Miketoy さん プロフィール

  •  
Miketoyさん: アドラーなスマートシニア活動記
ハンドル名Miketoy さん
ブログタイトルアドラーなスマートシニア活動記
ブログURLhttp://miketoy.hatenablog.com/
サイト紹介文嫌われる、幸せになる勇気を持ちたい、エコピープル、福祉住環境コーディネーター。85点人生のライフログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/08/16 18:22

Miketoy さんのブログ記事

  • 働き方改革は進まない
  • 裁量労働制切り離し論も出てきて、働き方改革法案成立の今後は微妙である。法制度が整えば、企業は罰則を恐れ、行動が変わってくる期待は少なからずある。今回の法案提出までには色々な論点はあるのだろうが、異なる条件で集計した数値を比較していたなど、リテラシー不足で論外な側面もある。気持ちや忖度ばかりが先行して、スタッフは何も考えずに上にデータを提出していたのだろうが、関係者も共犯でもある。裁量性で働く人の労 [続きを読む]
  • 雇用保険と労災保険
  • 現役仕事をしていた時は、健康保険はもちろんのこと、雇用保険や労災保険まで、ほとんど関心がなかった。再就職先を探す段階になり、その重要さが徐々にわかるようになってきた。人生の最後近くの段階でとんでもない事故が起こったら悲惨だ。そういうことは、自分でコントロールできないこともある。有終の美でかざりたい。その一方で、死亡保険には入らないで済まそうという矛盾した行動もある(笑)。今度勤めるところは、雇用保険 [続きを読む]
  • 健康保険はどこがお得か
  • 現役で働いている時に、健康保険に関する選択肢はなかった。強制的に勤務先指定の健保組合に入るようなものであった。退職直後は住民税も前年の収入がベースになるから負担は大きいし、現役並みの社会保険料を支払わねばならない。一方で、退職した身では、いくつかの選択肢がある。健康保険のシステムも、年金ほどではないにしろ複雑だ。任意継続や国民健康保険、家族の扶養など、どこに加入するのが有利か比較するのは決して容易 [続きを読む]
  • 倍近い保険料の差
  • 車の任意保険の保険料は、損保会社によって大幅に異なることがわかった。今までは、三井ダイレクト損保だったのだが、他の情報検索をしなかったから、そこで聞いたことを鵜呑みにしてそんなものかと思っていたのだ。バイク単体の保険でも、本体と同じくらいの料金がかかるので、そのまま本体維持でファミリーバイク特約がお得だと言われて、そう思ってしていた。今後は4輪車はなくなるので、125CCのバイクの任意保険分だけでき [続きを読む]
  • いよいよ愛車の廃車だ
  • 16年も乗っていた愛車を、この3月で廃車することになる。その大切にしていた良く整備されていた愛車は息子に無償で譲ったのだが、全く感謝されなかった。好きでもない車の税金を俺(息子)が払うのは嫌だとも言われた。それも一理あるので、渋々ながらこの車の存在している限り、理不尽な話だが私が重量税も任意保険も払うことにしていた。でも、それもこの3月で終わり。高松に引越していなければ、数年後の運転免許証返納までク [続きを読む]
  • 試験監督のバイト
  • 先日、ある国家試験の試験監督のアルバイトをした。退職後一年半で、初めてスーツの上下を着る機会だった。ある省からの委託にしたがって、ある民間のその派遣会社が採用され、そこからの業務委託というわけだ。以前に大学入試センター試験の監督を何度もしたことがある。仕事だったから嫌でもせざるを得なかったが、逆にお金を払うから免除させてよという気分であった。ともかく、似たような経験を積んでいるし、環境が異なったと [続きを読む]
  • echo dotで未来感覚!
