ルイーズケーキ さん プロフィール

  •  
ルイーズケーキさん: ニュージーランド自由帳
ハンドル名ルイーズケーキ さん
ブログタイトルニュージーランド自由帳
ブログURLhttp://louisecake.blog.fc2.com/
サイト紹介文ニュージーランド・ロトルアで、ワーキングホリデーメーカーさんを受け入れながら、役立つ情報を発信中!
自由文ニュージーランドに移住して、初めて知ったNZ人の温かさ、おおらかさ、英語など、日本と違う点も楽しく書いています。すごーく大切な義母とのやりとりやオモシロイ暴露話もテンコ盛り!留学、ワーホリ、観光、アクティビティーにも触れています!現地からホンモノの情報を(できるだけ)毎日発信中。本当のニュージーランドが見えてくるはず!!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/08/21 08:50

ルイーズケーキ さんのブログ記事

  • 英文メールって難しい?
  • ニュージー留学とワーホリを経験し、今やニュージーランドに住んでいるわたし。英語で生活をしています。(家族との日常会話も英語です)そして最近つくづく思うのが、日本語でメールを書くより、英文の方が簡単、と。これは私が難しい英文を書く必要がなく、更に、文法うんぬんはあまり気を使っていない、からなのだけど・・・笑。とにかく、英語って日本語よりも、丁寧語などの幅が狭いから、ポイントを押さえておけば、完璧じゃ [続きを読む]
  • ワーキングホリデー簡単じゃないです
  • 働けるホリデー制度のワーホリでは、海外で長期滞在できるので、年々人気が出ている。最近では、ギリホリとう、30歳の年齢制限間近の人が、駆け込みで挑戦している。ギリホリさんに限らず、皆さんには素敵な体験をしてほしいと思ってます。でも、ニュージーランドに行けばなんとかなる、は危険です。何とかなるのは問題の2割くらいだと思う。残り8割の問題は、諦めるか失敗に終わる・・・。ワーホリに関して、皆さんが知らないこと [続きを読む]
  • ニュージーの公用語は2つ!
  • もしニュージーランドの前知識なく渡航したら、言葉的にちょっとビックリするかも。なぜなら、英語ではない、日本人が聞きなれない言葉も使っているから。これはマオリ語といいます。ヨーロッパ人が移民する前からいた人たち、マオリの人々が使う言葉です。英語とは全く違うのだけど、マオリ語に無い言葉は英語から取り入れている。例えば本、ブックはプカプカ、っていいます。ヒップ(Hip)はホッペ。なんだかかわいい〜。更に [続きを読む]
  • ニュージーのスーパーでの信じられない光景!
  • 以前から知っていたことだけど、今回久しぶりにお目にかかった光景がある。それは、スーパー内で商品を食べる人がいる!ってこと。最後に出会ったのは、多分4年くらい前。以前住んでいた所のスーパーで、女性がポテチを食べながら買い物をしていたのを見た・・・その人と、レジでも一緒になったので見ていたら、これもお願い、と、そのポテチの袋を差し出していた〜。会計のためにね。ここロトルアでは、そんな人を見たことは無か [続きを読む]
  • スノボー行っとく?
  • さーてさて、寒くなってきましたよ〜、ニュージーは。1日で四季があると言われるNZの気候なのだけど、ここロトルアだと冬にそう感じます。今日のような晴れて風の無い日中は、キウイ(NZ人のこと)は半そでで歩いていることも・・・。気持ちはわかるよ、気持ちだけね・笑最近は、特に朝&晩の外は冷え、昨日のニュースでは、南島(NZは南が寒い)はマイナス5度だって〜でもこれで喜んでいる人たちが         ↓スキー場経 [続きを読む]
  • ピンク着てイジメ撲滅?
  • 少し前、ピンクの服を着て、いじめをなくそう!というイベントが各地の学校であった。1日だけピンクの服やアクセサリーを付けて、登校する。これに張り切るのは(主に)男の子・笑。普段なかなか着れない()ピンクで目立てるから〜・・・。この日、ある高校のそばを通ったら、ピンク(かそれに近い色)のショートパンツをはいた16、17歳くらいの男の子たちをたくさん見かけた。思春期の男子でも、結構まじめに参加しているんだな [続きを読む]
  • ニュージーアイス、これおススメ!
  • ニュージーランドは酪農大国。牛がたんまりいます。ヒツジほどじゃないけど、人口(500万人)よりは多い。特にロトルア(私の住む場所名・Rotorua)のあるベイ・オブ・プレンティーという、農作物や魚介類が豊富な地域は、牛の方が多い気がする(注・私のイメージ)。おかげで、牛乳3リットルが400円ほど、というステキな値段。気持ちとしてはもっと安くてもいいんでないなんだけど〜・・・。さて、牛乳が多い、ということは、乳製 [続きを読む]
  • 英語で表情が豊かになる?!
