ジャランこ さん プロフィール

  •  
ジャランこさん: ゆっくりまわろう
ハンドル名ジャランこ さん
ブログタイトルゆっくりまわろう
ブログURLhttp://lovewalking.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ウォーキングと旅行が大好きです。 ハワイ旅行記が終わり、今度は台湾旅行記になります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/08/17 22:51

ジャランこ さんのブログ記事

  • 【東北旅行3日目4】陸前高田3 陸前高田ユースホステルとベルトコンベアー
  • こちらの記事は2016年9月の旅行記になります。現在の状況と異なることがあるかと思います。陸前高田ユースホステルです。こちらも震災遺構です。すでに長期休館中だったため人的被害はなかったようです。1本松はこの建物のお蔭で津波の威力が弱まり助かったと言われています。学生時代、YHに泊まって旅をするのが好きでした。YHをみると若かったころを思い出します。そんな建物が津波の被害にあってしまったのは心が痛みます。 [続きを読む]
  • 【東北旅行3日目3】陸前高田2 奇跡の1本松
  • こちらの記事は2016年9月の旅行記になります。現在の状況と異なることがあるかと思います。一本松茶屋に到着しました。こちらの駐車場をお借りして震災遺構を回ろうと思います。トイレもこちらでお借りしたので、帰りにちょっとお買い物。駐車場の自動販売機にも奇跡の一本松の絵が描かれていました。大船渡線のBRT「奇跡の一本松駅」BRTとはバス・ラピッド・トランジットの略。バス停のようにみえますが、鉄道事業者の設置した駅 [続きを読む]
  • 【東北旅行3日目1】めがね橋
  • こちらの記事は2016年9月の旅行記になります。現在の状況と異なることがあるかと思います。この日がこの旅のメインです。夫が暮らす八戸へ家族で行こうということになったとき何処を回ろうかという話になりました。この先、4人で旅行をする機会はほとんどないだろう。映像でしか見たことのない日本で起こったことを家族で一緒に自分達の目で見ることは大切なことだと夫と話、震災遺構を家族旅行先に決めました。たまっている旅行記 [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目17】盛岡に移動してじゃじゃ麺を食べる
  • 盛岡駅に到着しました。盛岡駅ビルのフェザン 「めんこい横丁」で夕飯を食べるつもりでしたがピンとくるお店がなかったので、駅前にあるホテルに先に荷物を置きに行くことに。駅前にある東横インが今回の宿です。荷物を置いて駅前を歩きます。夕飯に食べたいと思っていたのは盛岡名物じゃじゃ麺。検索したら宿の近くにあるぴょんぴょん舎がヒットしました。行ったところ入り口におしゃれなOLさんたちが並んでいて、お酒を飲まずに [続きを読む]
  • 【台湾4日目3】帰国2 桃園空港から成田空港へ
  • 呼び込みの人は日本語が通じたけれど運転手は日本語も英語もダメ。桃園空港ではなくて松山空港へ連れて行かれたらどうしようかとドキドキしながらタクシーに乗っていました。桃園空港が見えてきたときはほっとしました。騙されたかもと思いながらも500元だけ出したらそのまま受け取って荷物もエレベータの前まで運んでくれました。疑って申し訳ない気持ちもありチップはちょっと多めにしました。空港で慌ててチェックインをしよう [続きを読む]
  • 【台湾4日目2】帰国1 桃園空港へ向かう
  • ホテルに戻って台湾最後の朝食を頂きました。その後ビジネスセンターへ行きPCを借りました。PCは無料で使えますが印刷は有料です。こちらで飛行機の予約を印刷しました。最近だとスマホの予約ページを見せればOKですが、5年前なのでスマホを持っていなかったしその頃はスマホの画面でOKになったのかな?ホテルに予約したシャトルバスが出発するまではこのビジネスセンターでコーヒーを飲みながら待っていました。ホテルのシャトル [続きを読む]
  • 【台湾4日目1】台北霞海城隍廟へお参り
  • 朝、目を覚まし、朝食前に散歩をすると言うと母も娘も一緒にいくと言います。ホテルの近くで母がビーズを最初に買ったそばに台北霞海城隍廟という有名なお寺があります。縁結びの神様で有名なので日本の若い女性もよく行くところらしいのですがこのメンバーで行くところでもないかなとスケジュールにはいれていませんでしたが、朝の散歩にはちょうど良い距離なので行って見ることにします。初日に迷子になったことを含めて3回目の [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目16】空飛ぶお団子が食べたい
  • 厳美渓はその美しい景観が有名ですが、もう一つの人気は空飛ぶお団子でした。空飛ぶお団子とは対岸にあるお団子屋さんからロープを伝ってお団子がやってくるのです。お茶とお団子3本で400円。このためにおつりがないようにしっかり400円も用意していました。写真に背中が写っているカップルがお団子を受け取った後籠には完売のプレートが。厳美渓を眺める前に先にお団子を購入すればよかったです。先ほどの厳美渓レストハウスでお [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目15】厳美渓へいく
  • 達谷窟毘沙門堂をお参りした後は厳美渓に向かいました。栗駒山に源を発し、一関市内へと流れる磐井川の浸食によって形成された美しい景観です。でも、ここで電動ではなかった息子は熱中症になってしまったようで元気がありませんでした。まずは厳美渓レストハウスには薬局があったので経口補水液を購入してお店の方からは宣伝用の塩飴とお手拭をいただきました。親切ありがたかったです。息子が落ち着いたので吊り橋を渡ってその景 [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目14】達谷窟毘沙門堂をまわる
  • 岩肌にくっ付くように建てられた毘沙門堂は今にも岩に飲み込まれそうです。達谷窟毘沙門堂で検索するともっと茶色い建物の写真が出てくることもありますが震災後の2011年に補修とともに塗り替えられたそうです。京都の清水寺と同じ懸造で清水寺を模して造られたため「小清水寺」と呼ばれることもあるようです。階段を上がっていきます。中は撮影禁止。岩には大仏が彫られています。高さ16.5メートル、顔の長さが3.6メートル、耳の [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目13】達谷窟毘沙門堂でポケモン捕獲?
