波動アセンション さん プロフィール

  •  
波動アセンションさん: 幸せ引き寄せ宇宙の法則
ハンドル名波動アセンション さん
ブログタイトル幸せ引き寄せ宇宙の法則
ブログURLhttp://utyuunohousoku.blog.fc2.com/
サイト紹介文心の持ち方、考え方で人生が変わります。幸せに生きていくために今までの思考と行動を変えていきましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/08/20 10:09

波動アセンション さんのブログ記事

  • 人生は振り子のように 
  • 生きていると楽しいこともあれば、悲しいこともありますし、また、悪いことも起これば、良いことも起こります。振り子時計の振り子が左右に揺れるように、人生は良いことも悪いことも交互に繰り返しながら、それらの経験によって自分自身を成長させていくものだと思います。もし、今の自分に良くないことが起きているのなら、いずれその振り子は良い方向へと戻っていくことになりますし、もし、今の自分に良いことが起きているのな [続きを読む]
  • 幸せ引き寄せ宇宙の言葉38
  • 【幸せ引き寄せ宇宙の言葉38】1、楽しく生きたいのなら自分の幸せを他人と比較しないことです。  幸せとは自分の内側で感じるものであり、誰かと比べるものではありません。  また、自分の力ではどうすることもできないことは受け入れてしまうことです。  それが楽しく生きていく秘訣です。2、「世界をひとつに」  これはとても素敵なことですが、  自分には自分の世界があり、  相手には相手の世界があるのですか [続きを読む]
  • 幸せ引き寄せ宇宙の言葉37
  • 【幸せ引き寄せ宇宙の言葉37】1、今までうまくいっていたことが徐々にうまくいかなくなってきた時、  人は「何で?どうして?」と落ち込んでしまいますが、  全てのことは移り変わっていくものです。  永遠に変わらないものなど存在しません。  それが自然の流れなら素直に受け止める方が楽ですし、  変わる時がきたのかもしれません。2、私たちは自分の人生がこれからどうなるのかは分かりませんが、  何が起きよ [続きを読む]
  • 幸せ引き寄せ宇宙の言葉36
  • 【幸せ引き寄せ宇宙の言葉36】1、ある人は「人生は苦しみだ」と言い、  ある人は「人生は喜びだ」と言います。  それは、苦しことが起こったから、  喜ばしいことが起こったからそう思うというより、  自分が最初に「そう考えていたから」そのような現象が起きたということを知れば、  この世界のカラクリが少しは見えてくるでしょう。2、人生で新しい景色を見たい気持ちはあっても、  その新しい景色はもしかした [続きを読む]
  • 過去や未来より今の自分がどうであるのかを考えましょう
  • 私たちはいつでも今にしか生きられないというのに、今よりも過去や未来に意識を向けてしまいがちです。過去の失敗や後悔だったり、未来の心配や不安だったり、人は今よりも過去や未来に意識を飛ばしてしまいがちです。過去の自分がどうだったかとか、未来の自分がどうなっているかよりも、「今の自分がどうなのか?」そのことに意識を向ける方がよっぽど重要なのです。今、自分は良い気分でいられているのか?今、自分は恥じない生 [続きを読む]
  • 人に優しさを配ることの素晴らしさ
  • 人に優しさを配っても自分が嫌な気持ちになることはなく、また、優しくされた相手も嫌な気持ちになることはありません。人に優しくすると心の中に満足感が広がりますし、自分が優しさを配ることで相手を喜ばせることができたり、困っている相手を少しでも助けることができます。花火の火を他の花火に分け与えても、自分の花火が消えてしまうことはないのと同じように、自分が人にどれだけ優しさを与えたとしても、自分の優しさが減 [続きを読む]
  • 幸せは「なる」ものではなく、「感じる」もの
  • 幸せに「なろう」と思えば、今はまだ幸せではなく手の届かない所にあることになりますが、幸せを「感じよう」と思えば、今の自分で感じられる幸せを探してすぐに幸せな気持ちになれるでしょう。「いつも今の自分で感じることができる幸せを探して感謝する」そういうことで心の中に温かさがじんわりと広がり、「ああ、自分は幸せだ」と思うことができるでしょう。そう考えてみれば、この世に幸せになれない人はいないことになります [続きを読む]
  • 自分の世界は自分が作っています
  • 自分の思考と行動が自分の目の前に広がる世界を作っています。ですから、自分の思考と行動を変えることができれば、今自分の目の前に広がっている世界を変えることができます。「あの人が悪い」、「時代が悪い」、「運が悪い」など、「そのせいで、今の自分の世界が作られてしまった」と、そう思いたい気持ちもよく分かりますが、本当は自分の世界は自分が作っていることを知ることです。今まで自分が見てきた世界は今までの自分の [続きを読む]
  • 起きた事実は変えることができないとしても
