ラック さん プロフィール

  •  
ラックさん: 女装小説と自叙伝
ハンドル名ラック さん
ブログタイトル女装小説と自叙伝
ブログURLhttps://ameblo.jp/ojisan-ganbare/
サイト紹介文ISです。女装小説と 私の女装の自叙伝もあります。
自由文ISです。アメリカの学園で、2年間女性として過ごしました。その日々の自叙伝です。また、女装のお話を創作しています。読んでくださるとうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2012/08/24 13:10

ラック さんのブログ記事

  • スーパー洋子8①「県下1の不良中学へ入学」
  • スーパー洋子①「県下1の不良中学へ入学」これは、アクション物で、以前に「四羽ガラス」が出て来たお話に似ています。でも、こっちのお話しを先に書きました。洋子は、中学生です。アクション物では、私の一番のお気に入りです。読んでくださると、うれしいです。=============================スーパー洋子①「県下1の不良中学へ入学」洋次が朝のトイレから出てくると、変身している。「そうだ、 [続きを読む]
  • 世界で一番早いGID診断
  • 世界で一番早いGID診断ずっと前のことですが、S医大で、日本初の性別適合手術が行われました。以後、S医大は、GIDじゃないかという患者が殺到しました。私は、「性適合手術」までの、ガイドラインというものを入手しました。それを読んで、気が遠くなりました。精神科の先生の元で2年もカウンセリングを受けるのです。その2年の内、後半の1年は、女性として暮らすことが条件。つまり、女性としての社会的性を得ることです。( [続きを読む]
  • 良夫と礼子のスワップ⑥「絶妙なカップル」最終回
  • 良夫と礼子のスワップ⑥「絶妙なカップル」最終回 最終回になりました。ちょっと長くなりました。これまで読んでくださった方、ありがとうございました。============================健太のお誕生日が、3日後の日曜日だった。良夫は、礼子を招待し、みんなに紹介することになった。良夫は、女の子のお友達と言っていたが、家族みんな、ガールフレンドだと思い、興味200%で、楽しみにしていた。 [続きを読む]
  • 良夫と礼子のスワップ⑤「スワップ解除!」
  • 良夫と礼子のスワップ⑤「スワップ解除!」お話しは、あと1話、次回最終回です。最後まで、お付き合いくださるとうれしいです。 ============================<第5話>1ヶ月がたった。良夫の料理の腕は、格段に上がった。中華鍋を、片手で軽々ともてるようになり、2つの中華鍋を、同時に使えるようにもなった。熱心な研究の末、毎日ちがった料理を作り、家族みんなを喜ばせた。「お兄ちゃん、す [続きを読む]
  • 良夫と礼子のスワップ④「礼子の采配」
  • 良夫と礼子のスワップ④「礼子の采配」今日は、第4話。第6話が、最終回です。長いのですが、お付き合いくださると、うれしいです。====================クラスの連中が不思議に思うことがあった。この頃、良太と礼子の仲がいいのだ。良太は、学校で暇さえあれば、料理の本を見ている。そして、しょっちゅう礼子のところへ聞きにいく。礼子は、少しも嫌がらず、良夫に丁寧に教えている。二人は、料理という趣 [続きを読む]
  • 良夫と礼子のスワップ③「礼子の努力」
  • 良夫と礼子のスワップ③「礼子の努力」 1日の仕事が終わるのに、10時半までかかった。みんなには、家事の仕事を、何かの拍子に全部忘れちゃったと言って、ごまかした。その分、妹の由紀に全部やってもらった。由紀は、嫌な顔1つせずにやってくれた。良夫は、由紀の仕事を、そばで全部見て、懸命にメモした。ふと思った。今日の自分のような醜態を、もしお手伝いがしたら、自分は、どれだけ怒鳴り散らしただろうか。それなのに [続きを読む]
  • 良夫と礼子のスワップ②「礼子が今までとちがう」
  • 良夫と礼子のスワップ②「礼子が今までとちがう」 <ここからは、礼子を良夫、良夫を礼子と記述します。>礼子は、自分の部屋に入って感激した。広い。ピアノがある。驚くことに、部屋の一角が、菊模様のガラス張りの浴室になっていて、強力な除湿ファンがある。衣装ダンスを開いて、さらに感激。ステキなお嬢様服がぎっちり並んでいる。『早速、着替えよう。』そう思って制服を脱いだ。そして、ブラウスのボタンを少し外すと、礼 [続きを読む]
  • 良太と礼子のスワップ①「礼子最悪のスワップ」
