Miketoy さん プロフィール

  •  
Miketoyさん: アクティブシニアのコンパクトなエコ生活
ハンドル名Miketoy さん
ブログタイトルアクティブシニアのコンパクトなエコ生活
ブログURLhttp://miketoy.hatenablog.com/
サイト紹介文ゼロウェイスト志向なエコピープル、アドラーな miketoy のライフスタイル
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/08/16 18:22

Miketoy さんのブログ記事

  • 契約社員は大切にされず残念
  • 4月に次いで10月は人事異動の季節だ。私の仕事の上司も異動になり、昨日に後任の人と一緒に挨拶に来た。こちらは契約社員だから、管理会社から雇われているとは言え、その種の転勤はない。採用の手続きをとってくれた上司だから情もあるが、サラリーマンの宿命で仕方ないことだろう。新たな勤務地で頑張って欲しいものだ。もちろん送別会のお誘いもない(もし誘われたとしても情は多少残るものの、断るつもりだったが(笑))。さて [続きを読む]
  • マンションでのコミュニティ形成
  • 年に一度のマンションの管理組合総会、私の住むところでも9月末にあった。私は理事でもなんでもないが、住むマンション総会には必ず出席して、管理費が高すぎると去年に続けて意見した。来年も意見するだろう(笑)から、きっと煙たがれているに違いない。私の印象では、(ご本人達は意識していないかもしれないが)管理組合と管理会社の癒着体質があるように思える。マンション(に限らないのだが)のコミュニティはどうしたらできるか [続きを読む]
  • 災害時にマンションは安心
  • このところ天気は安定しているものの、今年は災害の多い年であった。台風が来ると予想されていても、我家のような30年越えのマンションでも耐震基準を満たした頑丈なところに住んでいれば安心感がある。災害でマンションが崩壊したという話は、中国などではあったような気がするが、国内ではあまり聞かない。地元で避難情報が出ても、避難所に行くよりも自宅のマンションにいる方が遥かに安全と思い、どこ吹く風と気にもならない [続きを読む]
  • ふるさと納税の楽しみ
  • いつも年末頃にする「ふるさと納税」を今年は早めに終えた。ふるさとでも何でもない地での納税である。1ヶ月近く前に政府による全てのふるさと納税返礼品に対し、還元率を3割以内とする見直しの動きもあったため急いだ。返礼品は自治体全体の予算から見れば小さな影響でしかないかもしれないが、ここでの還元率の元は、寄付額と消費者の購入価格の比率でなくコストとの比だと思うので、地元産使いならば3割より遥かに有利なはず [続きを読む]
  • 平屋は終の住処になるか
  • 先週末に地元住宅メーカーの平屋のモデルハウスを、バイクツーリングがてら隣の市まで見学に行ってきた。今はマンション住まいだが、その前は二階建戸建住まいで、終の住処として平屋はどうだろうかと思っていた。今のマンションで不満な、隣近所の深夜のテレビ音が今も続いているから、そこから逃げ出したいこともある。戸建ならガーデニングも本格的にできるのも魅力だ。下記の写真は直接の関係はないが、緑があればまだ気持ちも [続きを読む]
  • iPad の使いこなしガイド
  • iPad OSの最新版12.0を導入してみている。それより少し前の版の iOS10 対応の使い方ガイドだが、さほど大きな変化はないので、昨年6月に出版されたこの本で十分だと思う。最も基本的操作は、タップ、ドラッグ、スワイプ、ピンチ。画面の切り替えでも文字入力でもそれらの基本ができていないと使いこなすのは辛いだろう。伝統的なパソコンの世界とは異なった概念のものも多く出現し、技術用語で何を意味するかが想像もつかない言葉 [続きを読む]
  • 「90歳。何がめでたい」で感じる世代観
  • 図書館にリクエストしていた本が、10ヶ月後の数日前にやっと届いた。(私は90まで生きたいと思わないので他人事だが)話題の本のようだったので、途中でギブアップしそうになったものの通しで読んでみた。90代というと私の親の世代だ。Amazonのレビューなどを見ると、その年代層からは高く支持されている本のようだが、私はそれほどでもない。世代ギャップを感じるのは、この年代によくある愚痴に頑固さを感じてしまうからか。 [続きを読む]
  • 危うくバイク事故
  • 一昨日の雨の中、バイクで時速40キロくらいで走行中のこと。信号の1つ手前の交差点で右折しようとして、突然に後輪がパンクかと思うような感じで、後ろに足を取られ、バイクを制御できない感を持った。何が起こったのだ⁉?ったと思いながら右折できず、道の真ん中で転倒した。パンクはしていなかった。雨でスリップしたのだろう。こういう時の前には、気持ちの焦りがあることが多い。いつもより、早く行かねばならぬ、雨だから [続きを読む]