  • 起きたことは起きなかったことにはできません。コップから一度こぼしてしまった水を慌てて元に戻しても、すでに濡れてしまったモノは濡れなかったことにはできません。たとえ、それがどんなに信じがたいことだとしても、どんなに受け入れがたいことだとしても、どんなに嫌だ嫌だと泣き叫んだとしても、起きたその事実は変わることはありません。しかし、これは「変えられないことはもう諦めましょう」と、決して「諦めること」を言 [続きを読む]
  • 今この瞬間に生きている自分を大切に
  • 本当の意味で「今」を生きていれば、過ぎ去った過去に執着することも、まだ来てもいない未来に怯えることもなく、ただ、今この瞬間だけに意識を向けて、今この瞬間だけに味わえることを精一杯に味わうことができます。過去の嫌だったことを何度も思い出して何度も苦しまないでください。今はもう存在しない幻のような嫌な過去は今ここにはありません。未来の不確実な心配や不安に心を押し潰されないでください。今はまだ存在しない [続きを読む]
  • 移り変わる世界の中で生きている私たち
  • あんなに暑かった夏も少しずつ空気が変わっていき、今はあの猛暑が嘘だったかのように涼しくなりました。同じように、私たちの毎日も少しずつ何かが確実に変わっていき、いつまでも同じ人生の季節にとどまることはできません。昔あんなに大切だったモノが今はもうそうでなくなったとしても、昔あんなに情熱を注いでいたモノが今はもうそうではなくなったとしても、変わっていくモノ、流れていくモノがあることは自然な宇宙の法則で [続きを読む]
  • 自分を変える一番確実な方法
  • 今まで「自分を変えたい」と思ったことがある人も多いでしょう。しかし、その多くの人が「自分の意志」で自分を変えようとしがちです。なぜなら、「強い意志を持つ」ということが大切だと思い、強い意志を持てば自分を変えられると考えているからでしょう。確かにそれはその通りです。しかし、「強い意志を持つ」ということは簡単なことではありません。最初は強い意志を持ったとしても徐々に薄れてしまうことも少なくありません。 [続きを読む]
  • 「自分だけの普通」は自分で好きに決めればいい
  • 「普通」には「世間の普通」と「自分だけの普通」があります。例えば、サラリーマンはスーツを着て出勤することだったり、道で財布を拾ったら交番に届けることだったりなど、それらは「世間の普通」になりますが、朝はいつも起きたらまずコーヒーを飲むことだったり、毎日必ず瞑想をしていることだったりなど、それらは「自分だけの普通」になります。「世間の普通」は誰にでも当てはまりますが、「自分だけの普通」は他人には普通 [続きを読む]
  • 「自分のため」にしていたことが「誰かのため」になる
  • 自分の好きなこと、自分が信じるものなど、最初は「自分だけ」が心地良かったことも、そのことを純粋な気持ちで一生懸命になっていると、ある時、それが誰かの希望になり、それが誰かを笑顔にすることもあります。最初は「自分のために」とやっていたことが、ある時、知らないうちに「誰かのために」なっていることもあるのです。例えば、最初は自分のためにスポーツを頑張っていたことも、いつしかプロの選手になり、いつしか日本 [続きを読む]
  • 自分の正解は自分で決めればいいのです
  • 人生に絶対的な正解も不正解もありません。何が正解かと考えたところで、正解は人の数だけあるのです。自分にとってはそれが正解であったとしても、誰かにとっては不正解であってもおかしくないはないのです。ただ、自分が正解だと思う道を進むことに一生懸命になればいいのです。自分の正解は自分で決めればいいのです。他人の正解は他人が決めればいいのです。それぞれがそれぞれの中で感じる答えを信じればいいのです。今あなた [続きを読む]
  • 1人で過ごす時間を恐れることはありません
  • 1日の終わりには静かな空間で少し1人になって、今日1日の中で楽しかったこと、嬉しかったこと、笑ったこと、失敗したこと、恥ずかしかったこと、イラッとしたことなど、今日という日の中で感じたいろいろなことを振り返り、今日の自分と向き合うことで心が整っていきます。その間の時間だけはスマホの電源も切って、誰にも邪魔されない「完全な1人の時間」を作り、その1人の時間を楽しんでみるのはどうでしょう?今の時代は「おひ [続きを読む]
  • 私たちは何も持たずに生まれて何も持たずに去っていきます
  • 私たちはこの人生を生きていく中で、服、貴金属、日用品、車、家、お金、友人、恋人、仕事、資格、地位、信用など、いろいろなモノを求めてそれを手に入れながら生きています。そして、一度手に入れたモノは失わないように、まだ足りないと思うモノは何とか手に入れようと、日々の中を必死で泳いで生きています。しかし、そんな毎日の生活の繰り返しの中で、「自分はこんなにも何を強く握りしめているのだろう?」「自分はこんなに [続きを読む]
  • 「なんとなく」の気持ちを信じてみませんか?
