ラック さん プロフィール

  •  
ラックさん: 女装小説と自叙伝
ハンドル名ラック さん
ブログタイトル女装小説と自叙伝
ブログURLhttps://ameblo.jp/ojisan-ganbare/
サイト紹介文ISです。女装小説と 私の女装の自叙伝もあります。
自由文ISです。アメリカの学園で、2年間女性として過ごしました。その日々の自叙伝です。また、女装のお話を創作しています。読んでくださるとうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供316回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2012/08/24 13:10

ラック さんのブログ記事

  • 女装・残り物には福がある写真集
  • 女装・残り物には福がある写真集 昨日に続き、少しがんばりました。写真集を作るとき、私は、いい物は後でと思ってしまい、それが、途中で疲れて来て、投稿してしまいます。そこで、いい物が残ったままになってしまいます。今回は、投稿しそびれた物を集めました。いい物かどうか、自信がありませんが、ご覧くださると、うれしいです。 記事は、もう一つのブログにあります。 ではでは。 励ましの一票を! [続きを読む]
  • 私を虜にした3つの歌
  • あなたを虜にした3つの歌を挙げよ、と言われたら、恐らく、次の3つの歌を私は挙げます。 ●「悲しきインディアン」小学校のとき、森山加代子さんが歌いました。私は、この歌が好きで好きで、一日中歌っていました。昔、テープレコーダがない頃でしたので、テレビに、森山加代子さんが出るとき、必ず見ていました。ハッピーソングが主流のとき、この歌は、悲しい歌でした。 私は、大人になって、森山加代子さんのその後の、「悲し [続きを読む]
  • 3DCGから人型ロボットまで進化が速過ぎる
  • 3DCGから人型ロボットまで進化が速過ぎる この美少女は、「Saya」と言う名の、CG少女なのですが、皆様もご覧になられたことと思います。可愛いなあと思って驚きましたが、今日探したら、もう、Sayaが動いていました。こんな風にです。 映画などに高度なCGが使われていることを考えると、不思議ではないかも知れません。 こんなのを見ますと、私はすぐ、女装子のCGを作って欲しいと思ってしまいます。いけませんね。 [続きを読む]
  • 物語のあとがき
  • 物語のあとがき この度は、スーパー洋子『私立桜台高校』の物語を読んでくださり、ありがとうございました。長い物語を投稿すると、ランキングが下がる、などど、言い訳をしながら、投稿してしまい、我ながら、みっともなかったなと、思っています。今回は、そのジンクスを破ってくださり、順位が落ちませんでした。初めてのことです。ありがとうございました。 全4話完結の、中くらいの長さのお話しと思っていたのですが、投稿 [続きを読む]
  • スーパー洋子「私立桜台高校」④「全ては解放に向かって」 最終回(前半)
  • 全4回で完結でしたが、1回がとても長くなってしまいました。今回も、前・後半に分けました。後半へリンクを張りました。お読みくださると、うれしいです。========================= スーパー洋子「私立桜台高校」④「全ては解放に向かって」最終回(前半) 最終回④ 前半 洋子は、教室を出て、校長と理事長、副校長に、ことの一切を話した。理事長は2代目で若く29歳だった。温かな人格者である [続きを読む]
  • スーパー洋子「私立桜台高校」④「全ては解放に向かって」 最終回(後半)
  • スーパー洋子「私立桜台高校」④「全ては解放に向かって」最終回(後半)    最終回・後半 大村夏子、木下朱実、加藤ユカの3人と、その両親6名が校長室に集まった。学校側は、理事長、校長、副校長、教務主任、3人の担任、そして洋子がいた。 娘の退学希望の説明を聞いて、どの親も、娘の退学は当然だと言った。そして、深々と陳謝した。過去、5人の担任を追い出し、他の教科の先生の上げ肢をとり、クラスに迷惑をかけた [続きを読む]
  • スーパー洋子「私立桜台高校」③「決着」(前半)
  • またまた、字数制限をオーバーしてしまいました。前半・後半に分けました。後半へは、リンクを張りましたので、ご利用ください。======================== スーパー洋子「私立桜台高校」③「決着」                       前半 「夏子さん、あたしの答えがあっているのかどうか、早く 言ってください。 HRの時間以内に、あたしを追い出すと、後ろで木下さん と加藤さんに [続きを読む]
