torachan1999 さん プロフィール

  •  
torachan1999さん: モンテとレッドウィングスの日々
ハンドル名torachan1999 さん
ブログタイトルモンテとレッドウィングスの日々
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/torachan1999
サイト紹介文モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。
自由文歩いて応援にいけるのが自慢。最近クルマばかりですが・・・(^_^;)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2012/08/23 20:57

torachan1999 さんのブログ記事

  • 讃岐戦の報道等から
  • まぁ、痛恨のドローでした。そこは皆さん同じ想いだったと思います。昨晩は、前節の甲府戦の事もあってか、どうにもこうにも心の動揺を抑えきれずに、お酒に走ってしまいました(汗)しかし、時間の経過とともに冷静になってみると、これも今の実力なんだろうなぁと。たぶん、勝つチームは、ああいう劣勢でもなんとか守りきるでしょうから。疲れがあるので、ターンオーバーかと思われた阪野、三鬼のコンビで得点できたのですから、な [続きを読む]
  • 第26節 対讃岐 1-1 阪野の先取点も、後半守りきれずにドロー・・・
  • しんどい試合でした。試合開始から劣勢だった展開。後半、阪野のゴールでなんとか先制できたものの、AT、同点ゴールを決められ、またも勝ちを逃してしまいました。とにかく、後半ゴール前にへばりついて終了を待つしかない現状をなんとかしないと。前節と同じ過ちを犯しています。試合の終わらせ方というか、終了間際に、急に動きが落ちてしまうのがもどかしいというか、情けないというか。ユルキの復帰戦と思って、じっと我慢して [続きを読む]
  • 今夜は讃岐戦
  • 天気はまぁまぁなのでしょうか。涼しいくらいなら選手も動きやすそうですね。地元紙の予想では、GK 児玉DF 熊本、栗山、松本MF 三鬼、中村駿、海斗、内田FW 北川、フェリペ、成豪のようですね。三鬼、北川のところは、流動的かなという感じもしますが、フェリペは孤立させると何もできませんから、シャドーと中村駿がどれだけサポートできるか。海斗には、駿を前に上げて、アンカーぐらいの気持ちでやってほしいですね。讃岐は [続きを読む]
  • 明日は讃岐戦
  • 甲府戦の結果に少し頭を冷やしておりましたら、もう明日はアウェー讃岐戦ですね。甲府戦、個人的には、まぁ悪くない結果じゃなかったかなと思っていたのですが、勝ってれば、6位大宮と勝ち点差4まで詰めていたことを考えると、やっぱり、悔しい結果でした(笑)しかし、監督、選手のコメントにもあったように、現状、ああいう試合を勝ちきれないのが、今のチーム状態なんだと思います。2得点目を取れない攻撃の精度と、失点を食い止 [続きを読む]
  • 第33節 対甲府 1−1 成豪の先取点も、後半追いつかれドロー・・・
  • 成豪は、本当に調子が良いですね。チャンスをもらえるし、それを確実に決めてきます。前半は、守備が集中していて、良かったですね。問題は、それを90分続けられるか、というところですが、後半、やはり、少し集中がきれてきたところ、ラインを上げていた中央を、一本のパスで通されて決められました。こちらにもチャンスがあったし、悔しいドローではありますが、きちんと先取点を取っているところ、後半、ぶれましたが、守備の集 [続きを読む]
  • 明日は甲府戦
  • 今日は、久々に汗ばむ陽気となりました。さて、明日はホーム甲府戦です。いろいろな情報からすると、明日は、山口戦と同じようなメンバーでしょうか。結果も出てますしね。あえて変える必要はないか。サブには、内田、楠神あたりも戻ってきそうですね。そろそろ、ウチの戦術に慣れてもらって、ブルロペのように、なんとか勝利に絡んでもらいたいものです。もしかしたら、ボランチが手薄でしょうか。南がいれば、ポリバレントできる [続きを読む]
  • 甲府戦に向けて
  • 土曜日は、ホーム甲府戦です。天気もまぁまぁなので、なんとかスタンドを埋めてあげたいですね。3連休の初日というのが、良かったのか悪かったのか。稲刈り最盛期でもなさそうだし・・・地味ながらも、9月を確実に白星で埋めている我がチーム。しかし、次は強敵、難敵甲府です。小瀬でのアウェー戦は、甲府を失意のどん底に陥れる鮮やかな逆転勝ちでした。今回、相手は倍返しとばかりに並々ならぬ覚悟で乗り込んでくると思われます [続きを読む]
  • ミラクルの再現を(その5)〜残り11試合、加えて坂元達裕の来季加入
  • J2リーグ32節を終えて、少し動きがありました。1位 町田 勝ち点60(残り11試合)2位 松本    60(残地10試合)・・20位 京都    27(残り11試合)21位 熊本    26(残り10試合)22位 讃岐    25(残り11試合)ということで、21位 熊本、22位 讃岐の自動昇格がなくなり、1位 町田、2位 松本の自動降格がなくなりました。20位 京都にはまだ優勝の可能性はあります。以上です(笑)モンテは勝利はしましたが [続きを読む]
  • 山口戦を振り返って、そして末吉選手の来季加入
  • いきなり、来季加入のリリースがありました。末吉塁くん、大阪体育大学の10番だそうで。なんでも川西の母校だそうですね。身長166cmということ、MFだということで、なんとなく佐々木を思い出してしまいますね。佐々木といえば、2005年ルーキーイヤーの開幕戦草津戦でいきなりデビューして、いきなりゴール決めちゃいました。その後の活躍はご存じのとおり。Jビレッジで代替開催された湘南戦では、50m位のロングシュートも決めまし [続きを読む]
  • 山口戦の報道等から
  • 攻守ともに、良かったという評価が多いようですね。見ている分には、失点しないか結構ハラハラしてたんですけど、監督、選手のコメントからは余裕も感じられました(汗)山口は、主力の欠場で瀬川、健太郎が先発したようですが、どちらも力強いプレーでした。特に瀬川は、守備の時のアレッ?が少なくなって、安定していたんじゃないでしょうか。元々攻撃力が魅力の選手でしたけどね。4バックは合ってるんだなぁ彼には。健太郎も、回 [続きを読む]
  • 第32節 対山口 1-0 成豪のゴールで、見事クリーンシート!