  • 達谷窟毘沙門堂 別當達谷西光寺に到着します。平泉へ行くために下調べをしていて、ここへ行きたいと思ったのですがバスの本数が少なく、レンタサイクルにしました。1200年も昔に開かれたお寺です。毘沙門天をお祀りしています。征夷大将軍であった坂上田村麻呂が、ここを拠点として蝦夷を討伐した記念として建てました。石之大鳥居鳥居の前には拝観料大人300円、中高生100円、小学生無料となっていますが「御神域に就き 犬・猫・ [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目12】 平泉でレンタサイクルに乗る
  • 駅にレンタサイクルを借りに行きました。平泉駅前には何軒かのレンタサイクル屋さんがあります。暑くて漕ぐのも大変なので、電動をお願いしましたが電動は2台しかなく、息子が自力走行することになりました。私は電動自転車がはじめてだったのでドキドキしましたが坂道でも楽々。快調に進みます。電動自転車ってこんなに快適なものだったのですね。でも写真を撮るためにとまっていると息子と娘は母を捨てて視界から消えてしまう。 [続きを読む]
  • 【台湾3日目12】九份をまわる3
  • このあと九份一番の見所へ行こうと思いましたが電車に乗る時にパワーを使い切っちゃったのか母は待っていると言います。せっかくなのに・・・と思いましたが、本人が階段はもう無理というので待っていてもらって娘と写真を撮りに行きます。千と千尋の神隠しの湯婆婆(ゆばーば)の湯屋のモデルと言われている「 阿妹茶酒館 」。この懐かしいような雰囲気が人気の場所で、ツアー客も沢山いました。台湾映画の「非情城市」の舞台とな [続きを読む]
  • 【台湾3日目11】九份をまわる2
  • 夕日が沈みます。この後、喉が乾いたからお茶にしようということになりましたが、台湾の伝統的な茶芸というよりは 冷たいものが飲みたいということになりアイスコーヒーが飲めるお店に入りました。好望角餐飲店(九份商圈) 電話:02-24968276  地址:新北市瑞芳區基山街174~176號  何度も母と私が「no sugar]と確認したのに 出てきたコーヒーは甘く母は殆ど飲めませんでした。でも、このお店からの眺めはだんだん暗くなってきて [続きを読む]
  • 【台湾3日目10】九份をまわる1
  • 瑞芳までは、満員でしたが何とか戻ることができました。さすがに普段なら年をとった母の姿を見ると席を譲ってくれる台湾の人もここでは譲ってくれず、ギュウギュウ詰めの列車で立つことになりましたが。九份行きのバス乗り場はよくわかりませんでしたが、人の波に従っていくとそこがバス停でした。九份?と聞くとそうだと言われたので、そのバスに乗り込みます。ちなみに九份は日本語だと「キュウフン」ですが「ジォウフェン」みた [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目11】 毛越寺
  • ちょっと遠回りしましたが毛越寺に向かいます。毛越寺は国の特別史跡、特別名勝に二重指定された、平安時代の優美な浄土庭園に境内の四季折々の花が彩る観光地です。毛越寺の入り口をはいります。入口を入った所に延年茶の試飲がありました。御利益ありそうな冷たいお茶を美味しくいただきました。松尾芭蕉の「夏草や 兵どもが 夢の跡」を新渡戸稲造が英訳したものです。毛越寺伽藍復原図は平安時代の庭の様子を残していると言わ [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目10】 金鶏山
  • 中尊寺をあとにして矢印に従って毛越寺に向かって歩きます。途中には平泉文化遺産センターがありました。無料で平泉に着いて学べる施設なので時間があったらよりたかったのですが、今回は諦めました。平泉るんるん号がやってきました。中尊寺と毛越寺をお参りするならこちらのバスに乗るのも良いかもしれません。ですが私達は毛越寺へ行く途中に寄りたいと思っているところがありました。金鶏山です。こちらも世界遺産になっていま [続きを読む]