  • スーパー洋子「私立桜台高校」③「決着」(後半)
  •   ③「決着」後半 夏子は、洋子の言葉に、縮み上がった。そして、洋子の圧倒的な知識の前に、身がすくみ、体中が震えた。こと数学に関して、生まれて初めて味わう完全敗北の思いであった。まるで、自分はアリのようなもので、そのアリが、巨大なライオンに向かっているような思いでいた。そして、心の底から後悔していた。自分には、退学の覚悟など、露ほどもなかったのだ。それが、今、思ってもみない現実になりつつあること [続きを読む]
  • スーパー洋子「私立桜台高校」②「夏子痛恨のミス」
  • スーパー洋子「私立桜台高校」②「夏子痛恨のミス」 木下と加藤を席に着かせた。大村が、問題を持ってきた。それを、見せようとしたので、洋子は、 「ちょっと待って。あなたは、その問題の答えを完全に理解 しているのね。つまり、何を聞かれても、 答えられるんですね。」と言った。洋子の言葉に、「はい。」と大村夏子は応えた。 「これは、私を辞めさせるためのものなの? それとも、私がその問題を解ける教師であること [続きを読む]
  • スーパー洋子「私立桜台女子高校」①「洋子、新担任になる」(前半)
  • スーパー洋子「私立桜台女子高校」①「洋子、新担任になる」            前半 写真記事が続きましたので、再投稿ですが、スーパー洋子を投稿します。これは、2012年の作品で、「則子になった孝一」を書いた頃に書いています。私のお気に入りなので、一度再投稿しているかも知れません。スーパー洋子のイメージがやっと固まった頃で、倉田洋次が出て来ています。学園物、痛快風なお話で、全4回で終了です。読んでくだ [続きを読む]
  • スーパー洋子「私立桜台女子高校」①「洋子、新担任になる」(後半)
  • 第1回 後半 クラスは、洋子の姿を見て、かすかにざわざわとしたが、すぐに止んだ。ほとんどの生徒が勉強に夢中だ。担任が来たのに、勉強をやめようとしない。例の3人は、席に戻ろうともしない。「私は、倉田洋子です。本日よりこのクラスの担任です。どうぞよろしくね。」と洋子は言った。「出席をとります。名前を呼ばれたら、手を上げて、『はい!』と言ってね。 手が挙がらない子は、欠席としますよー。 いいでちゅかあ。 [続きを読む]
  • 夫婦の会話『イレギュラーって何?』
  • 夫婦の会話『イレギュラーって何?』 先日、ピーターがテレビのゲストに出ていました。ピーターは、デニムの胸当て吊りズボン(オーバーオール?)を着ていましたが、片方の吊り紐を肩から外して、腕も抜いてます。それを見て、私は妻を呼びました。「お母さん、ピーターがやってるの、 これが『イレギュラー』じゃない?」「ほんとだ。普通の人なら変だけど、 ピーターだと様になってるわね。」「ぼくと、年、大して変わらない [続きを読む]
  • 由香里のソフトSM的日常
  • 由香里のソフトSM的日常 ちょっと可愛い感じのSMを書きました。SMは、あまり書いたことがないので、ドキドキです。お話は、短いです。 由香里が主人公で語り手です。一般のOLです。 お話は、もう一つのブログにあります。 ではでは。 励ましの一票を! [続きを読む]
  • 「強制女装」2枚の写真を公開
  • 「強制女装」と言えば、漫画をお描きになるリンスさんですが、ネットの写真で、この方は、「子供のときから、無理矢理『女』にされた」とおっしゃいます。考えればとても残酷なことですが、それは、女装子の夢でもあり、少し興奮してしまいます。(いけないですね。) * アメリカのアダルト写真本で、「強制女装」ものがあり、それを見て、とても興奮してしまいました。8ページほどの写真本でしたが、その2ページが見つかりまし [続きを読む]
  • 初女装小説を書いたとき
  • 初女装小説を書いたとき 「則子になった孝一」には、たくさんアクセスをくださり、ありがとうございました。「物語になると、ランキングが下がってしまう。」などと私が書いたものですから、皆様、同情ポチをしてくださったのかなと思っています。この物語は、考えてみますと、私のアメリカでの自叙伝、新宿のゴールデン街での自叙伝が終わり、これからは、創作女装小説を書かないといけないと思っていた頃です。 いざ、物語を書 [続きを読む]
  • おもしろ女装写真館<その3>
  • <おもしろ女装写真館(その3)> 昨日に引き続きます。見てくださると、うれしいです。 ※写真が「?」になっているときは、?を してみてください。 ①(韓国の男性アイドルのチエン君。) ②(韓国男子アイドル・テミン君。二人、お似合いですね。) ③(二人共、女装男子です。) ④(喜矢武豊さん。嘘だと思いましたので、調べました。こんな可愛いお写真もありましたので、本当ですね。) ⑤(残念ながら、お二人は [続きを読む]