  • アマゾンecho dot を購入した。音声で指示できるのだが意外と便利だ。音質も悪くない。もちろん普通の日本語で認識してくれる。機器は小さいので、どこかに電源を入れて置いたままにして存在感を忘れるくらいだ。セットアップで同じWiFiのネットワークにあるようにするから、その同一WiFiネットでできることは基本的には何でもできるということだ。タブレットは便利だが、一々、カバーを開けて、タップしたりキーボードから指示の [続きを読む]
  • エアロビクスを頑張ろう
  • スポーツクラブに通い始めて8ヶ月、色々あるプログラムの中で音楽に合わせて踊るエアロビクスは面白い。エアロビクスの楽しさを教えてくれたインストラクターに感謝である。ただ今後は仕事の関係で、今まで参加していた午前中のエアロビクスのレッスンに出られなくなる。残念であるが、午後には適当な入門用のレッスンがないのだ。関連してなのだが、安物のスポーツシューズをやめ、Amazonでエアロビクス用の靴を購入した。身につ [続きを読む]
  • 確定申告で7万円還付予定
  • 引越してくる前の地では1月末に税理士会や青色申告会、あるいは市の主催により、確定申告書を1月末に提出できた。高松では、私の現時点で知る範囲では類する早出し提出ルートはないようだ。だから、規定通りの受付開始された昨日の16日に税務署に出向いて確定申告書を提出した。午後2時半過ぎだったが空いていた。世の中はまだ手書きの人が多いのか、確定申告コーナーで作成したとならば大歓迎の様相だ。大した内容ではないも [続きを読む]
  • アドラーの看板を降ろす決断
  • 「アドラーなスマートシニア活動記」とブログの説明で謳って一年半だ。「アドラーな」などと教師づらするのは今後はやめよう。アドラー心理学をたいして知っているわけでもないのだ。もちろん改宗したわけではないので、今後もアドラー的なライフスタイルは維持するし、ブログ記事は今後も書くことだろう。私の中でのアドラー心理学の重要な位置づけは何ら変わってはいない。しかし、もう良いのだ。もうアドラーを前面に押し出すこ [続きを読む]
  • 高松、万歳!
  • 昨年の昨日午後3時に高松に引越してきた。大きく舵を西に切って、今日から2年目に入る。一応、春夏秋冬を経過し一年経つと、昨年の今頃は・・という類の懐古ができる。一人前になったような気がして嬉しい一方で、同時に、初心者マークも外れたということでもある。この生活が落ち着いた後にどう展開するか、色々な選択肢があった。前の住居人に出てもらい、家の不具合箇所を点検し、その後にどう対応するか早急に見極める必要が [続きを読む]
  • 激安レンタカー生活
  • 昨日はレンタカーを借りた。車に乗るのは10ヶ月ぶりだ。車をやめた当初は、車がなくなったことへの多少のストレスがあったが、今は全くない。バイクという代替手段があるので、それで十分である。夫婦2人での遠出のドライブなどで必要があると最初の頃はあるかと思ったが、今ではさほど必要性を感じない。そもそも行かなくなった。車がなければ当然ながら駐車場料金もかからないのも大きなメリット。どうしても必要ならレンタカ [続きを読む]
  • 下流老人他を読んだ
  • 話題になっていた下流老人のシリーズを図書館で借りて読んでみた。貧困は誰しもが抱え得るリスクでもあり、現代社会の抱える大問題の一つである。私を含めて誰しも貧困層に突入する可能性はあるので人ごとではない。読後感は、うーんである。手厚い社会扶助への財源問題を含めて素朴な疑問がわくのだが、その筆者の反論も心底で納得できない。また、諸問題の原因を社会構造の故としてしまう議論も賛同しかねる。全てを個人に帰する [続きを読む]
  • 旅行好きは地理好き?
  • 図書館で、もっぱら実用書だが本を借りてくる。今回はそのうちの一つ、「もう一度読む山川地理」、田邊裕著、山川出版局、2012を読んだ。この “もう一度読む” シリーズは、話題になった日本史と世界史のシリーズは以前に購入していた。その3年後に、この地理版が出ていたとは知らなかったが、同様に面白い本である。この本文の記述に、旅は、旅の苦労を経験し、他人の人情に触れ、自分の生活空間を相対化することを学べると [続きを読む]
  • 普段通りの生活ができることが「幸福な生活」
  • 何かかの理由で、普段通りの生活ができなくなると、あらためて今までの有り難さがわかる。私の場合は直近ではインフルエンザだが、このような健康であることは典型的なそれであろう。普段通りの生活ができることが「幸福な生活」であることを実感できる。具体的には、ぐっすり眠れて、朝、昼、夜のご飯を美味しく食べられて快便、風呂で温まる。経済面でも、年金があるので、心配事もあまりない。社会にお役に立つ仕事を少しして、 [続きを読む]
  • インフルエンザだったのかも?