  • 【台湾3日目9】 東洋のナイアガラ十分大瀑布へ行く
  • 十分大瀑布に行くことにします。途中は竹に書かれた願いごとを見たり瓜が洗濯物のようにほしてあったり日本のガイドブックには載っていないような宿があったりタイミングよく列車が橋を渡る様子を見ることが出来私には歩いていて楽しいところでしたが、とても暑くちょっと坂道もあって母には楽しくない歩きになってしまいました。娘はマイペースで線路歩きを楽しんでいます。私の世代だとスタンドバイミーを思い出す風景です。線路 [続きを読む]
  • 【台湾3日目8】 願いよ、天までとどけ! 十分の天燈上げ
  • 列車も1時間に1本ぐらいしか来ないのでみんな線路を歩きます。線路の上で皆が何かやっています。これが今回こちらまで来た目的の天燈上げです。願いごとを書いて、線路から天燈を飛ばします。自分の願いにあった色の天燈に願いを書きます。一色なら100NTD、強欲3人組は4色の150NTDにしました。でも、組み合わせは既に決まっていてかなり悩んだ末娘は5番の組み合わせ。一応日本語訳もありましたが余計わかりにくかったのですがただ [続きを読む]
  • 【台湾3日目7】 台湾の鉄道、今度は平渓線に乗る
  • 人気の観光地九份に行く場合は瑞芳駅で降りてバスになりますが、私達はその前に平渓線にのって十分に行く予定でした。瑞芳駅に着くと平渓線に乗り換える人で駅が溢れるほど。だから八堵駅で乗り換えようと言ったのに・・・しかも、台北駅で平渓線の切符を買ってこなかったので、2人を待たせて買いに行くことにします。みんな切符を買ってきているのか、窓口は余り混んでいなかったのですぐに購入することが出来てホームに戻ります [続きを読む]
  • 【台湾3日目6】 台湾の鉄道台鐵に乗る
  • 今回は、ちょっと距離があるのでいつも乗っていたMRTではなく、台鐵に乗ります。日本(首都圏)でたとえると、MRTが東京メトロ、台鐵がJR在来線、台湾で初めて乗った高鐵が新幹線という感じです。これから九份まで行くために台北から瑞芳まで台鐡で行く予定です。九份まで行くツアーもたくさんあって、バスで行って軽食付きで4000円ぐらいで参加できるようでした。こちらの方が母にとっては楽であることは分かっていたのですが、鉄 [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目9】 中尊寺をお参り7
  • 阿弥陀堂ご本尊は阿弥陀如来のほか、蔵王権現や縁結びのご利益があるといわれる歓喜天がお祀りされています。鐘楼当初は2階造りの鐘楼だったそうです。摩耗がはなはだしくて、今ではこの鐘を撞かれることはないそうです。団体のガイドさんがこの鐘楼があったのが世界遺産になった理由の1つと言っていたけどそれがなぜだかはお金を払っていない私たちは聞けなかったです。大日堂峯薬師堂元は金色堂の南下にあったものをこちらに移 [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目8】 中尊寺をお参り6 一字金輪佛頂尊御開帳
  • 平泉の世界文化遺産登録5周年を記念して秘佛・一字金輪佛頂尊の御開帳がありました。なぜか讃衡蔵の建物の写真を撮っていなくて、通路の写真。讃衡蔵の方は奥州藤原氏の残した文化財3000点あまりを収蔵する宝物館なので通常でも見学可能です。一字金輪佛頂尊のある讃衡蔵の秘仏室へ向かいます。一字金輪佛頂尊の写真は不可。購入した写真集からとても優しいお顔をしていました。この時間まだ空いていたので、お寺の方に普段はお見 [続きを読む]
  • 【東北旅行2日目7】 中尊寺をお参り5
  • 中尊寺白山神社慈覚大師が加賀の白山をこの地に勧請し自ら十一面観音を作って中尊寺の鎮守としたそうです。能楽堂は耐震工事中でした。1年近く前のことなので今は工事も終わったことでしょうね。神社の方は工事はしていないので茅の輪くぐりもできました。茅の輪くぐり、駅ハイで歩くようになってから知ったことですが、息子と娘にまわり方を教えたりして親の威厳を・・・・弁財天堂仙台藩主伊達綱村公仙姫の寄進です。池に睡蓮が [続きを読む]