特定非営利活動法人 LOVE&PEACE 動物福祉部 さん プロフィール

  •  
特定非営利活動法人 LOVE&PEACE 動物福祉部さん: LOVE&PEACE NOA
ハンドル名特定非営利活動法人 LOVE&PEACE 動物福祉部 さん
ブログタイトルLOVE&PEACE NOA
ブログURLhttps://ameblo.jp/kanonporte/
サイト紹介文どうぶつ達が幸せに暮らせるような社会作りを目指して細々と頑張っています⌒(*´▽`*)⌒
自由文捨てられてしまったワンコ・にゃんこ・うさぎ達が終生大切に育ててくださる里親さんと出会えるよう応援よろしくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/08/26 21:39

特定非営利活動法人 LOVE&PEACE 動物福祉部 さんのブログ記事

  • 【 訃報 】ビーグルの花ちゃん
  • ※花ちゃんの訃報はだいぶ前にいただいていましたが筆者の病気で長文を書くのに日数を要するため遅くなりました。申し訳ありません。ブログは記事を書き足して作っているため日々起きる出来事に対応しているとどうしても遅くなっちゃいます。言い訳にしかなりませんけど。うさぎチームも含めてWeb担当やメール担当、広報担当など人材はいくらでもほしいのですが、1円も出ない完全ボランティアってのは難しいよなー。自分らだって [続きを読む]
  • 地震で家を飛び出して帰れなくなった子たち
  • まだ余震が続いていますが、交通機関やライフラインも復旧したところも多くなり、おおよその日常を取り戻した方が多くなりました。ただ小さなお子さん、おひとり暮らしのお年寄りの方々、心に不安を抱えたままの方も多くいらっしゃいます。保護者の皆様、ご近所の皆様、どうぞそういう方々に心を寄せてあげてください。大阪市ではPTSDなどの心のケアをする係も設けていますので不安に苛まされている方は遠慮なく最寄りの区役所や [続きを読む]
  • しっかり備えてるつもりでも〜災害時のペットちゃん〜
  • 今朝、ちょうどうさぎ達の朝ごはんとお薬の時間に大きな地震がおきました。みんなごはんを食べてる時。そして斜頸の症状が出て食欲も落ちていた子うさぎのミモザちゃんはお薬を飲んでいるところでした。いきなり「ガガガガ〜っ!!」とケージが揺れる音がしたかと思ったその時にスマホの地震速報のアラームが鳴りグラグラっと大きな揺れが起きました。幸いなことに上から何かが落ちたりということはほぼなく(小さなカゴとお盆が落ちま [続きを読む]
  • 取り急ぎご報告。迷子の黒ラブちゃんおうちに帰りました。
  • おとといの朝に東淀川区の路上をさまよっていて保護された黒ラブちゃん。体重20kg越えの子なのでもし捨てられた子だったら行くところがないと焦っていましたが、飼い主さんが名乗り出てこられて無事におうちに帰ることができました。迷子の子がおうちに帰ることができたのはホッとひと安心というところですが、実際はなんで迷子にさせてしまったのかとか、重度の歯周病や腫瘤がいくつもあったこと、鑑札等もなかったこと。手入れ [続きを読む]
  • 猫ちゃんの引き受けが可能なボランティアor里親急募!!
