ほかにいにょ さん プロフィール

  •  
ほかにいにょさん: 宮古島の癒し・八重山の刺激
ハンドル名ほかにいにょ さん
ブログタイトル宮古島の癒し・八重山の刺激
ブログURLhttp://miyakoyaeyama.blogspot.jp/
サイト紹介文宮古・八重山ほか沖縄離島の魅力と、役に立つ情報・役に立たない情報を写真と共に紹介中です。
自由文いつ行っても、何度行っても、癒やされ、また新たな刺激を与えてくれる「宮古・八重山」。その美しさ、楽しさ、居心地の良さについて、乗って歩いて撮って飲んで感じたことを写真と共にお伝えすします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/08/24 09:08

ほかにいにょ さんのブログ記事

  • ドキュメント 台風で宮古島行きは中止か決行か Ⅰ
  •  平成30年7月10日、宮古島行きを予定していました。 予約していた航空券は、羽田発那覇乗り継ぎで、那覇空港に13:25着、那覇空港出発は14:00の便です。 ところが・・・(気象庁HPより) まるで、自分の沖縄旅行を狙い撃ちにしたかのような台風8号の進路。 強い台風なら、中心から半径200?位が暴風圏。コースもスピードも見事なほどにドンピシャ! マジかよ〜 絶体絶命じゃん。 迷いに迷った今回の宮古島 [続きを読む]
  • 奄美大島崎原ビーチはちょっとヤバイ!
  •  ヤバイ、なんて、いい歳して乱れた日本語を使うな!若い奴に媚びるな!と言われると、「ハイ、すんません。」なのですが、ここの海を最初に見たとき思い浮かんだ言葉は、凄い!ではなく、ヤバイ!でした。笑 奄美大島の北部、空港からホンの数?といったところに位置する、崎原(さきばる)ビーチです。 コーラルブルーの海、細かい白砂の広い砂浜、そしてタコノキ。 この美しさは、宮古・八重山の名だたるビーチと比べても、 [続きを読む]
  • 夏本来の輝きを! 宮古島&周辺のベスト7+1ビーチ
  • 1 宮古島の前浜です。  宮古島を紹介するとき、ここを外すことはあり得ない、東洋一の砂浜です。 西日本などに記録的豪雨を見舞った梅雨前線は、とっくに梅雨が明けたはずの宮古島にも魔の手を伸ばし、観測史上最大の激雨を喰らわせました。 島東部の城辺町では、24時間当たりの降水量が350mmを超えるなど桁外れ。水が浸透しやすい隆起珊瑚の島でなければ、大惨事となっていたかも知れません。 大雨から一息ついて、 [続きを読む]
  • 夏至の沖縄で影が消える?ラハイナ・ヌーン現象
  •  当ブログも、最近は影が薄くて・・・という話ではありません。本当の影が消える話です。 地面から垂直に立つ物体に、真上から光を当てると影はできません。 朝夕に長い影ができるのとは反対に、日中は日陰が少なく、アチィ〜と思うことがあるでしょう。 でも、北半球の中緯度辺りに位置する日本では、真上に太陽が昇ることはないので、真っ昼間でも多少影ができるのです。  ところが、南国沖縄では、夏至前後の昼頃、影が消え [続きを読む]
  • 黒島の絶景西の浜 その北側の海も美しかった
  •   黒島の西の浜。  西の浜の美しさについては、当ブログで何度も取り上げましたが、行き方が分かり難いことや、黒島自体がメジャーでないこともあって、訪れる人はあまりいません。 こんな道を通って辿り着きます。これでも、昨年9月よりは、草が刈られ歩きやすくなっているのですが。 この入口より南側、つまり海に向かって左側には、美しい白砂の砂浜が広がります。 一方、北側、海に向かって右側は、天然の砂浜ではなく [続きを読む]
  • ほとんど役に立たない宮古島&周辺の旬ネタあれこれ