  • 私はニュージーランド人に囲まれ生活しているのだけど、彼らと話すときには必ず目を見なくてはいけない。そうすると必然的に、彼らの顔の表情がよくわかる。外国人、特に英語スピーカーって表現力がある、とか人によっては、リアクションが大きいぞ、って言う人がいる。これは、英語を発音するとき、口をはっきり動かさなきゃいけないってことが関係しているかも、と思う。彼らとすごく真面目な話をしているときに、いきなり場違い [続きを読む]
  • キッズでも人間できてるニュージー人
  • 最近ちょくちょく、わが子の友達が泊まりにくる。主に長男(11歳)の同級生。名前は知っているけど、私とは初対面の子たちばかり。知っている子も含め、彼らと接して思うことは、大人に対して畏敬の念らしきものを抱いていること。尊敬、ちょっとコワイという雰囲気が混ざっている感じ。(私はコワイ人じゃないけど・笑)叱られるから、大人には変なことは言わない。ましてや要求もしない。あれが欲しいとか、何かをして欲しい、と [続きを読む]
  • ニュージーワーホリでいくら稼げる?
  • ワーキングホリデーとは、滞在費を補うための仕事が許された休暇制度。日本国外務省のワーホリ制度を見てね働くことは目的ではないのだけど、仕事は良い経験になるので、私は皆さんにおススメしていますでもみんな、何をすればどの程度稼げるか、を知らないと思う。ので、ここにニュージーの具体例を挙げてみまーす。まずポイント。ニュージーランドの時給は高いどの地域で、どんな仕事をしても、最低時給は約1300円(2018年度)果 [続きを読む]
  • 発見!日本人でも発音しやすいニュージーのR
  • 日本人が英語の発音で苦労することはよくある。その中でイチバン困難&間違えやすいものの1つがR。私は約20年間英語で生活しているけど、それでもたまーに間違える。それをキッズに指摘されたり・・・。でも、めげずに頑張ってます〜。で、あるとき、日本で英語講師の経験があるオット(NZ人)に聞いてみた。NZ人はどうやってRを発音しているかを。すると予想に反してこんな答えが。舌の先を上の歯茎あたりに当てる感じだよ、って [続きを読む]
  • ニュージーの学校の厳しい一面
  • ニュージーランドって国全体がゆるーい感じがする。特に学校は、日本のように校則で縛られていない。校則はあるのだけどちょっと不思議。例えば、靴下の色は、白、黒、赤、緑ならOK、みたいな。これじゃあ何色でもいーじゃん!てな感じ・笑。髪を束ねるゴムの色は、髪の色に合っていれば良い、て・・・。(注・どちらも学校により多少違います)ネックレスやピアスをしたり、学校指定でないジャンパーを着ていても、お咎め無し、な [続きを読む]
  • ニュージー旅行のススメ
  • 私はNZのロトルアで、ワーキングホリデー渡航者のサポートの仕事をしている。このワーホリさんたちのほとんどが、ニュージーランドでは旅をしたい!、と言う。趣味の写真を撮って周りたい、とか、見たことのない風景に出逢いたい、などの夢があるみたい。そして渡航後、やっぱりほとんど皆、旅に出る。ワーキングホリデーは、ホリデー制度。そこでホリデーと言えば、旅行が大きな要素だと思う。NZでの旅の良い点は、国土が日本より [続きを読む]
  • 動物園に行ってきました!
  • ニュージーランドって牧場が多く、一歩郊外に出れば牧場だらけ、なんてことはある。つまり、(家畜だけど)動物が身近にいる生活なんです。なので今まで動物園に行きたい!とあまり思わなかったけど、先日ついにZOOデビューしました〜。行った先はハミルトン動物園。ホームページはこちらここはオークランドやロトルアから車で1〜1時間半ほどで到着。郊外にあり、入り口は小さく、あれと思ったけど、中は広かった〜!!公園みたい [続きを読む]
  • ニュージー秋ワーホリの過ごし方
  • 天気の良い日中は、半そででも過ごせる秋のロトルア。でもそれは、主にニュージー人で、日本人の私には無理!、なこの頃です。寒くなってくると、みな走りたくなるらしく、マラソン大会のような、走れ〜っ!という行事が増える。走れば熱くなるので、寒い時期の方がベスト、だからだと思うけどね・笑笑。日没が早くなり、場所によってはかなり寒い。そのため観光客が減ってきたので、これから観光地に行くのはある意味良いかも。先 [続きを読む]
  • 背が高くてビックリされた話
  • 日本はゴールデンウィーク真っ只中!皆さんいかがお過ごしですかこちらロトルアでは本日、小・中学生によるミニマラソン大会(2km)が開催され、私も観戦に行ってきました〜頑張って写真や動画を撮ったので、今度アップしますね〜。うまく撮れてれば・・・さてこんなイベントがあった今日の放課後、長男11歳の友達・P君が初めて遊びに来てくれました。P君とは中学に入ってから知り合ったので、ここ数か月のお付き合いらしいけど [続きを読む]
  • ブレックファーストクラブ
