きゃな さん プロフィール

  •  
きゃなさん: nukumori
ハンドル名きゃな さん
ブログタイトルnukumori
ブログURLhttps://ameblo.jp/raranohane/
サイト紹介文パステルと曼荼羅、ヒーリング、天使、ベビマ、医療、カラーセラピーで心と身体の癒しをテーマに活動中。
自由文一人ひとりの心が平和で幸せを感じられるように、そっと心に寄り添いながらセラピスト活動をしています。誰の心の中にもある光の部分をより輝かせることが私の願いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2012/08/23 11:15

きゃな さんのブログ記事

  • 閃きは突然にやってくる
  • 先日、折れてしまった花たちが、花瓶の中でゆらゆらしながら元気いっぱいに咲き続けています。なんだろなぁ…胸が熱くなるのは。植物に生きる力を見せられているんだなぁ…。いのち、って素晴らしいな…と、ついつい感動してしまう私です^^グリーンのガーベラ。今日はふと、職場で、これまでずっと考えていたことへの具体的な閃きがありました。最終形の映像が浮かんだので、これは実現できるな、と。多くの人と喜びを分かち合 [続きを読む]
  • 絵をお渡しする前の想い
  • 昨日、オーダー作品の額装が無事に終わりました^^お見せしたいけどまだ出せず^^写真はその一部です。可愛らしく仕上がり、つい何度も見てしまいます。手を掛けて生まれた作品なので、とても愛おしい。。。昨日は同時に別の作品の額装も相談してきました。完成までの1週間が待ち遠しくてなりません。完成した絵を手にする人たちが、ほんの少しでもホッとしたり今よりも一歩前に進めたり、癒されたり…絵はただ黙って、そこにあ [続きを読む]
  • 花を植えました
  • 昨日は久しぶりの土いじり。花をたくさん買いました。今年は一番目立つ場所に元気いっぱいのピンクのパンジーを3鉢植えることにしました。植えるスペースは広くあるけれど…心地のよい間隔でゆとりを持たせて植えてみます。スペースを作ったことで一つ一つが大きくのびのびと育っていくことができるかも。こちらは特に繊細な茎を持ったビオラ。花の色が優しくて連れて帰りました。ところが、植え替えた時にお水を勢いよく与えてし [続きを読む]
  • 余ったマグロで、シーチキンづくり
  • 眠い目をこすりながら…深夜にツナを作っています。というのも、買ってきたマグロに塩を振ったまま、すっかり放置して仕事をしてしまったために、途中でやめるわけにもいかず、こんな時間になってしまったのでした…眠い〜せっかくなので、マグロに火を通す間に、ぬかをかき混ぜて明日のぬか漬けに備えました。そうこうしているうちに自家製シーチキンの完成です^^少しだけ食べてみたら、ハーブが効いてなかなか美味しい味にな [続きを読む]
  • 早朝の神社へ
  • 早朝から近所の神社へ、ふらっ、と行きたくなりました。静かな境内にラジオ体操の音が聞こえていて、地域の方々がみんなで身体を動かしていました。私はその横でお参りを済ませ、空を見上げたり、木に触れてみました。見ているようで見えていなかった葉っぱや木々の形があって、それを新鮮な目で眺めていました。人生半分は生きてきたのに、意外となんにも知らないものだなぁ…流行りのチコちゃんに叱られてしまいそうです笑一人 [続きを読む]
  • 必要な方へ届きますように
  • お喋りをする絵ですね、と、よく言われます。手からも、絵からも、伝えたいことがあるからでしょうか。私は大きなことは何も出来ません。身体がたりません。私は一人しかいないから…想いはあれど、直接なにかをするのが難しかったりもします。けれど、私は絵を描くことが出来ます。絵がお喋りしながらほんの少しでも寄り添えるなら私はこれからも絵を描きたいと思うのです。必要な方へ届きますように…。いろいろな方の顔が浮か [続きを読む]
  • 魅力溢れる書の世界
  • 昨日は日の出町で開催中のこちらの書道展に寄らせていただきました。今年は彩がテーマということで、斬新さに目を引く様々な作品が会場に展示されていました。シェアハウスの一階が展示スペースになっていて、風情のある古民家風の一軒家には個性的な書が並んでいました。あらゆる彩に墨が面白いほどにマッチしていて、拝見しているだけでも心がワクワクします。言葉のチョイスも秀逸。ほっこりと和むものから、有名な言葉を綴る [続きを読む]
  • 小さなハロウィン飾りにさようなら。