  • 時に、私たちは明確な理由は自分でもよく分からないとしても、「なんとなく、そう思う」、「なんとなく、そうしたい」など、そのような気持ちになることがあります。「なんとなく、あの人にメールしてみよう」「なんとなく、あの場所に行ってみよう」「なんとなく、これが気になる」「なんとなく、これをしてみたい」など、自分でもハッキリした理由は分からないのだけれども、「なんとなく、そう思う」、「なんとなく、そうしたい [続きを読む]
  • 人生という映画の中を生きている私たち
  • 私たちの人生というものは映画のようなものであり、誰もがその映画の中の主人公なのです。その映画の中身は人それぞれストーリーが違いますが、誰もが映画の中の主人公であることは間違いありません。そして、多くの人がその映画の世界が現実だと信じています。なぜなら、誰もがその映画の中で生まれ、誰もがその映画の中で自分というストーリーを生き、誰もがその映画の中で終わりを迎え、誰もがまた再び違う映画の中で生まれ変わ [続きを読む]
  • 自分は自分の、相手は相手の世界の中で生きています
  • あなたはこの世界で自分がやりたいこと、信じたいこと、大切にしたいことを一生懸命にすればいいのです。しかし、自分が見ている世界の正しさは自分だけのものであり、自分が見ている世界のその正しさを、相手が見ている世界の中で振り回しても通用しません。それは日本と外国では法律が違うようなものです。他人が見ている世界にはまた違う正しさがあることを覚えておくことです。それはどちらが上で、どちらが下ということではな [続きを読む]
  • 幸せ引き寄せ宇宙の言葉35
  • 【幸せ引き寄せ宇宙の言葉35】1、別れは悲しいかもしれません。  しかし、別れの後には必ず「新しい出会い」が待っています。  自然な流れの中での別れならば、  その別れに執着するのではなく、  今までに感謝して静かに手を振り、  新しい出会いを楽しみましょう。2、自分のコンプレックスはできるだけ最初から相手に見せておけば、  こちらを嫌だと思う人は最初から寄ってこないでしょうし、  寄ってくる人は [続きを読む]
  • 幸せ引き寄せ宇宙の言葉34
  • 【幸せ引き寄せ宇宙の言葉34】1、お金を一生懸命に稼ぐことは大事なことですが、  楽しく生きるためにお金を稼ぐのではなく、  お金を稼ぐそのためだけに生きてしまうと、  毎日はとても重苦しいものになってしまうでしょう。2、「起きたこと 全て 認めて 受け入れる」  これが素直にできるようになれば、  人生の重荷を下ろしてもっと軽やかに生きていくことができます。3、咲いてはいけない花はありませんし、 [続きを読む]
  • こんな時あなたはどうしますか?
  • あなたと友人が船の上で釣りをしていたとします。すると、大きな波に飲まれて船が転覆してしまい、あなたと友人は海の上に投げ出されてしまいました。その時、目の前に一枚の板が浮いていることに気付きましたが、2人でつかまろうとすれば確実に沈んでしまうため、その板には1人しかつかまることができません。さて、こんな時あなたはどうしますか?【1】友人に板を譲り自分は死ぬことを選ぶ【2】自分がその板につかまり友人を見 [続きを読む]
  • ネガティブな感情に振り回されないでください
  • 私たちの心の中には毎日いろいろな感情が浮かんできます。何かを見る度に、誰かに会う度に、何かをする度に、良い感情でも、悪い感情でも、ポジティブな感情でも、ネガティブな感情でも、その何かしらの感情が自然に心の中に浮かんできて、どんな感情が浮かんでくるのか自分の頭では選ぶことはできません。ここで大事なことは、自分の中に浮かんでくる感情は自分では選べないのですから、いくら、過激で暴力的な感情が浮かんできた [続きを読む]
  • その時の自分が今一番良いと思うことを選択していくしかない
  • もし、あなたは過去に戻れるとしたら何をするでしょうか?過去に戻れるとしても同じ人生を選択する人もいれば、今度は違う人生の選択をしてみたいと思う人もいるでしょうが、それは今の記憶を持ったまま過去に戻ることができればの話です。もし、過去に戻れるとしても、その条件が「今の記憶を全て無くして戻ること」だとしたら、私たちはきっとまた今と同じ人生の選択をしてしまうでしょう。なぜなら、今の自分がいくら過去を悔や [続きを読む]