  • ★保護された子達、みんなひと時の避難場所になるおうちが見つかりました。引き続き終生大切に育てていただける里親募集をしてまいります。写真の他詳細については引受後にお知らせいただく予定です。よろしくお願いします。◆緊急の要請◆アニマルボランティア秋桜さんが行政機関で保護されているねこを受け入れて下さる方を探しています。↓時間なくて送ってもらったメモですがひとまずご覧下さい。白猫ちゃんは何とか行くとこ [続きを読む]
  • 里親募集中の子達の紹介〜イヴちゃん〜
  • イヴちゃん女の子2015年4月頃生まれ3才体重 3kg台〜医療履歴〜不妊手術 済エイズ白血病検査 陰性ブロードライン 済ワクチン接種2015年 2回済2016年 済2017年 済 2018年 7月接種予定大きな疾病等の経験なし〜保護経緯〜兄のチャオくんとともに地域猫の子として生まれるが親猫の死により路頭に迷い近隣住民から駆除の声があがり、毒餌事件も起きたため保護。〜性格や特徴〜仔猫ではあったが生後4ヶ月ほどになっていたため野良の性 [続きを読む]
  • 里親募集中の子達の紹介〜チャオくん〜
  • チャオくん男の子2015年4月頃生まれ3才体重 3kg台〜医療履歴〜不妊手術 済エイズ白血病検査 陰性便検査 済ブロードライン済ワクチン接種2015年 2回済2016年 済2017年 済 2018年 7月接種予定大きな疾病等の経験なし〜保護経緯〜妹のイヴちゃんとともに地域猫の子として生まれるが親猫の死により路頭に迷い近隣住民から駆除の声があがり、毒餌事件も起きたため保護。〜性格や特徴〜仔猫ではあったが生後4ヶ月ほどになっていたため [続きを読む]
  • 愛されていない子ってわかりますよね
  • いろんな種の子がいますが、特定の種の子が大好きな愛好家のみなさんがいらっしゃいます。柴犬などもその代表。チャロくんとさよならしてまだ間がないけど、チャロくんも愛されたのが晩年のわずかな時間だけだったのが本当に残念でなりませんが、本当なら生涯を通して愛してくれる家族とともに生きてほしかったですよね。チワワやトイプードルなど里親さんが比較的見つかりやすい種の子もいますが、本当に「好き」っていうちょっと [続きを読む]
  • いぬ・ねこの里親募集・・・といいつつ
  • チャロくんが天国へと旅立って行って。現在は猫たちだけになりました。実はその間にも保護された犬たちもいたのですが、知り合いのボランティアさんが引き受けてくれたり保護してくださった方が引き取ってくださったり、すんなり里親さんが決まったりしました。↑アニマルボランティア秋桜さんが会いに行ってくれた子。保護して届け出て下さった方のおうちに行くことになりました。保護された頃は怖くて震えてお漏らししてたそう [続きを読む]
  • 免疫力が下がるってこんなに怖いんだ〜ジャムの闘病〜
  • ふーちゃんの死から約1ヶ月。月末にはチャロくんが亡くなり本当に大変だった5月が過ぎて。少しずつ日常が取り戻せるかなと思ってたら急にジャムくんが弱りだして怒涛の病院通い。なんでやねん。と泣き言を言いたくなるが当のジャムくんのしんどさを考えるとそんなこと言えません。ジャムくんは本当に怖がるので安全確保のため診察台の上でも処置をする時以外はそのまんまキャリーの中です。先生が注射の準備をしに行ってるあいだ [続きを読む]
  • マーマレード・ジャムくんの病院通い
  • 電車やタクシーで病院に行くことが多い猫たち。犬の場合はカートでの移動だったり途中でお外に出てお散歩をしたりすることがありますが、猫たちはキャリーに入って外に出られるのは病院の先生の前でだけ。猫は脱走しないように待合室とかでもキャリーのフタをあけたりすることはありません。犬の場合は電車の中で吠えたりする子はずっとナデナデしたりしてあやすのでそんなに他のお客さんに迷惑をかけることもありませんが、猫は [続きを読む]
  • 狂犬病予防とワクチン接種
  • ほとんどの団体さん、ボランティアさんは犬や猫を保護した時に病院での検査、予防接種をしています。ただ知り合いの中には「あんなもん獣医師会の利権でしかない、ワクチンなどする必要はない」と頑なに拒否するどころか、獣医師よりも自分の方が経験も知識もあると病院に行かない人もいました。NOAはどうしてるかというと、NOAに保護されてくる子達というのはブリーダー等の多頭崩壊や引退した子達というわけではなく主にき捨てら [続きを読む]
  • ②ありがとう、さよなら。凛々しく誇り高い男の子、チャロくん。
  • 前回の続きになります。よければ前回の記事もご覧下さい。①ありがとう、さよなら。凛々しく誇り高い男の子、チャロくん。5月24日の早朝に天使になったチャロくん。異変は前回の最後の方に載せていた元気な姿で写っていた4月1日の写真のわずか数日後にはじまりました。娘さんから「チャロが急に痴呆の症状がでだした。夜中に泣いてしまう」という連絡をいただきました。老犬は痴呆症とは背中合わせ。おもらしをしたり、ずっと食べ物 [続きを読む]
  • ①ありがとう、さよなら。凛々しく誇り高い男の子、チャロくん。
