紫苑 さん プロフィール

  •  
紫苑さん: 紫苑のきもの&60代から何ができる?
ハンドル名紫苑 さん
ブログタイトル紫苑のきもの&60代から何ができる?
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sionnann
サイト紹介文いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。
自由文きものを中心にブログ書いてきましたが、これからはきものや手仕事を中心にしながらも、大切な日々の暮らしをつづっていきたいと「シニア」に登録しました。子供も大きくなり、いまでは親というより子供に教えられる毎日です。これからは初心に戻ってまだまだ新しいことに挑戦したいと思っていますが、さて、どんなことができるのか、どんな毎日になるのか楽しみながらマイペースで綴っていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2012/08/27 09:38

紫苑 さんのブログ記事

  • 「結婚式やめようかな」「やめよう、やめよう」
  • お盆に帰ってきた娘が「式、やめようかな」ぽつりとつぶやいた。聞けば、式に向けてのエトセトラ、自分一人の肩にかかってきて、相手は「なにもしてくれない」のだとか。「〜〜一緒にやることに意味があるのに、これでは何のためにやるのかわからない〜〜」直接のイライラは、自分で作ったビデオの焼き付けがうまくいかないことらしい〜〜。単なるボヤキと取ればいいものを、ここに私の密かな願望が反応、引き寄せたのか〜 [続きを読む]
  • 「他人を思い通りに」は「気」の無駄使い
  • 先に「きもの警察とエネルギー・ヴァンパイア」についてアップしました。補足です。これは他人に「自分が正しいと思うイメージ」を押し付けることで、相手からエネルギーを奪うことだと。思い通り=イメージ通り、ということです、なぜエネルギーを奪うかというと、人によって「きれい」と感じるイメージは、もう千差万別。抱いているイメージは、もうまったく違う。同じところで習ったとか、イメージを共有している場合は、 [続きを読む]
  • 娘の上司にご挨拶に。絹芭蕉&羅
  • 式を控え、娘の上司にあいさつに行きました。式の場で祝辞を述べてくださる方です。娘が、「顔と名前を間違えるといけないので事前に逢ってほしい」とのこと。「名前と顔」間違えないと思うけど、(たぶん)、娘は母親がちゃんと挨拶できるかどうか、心配なのでしょう。なにしろ、きものだけではなく人間関係でもフォーマル苦手な母ですから。羅の帯にトンボの帯留です。娘、ずっと可愛がってもらっていて、多忙ななか出 [続きを読む]
  • きものは高級ワインのように
  • さて、一枚のお気に入りのきものを買ったら、あっ、買ってない?まあそれはそれで。いますぐに着なくてもそっとワードロープに仕舞っておきましょうか。「池田重子・半襟のおしゃれ」着物買うほどの気持ちになれなかったら、美しい半襟でも〜〜。それをときどき出して眺めるだけでも心安らぐ。美しいものを凝縮したような繊細な手仕事。まさにスピリチュアルがこもっている。私がきものに興味を持ち始め、自分の大切な着物を [続きを読む]
  • 百均の化粧品が優秀なわけ
  • 娘が我が家に来る途中で買ったという百均化粧品。彼女には使い心地がいいそうです。(個人の感想です)で、先日図書館に行ったときにたまたま手に取った本がこちら。シンクロしたね。「なぜカノジョは原価100円の化粧品を一万円で買ってしまうのか」(神樹兵輔著・フォレスト出版・2013年刊)サブタイトルは「こっそり知っておきたいブラック心理マーケティング)これは先に紹介した保険や宝くじの仕組みと同じような [続きを読む]
  • カオス(混沌)なくしてコスモス(秩序)なし
  • 久しぶりに手仕事、帯作りをしました。霊?のほうにばかり「気」がいっていたので(笑)手を使うのは気持ちがいい〜〜。更紗の布です。手仕事、やっている最中はぐちゃぐちゃ=混沌、出来上がると、スカッと整う。頭のなかも〜〜。学んでいるときはカオス。わけわからない〜〜。「着付けもパソコンも初心者には敷居が高い」徐々に形になってくる、まとまってくる〜〜。自分なりの宇宙(コスモス)ができる。きもの初期 [続きを読む]
  • きもの警察とエネルギー・ヴァンパイア
  • 先日脳科学・心理学関係の先生から、「エネルギー・ヴァンパイア」という存在がいることを教えてもらいました。「エネルギー・ヴァンパイア?なんでしょうか。それ」「人のエネルギーを奪い取るんだよ」先生の説明によると、エネルギー医学では、人は誰でも「生命場」なるオーラを発している。「気」というものですね。その「気」はお互いに通いあい影響しあっている。大きなストレスを抱えている人は自分のエネルギーをそちらに [続きを読む]
  • いきなりのスピリチュアル?