  •  ほんのちょっとしか役に立たない最新情報に続いては、情報というのもおこがましい、知っていてもほとんど役に立たない、宮古島&周辺の近況、話題、ネタをお届けします。 下地島17ENDについにバス乗り入れ 17END周辺の道は、県道でも市道でもなく、空港の管理用通路です。なので、狭くて路面も悪い。 そこを敢えて行かなければ、あの美しい海は見られないのですが・・・ しかし、ここにもついに大型バスに乗った団体客が。 [続きを読む]
  • ほんのちょっとしか役に立たない宮古島の最新情報
  • 宮古島に吉野家が出来ていた マックが出来たときから、いつかは吉野家も出来るのではと思っていたのですが、いつの間にか出来ていました。 この日本最南端の吉野家は、地元の人には大大大盛況だそうです。 一方、地元の人に長年親しまれていたはずの大和食堂には、午後1時を過ぎても観光客が店の外まで行列。一体どうなっているのだか。 ほんのちょっとしか役に立たない度 ☆☆☆西浜崎に駐車場が出来ていた  前浜を北西に [続きを読む]
  • 徳之島の絶景「犬の門蓋」 ちょっと悲しい歴史も
  •   またまた徳之島からです。 これは、犬の門蓋(いんのじょうぶた)という変わった地名の観光名所にある、通称めがね岩。 隆起珊瑚の石灰岩が、波に浸食されてできたのだとか。 うぉ!人が歩いている。   ならば自分も。昇り口と思われる場所からの眺め。結構危なっかしい。  近くで見るとまさに蓋です。 蓋の上からの眺めです。あんな危なっかし所だと思うとちょっと怖い。風も結構強かったし。 犬の門蓋というのは珍 [続きを読む]
  • ありゃ!? 地元で見慣れたバスが沖縄離島に
  •  神奈川中央交通、愛称、神奈中バス。 神奈川県の大部分と、東京都の多摩地域に展開する、東日本最大のバス会社です。 黄色と赤のボディーにオレンジのストライプ。 神奈川県民にとっては、昔から見慣れた車体ですが。  ありゃ! なんで神奈中バスが西表島に? もう一度。こちらが神奈中バス。 こちらが、西表交通のバス。 文字以外は、全く一緒。 西表島交通では、ほかにも都営バスとか京浜急行バスの中古車を導入し、 [続きを読む]
  • 普通こんな所まで行きませんよね 石垣島伊野田漁港
  •   最近、外国人を中心とした観光客激増の石垣島にあって、ほぼ地元民しか来ない場所。 石垣島の北東部にある伊野田漁港です。 知らない?そりゃそうですよね。何もないですから。何もないけれど、沖縄離島らしい雰囲気はたっぷりです。  まず、何と言っても海が綺麗です。 いや、もちろん川平湾のようにべらぼう綺麗な訳ではないですが、石垣島の海に期待する程度には綺麗ということで。あ〜ややこしい。 宮古島の高野漁港 [続きを読む]
  • ”ほとんど沖縄”の徳之島はこんなところだった
  •  鹿児島県に属する奄美群島は、鹿児島市からは遙かに遠く、むしろ、沖縄・那覇市に近いというロケーションです。 奄美大島から与論島まで続く奄美群島の中程に、徳之島があります。 外周80?。人口2万2千人程。 観光地としては、マイナーですが意外と大きな島です。  徳之島へは、鹿児島か奄美大島から飛行機で行きます。 奄美大島からの空路があるのは、奄美大島が奄美群島(大島郡)のメインアイランドだからでしょう [続きを読む]
  • 記事500本記念 【提案】宮古・八重山の将来に向けて
  •  いきなりエラそうなタイトルですみません。 ブログを始めてから、これで500本目の記事となりました。 その記念に、というわけではないのですが、思いの丈をぶつけます。 宮古諸島、八重山諸島、その他沖縄離島は、とてもとても魅力的な所です。ですが、どんどん変わっています。 便利になったことも多いです。 ですが、ほとんど人が居なかった場所に観光客が殺到していたり、何もなかった場所で商売をやっていたり、小さ [続きを読む]