  • 良太と礼子のスワップ①「礼子最悪のスワップ」 新作が、さっぱりできません。毎度、再投稿で申し訳ないのですが、私のお気に入りです。二人の男女高校生がスワップ(入れ替わる)するお話です。青春物です。読んでくださるとうれしいです。===========================〜〜スワップの時刻より、24時間前〜〜大川良夫は、高校2年。クラスのマドンナ・五十嵐礼子が好きだった。だが、その礼子は、と [続きを読む]
  • 訂正とお詫び
  • 7月25日 夫婦の会話「捏造報道」のエッセイで、民放の報道番組の8割は、「泉水放送制作」という会社1社で作られていると書きました。このことは、デマであり、「通りすがれなかった」さんが、間違いを指摘してくださいました。以下に訂正し、お詫び申し上げます。『泉放送制作は、番組のすべてを作成しているのではなく、スタッフを派遣しているだけ。つまり、番組作りの全権を任されているのではなく、全権は、あくまで局に [続きを読む]
  • <第9話>超能力者・高島忠男「由加里からの手紙」最終回
  • 最終回です。長いお話しに、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。===========================<第9話> 「由加里からの手紙」最終回食事が進み、みんな涙を卒業して、笑い声がたくさん聞かれた。そのうち、父の啓太が、「あ、そうか!」と叫んだ。「あの人は、由加里の天使だ。」と言った。そして、由加里を見た。え?え?え?とみんなは、耳を傾けた。「俺は、ルーレットで負けて [続きを読む]
  • <第8話>超能力者・高島忠男⑧「由加里の1番の夢が叶う」
  • 超能力者・高島忠男⑧「由加里の1番の夢が叶う」 長い物語になってしまいましたが、今日と次回で最終回です。なんだか、終えるのが淋しい気がします。これまで、お付き合いしてくださり、ありがとうございます。============================<第8話> 「由加里の1番の夢が叶う」翌日、大平啓太から、大平家のシェフ森高に電話があった。「ああ、森高君か。実は、俺は今日から毎日7時に家に帰っ [続きを読む]
  • <第7話>超能力者・高島忠男⑦「忠男、救いの手を差し伸べる」
  • <第7話>超能力者・高島忠男⑦「忠男、救いの手を差し伸べる」 物語がとても長くなっています。この回を含めて、あと3話になります。カジノの場面は、今回で終わります。最後までお読みくださるとうれしいです。============================<第7話> 「忠男、救いの手を差し伸べる」忠男は、しばらく大平を見ていた。頃合いを考えていた。ギャンブルは、恐いものだと、骨身に染むほど感じなけ [続きを読む]
  • <第6話>超能力者・高島忠男⑥「奈落の底に堕ちる大平啓太」
  • <第6話> 「奈落の底に堕ちる大平啓太」3回つづけて、忠男が勝った。40億になった。大平啓太は、さすがにあせっていた。自分が好きにできる金は、40億円。その40億円を失った。会社の金は、死んでも使えない。ばれれば、自分は失脚、会社も膨大な損失をする。40億はどうしても取り返さなければならない。今止めたら、40億損をして終わりだ。自分は、無一文になる。やるしかない。止めるには、負けが過ぎている。マネ [続きを読む]
  • <その5>超能力者・高島忠男⑤『忠男、ギャンブル場に乗り込む』
  • <その5>超能力者・高島忠男⑤『忠男、ギャンブル場に乗り込む』夜の9時。忠男は、その大ホテルに乗り込んで行った。見る人には、忠男が、髪の毛をぴっちりオールバックにして、襟の立ったYシャツ。カフスぼたん。てかてかのベストにズボン。目も覚めるような、大富豪の御曹司という風に見える幻覚を与えた。地下2階の賭博場は、一斉捜査を逃れるため、小さな部屋がたくさんあり、部屋番号のみ、表示してある。ポーカーの部屋 [続きを読む]
  • <その5>超能力者・高島忠男⑤『忠男、ギャンブル場に乗り込む』
  • <その5>超能力者・高島忠男⑤『忠男、ギャンブル場に乗り込む』夜の9時。忠男は、その大ホテルに乗り込んで行った。見る人には、忠男が、髪の毛をぴっちりオールバックにして、襟の立ったYシャツ。カフスぼたん。てかてかのベストにズボン。目も覚めるような、大富豪の御曹司という風に見える幻覚を与えた。地下2階の賭博場は、一斉捜査を逃れるため、小さな部屋がたくさんあり、部屋番号のみ、表示してある。ポーカーの部屋 [続きを読む]
  • <第4話>超能力者・高島忠男④「忠男、大平商事に乗り込む」
  • <第4話>超能力者・高島忠男④「忠男、大平商事に乗り込む」忠男は、2LDKのアパートで、ジュータンに寝転がり、考えていた。『どうすれば、由加里のお父さんとお母さんが、家で食事するようにできるかなあ。これが、由加里の1番の夢だ。とにかく、情報集めだな。』月曜日、仕事が終わり、忠男は、職場でのよれよれのスーツのままで、大平商事の本社にいった。すごいビルだった。社長で由香里の父、大平啓太に会うためだ。忠 [続きを読む]