  • 立ちション禁止法案を望む
  • 先週末に帰省した旧宅は既に息子好みの家になっている。私好みではない消臭剤はトイレを含めてあちこちにおいている。一方で、トイレの周りは汚れていたし、オートのリモコン用電池も消耗したまま、これも不満だ。自分の好みを押しつけるつもりはないものの、マンション管理員をしていることもあり、住居の汚さは気になる。トイレ便器の周りに小便の漏れた跡が残っていて汚い。利用者は立ち去るだけだから良いが、掃除をする側とし [続きを読む]
  • 車もネットもない原始生活
  • 先週末の帰省はこんなだった。「miketoy親を偲ぶ会」は諸般の事情にて兄妹参加はできず、中止にしようかと迷ったものの、予約していた航空券が無駄になってしまうので私1人で行事を予定通り決行。春の「親子の会」も全員参加はできなかったので全般に不調だったが、これで年に2回の定例行事は済ませた。高松?東京の旅は毎度ながら、片道6000円程度のLCCのジェットスターを利用。行きでの適用はなかったものの、帰りの便では [続きを読む]
  • miketoy ガーデンの7景は2つに
  • 先週末に旧宅に行き、ご先祖様の墓参りとともに庭の最低限のメンテナンスをしてきた。以前の7つの異なったアングルからの風景は2つにまで減ったが、何もない庭よりはマシと思う。東花壇では、ローズマリーがお星様のように咲き乱れていてブルーガーデンだった。上方の2階から見ると、角のホンコンエンシスの赤みがかった葉がきれいだ。西花壇。ドドナエアの上方が枯れ背丈が小さくなり、一方でツルマサキが大きく伸びていた(こ [続きを読む]
  • 蜂に刺される
  • この時期は蜂に刺される被害が多いようで、昨夜のニュースでも放映していたが救急車で病院に搬送されている人も多いという。巣があると気づかずに木を剪定したり、体が枝に触れ、巣が揺れたりすると、蜂は怒るようだ。実は私も3日前に蜂に刺された。瞬間的に痛い!と思ったのだが、出先だったので、適当な措置をせず、また異変は感じなかったので、そのまま放置した。翌日から徐々に患部周辺が腫れ、水膨れもできた。そのうち、手 [続きを読む]
  • いつかこの日が来ると思っていた
  • マンション管理員をしている。その後に、ジムにも通っている。私の住む高松市はコンパクトな市だから、ジムも多数あるが、スタジオレッスンの充実したメジャーなものとなると限られてくる。私もそれらいくつかをハシゴしながら、そのうちの1つに一日置きくらいで通っている。プライベートと区別をつけたい。でも、いつかマンションの人と、同じジム内にて出くわすかもしれないと思っていた。(私が気づいていなかっただけかもしれ [続きを読む]
  • 代行というピンチヒッター
  • スポーツクラブで、本来のインストラクターが休まざるを得ない時に原則的に代行を立てる。関連する分野の他のインストラクターが実施することが多い。突然の休講もあり得るから、トラブル最小化のために各スポーツクラブはネットのホームページのメニューの1つで、代行スケジュールが出る。その代行担当者は、前のところではジムスタッフも担当していたが、今のところではそれはない。イントラとスタッフは、明確に分かれている。 [続きを読む]
  • 親は子に多数派であることを望む
  • LGBT(レズビアン、ゲイ、両性愛者、トランスジェンダー)は5〜8%の出現確率のようだ。高松市でも、LGBTへの理解を写真を通じて広めるプロジェクトの開催イベントがこの週末に開かれるという。統計的な判断の基準は5%、あるいは1%でなされることが多い。それ以下では、そういうことはあまり起こらないと判断される。絶対にないとは言わない。男女の関係でそうだ。男が男を好きになる、女が女を好きになってパートナーとして暮ら [続きを読む]
  • 半年の寄せ植えシリーズの今
  • 通販のDINOSでの寄せ植えシリーズの6カ月経った今の状況を紹介したい。寄せ植えキットが到着してから馴染んでくる1週目から2カ月が旬な時と言えるだろうから、古い月の見栄えはそれなりである。9月、アスター、キバナコスモスの黄色とオレンジ色、トウガラシ、アルテンナンテラ紫色のアスターは沢山花をつけ、キバナコスモスのオレンジ色も鮮明だ。8月、ブルーサルビア、赤いコリウス、白のペンタス、黒葉のアシュガ、右下に [続きを読む]
  • 涙の時給10円アップ