  • 沖縄? いえ、徳之島の畦プリンスビーチです
  •  プリンス何とかといえば、真っ先にあの西武系のプリンスを思い浮かべますが、こちらは、本物のプリンスからネーミングされました。 徳之島の北西側にある美しいビーチ、畦(あぜ)海岸。 天皇陛下が皇太子だった頃、ここを訪れたことから、以来「畦プリンスビーチ」ということに。 奄美大島のさらに南側に位置する徳之島は、観光地としてはマイナーです。「聞いたことはあるけれど・・・」といった程度の人が多いと思います。  [続きを読む]
  • 沖縄? いえ、奄美大島の倉崎海岸です
  •  鹿児島県に属する奄美群島。 沖縄と奄美は、歴史に翻弄され、文化的には似て非なるものとなっていますが、自然は一体です。 コーラルブルーの海と、タコノキ。 沖縄離島と全く変わらない美しいこの眺めは、奄美大島の倉崎海岸です。 これぞまさにコーラルブルー。5月初旬でしたが、泳いでいる人もチラホラ。 珊瑚由来の白砂のビーチも同じです。ここの沖には、珊瑚礁がありそうです。 よく見ると、見慣れた宮古・八重山の [続きを読む]
  • 夏近し! 宮古・八重山の雲のある風景
  •  上:下地島17ENDに迫り来る黒雲。 下:ハイビスカスの背景となった、のどかな夏雲@石垣島。  関東地方は、5月にして7月並みの気温になったり、3月並みの気温に戻ったりと、暑さ寒さが繰り返しやってきて、毎日何を着て出かければいいのか迷いますが、沖縄は、もう夏です。 そんな沖縄に想いを馳せて、宮古・八重山の夏の雲色々です。 雲特集は以前にもやっていますので、その後撮った、まだご覧いただいていない(は [続きを読む]
  • 石垣島の未踏のビーチ ”奥”米原海岸 Ⅱ
  •  前回の続きです。米原海岸の西側の未踏のビーチを歩き始めてから30分ほど。 段々と砂浜が少なくなって、岩場が迫ってきます。 洞窟というほどではありませんが、岩の中に小さな穴がありました。海水に浸っていますが、干潮時間帯だったので、なんとか泳がずに中に入れます。潮が満ちていて波が立っていたら、ちょっと怖くて近寄れなかったかも知れません。 ヒンヤリとして気持ちのいい場所です。これぞ瞬間避暑地。 この穴 [続きを読む]
  • 石垣島の未踏のビーチ ”奥”米原海岸 Ⅰ
  •  石垣島の中で、おそらく一番人が多く集まるビーチ。米原海岸。 一帯は、キャンプ場として整備され、賑わっていますが、一般的には、シュノーケリングの楽しめるビーチとして有名です。 一面珊瑚礁の海です。波打ち際のすぐ近くまで珊瑚が迫っています。干潮時は、泳ぐどころか、海を歩くのも大変なほど。  上の写真と比べて みてください。 同じ場所のほぼ同じ時刻。違うのは、日が当たっているか当たっていないかだけです [続きを読む]
  • 【つぶやき】ブログに掲載している写真に関して
  •  いつもご覧いただきありがとうございます。 当ブログは、スタート以来、早5年が経過し、アップした記事も間もなく500本になります。 内容は、宮古諸島、八重山諸島に関する写真紹介をメインに、その他の沖縄の島々の写真、沖縄に関する話題、情報、意見や旅案内など、沖縄に関係するものであれば何でもアリになっています。 ブログタイトルからは脱線気味のものも少なくないのですが、長く続けることを目標にしているので [続きを読む]
  • 癒やし系? 宮古・八重山の木のある風景
