大空澄人 さん プロフィール

  •  
大空澄人さん: 続 いのちの波動
ハンドル名大空澄人 さん
ブログタイトル続 いのちの波動
ブログURLhttp://susanoo1948.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分とは何者か、人は何のためにこの世に生まれてくるのか。
自由文自分の体験をもとに楽しみながら真理の探究をしてきました。人生も後半にさしかかりこれから出来ることは限られてくるとは思いますが、自分がこれまでに見つけたものを大切にして生きていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/08/14 17:58

大空澄人 さんのブログ記事

  • 視野の拡大
  • 瞑想して霊的エネルギーを取り入れた時には視野が拡大するので、今の問題は重大なものではなく些細な事に思えてくる。日頃の雑事に追われている時には視野が狭窄しているので、物事を正しく判断することが出来ない。そこで瞑想が必要になるのである。肉体を持ってこの世にいる時には視野が狭められているので瞑想によって日に一度は視野を広げる必要がある。 [続きを読む]
  • 神が望む生き方
  • 誰でも自分にしか出来ないものを持っている。その能力を人や世の中の為に生かす事。それが神が望む生き方である。祈りと瞑想によって自分の本性と神の摂理との擦り合わせが行われる事になる。神の摂理に自分を照合させるのである。 [続きを読む]
  • 地上の問題は地上的手段で
  • 毎日の暗いニュースを見て暗い気持ちになったり、それらを背負い込む必要はない。時間はかかるが地上の問題は地上的手段でいずれは解決される。あなたが地上で関わる事は僅かな範囲と時間であるから。地上は終の棲家ではないからである。 [続きを読む]
  • 大我として眺めれば
  • 瞑想の時には日々の生活の事は意識しなくなっている。大我としての自分から見れば地上の出来事や様々な雑事は取るに足りない事である。永遠の人生の中においてはそれらは旅先の出来事の一つに過ぎないのである。 [続きを読む]
  • 橋渡しをする者
  • Yさんより   10月6日今、普通の人は死後の環境にすぐに馴染むことが出来ないのです。こちらと地上界の間に自分で壁を作ってしまっているので新しい環境に馴染むのに時間がかかっています。そこでガイド役、橋渡しをする者が必要になります。死後間もない人は霊界(幽界)からの波動をキャッチすることが出来ません。これは人によりけりですが。そこで地上の人からの働きかけが重要になります。彼らは地上の人間の思念はキ [続きを読む]
  • 実在でないもの
  • 地上生活で味わう様々な物的なものは実在ではない。それに関わる事によって生まれる心の彩も実在するものではない。それらは地上生活に付いてくるものであり一時的なものであるから実在と勘違いしないように。地上生活を終わった後はそれらを浄化する事が必要になる。 [続きを読む]
  • 人間は皆、弱さを持つ 
  • 人間は皆、弱さを持っている。その弱さが向上のバネとなる。弱い自分を克服して強くなろうとするからである。自分の弱さを強化する為に、人は自ら望んで地上に生まれてくる。地上は自分を強化するにはうってつけの場所であるから。 [続きを読む]
  • 立ち向かえば楽になる 
  • 霊界では自分が本当に好きな事をして暮らせる。地上では生活の為に嫌な事でもしなければならない。気の進まぬ事でも生活の糧を得る為にやらねばならない。気の合わぬ者とも付き合わねばならない。しかし勇気を出してそれらに立ち向かえば、壁は取り除かれ自分が一回り大きくなる。地上はそういう所である。自分を鍛える場所なのである。尻込みすれば苦しくなり、立ち向かえば楽になる。 [続きを読む]
  • 生命の実相と霊の発現 
  • 人の生死の実相を理解するのは多くの者において容易な事ではない。死というものがどういうものか、それを本当に理解できる者は極めて少ない。簡単なようでいて理解できないのはその理解能力は人間の根源、すなわち霊から来ているからであり、次元が違うのである。霊が発現している者には理解が容易であり、未だ霊が発現せざる者には極めて難しいものである。理屈で理解しようとしても無理がある。 [続きを読む]
  • 雑事の重荷 
  • 地上生活の特徴は昼夜があって毎日が一区切りになっていることであろう。色々あっても日が暮れるとひとまずは終わる。この世を去って霊界に行くとそういう区切りがなくなるので何かをやろうとすれば制限なくやれる。疲れたら休めばよい。反面,同種の苦しみがずっと続くことになる。地上では寝たら一応そこから離れることが出来るが地上を去ればそういう事は出来ない。この世の生活の特徴は日々の生活が殆ど雑事で占められる事だ [続きを読む]
  • 霊界の援助を求めよ
  • その時、難題と思われた事も後で振り返ってみれば、きれいに処理されていることに気付くであろう。何事も自分がその時感じる程に大きなものではない。自分が問題を過大に評価しているのである。人間は霊の世界から大きな援助を受けており、その事が問題解決の大きな力となっている。自分の手に負えそうもないと思った時は自分の全力を尽くすと共に、霊界の援助を求めることである。 [続きを読む]
  • 地上生活は比較検証の場