  • 10月1日より施行の最低賃金法により、私のいる香川県の最低時給賃金は792円となった。それに伴い、契約社員として働く私の時給も、従来の785円から795円と10円分上がる。ありがたくて鼻からも涙が出そうだ(笑)。労務管理課から年度末までの雇用契約変更覚書を締結し、一部提出、一部は私保管だ。以前の派遣会社の時は時給は850円だったなあと思い出したが、こちらは全国規模だからか。ちなみに、東京都の時給は98 [続きを読む]
  • サバイバル力の高さに敬意を表するが・・
  • 樋田淳也容疑者が逃走し身柄が確保された。警察はまたピント外れの捜索をしていたのかと不信も大きくなろうというもの。まずは、1ヶ月以上も警察の目を避け抜いたこと(多人数いた警察より賢かったということだ)、彼の生き抜こうとする力は凄い、その点に関しては敬意を表する。私の疑問は、果たして彼は生きてどのような将来展望を持っていたのだろうかということ。多分何も考えてはいずに、生物的本能でサバイバルしていたのだろ [続きを読む]
  • 節約ブログは息苦しい
  • 基本生活費の食費は目に見えやすい出費だが、井戸美枝さんの「100歳までお金に苦労しない定年夫婦になる」本では、食費を削る節約、例えば夫婦2人で食費3万円とかの生活は反対している。私も同様に、食費に切り込むのは最後に近い削減対象だと思うし、その前にすべきこと(贅肉を落とす)があると思う。割安で購入するのは好きだが、品質の悪いものを食べていて体を壊しては本末転倒。できるだけ新鮮な食材をできるだけ選びたい。 [続きを読む]
  • 9月の基本生活費は11万円
  • 9月分の支出内訳を示す (夫婦2人暮らし生活、以下示す 数値の単位の円は省略)。食費 43,000外食費 750水道代 (23立米) 3,928電気代(231kwh) 5,591 ガス代 (7立米) 2,819情報代 (新聞、雑誌、NHK) 4,800通信費 (ガラホ & Wimax2) 5,700交通関連 (月換算バイク保険、軽自動車税) 1,500日用品等 12,000被服費 5,000衛生 1,400医療費 200 (← [続きを読む]
  • 収支を見える化し、制御しよう
  • ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんの新刊「100歳までお金に苦労しない定年夫婦になる」に目を通してみた。写真で見るからには、井戸さんは若そうでそういう関心はまだまだ先なのでは?と思ったが、女性の年齢はわからない。それはさておき、100歳まで生きたいかは別として、この本は老後でもじゅうぶん幸せな定年夫婦への扉を開くヒントありとのこと。ポイントは、入ってくるお金で生活をする、借金しない、この2つを一生 [続きを読む]
  • 年収300万円でもお金持ちな人、年収1000万円でも貧乏な人
  • 「年収が1000万円ならお金持ちな人、年収300万円なら貧乏な人」と結びつけるのは普通の発想だろう。その年収300万円で・・という類の本はたくさんあるから、300あたりが読者層では気になるラインなのかもしれない。そのうちの1つ、タイトルにそそられる横山光昭氏著の本を読んでみた。私の実際は300万円に近いレベルで、果たしてお金持ちかどうかは知らないが、貧乏ではない。普通である。この本で記されている貯金上手・貯金下手 [続きを読む]
  • どのくらい過去のことを覚えているか?
  • 過去にあまりこだわり過ぎるのも問題だが、多少なら許されるだろう。私達はどのくらい過去のことを覚えているのだろうか?私の場合は5年くらいだろうか。それは情報機器と関連しているのだ。写真の整理をして、過去の旅行などのイベントを思い出している。非日常だから、写真イメージでの記憶のインパクトは鮮明だ。でも、若い頃からあまり写真を撮らない方だから、あまり他の手がかりが残っていず、思い出せないことも多い。写真 [続きを読む]
  • 写真も断捨離
  • 情報の管理はビジネスでは文書が通常だろうが、プライベートでは文書より写真の管理が主になるだろう。ここで、写真の管理はiPhone系(タブレットやスマホ)で統一すると、とても楽なことがわかった。3つのステップになるだろう。まずは、ひたすら①カメラアプリで撮す。その際に注意すべきは、撮影する機械をあちこちで分散しないことだ。私は数年前までは、日常使用機種がパソコン中心で回っていたこともあり、ガラケーやデジカメ [続きを読む]
  • 3Rでなくて5R : 嫌われる勇気を持って拒否
  • (昨日の記事に関連した続きでもあるのだが)今年読んだ本の中でベストを選ぶとなると、「ゼロウェイストホーム」になる。ここ数年で読んだ中でもベストと言えるが、そのポイントになるのがこの図である(英語版kindle サンプルから画面コピー借用)。必要なものを減らす「レデュース」、買ったものは繰り返し使う「リユース」、資源化する「リサイクル」の3Rというのは、エコに多少関心を持っている人は常識だと思う。私の住む地域 [続きを読む]