  •  今年もGWが始まります。 既に夏!の沖縄を満喫しに行く人もいらっしゃるでしょうね。 でも、馬鹿高いGWに沖縄なんか行けるか、という人も多いでしょう。そもそも休みじゃないぞという人も。  今回は、ギンギンの海写真や花の写真ではなく、木のある沖縄らしい風景の写真を並べてみたので、行く人も行かない人も、ノンビリ気分でご覧ください。 以前にも記事にしたことがありますが、人が癒やされると感じる写真は、風景写真 [続きを読む]
  • 宮古島砂山ビーチのあの岩のあの穴から眺めるあの海
  •  前浜と並び、宮古島を代表する美しい海、砂山ビーチ。 砂山ビーチといえば、ランドマークはこの岩です。 最近、宮古島に関しては、インギャー東とか高野漁港ヨコとか、マニアックな海を紹介することが多かったので、今回は、メジャーな場所にしました。 砂山ビーチのランドマーク、その岩の穴からの海の眺め。やっぱりマニアックか。笑 でも、文句なしに綺麗ですよね。 潮の満ち干や、太陽の位置によって微妙に海の色が違っ [続きを読む]
  • 沖縄一の大河川 西表島浦内川クルーズとトレッキング
  •  沖縄一の大河川、西表島の浦内川。 流域面積が沖縄県内で最大の川は、実は、本島ではなく、西表島にあります。  流域面積とは、ある地点に降った雨が、流れ流れてその川に集まるエリアのことです。浦内川の流域面積は54.24K?。東京ドーム約1,160個分。 ちなみに沖縄県最小は、0.14K?=東京ドーム3個分の大泊川(本島)です。 浦内川の河口部に広がるのは、月が浜です。 西表島の川は、上流と下流しかなく [続きを読む]
  • 泳いでいるのはカメだけ? 宮古島高野漁港&ヨコ
  •  ここも地名がよく分からないですが、宮古島の東海岸、宮古空港の前の道を東側にひた走ったところにある高野漁港、そこの隣のビーチです。 で、今回も高野漁港ヨコ!と命名します。 ま、高野漁港、高野海岸で通じるとは思いますが。 ここがカメ多発地帯だということは、以前こちらでお伝えしたとおりです。 が、カメなしでも、とてものどかで良い感じのビーチなのです。 早朝。東向きの海なので、波が黄金色に輝きます。 風 [続きを読む]
  • 沖縄には行きたくないという友達を説得する方法
  •  今年の夏は、友達や彼氏彼女、家族を誘って一緒に沖縄に行きたい、そう思って計画を立てたら、相方は思いもよらぬ完全否定。 なんでだぁ〜?? そこまでいかなくとも、いくら誘っても気乗りのしない生返事しか返ってこない、なんてありそうな展開ですよね。 今回は、沖縄に拒否反応を示す人をどうやって説得して、一緒に旅行に行くかを考えてみました。 沖縄に行きたくないという人が口にする理由とは、暑い、台風が心配、食 [続きを読む]
  • ハートアイランド黒島は大草原の小さな島
  •  日本の南西端の海に点在する八重山の島々は、意外と個性に富んでいます。 島の大部分が山とジャングルの西表島があると思えば、その目と鼻の先には、対極をなすような、全島ほぼ真っ平らの黒島があります。 黒島の最高地点は、標高15.3mだとか。 真っ平らな島には、牧草地が広がります。外周わずか12?ほどの小さな島ですが、視界を遮るものがないので、広大な大草原”風” オール沖縄の中でも、オンリーワンの光景で [続きを読む]
  • 宮古島・石垣島・沖縄離島の泳いでいい海とダメな海
  •  前回の記事もそうなのですが、当ブログでは、海の写真を紹介するときに、ほとんど人がいない、誰も泳いでいない、だから、ノンビリしている、贅沢空間だ、プライベートビーチだ、などと書くことがよくあります。 それって、泳いでいる人がいないのではなく、泳いじゃいけないからじゃないの?というツッコミがありました。 う〜ん。鋭い。 しかし、ハイそうでした、とアッサリ引っ込むのも癪に障るので、今回は、宮古島・石垣 [続きを読む]