  • 成豪の10ゴール目が決勝点となり、守備陣も見事なクリーンシートで9月連勝となりました。相変わらず、なかなか攻撃の形ができない中、セットプレーからの得点は見事。成豪は、ここにきて調子を上げてきました。後半も惜しいシュートシーンがありましたし。山口の調子もあったでしょうが、最終ラインも粘りの守りで得点を許さず。しょっぱい試合を続けてますが、勝つことが一番大切な終盤戦。そして、何より素晴らしかったのは、選 [続きを読む]
  • 山口戦に向けて
  • さて、いろいろ妄想を書きなぐってきましたが、もう山口戦は近づいています。実は、今シーズンのJ2は、数字的には、まだ最下位讃岐にも優勝の可能性はありますし、首位町田にも最下位の可能性はあります(笑)そういう意味では、今シーズンは例年になく激戦ですね。それを、引っ張っているのが、町田でしょう。一試合少ない中でも堂々の単独首位ですから。監督は相馬さん。そう、奥野監督時代のモンテのヘッドコーチです。成績低迷の [続きを読む]
  • ミラクルの再現を(その4)〜ジャイロを第2のシジクレイに!
  • --------------------------------さて、台風の中でも、選手の皆さんは次節に向けて練習に汗を流しているようですね。昇格に向けて、いろいろと数字を引っ掻き回してはあーだのこーだの遊んでいますが、過去は過去、今年は今年で新たな伝説を作ってくれれば良いのです(笑)これからの残り試合は、しのぎを削るような激しい戦いが続きます。もう、ここからはどのチームもトーナメント戦のような気持ちで臨んできますから。そういう試 [続きを読む]
  • ミラクルの再現を(その3)〜残り12試合過去の成績から
  • いろいろデータをこねくり回して楽しんでますが、今回は、過去のモンテの成績から昇格の可能性を探ってみたいと思います。残り12試合となりましたが、2012シーズン以降、残り12試合時点の順位と最終順位を調べてみると、    残り12試合時点    最終   勝ち点積上げ 6位との勝ち点差2017 13位(勝ち点43) → 11位(59)   16       92016 18位(31)    → 14位(47)   16       182014 [続きを読む]
  • 熊本戦を振り返って
  • 日曜日は、TGでダービーだったようですね。結果は、0−2のようでしたが、怪我明けの選手も出ているようで、試合勘を養うには非常によかったのではないでしょうか。さて、改めて今節の試合を振り返ってみると、前半と、後半の出来の差が気になるところですね。後半は、相手の戦術も変わって、体力も奪われてという負の連鎖だったと思います。前半は、プレスも効いて、相手ボールを上手く回収して攻撃に繋げていたと思います。三鬼、 [続きを読む]
  • 熊本戦の報道等から
  • 首の皮一枚繋がった・・・という論評でしょうか。失礼ながら、下位チーム相手に、先制しながら、同点そして逆転のピンチを何度も招きました。ドローで終われば、勝ち点的にもメンタル的にも、いよいよ終戦の二文字が近づいたであろうことを考えると、ブルロペの逆転ゴールは、まさに「九死に一生を得た」ゴールとなりました。しかし、昨日も書きましたが、トレーニングでも、試合合間の練習時でも、なかなかシュートがゴールマウス [続きを読む]
  • 第31節 対熊本 2−1 終了間際ブルロペの決勝ゴールで劇的勝利!!!