  • 新しいパステルの色が気になり一刻も早く試したいけれど、今日は掃除からのスタートです。少し散らかっていた部屋の掃除、僅かに断捨離もして、溜まっていた睡眠不足も解消して。気持ちを整頓してから絵の仕事に入ります。友人からいただいたハロウィンコーヒーは、絵を描く前にいただきます^^ありがとう〜そして、サヨナラするのは、2年前のボランティアで子どもたちに使ったハロウィン飾り。今までありがとう^^↓ ↓ ↓ [続きを読む]
  • お弁当は楽しい
  • この10日くらいを振り返ってみると、休む間もない感じだったので、なんだか記憶が曖昧です。けれど、記録で撮影していたお弁当の写真を見ると、それなりに私も頑張っていたんだな…と、少しホッとする自分がいます。この日はおかずが多くなりすぎて、ご飯を入れるスペースがまったくなくなってしまいました(笑)↓お弁当を作る元気が出ない日は、外で買うこともあります。いきなり、菓子パンとか。(笑)でも、たまにはいいよね [続きを読む]
  • 秋、久しぶりのワークショップ
  • 昨日は、いつもお世話になっている美術家の方にお声がけいただき、逗子アートフェスティバルにパステルのWSで参加しました。↑昨年は子どもたちも参加していたので当日まで可愛らしい系で見本作りをしていたものの…なんと今回、子どもたちはいませんでした(笑)…少し焦る私。見本が子どもっぽすぎたかも!そんなわけで、急遽、見本はないままに秋の風景も提案。せっかくなので、素敵な大人の皆さんとどちらの絵も描くことにし [続きを読む]
  • ワークショップ準備
  • 明日はご自宅にお招きいただいての、久々のワークショップを開催です^^しばらくお受けしなかったので本当に久しぶり!人数がいても大丈夫なように、小さいパステルセットをいくつか準備しました。いつものヌーベルの48色セットは今回はお休みです^^深夜になり、ようやく何を描こうかとあれこれ描くところまで辿りつきました。パステルも磨いたし、見本作りも、とりあえず終了^^誰にでも楽しく描けて、上手い下手もなく、絵 [続きを読む]
  • 天に宣言
  • 数日前から自分の中で定まってきました。肉体を持って生きているうちにやっておきたいことにこれからは意識を向けていこう、と。そして、それをしようとする時に自分を弱めてしまうものを認めることができました。それらのことを天に初めて「堂々と」宣言した途端、光がパァーッと窓から入ってきました。暖かい^^温かい。。。しばらく雲の流れを眺めていると…上層と下層の雲の流れが逆に向かっていました。風の流れが違うので [続きを読む]
  • 「碧い世界のはじまり」
  • 今回の個展後、『Over the MOON』〜碧のシリーズ〜は、去年の水色の作品と同じ場所へと旅立ちました。その水色の絵というのは、こちら↓水色の作品の題名を久々に聞かれて。あれ、なんだったかな?その後、題名が判明。『碧い世界のはじまり』 でした。「碧いシリーズ」と題される前に、「碧い世界のはじまり」がすでに生まれていたなんて。無意識のうちに、去年も今年も、碧で繋がっていたんだなぁ。。。ちなみに、「碧のシリー [続きを読む]
  • ゆとり
  • 古内東子さんのSLOW DOWN。久しぶりき聴きたくなりました。休みの日もやることがたくさんあるけれど、そんな中でも心の中はゆっくり過ごしたい。to doノートに今日の用事や頭の中にある、気になっていることを全部書き出しました。書き出すことで、とりあえずスッキリ。後は、安心して、それぞれの作業に集中できます。今ある中で、心にゆとりを持てるかどうかは自分の心次第なのかもしれないと、ふと思った朝でした。 [続きを読む]
  • 今日も、すだち。
  • 新たな「すだち祭り」の後、すだちをどう調理するかをあれこれ試しています(笑)お昼は、すだちパスタ。盛り付けは、見なかったかとにしてくださいちゃんとすればよかった!冷蔵庫にたまたまあった、エノキ、ウインナー実家産のお豆、生クリーム、すだち。ちなみに、横にある無花果は昨日アップした実家産のもの。美味しくて、びっくり^^そして、実家産の冬瓜をどう調理するか…大きい‼?白だし、醤油、大葉、すだち!冬瓜は [続きを読む]
  • 続けること、生み出すこと
  • 前の投稿にも少し書きましたが、昨日は、実家の庭で元気いっぱいの自然の恵みをもらいました。そのあとにジャズギタリストの小沼ようすけさんのライブに行ったことで、私はこれからもコツコツと自分の絵を描いていこう、とそんな想いにかられたのでした。その世界ではとても有名な ようすけさん。お会いするたびに いつも新鮮で、そんな、ようすけさんから、毎回、沢山の刺激をいただいています。昨日は、二十代始めの頃のようす [続きを読む]
