるとオーム真理教による事件の当事者たちの死刑が確定したとのことです。あの事件から20年以上が経ちました。世間はオーム事件に限らず凶悪犯を死刑にすれば問題は解決すると考えていないでしょうか。霊的事実から見るとそれは犯人の居場所を移しただけなのです。死刑になる者の多くは一段の恨みを持って肉体を離れた後は地縛霊(死んだことがわからない霊、もしくは不成仏霊)となります。死刑は強制的に肉体を [続きを読む]
  • 自殺
  • 近頃特に若い人の自殺の記事を目にするようになりました。一言で言って自殺は勝手に自分の人生を切り上げてしまうことなので神の摂理に反する行為になります。生まれる前にはこの世での年限を決めてきているにもかかわらず契約違反ということになるのです。当然その償いをしなければなりません。摂理違反は自殺を含め、償いという形で責任を取らされます。但し自殺には様々な事情があり、地縛霊(地上をさ迷う不成仏霊)にそその [続きを読む]
  • 再生(生まれ変わり)
  • 年が明けてから、私は「人間は永遠に生きる」の続編を編集して小冊子にしてみました。題は「続人間は永遠に生きる」です。理想的には霊的真理を系統的に学ぶのが良いと思いますが、本格的に真理を学ぶきっかけとして役立ててくれたらとの思いで書いてみました。冊子に書いたものを項目毎に7回に分けてこのページに載せて行きたいと思います。前書き前回、「人間は永遠に生きる」を作成しましたが、最近の世相などを鑑みて新しい [続きを読む]
  • 神の定めた法則の中に 
  • この世には実に多くの混乱があるが一部の動きを見て全体を判断しないように。一部に捉われると判断を誤り易く迷いの道へと入ることになる。一部の動きはやがては収まり全体の流れの中に入る。神の定めた法則の中に収まる。 [続きを読む]
  • 自分の故郷を出て  
  • 肉体の感覚から脱することが出来たらそこは霊の世界。本当の自分の故郷。今は少しの間だけ肉体を借りて地上世界を旅している。故郷は清々しく汚れのない世界。しかし故郷を出て一旦この世に来ると人間は間違いを起こし易い。見えないから間違い易い。見通すことが出来たら間違えない。困難な状況において自分を鍛えることが必要だから人はこの世に来る。皆、自ら望んでこの世に来ている。その事を忘れてはならない。 [続きを読む]
  • この世は雑念の海
  • この世は雑念の海、色々な所から人の念が飛んでくる。その環境にいる以上その影響を受けずにはいられない。そういう中でも定期的に自分に宿っている本当の自分(霊的な自分)を呼び起こせば客観的に物事を判断することが可能になり、そういうものに振り回されることはなくなる。 [続きを読む]
  • ある歌手の話
  • 地上世界においては様々な制限があって自分が心から歌いたい歌は歌えません。霊界では自分が本当に歌いたい歌を歌うことが出来ます。霊界は皆の思いが同じで調和している世界なので異を唱える者がいません。歌手も自分が本当に歌いたい歌を歌えるのは霊界に来てからになります。補足様々な制限とは一人ひとりが皆違う考えを持っているからであり、それが地上世界の特徴です。その為、自分の望み通りにはなりません。これは歌手に限 [続きを読む]
  • 低級な思念の渦巻く世界 
  • 全体として見れば地上は低級な思念が渦巻く世界となっている。物質とそれに関わる人の煩悩が洗濯機のように渦を巻いている。地上に身を置いてもその中に巻き込まれてはいけない。常に聖なるもの、高いものを見ながら進まなければいけない。 [続きを読む]
  • 霊は不動 
  • 自分に宿る霊は常に真っ直ぐで不動のもの。肉体は変動が大きく不安定である。この両者のギャップは大きいが、これが地上で肉体を持って生きる人間の姿なのである。多くの者は自分の本体が霊である事を知らず、肉体としての自分が全てと思っている。 [続きを読む]
  • この世は行動の場所
  • 自分が心から正しいと思ったことは行動してみよう。この世は行動をする所。立ち上がって行動しなければ何も変わらない。必ずしもうまく行くとは限らないが行動することに意味がある。そして成否にかかわらずそこから教訓を学ぶ所である。行動すれば学び多く、しなければ学びは少ない。 [続きを読む]
  • 人間の一つの側面が感じること 
  • この世の出来事を見ていると不安や怖れに襲われても不思議ではない。この地上世界においては問題の尽きることはない。しかしそれはあなたという一人の人間の一つの側面で感じている事、大きな自分の中の一部が感じていることなのである。日常意識しない部分は大きく、それらの問題に脅かされる事はない。 [続きを読む]
  • 共に歩む 
  • 地上の生活は一つの事を片付けたと思う間もなく次の課題が現れる。元来そういう場所なので真に落ち着くことは出来ない。常に試されているのである。人々は時間に追われ自分を見失い易く、心休まる場ではない。いかなる時も我々霊界の者と共に歩んでいることを忘れないように。常に守られ、導かれている事を。これまでの事を振り返って見れば困った時にはどこからともなく救いの手が差し伸べられていることを実感することであろ [続きを読む]