  • 今は回復しているから良いのだが、この4日、何回か体温が38度以上になった。その後に下がりはじめ安心していると、またその夜に上がってきたりして、一喜一憂していた。自覚は帰りの飛行機内だ。熱っぽい。それまで出かけていたのは香港だ。潜伏期間もあるので、どこかの原因は特定しにくいが、香港中心部のあの人混みの中での感染は十分にあり得る話。ホテルへ戻り後の手洗いうがいの励行も、サボっていたかもしれない。帰 [続きを読む]
  • 幸福な生活
  • 小説は読まないわけではないが、たくさんは読まない。今回、百田尚樹の本を初めて読んだ。以前より、百田尚樹氏のテレビで映っているあの外見、声を聞いた第一印象は良くなかった。でも、表面的なものだけで全体や作品までを判断してしまうのは問題だし、根強いファンがいるのも知っている。その作品の一つ、「幸福な生活」という短編小説で、魅力的なタイトルである。タイトルから中身を想像するのは小説では特に難儀だが、一見、 [続きを読む]
  • 余裕があるからできる
  • 明日から平昌オリンピックである。子供の頃、野球などをやっていると、ともかくバットを懸命に力一杯振ることと言われて、当てて遠くへ飛ばすことだけを意識していた。結果は、遠くへも飛ばないことも、球に当たらないこともあった。野球のセンスがないのだろうと思っていた。他の球技もそうだったような気がする。テニスをするようになって、ある時に急に余裕が出てきた。一呼吸待つのだ。そして、あそこに打つと狙いを定めて打つ [続きを読む]
  • 香港旅の総費用12.3万円
  • 帰国後の倦怠感と高熱、体温が37度近くに下がってもまた昨日の昼に38度以上になったりで心配したが、やっと今朝36.3度と平熱に戻ってきて安心しているところ。さて、今回の旅で要した総費用をまとめて香港の記事はおしまい。3泊4日の HISのツアー料金(ネットでの申込)は44,410円 x2 =88,820円。それ以外に、日本円 30,000円分を現地で両替。その香港ドルは全て消化した。内訳は、現地での北京料理とオープン [続きを読む]
  • 香港旅で疲れてダウン
  • 昨日帰国。雪が舞うくらいに寒いのと、咳が出て風邪気味だったので、家に帰ってから体温を測ったら38.7度も熱が出た。人混みの中を歩いたし、睡眠不足で疲れもあり、昨日はずっと床に伏していた。今日は体温が37.1度まで下がってきているし、他の症状はないから、インフルエンザではなかったと信じたい。香港ウイルスと名前が付いているくらいだから恐れはある。もう少し安静にしていたいので、今日は今回の旅の雑記である。 [続きを読む]
  • やはり香港は食!
  • 香港旅は今日でおしまい。これから朝8時30分発の便で帰国だ。香港3泊4日と言えども、深夜着で早朝発なので、海外旅行保険料をかけるのは4日分なので少額ながら損したような気がする(笑)。実質は1日前のバスツアーと、昨日の自由行動の2日だけだ。でもこれで十分である。やはり私にとっての最大の目的は、その地での美味しい食事、花より団子ということであった(笑)。香港での食事は口に合う。今回の食は1つも間違いはなか [続きを読む]
  • 香港で拉致、私は要らない
  • 昨日はあちこち香港市内バスツアーに行った。肉体的に疲れた。疲れたのはそのためだけでもない。バスツアーなどでは強制的に販売所に拉致される(笑)。昨年の秋の上海無錫ツアーでもそうであったが、香港の今回も同様で、ガイドの許可なくこの部屋から勝手に出るなと書いてあった。マットレスの卸販売店、宝石店や風水のお土産、集合写真などである。ツアー会社が契約で訪問することになっているためらしく、熱心にガイドさんを含め [続きを読む]
  • 国内移動感覚で香港へ
  • 高松からの国際便は、ソウル、台北、上海、そして香港に、さらに国内便も東京や札幌、沖縄にも飛んでいる。待ち時間と飛行時間は長いが、国内感覚の移動で香港までやってきた感じだ。国内線と国際線は共通の場なので同じような感覚で、料金的にも含めて海外にいけるので悪くない。東京圏で羽田や成田に行くときは気持ち的にかなり構えて区別して行かざるを得ないから、比較してあちこち飛んでいる地方主要空港は大きなメリットであ [続きを読む]
  • 30年ぶりの香港
  • 30年位前に仕事の関係で一度、香港を訪れた。12月後半だったが、とても暖かいので驚いた覚えがある。今回は2回目の香港旅だが、もうこれが最後だろう。高松空港発の香港エクスプレスのLCC便は週に3回出ていて、それに併せた3泊4日のHISのツアーに参加する。任意保険も、既に毎度の「損保ジャパン」に加入し、準備もOK。HISの旅行保険の約1/3の2060円で済むので、一般的にはこれがオススメだろう。宿のグレードは高 [続きを読む]
  • 1月の基本生活費、光熱費は割高
  • 2月になったので、先月締めの基本生活費の内訳である (夫婦2人暮らし、数値の単位は円)。電気を昨年末に四国電力から「ソフトバンクでんき」に変え、通信費でもケータイ代が同様に割引が適用になっていて、数百円お得になる。また、請求は一ヶ月遅れであるが、エアコン暖房費と給湯費の光熱費が多くなる月であるが、地域差は大きい。今は暖かい地域にいるので、前の住居地と比べると月当たりで数千円は安い。また、今月は損金が [続きを読む]