  • おもしろ女装写真館(その2)
  • 前に一度やりました「おもしろ女装写真館」です。内容は、冗談半分なので、お気を付けください。尚、( )内の黒文字は、分かる範囲での事実です。 ①(高1には見えませんが、女装男子は、本当です。) ②③(女装男子2人) ④ ⑤⑥(韓国での実話だと思っています。兵舎は、個室が与えられ、兵士を夜に慰めることは、できません。) ⑦ ⑧(ニューハーフ、天音ルカさん) ⑨(ニューハーフさん。お名前は失念。すみません。) [続きを読む]
  • 則子になった浩一⑧「なるようになった」最終回(前半)
  • 最終回(前半) 字数オーバーになり、一度で投稿できませんでした。以前のように、前半・後半に分けました。後半へのリンクを張りましたので、ご利用くださいませ。 最後まで、お付き合いくださり、ありがとうございました。=========================== 則子になった浩一⑧「なるようになった」最終回(前半) 翌日、吉井梅子、鮎川道子、神戸美佐の3人は、それぞれ、朝のホームルームで、皆の前に [続きを読む]
  • 則子になった浩一⑨「なるようになった」最終回(後半)
  • 後半 朝になりぼんやり目覚めたとき、則子の目に1番に入ってきたのは、壁に吊るしてある女子高生の制服だった。 「ブレザーが紺色だ。前のクリーム色じゃない!」則子はいっぺんで目が覚めた。 次に、サッカーのウエアーが吊るしてあった。紺の上下。そして、ロング・ソックス。大きなバッグの中に、靴、タオル、小道具、などが詰まっている。机にサッカーボールが、リングの上に置いてある。 女の子の部屋であるのは、同じ。則 [続きを読む]
  • 則子になった孝一⑦「則子、奇跡の提案」
  • 学校会議の後半です。則子は、最後の最後に、奇跡とも言える提案をします。読んでくださると、うれしいです。尚、次回が最終回です。========================= 則子になった孝一⑦「則子、奇跡の提案」 みんなが、やっと泣き止み、静寂が訪れた。校長は、鮎川道子、神戸美佐にも、簡単に言葉を聞いた。 鮎川は、悪いことをするとき「ノー。」と言えなかった自分が悪く、その罪は、3人同じだと言った。 [続きを読む]
  • 則子になった浩一⑥「梅子、涙の反省」
  • いじめ問題が解決されますので、大変長くなってしまい、字数制限に触れてしまいました。そこで、第6話を2つに分け、後半は、明日の投稿にいたします。それでも、長いのですが、読んでくださると、うれしいです。=========================== 則子になった浩一⑥「梅子、涙の反省」 その日の、7時に、加害の3人、その両親と、3人の担任。則子と母恵子と、則子の担任の佐野、校長、副校長、教務主 [続きを読む]
  • 則子になった浩一⑥「則子、奇跡の提案」(その2)
  • 則子になった浩一⑥「則子、奇跡の提案」(その2) みんなが、やっと泣き止み、静寂が訪れた。校長は、鮎川道子、神戸美佐にも、簡単に言葉を聞いた。 鮎川は、悪いことをするとき「ノー。」と言えなかった自分が悪く、その罪は、3人同じだと言った。則子がツッパリになったとき、則子の一生を台無しにしたことを思い、罪の意識で、胸が張り裂けそうに思った。それなのに、則子がツッパリをやめて、怖くなくなったとき、また3 [続きを読む]
  • 則子になった孝一⑤「則子の怒り炸裂」
  • 物語は、今日、次回辺りが佳境です。読んでくださると、うれしいです。=========================== 則子になった孝一⑤「則子の怒り炸裂」 則子は、内心ニマッとして、胸のボイス・レコーダーをONにした。 ボスの梅子が早速脅しにきた。「則子、あんた何よ。あたし達に絶対勉強しないって約束し たのに、それやぶったね。あんたが、3位を取らなきゃ、 あたしが3位だったのよ。」「あたし、な [続きを読む]
  • 則子になった孝一④「いじめ退治・準備OK」
  • もうこの後、えっちな場面はないようです。初めは、そのつもりだったのですが。読んでくださると、うれしいです。========================= 則子になった孝一④「いじめ退治・準備OK」 則子は、夕飯のとき、今日のサッカーのことを嬉しそうに話した。父の雄三が、「え?則子は、サッカーできるんだっけ」と言った。「オレ、則姉のサッカーなんて見たことないよ。」と、サッカー少年の健太が言った。 [続きを読む]