  • 初秋の実家へ
  • しばらく帰れそうにないので、今日は実家へ行ってきました。この季節の庭というか畑?には、いろいろあって。眺めるだけでも楽しむことができます。パッションフルーツの花。受粉中^^こちらは、無花果。キャベツ。キャベツの曼荼羅ですね^^これから花開くコスモス。玄関前のカラスウリ。江戸時代に徳川の女性の間で流行ったという珍しい数珠玉。見上げた空には彩雲^^昔買った、シャガールの妻ベラの本を久しぶりに読みまし [続きを読む]
  • 作品 『無題』
  • 以前に購入していただいた絵を昨日、無事にお渡しすることができました。都内の喫茶店で久々にゆっくり話も出来て、絵もお渡しして、一安心^^「無題」この絵は有難いことに、展示会場では写真で購入された方も多かったのですが、原画は、最終日の最後の時間まで展示スペースの端にそっと息を潜めて存在していました。なんとなくこの絵は私の中では神聖すぎてなるべく目立たない場所か、もしくは、展示することさえやめようかと [続きを読む]
  • すだち三昧
  • 先日、若いおじいちゃんみたいな人から小包が届いた。きっと、あれを入れて、これも入れて、と嬉しそうに詰めてくれたのだろう。私は孫か?(笑)だとしたら、それも嬉しい。届いたおかず系はお弁当にも入れて、一緒に入っていた、すだちは、毎日、いろいろなものに使っている。今年はお二人から、すだちをいただいている。。。すだち、本当に大好き!お浸し、おうどん、雑炊、秋刀魚の付け合わせの大根おろし、お味噌汁、水炊き [続きを読む]
  • 具沢山のお味噌汁を味わいながら…
  • 30日の夜に通過した台風の塩害で、草花や木の葉が枯れてしまった。窓には塩の結晶も残っている。捲れた屋根はすでに直したものの、風の音や揺れで眠れない経験はこれまでの人生で初めてだった。仕事がお休みなので、今朝はようやく、庭の枯れた花や草木を取り除くことができた。咲いたばかりなのかな…?露草はいつものように草むらにそっと佇んで、こっちを見ていた。室外機に絡まっていた草を掻き分けてみると…草と全く同じ色 [続きを読む]
  • 日本神話と大和の心
  • 日仏友好160周年イベント「日本神話と大和の心」に、ご招待いただきました^^久しぶりにお会いした高千穂神社の宮司さまは、いつも私の心を穏やかな位置に戻してくださる存在です。心が洗われるのです。そして、フランス人画家で日本神話を描く、マークエステル・スキャルシャフィキさん。こちらの本を描いていらっしゃいます。思いがけず、日本神話11巻を箱で大人買いしました。ここぞ、の場面での買い物です^^感動を忘れぬう [続きを読む]
  • ピアノライブにて
  • ブログが消えてしまったからといって、全てを蘇らせなくてもいいけれど、大切なものは残しておきたい。その1つが、今回、共同開催した中丸倖爾さんのピアノのライブです。↑ライブペイント中の私の髪が、ホラー映画の貞子みたいになっているけど、ごめんなさい(笑)中丸さんの今回の演奏がどれも秀逸だった。実はリハの時からそこにいたみんなで泣きました。優しくて、せつなくて、ほっとして…本番でも、中丸さんの音色はどれ [続きを読む]
  • 失敗から学ぶ
  • 寝ては起き、寝ては起き…今日はそんな1日でした。個展の後の疲れとブログが飛んだあれやこれやでしたが、ようやく落ち着きました。急に寒くなったので、珍しく風邪も引いてしまったみたい。この一月余りはほとんど休めなかったので、少しゆっくり出来てよかったかも。。。時間があったので、絵も描きましたよ。影を作って遊んでみたりして^^実はこの絵は、新しい試みにチャレンジしたら最後の最後に紙が破れるというアクシデン [続きを読む]
  • 三度の飯より好きな◯◯展②原画以外の展示作品
  • 作曲家、中丸倖爾さんと好きなものにフォーカスした初の共同開催の今回の個展は、鎌倉百年の蔵tsuuさんの10周年記念イベントの一つとして開催させていただきました。そんな素晴らしいタイミングで、中丸さんと今回の共同開催が実現しました。中丸さんはご自分の音楽や92才の美津枝おばあちゃんの水墨画を飾り、ご実家中丸屋米店のお米を販売。中丸家のご長男、五つ星マイスターしんちゃんが、おばあちゃんの大好きな竜頭の滝の絵 [続きを読む]