  • SNSでは何度かお伝えしていますが、去る5月24日の早朝に柴犬のチャロくんが永眠しました。これまで何度も本当の家族と出会えぬまま見送った子達がいます。 NOAのホームページ の一番下にメモリアルというページがあります。ここにはうさぎを含めそんな子達を忘れないように掲載しています。捨てられた子達も幸せになってもらわなきゃって引き受けているのに結局優しい家族と出会えぬまま見送ってしまうこと、どれほどの後悔が残 [続きを読む]
  • 柴犬の男の子の命のバトン
  • ※5月24日の早朝、柴犬シニアの男の子、チャロくんが亡くなりました。チャロくんの記事はお葬式を済ませた後にきちんと書いていきたいと思っています。その前に先週からすこしづつ書き足していたGW前に保護された柴犬の男の子についての記事をupしたいと思います。日々状況が変わっていますので最新情報はラストにまとめますね。よろしくお願いします。(書き始めは5月19日)巷では柴犬が流行しているらしい。なんで流行している [続きを読む]
  • 負けない!シャロンくん&くるみちゃん
  • 読んでる人はいつまでこの話題引っ張っとんねんと思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただパルボ初体験の人間としてはどれだけ神経質にやっても不安が拭えることもなく。ふーちゃんの死だけでもものすごい苦しいのに残された子への影響だけは食い止めないといけない。と必死の毎日。まだ毎日の暮らしに余裕はありません。ほんとにこんなに精神的にキツいものだとは。長いこといるチーム。おにいちゃん、ジャムくん、チャオ [続きを読む]
  • 保護主、チャロくんに一年ぶりに会う。
  • 先日、柴犬シニアの男の子、チャロくんに会いに行ってきました。帰りの高速道路のPAの入口の柵を乗り越えて野生のお猿さんが遊んでいた。野生のお猿さんなんて初めて見ました。よく高速道路で車が野生動物と接触なんて事故があると聞きますが交通事故にだけは本当に気をつけてほしいですよね。チャロくんとはこの2ヶ月のあいだで会うのは3回目です。良い知らせで会うのなら嬉しいのですが、そうではないのが悲しいです。4月1日に [続きを読む]
  • 大阪市にお話をしに行きました
  • さっき行政機関の一番上のとこから電話。なんで本部からやねん(泣)でも移動中の忙しいさなかだったのでゆっくり話すこともできませんでした。「敷地内で保護した黒猫」だそうです。うちはパルボ騒動の真っ只中なので猫は危険すぎるので今はとてもじゃないが無理なんです。もし関心のある方がいらっしゃったらご連絡ください。そしてまったくプライベートな用事でこれまで行ったことないお役所へ行きました。手続きをしてると「saka [続きを読む]
  • 仔猫のふーちゃんのパルボ発症からの地獄
  • いま思えばこの写真を撮った時にはかなり状態は悪かったんだろうなぁって思います。きょうだい達の姿もなく。今になればもうみんな亡くなってしまってたんだろうなって。前にも書いたけど、町の猫ってとても状態の悪い中で生きているってこともよくあるし。TNRもひとつのグループだけでなく複数のグループやボランティアさんが関わってることもあるし、この地域はそれとは別にえさやりさんがとても多い。なかなか会うことはできま [続きを読む]
  • 幸せに暮らすまめちゃんwith花ちゃんに会いに行きました
  • 最近、つらくて悲しい話題ばかりで今も感染拡大を食い止めるために必死にやってるのですが、そんな話題ばかりではしんどくなりますね。仔猫のふーちゃんのことがあって記事にするのが遅くなりましたが、今日は5月になってすぐにトライアルを終えて本当の家族としてお迎えいただいたまめちゃん(元黒豆)のおうちへ家庭訪問をさせていただいたお話です。。体いっぱいに手術痕が残るほどの大きな手術を乗り越えたまめちゃん。フォスタ [続きを読む]
  • ふーちゃんのお葬式ではじめての体験
  • お葬式は本当に悲しい儀式だけど。今年に入ってからでももう6回も事故死した子達のお葬式をして、それはそれで悲しい気持ちになるもんですが、それとくらべても、ふーちゃんは少しの間だけだけど一緒に過ごしたので、そんな子のお葬式ってこんなにも気持ちが沈み込むものなんだとびっくりしています。いまの心境。「つらっ(泣)」↑最初の通院日のふーちゃん。この日はまだ全然元気で「ちょっと食が細くてー」ってまだ離乳できてない [続きを読む]
  • あまりにも悲しいこどもの日「仔猫のふーちゃん永眠しました」
  • 大阪市内のTNRが遅れている地域で保護された仔猫のふーちゃん。生後5〜6週の仔猫ちゃんです。元気に遊んで大きな声で泣いて甘えるまさしく「仔猫」。本当にかわいい。複数のボランティアさんから仔猫のお迎えをご希望されている里親希望の方がいらっしゃるとお声をかけていただき、きっと大事にされて幸せになってくれるだろうと安心していたふーちゃんでした。通常、保護された子たちは病院で検査を受けて駆虫などの処置をしていた [続きを読む]