  • <第3話>超能力者・高島忠男③ 「女の子でいよう」
  • <第3話>超能力者・高島忠男③ 「女の子でいよう」その夜、由香里は、世にもステキな夢を見た。忠男が、こっそりプレゼントしたものだ。人には、2通りの心の反応があるようだ。あるこの上ない幸せな時間を体験したとき、・こんな幸せを知ったのだから、もう十分。それ以上は望まない。・こんな幸せがあったのか。もっと、何回でも味わいたい。多くは、後者であるかも知れないが、由加里は、数少ない前者のタイプだった。朝の光 [続きを読む]
  • 超能力者・高島忠男②「由加里の夢」
  • 超能力者・高島忠男②「由加里の夢」 予告と内容が少し違ってしまいました。由加里と忠男が、打ち解ける場面です。がんばって書いています。読んでくださると、うれしいです。==========================<第2話> 「由加里の1番の夢」由加里が借りたラブホテルの1室のソファーに腰かけ、二人で、冷蔵庫からジュースを出して飲んだ。「あたし、あの男、カモだと思って、内心せせら笑っていたんです [続きを読む]
  • 再投稿・超能力者・高島忠男①「助けろ!」
  • これまで、何話か書いていた、超能力者高島忠男の物語です。5話くらい書いたのですが、これが1番のお気に入りです。再投稿ですが、読んでくださるとうれしいです。あ、少し長いです。========================超能力者・高島忠男①「助けろ!」高島忠男、32歳は、超能力の持ち主だった。相手に幻覚を与えること。距離のあるものを動かす力。読心術、近未来の予知、などなど。忠男は、平凡な公務員だっ [続きを読む]
  • いろいろ写真集(5)
  •      「 第2ブログ」が、使えるようになりましたので、       記念に、写真集を投稿しました。       ご覧くださると、うれしいです。・・・ (訳があり、リンクを張れません。        いつもの方法で、お出でくださいませ。)励ましの1票をくださいませ。 [続きを読む]
  • スーパー洋子・出版社編④「洋子の勇気づけ」最終回
  • スーパー洋子・出版社編④「洋子の勇気づけ」最終回 これで、最終回です。今回は、ネタ不足の中、一生懸命書きました。最後まで、読んでくださり、ありがとうございました。============================洋子は、希来里のその言葉を真っ直ぐに受け止めた。洋子は、静かに言った。「希来里さんが、いくらひねくれようと、 いくら傲慢になろうとしても、 本質は隠せません。 あなたは、愛情を込めて [続きを読む]
  • スーパー洋子・出版社編③「洋子・希来里を推理する」
  • スーパー洋子・出版社編③「洋子・希来里を推理する」 次回、最終回です。読んでくださるとうれしいです。=============================洋子は説明を始めた。(このときばかりは、希来里は、洋子を真っ直ぐに見ていた。)「犯人は、イギリス人の美少女キャリーですよね。 しかし、美少女キャリーは、実は男の子であり、女装をして、 姉を殺害した人物の命を狙おうとしています。 問題は、名探偵 [続きを読む]
  • スーパー洋子・出版社編②「圧倒される希来里」
  • スーパー洋子・出版社編②「圧倒される希来里」 4話完結の予定です。最後まで、お付き合いくださると、うれしいです。===========================洋子が今手にしているのは、その生意気な娘、白石希来里(きらり)の推理小説、「猫の目は闇に光る」の第1巻だった。原稿用紙100枚を、袋とじして穴をあけ紐で結び、本にしてある。かなり丁寧であり、投げやりな原稿などではない。洋子は、希来里に [続きを読む]
  • 再投稿・スーパー洋子・出版社編①「生意気な天才少女」
  • 再投稿・スーパー洋子・出版社編①「生意気な天才少女」 また、再投稿で失礼します。スーパー洋子は、たくさん書きましたが、このお話しは、私のお気に入り中のお気に入りなんです。だから、もう3回くらい再投稿をしています。読んでくださると、うれしいです。尚、「第2ブログ」が治りましたので、エッチな物を書けるようになりました。ときどき、覗いてくださいませ。==========================≪ [続きを読む]
  • ノンアダルト・女装写真集
  • FC2のブログが使えませんので、大人しい写真を投稿します。かつて投稿したものもあります。悪しからずに。①こういう同じ人の写真集が大好きです。②前に投稿しました。もさい大学生が、社会人になって美少女になるって、最高です。③同じ人です。どう見ても美少女ですね。もう一枚。④⑤こんな写真は、いかがですか? (拡大できます。)⑥大きく変身した人の写真です。私のお気に入いです。⑦初めは、同じ人だとは思わなかったん [続きを読む]