  • ニュージーランドの小中学校では、朝食を無料提供している所がある。その数がどれだけあるか不明だけど、私の独断調査では、それなりの数になると思う。忙しい家庭、収入の少ない家庭、ただ単に朝食に間に合わなかった(寝坊などでね)、など、とにかく朝空腹ならば(たぶん)誰でもOK。学校の児童であれば。メニューは基本シンプル。コーンフレーク+ミルク、果物の切り合わせ、などが主流。でもこれは、学校により大いに違う、と [続きを読む]
  • 日本人は損しているかと・・・
  • ニュージーランドに暮らしていて思うことが、ここってやっぱり西洋社会、ということ。NZ人って温厚でフレンドリーな人が多いので、日本人にはとても馴染みやすい、と強く思うのだけど、それでも、考え方や態度の違いに行き当たる。そしてNZでは、「違う」ということ自体はネガティブな感情ではない。私は最初この点に、お!っと思ったけど、勉強になるなぁとか、私とは違う意見なんだね、という感覚になった。と、前置きはこのくら [続きを読む]
  • ニュージーワーホリならWWOOF・ウーフもおススメ
  • ワーキングホリデーをするならば、その国を目一杯たのしみたいと思うはず旅や生活、仕事、そしてできればその国の家庭体験もなんて欲張っても良いと思う。と言うより、せっかくなので欲張った方がよいかと・笑。でも、どうれば・・・じゃないですか??そこで私の意見として、ニュージーランドならWWOOF(ウーフ)をおススメしちゃいます!これはイギリス発祥なのだけど、ニュージーランドやオーストラリアで発展したそうな。そし [続きを読む]
  • ニュージー領?の二ウエ島民に出逢った!
  • 数日前に、知人のニュージー人のお宅にお邪魔した。そのとき偶然、Niue(二ウエ)島の人に出逢った。私、以前から二ウエに興味があったので、テンション上がる〜、だったけど、初対面なので、一応涼しい顔を取り繕っていた・笑。この島、NZから2400kmも離れている。一応独立国(島?)らしいけど、とっても小さく、人口は1600人あまり。経済的にはニュージーランドに頼っているんだって。また、外交的な発言等もNZに依存している [続きを読む]
  • ニュージー人が日本にラグビー観戦に行ったはなし
  • 今年の3月、ニュージーランドのラグビーチームが試合のため、日本に遠征に行った。これは、ローカルチーム同士の対戦だったので、大きく取り上げられてはいなかったかも、だけど、サンウルブズ、という、えらくかっこよいチーム名に魅かれ、私はちょっと興味があった。因みにニュージーのチームはチーフス(CHIEFS)。ハミルトンという名の街のチームで、ここはロトルアにも近い。だから全然知らない名ではない結果はチーフスが大 [続きを読む]
  • リピ率高いぞ!ニュージーランド
  • 今回は、最近到着されたふたりのワーホリさんのおはなし。この方たち、ワーキングホリデーは初めてだけど、実はニュージーランドに来たことがある。まずMさんは、約6年前に家族旅行でニュージーに来て、途中でわが家に寄ってくれたのです〜!そのときMさんはまだ高校生。でもニュージーをとっても楽しみ、また行きたいと思ったようです。その後社会人としての経験も積んだMさん。今回は仕事上の時期的なきりが良いし(3月に退職で [続きを読む]
  • 英語で英語の通訳をする??
  • 昨年小4だった娘のクラスに、韓国人のEちゃんが転校してきた。パパは仕事のために韓国に残り、ママと妹の3人で渡航、という、いわゆる母子留学、というものでしょうか・・・とにかくEちゃんは、ほとんど英語を話せないようだった。そこで当時担任だったD先生が、わが娘に通訳を任命する。って、聞こえはいいのだけど、娘は韓国語のカの字も知らない。かろうじて日本語がわかる程度。でも任命されちゃったので、英語で英語を通訳を [続きを読む]
  • ニュージーでコンサートに行こう
  • 私の長女・9歳の友達が、最近学校を2日休んだ。体調でも悪かったのかと思いきや、なんとあのエド・シェレン(Ed Sheeran)のコンサートに行ったから、だった。その少し前は、ブルーノ・マーズがニュージーランドに来ていた。もちろんコンサートのために。この時ちょうどあるワーホリさんと会い、話をしていたら、(私がサポートしている)ワーホリさんたち3人が、彼のコンサートに行ってますよ〜っと教えてくれた。チケット代は300 [続きを読む]
  • ブログを過信しないこと!
  • 私はかれこれ5年ほど、ニュージーランドブログを書いている。これって便利な物で、常識の範囲内ならば、何でも書けるし、情報収集の良いツールにもなっている。でもワーホリさんやワーホリ予定者さんと話をすると、いろんな人のブログを読んでいると、何が何だかわからなくなります、とよく言われる。自分で確認できない海外のことって判断が難しい。更に、ブログ主さんに起こったことが、必ず別の人に起こるとも限らない。真実を [続きを読む]