  • このところ、「引き寄せ」とか「スピリチュアル」とかの単語がぐっと増えて、「〜〜紫苑さん、どうかしました?」とのメッセージが。そうですよね、自分でもどうしたんだろうと(笑)「脳内入れ替え、チェンジ!」「自分維新、ぜよ!」とどんどん本を捨てていたら、、昔読んでいた本が出てきました。若い頃の私は、父親の浮気に伴う母の苦しみなどを見る、というかもう家庭内にビリビリ充満していた。一方でファザコン、女 [続きを読む]
  • 着付けは、効果的な「引き寄せレッスン」だった
  • 朝、目が覚めたら涼しい!!嬉しい。身体がいきなり元気になってる。涼しい、だけでこんなに嬉しい、なんて。冷房、使わなくて済む。日本中が冷房使って、ますますヒートアップ〜〜。温暖化進行。きものは「気もの」さわれる、見えるスピチュアルであると先に書きました。いろいろ引き寄せてくれる、とも。「引き寄せ」って、法則いろいろあるみたいですが、私の場合はとてもカンタン。①こうなりたいというイメージを頭 [続きを読む]
  • 一枚の着物でシンプル&豊かになる
  • 本日8月6日は広島人には忘れられない「原爆記念日」黙祷から始まる一日。平穏な日々は本当に有り難い。さて、少し前にベストセラーになった「フランス人は10着しか〜〜」(大和書房)この本が売れているときには、きもののことしか頭になかったので、「じゃあ、きもの10着にできるかな」など考えたものでした。「きものは10着でいい?」いや、済みません。10着も必要ありません。たとえば洋服10着に減らして [続きを読む]
  • やってまった!娘家族と花火大会・祭りのあとの夢の跡
  • 花火大会に行きました。今年は娘の家族(もう籍は入れているので)と一緒です。娘が浴衣着せて欲しいというので、娘の部屋に。しかし〜〜、いざ着せようとすると、やってまった!帯揚げ、帯締めなどの小物がない!持ってくるの忘れた。そのせいで、後姿はともかく、前は〜〜、ヒドイスッピンだし〜。帯締め?見て!その辺にあった紐を〜。帯揚げは手ぬぐい。あとから押し込んだの(笑)帯締め、もう少しマシな紐探せばよ [続きを読む]
  • 乳がんときもの
  • 先にアップした「病気になった時の先進医療と新薬」で乳がんに罹っている方の切実なコメントをいただきました。それで思い出したのは、「そうだ、乳がんの手術終わってからきもの着るようになったのだなあ」ということ。乳がんで片方をなくし、再建手術受けたのですが、左右で乳房の大きさが違う。わかります?片方だけ下がってます。洋服のスタイルは胸がポイントになるので、両方の大きさを揃えるため、ブラとかいろいろ苦労し [続きを読む]
  • IT長者の表とその奥様事情
  • 最近なにかと話題のIT長者、いえ、最近じゃなくても いつも話題のIT長者。何億どころか何十億と稼ぐ憧れの職業?このところ、IT関係の方々の本を読む機会が増えています。そのなかで面白かったのは、その奥様の本。「家族無計画」(紫原明子著・朝日出版社)この方、引きこもりから「どうにか生きていけるだけのお金があればいい」とITの仕事を始めた家入一馬さんの元奥さん。家入さんは業界では知られた人ですが、私 [続きを読む]
  • 藍一枚あれば、万能引き寄せの愛きもの
  • ほかにどんなにいい?きもの持っていても、いざというときに手に取ってしまう藍染め。これ一枚あれば、半襟を変えて。同じきものに藍染め絞り二部式。この透け感の美しさ。博多帯と。こちらは竺仙麻藍染。藍夏大島アンティーク風帯と。金魚帯と。半襟変えて、帯変えてついでにポーズも変えれば(笑)雰囲気変わる〜。伊勢藍型染帯と。同系色コーディは上品?かつ現代的。百均てぬぐいで作った帯。キュー [続きを読む]
  • ホテルでのイベント参加・琉球紅型麻帯&
  • 仕事でお世話になった方がホテルでのイベントに招待してくれました。窓からは見晴らしのいい海が見えます。ホテルでのイベントだから絽の着物でも着ようかなと思いましが、この暑さ、普段通りの藍染め、麻きものにしました。帯は琉球紅型。30代女性メイン。ホテルでの会食とあって、みなさん、おしゃれしていました。きもの着ている方もアンティークに訪問着などおしゃれ。普段着感覚は紫苑くらいなもの。でも慣れている感じす [続きを読む]
  • 病気になった時の先進医療と新薬