  • ちょっと予想していない選手の劇的ゴールで、まだ動揺しています(笑)でも、ブルロペの覚醒がPO入りの鍵だと思っていたので本当にうれしいです。前半は、選手の動きも久々に良くて、阪野のゴールが決まった時には、今日はこのままいけるんじゃないか?と思ったのですが、そうは甘くありませんでした。何度かあったチャンスを精度を欠いてそのまま前半を終えると、後半は、急に運動量が落ちて、相手にボールを握られます。特に、 [続きを読む]
  • 今日は熊本戦
  • さて、また大雨に見舞われた県内ですが、今夜は熊本戦です。残り13試合なわけですが、木山監督が言っていた、残り10試合からが本当の昇格争い、それまでに、その権利を得られるよう頑張りたい。ということで、当面の3試合、熊本、山口、甲府戦は、死に物狂いで勝たなければなりません。昇格争いの権利を掴むためにも。まずは、熊本戦ですが、下位との対戦とはいえ非常に難しい試合になりますね。ふわっと試合に入ると、確実に愛媛 [続きを読む]
  • ミラクルの再現を(その2)〜史上最大の下克上
  • 現在12位のモンテがPOに滑り込むとすると、これから順位を6つ上げなければなりません。これが。どれくらい大変なのか(汗)過去の下克上をひも解いてみますと、残り13試合で、PO圏外から滑り込んだ事例は、2017年 千葉 9位 → 6位2015年 長崎 8位 → 6位2014年 山形 11位 → 6位2012年 横浜FC 8位 → 4位2011年 東京V 8位 → 5位2010年 横浜FC 8位 → 6位2009年 札幌 7位 → 6位2006年 鳥栖 7位 →  [続きを読む]
  • ミラクルの再現を〜2014シーズンとの比較
  • なんてのを書くと、また取らぬ狸のナントカとかになってしまうんですよね。すいません。我がチームの現在位置は、29試合 11勝8分け10敗 勝ち点41 12位となっております。これを、前回昇格の2014年シーズンと比較しますと、29試合 10勝9分け10敗 勝ち点39 11位。なぜか非常に似た状態にあります(笑)2014シーズンは、この後の13試合を、8勝1分け4敗 勝ち点25を獲得して、最終的に、18勝10分け14敗 勝ち点64で6位となりました [続きを読む]
  • 愛媛戦を振り返って
  • しかし、愛媛の戦い方は、アグレッシブで怖かったですね。ああいうオートマチックさというのは、厳しい練習の賜物なのでしょうか。徳島にも同じような怖さを感じました。そう、湘南の怖さを少し和らげたような(謎)もちろん、人数をかけて前掛かりに攻めてくるチームの弱点も確かにあります。カウンターで最終ラインの裏を狙えば、相手は裏返しになりますから、単純に後手を踏むことになります。負けているチームが、前掛かりに攻 [続きを読む]
  • 愛媛戦の報道等から
  • よくぞドローに持ち込んだ、って感じの論調でしょうか。それだけ、低調な試合運びだったということでしょう。昨日、新潟−福岡、大宮−山口の試合なんか見てましたが、究極のところ、J2は「運動量」ですね(断言)福岡、大宮、山口なんか見てると、ウチの攻撃はスロー再生しているようです(汗)監督の目指すサッカーが、現在の形なのかはさておき、南のいない現状で、3−4−3が果たしてベストなのか。守備の決まりごとがあるので、 [続きを読む]
  • 第30節 対愛媛 1−1 敗色濃厚な試合も、小林が終了間際に同点ゴールでドロー!
  • 天皇杯に激勝したからと言って、そう簡単にリーグ戦はいかないとは思ってましたが、ホントに簡単にはいきませんなぁ。ボランチが低調でしたね、今日は。そこに尽きるかな。最後、本田を下げて、ブルロペを入れるという、ヤケクソ采配が功を奏して、1点もぎとりました。得点するしかない場面なので、よい采配だったと思います。ブルロペ自体は何もしてませんが(汗)今日の試合なんか見ていると、とても、上位を目指すチームとは思 [続きを読む]
  • 明日は愛媛戦
  • 中2日というのは、思いのほか忙しいですね。選手の皆さんも、コンディション作りに苦心していることと思います。なす術なく玉砕してしまったリーグ戦。雲の上の格上チームを2チームも破って、ラウンド8に進んだ天皇杯。5日間のうちに、ジキルとハイドのような顔を見せた我がチーム(汗)なんとも悩ましいチームになってしまっている現状ですが、明日の愛媛戦は待ってはくれません。大胆に、メンバーを予想すると、GK 児玉DF 熊本 [続きを読む]
  • 天皇杯 FC東京戦を振り返って
  • こういう粘り強い戦いを見ると、つい、モンテらしい闘いだ、なんて思ってしまいます。選手も監督も年々変わってるのにね(笑)個人的なMVPは中村駿です。たぶん、万全の体調ではなかったと思うのですが、本田がいない中、いつもの凡ミスを減らしてしっかりリーダーシップを示してくれました(汗)本田がいる時も、これぐらいの安定したプレーができるともっとチーム力も上がるんですけどね。今回は出島からの応援でしたが、この [続きを読む]