  • 元来あなたはそこの住民ではない。地上の住民ではない。ある目的の為に今の肉体に宿って地上生活をしているのである。そこでの出来事に一喜一憂する必要はなく、地上生活を終えた時その事を実感するであろう。地上の生活は比較検証の場であり霊界に行くと地上のように比較の対象となるものが存在しない。地上には両極端なものがあり物事を見る目を養うには絶好の場所なのである。自分が出来事に感情移入して一喜一憂するのでは [続きを読む]
  • 自分の使命
  • 叔父より   4月15日人間は一人ひとりが違う使命を持ってこの世に来ているのであり、皆同じではない。表面上、他の者と同調したとしてもその事を忘れてはいけない。人生において自分の使命を疎かにするような事があってはならない。 [続きを読む]
  •  本当の安らぎ
  • 父より   9月27日いつもそちらのことは気に留めているよ。そちらは油断のならない世界、何が起きるかわからないので気の休まる時がない。特にニュースなどを見過ぎるとそうなり易い。しかし一つ一つにあまり気を取られないようにすることだ。それらの殆どは気が付けば通り過ぎて行っているだろう。人間はいくつもの事に集中することは出来ないようになっている。本当に集中できるものは一つしかない。また地上では何を [続きを読む]
  • 小我を殺す
  • 日頃の自分(小我)を一時的に殺せば霊の声を聞くことが出来る。原理は極めて単純であるが大多数の人にとってそれは大変難しいことである。本当の自分は大我として常に存在しているが人々は気が付かない。自分を知らない。小我としての小さな自分しか意識していない。 [続きを読む]
  • 瞑想は故郷に帰ること
  • 地上生活においてはマイナスの感情に捉われやすく、人々は不安や怖れを抱きがちである。それは自分の生活の場は地上だけと思っているからである。確かに地上は不安定で心休まる生活の場にはなり難い。実際には人間は霊界を故郷とする者であり、一時的に今の肉体に宿って地上にトレーニングに来ているのである。あなたは常に故郷から守られ導かれていることを忘れてはならない。地上の人間が如何に移ろい易くとも霊界からの愛は [続きを読む]
  • 肉体の束縛
  •      あずき島神社大祭自分の大きな本来の意識が肉体という小さな限局された所に閉じ込められているのがこの世の人間の姿であり肉体によって制限を受けているのである。霊的に目覚めてくるとその事を如実に感じるようになるであろう。それは霊的に居眠りしている時にはわからない。 [続きを読む]
  • 大我に導かれて
  • 物事を五感を通して見ると全体を把握する事は出来ない。物事の一部しか見えないから間違いを起こしやすい。これはこの世の人間の致命的な欠陥である。為に人々は自分が作った世界(事実でない)に閉じこもり勝手に悩んだり喜んだりしている。大切な事は小我の声に従うのではなく大我の声に従う事。大我は間違えることはない。小我に従うと迷いの道に入る [続きを読む]
  • 朝鮮半島危機
  • 思念の世界においてはすでに戦争が行われている。それがやがては物質界において具現化する事になる。しかしながら物質界には様々な制約がある為に思念のレベルで起きたことがそのまま起きるとは限らない。一旦物質界にそれが起きてしまうと重大な事になる。 [続きを読む]
  • 朝鮮半島の問題  
  • 地上の問題は地上の人間が解決しなければならない。現在の状況は地上の人間が作ったものである。自分が作った問題は自分の力で解決可能である。霊界側がそれを片付けてあげる訳にはいかないが、それを解決しようと働く人間の背後では霊界の力が働く。 [続きを読む]
  • ある朝の出来事
  • 四月11日朝の瞑想で次のような出来事があった。最初から順番に私の祖母、祖父、そして叔父、母、叔母、それから繋がりは薄いが知り合いであり何年か前に他界した人(普段彼の事は意識した事もなく何故現れたのかわからない)、そして最後に父が現れた。そのビジョンは他界した人たちの人達のオンパレードの様相を呈していた。最初は小さな画像で現れ、次第にその姿が大きくなって行った。一人に要する時間はほんの数秒であった [続きを読む]
  • 霊的無知は悲しい
  • 意識の焦点を少しずらせばそこには霊界がある。そこはこの世の喧騒とは無縁の世界である。それは遠い所にあるのではなくすぐ傍にある。あなたは寝ている時にはそこに行っているのに目が覚めて肉体に戻るとその事はすっかり忘れている。人はこの世の勤めが終わると晴れてその世界に行くことが出来る。この世の重荷から解放されて自由になれるのである。それは神の定めたルールであり、計らいであるのにこの世の人はその事を嘆き悲 [続きを読む]
  • 人は過去に生きることは出来ない 
  • 過去は終わった事、すでに通り過ぎた自分の姿、世界である。そういうものにこだわる事は霊的に意味のないことである。霊的実在、霊界を知った者にとっては今とこれから赴く世界のほうがはるかに重要で意味のあることである。過去は自分の発展途上の姿であり、一時の姿であった。人は過去に生きることは出来ないのである。 [続きを読む]
  • 何故霊界の声を聞かなければならないか
  • それは地上の人間はしばしば判断を間違えるからです。心を鎮めて日頃の自分を離れたら霊界の声を聞けるようになります。自分の判断の中に無意識のうちにそれが現れるようになるのです。ヒーリングをしている人に対してヒーリングの時には自分を信じなさい。そうしないと通路にはなれません。 [続きを読む]