  • 先に、「医療保険解約して戻ったお金」なる記事をアップしたところ、ご自身の体験とともに親身なアドバイスをいただき、ほかの方にも参考になるので、アップさせていただきます。年齢は50代半ばとのことです。以下コメントより抜粋させていただきます。「現在乳がんを患い、治療中の身としましては健康保険の高額療養費制度だけでは少し心もとない時があることをお知らせしたいのです。初発時はそれで充分でも万が一再発した場 [続きを読む]
  • 両国で打ち合わせ・近江上布&野菜帯
  • 打ち合わせ、というか仕事関係飲み会で両国に行きました。相撲観るわけでもないのに、ちゃんこ鍋食べるわけでもないのに、なんで両国かというと、メインのお偉いさんのお家が両国で、その近くで、ということです。まあ、どっちでもいいネタですが(汗)。着用は自作継ぎはぎ近江上布に絽の野菜帯。「やっと出来た!継ぎはぎ近江上布」台風が来る前の猛暑でしたが、夕方からなのできもの着用。現場では写真撮れないので先 [続きを読む]
  • きもの、楽に着るためにやめてみた。
  • 猛暑のなか、きものも体力勝負。身体の負担をできるだけ減らすため、やめたことのいくつかを。☆ 長襦袢はやめた。襦袢は麻の半襦袢。 長じゅばんより動きがだいぶ楽に。その際、薄いきものだと下の線が透けてみえることがあるので、襦袢の下は中に折りこむようにしましょう。これは先にアップ。☆ それでも、透けてみえると心配な方はもう下着もやめた。脱いでしまいます。私はこちら。これでエレベーターなどで後ろの方を気 [続きを読む]
  • 一寸先は、やはり〜〜なくした
  • 先に「一寸先のことはわからない〜〜」と書いたら、長財布なくした。あ〜〜あ。買い物をしたとき、お札を出した長財布。買ったものを自分で袋に入れるときに、ポンと台の上に置いて、そのままお帰り。夜、出かける用意をしようと違うバッグに入れ替えしてたら、財布がない!!その辺りにあるだろうと高をくくっていたけど、どんなに探してもない!!ちびまる子ちゃん状態。昼間になくして気づいたのは夜9時過ぎ。幸い店は [続きを読む]
  • 神楽坂藍染め展に・竺仙麻きもの&
  • あるばとろすさんのお誘いで神楽坂で開催されている藍染展に行きました。駅からすぐのアートスペースKです。ギャラリーの前で写真を撮るあるさま。藍染めは大好きで何度か自分でも試したけど、もちろんうまくいった試しはありません。それでも持っているきものでは藍染めが一番多いかも〜〜。本日も竺仙麻に二部式藍染め絞り帯。帯揚げは夏物ではなく、やはり絞り染めです。この藍染めのグラデーションが素晴らしい [続きを読む]
  • 花邑で自作の麻帯&イカット麻きもので着用
  • 先にアップした花邑帯教室で作った生成りの麻帯を着用してみました。白く見えるけど、生成りです。これもなかなかいい感じ。浅葱帯揚げに帯締め。イカット自作麻着物です。帯芯の硬さもグッドこんな風にふっくらとなるくらいの硬さが好き。真後ろから見ると〜〜、こんな感じ。せっかくきもの着たので、ちょっと出かけてきます。きもの着ると、お出かけに積極的になるね。暑さのなかでも。きものともども気にいっ [続きを読む]
  • 一寸先、のことはわからない
  • 先にアップした小千谷縮、もそうですが。その小千谷縮のきものを縫う前に、練習用としてゲットしておいた浴衣の生地。全部で8本。昨年ゲットしたときには、この浴衣を一か月くらいでどんどん作って和裁の腕を上げ、仕上げとして小千谷を縫うつもりでした。和裁習っている人に聞くと浴衣を百枚!くらい縫わないとうまくならないそうです。プロになるわけじゃないから、そこまで縫わなくてもいい、しかしせめて練習用に10枚は [続きを読む]
  • 久しぶりの花邑帯教室・麻帯完成!
  • あっ、今朝は奇跡的に涼しい!と思ったらやはり蒸し暑くなってきた。久しぶりに花邑の帯教室に行きました。とにかく忙しくて、帯教室のこと気になりながらも、どんどん日にちが経ち、「〜〜繰り越し月の今月来なかったら、月謝だけ発生するからもったいないわよ」とすぎえ先生からわざわざ連絡いただきました。たくさんの生徒さんへの目配りを感じます。花邑の庭。で、慌てて予定をみて、もう一日帯デイにしようと、午前と [続きを読む]
  • シニア・生命保険を解約して戻ったお金
  • 子供が生まれてからずっと入っていた生命保険を解約しました。60歳を区切りとして、保険料は下がり月額15000円くらいに。80歳まで払い続けたあとは、まだ生きていたら死ぬまで保険料はなしの病気保証。死んだときには500万円の払い戻し。こんな条件でした。我が家は母子家庭ですから、私に万が一のことがあったとき、子供二人が路頭に迷う。こんな心配から月額25000円くらい払っていました。いや、もっとかな。 [続きを読む]