経済勉強会 さん プロフィール

  •  
経済勉強会さん: 経済破局は来るのか?
ハンドル名経済勉強会 さん
ブログタイトル経済破局は来るのか?
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ns-japan
サイト紹介文経済破局がいつくるのかを、金貸し支配を読み解きながら、追及しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2012/08/27 16:00

経済勉強会 さんのブログ記事

  • トルコショックの影響
  • 『トルコ通貨危機が世界経済に与える影響とは(リンク)』より転載します。----------------------------------転載バフェット太郎です。トルコ発の世界同時株安が始まるかもしれません。トルコで拘束中の米国人牧師を釈放するかどうかを巡って、トルコは訪米し米国と協議しましたが、結局釈放を約束することはできないと拒否しました。これで米国とトルコの関係がさらに悪化の一途を辿りそうです。その後協議は続けられるとの報道 [続きを読む]
  • 日本の長期金利上昇後の世界金融はどうなるか
  • ビジネス知識源(吉田繁治氏)2018年8月10日 Vol.384:世界の低金利のアンカーになったジャパンマネー  HP: リンク 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・7月31日の金融政策決定会合(日銀)で、「長期金利0.2%までの容認」を発表して以降、わが国の10年債の利回りは0.1%から0.12%の間を不安定に波動しています。7月20日までは0.03%台だった金利が0.12%に上がっても、わずか0.09ポイントとい [続きを読む]
  • 中国金融システムの爆弾処理と金融難民
  • ★中国金融システムの爆弾処理と金融難民★(リンク) (以下引用) 6月初め以来、中国では約150社以上のネット貸金会社が「突然の爆弾」に見舞われました。この「爆弾」とはP2P(ピア・ツー・ピア・ネット上の貸金業)の用語でP2Pを通じての投資が投資家に元金・利子を償還出来ず営業停止したり、逃亡、連絡が取れなくなったり、倒産する問題を指します。7月18日の1日だけで23社が営業停止となり、そのうちの十余社は100億元単 [続きを読む]
  • 低所得者層が支える米国経済
  • リンクより転載です。=============経済指標のほぼ全てが、米国経済の活況を示している。だが、雇用拡大と消費増大の勢いを伝えるニュースの裏側を探れば、この好調さが主として、低所得層による貯蓄取り崩しや、債務積み増しによって支えられていることが分かる。 ロイターが米国の家計データを分析したところ、有所得者の下位60%が、財務状態が悪化にもかかわらず、過去2年間の消費伸び率の大半を担っているこ [続きを読む]
  • ロシアで米国債売却と金保有の動き。一方で日本は?
  • ロシアのしたたかかつ、現実的な資産戦略。一方で、従米日本の脆弱な資産状況が見えてきます。以下、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」(平成30年7月26日)「ロシアは保有してきた米国債券の殆どを売却していた そして金保有を高めていた。1944トンと日本の二倍半」(全文)です。************************ プーチンはやはりしたたかだった。 ウォール街ではロシアが保有してきた米国債券の大量 [続きを読む]
  • 迫る世界規模の金融崩壊ーロン・ポールの予言が成就する①
  • 1999年以来、世界の債務は80兆ドルから240兆ドルと約3倍にも膨れ上がっているkareidoスコープより以下引用です リンク金融崩壊は、深夜、みんなが寝静まった頃に忍び足で近づいてくる・・・・悲しいかな実現間近!ロン・ポールの予言 「世界は、金融メルトダウンに向かって突っ走っている」・・・元連邦議会議員ロン・ポールは、公式の場で、たびたび、このような警告を発してきました。ロン・ポールのもっとも衝撃的な警告は、200 [続きを読む]
  • アベノミクスに重大な疑惑 名目GDPを調整し失敗を隠したか①
  • ・アベノミクスは史上空前の大失敗に終わったと筆者は主張している・新基準によって、GDPが20兆円以上は「かさ上げ」されていると指摘・全く関係ない「その他」という項目で大幅に調整していると説明したLivedoorニュースより以下引用ですリンク・アベノミクスに重大な疑惑、GDPを改ざんか アベノミクスは「究極の現実逃避」「史上空前の大失敗」だ。──『アベノミクスによろしく』(集英社)の著者である弁護士の明石順平氏はこ [続きを読む]
  • アベノミクスに重大な疑惑 名目GDPを調整し失敗を隠したか②
  • GDPが“かさ上げ”されていた?Livedoorニュースより以下続き引用ですリンクご覧のとおり、2015年度の実質GDPは、2013年度を下回ってしまいました。3年分の成長が1年分の成長を下回ったということです。この間の成長率は約1.9%であり、3年もかけて2%の成長率にも届かないという惨憺たる結果となりました。 これほど低迷した原因ですが、実質賃金(物価を考慮した賃金)が下がったことが最も大きいでしょう。名目賃金、実質賃金 [続きを読む]
  • アベノミクスに重大な疑惑 名目GDPを調整し失敗を隠したか③
  • 政府が国民に見せ続けている「幻想」Livedoorニュースより以下続き引用ですリンク・アベノミクスが開始された2013年度以降のかさ上げ額が突出しているのがよく分かります。このかさ上げ額の内訳ですが、(1)2008SNA対応によるものと、(2)その他の2つに大きく分けることができます。問題なのは先ほども書いたとおり「その他」です。リンク「その他」のかさ上げ額(「アベノミクスによろしく」図4-7と同じデータを使用) 明らか [続きを読む]
  • 日本経済 2019年危機
  • 三橋貴明の「新」経世済民新聞 日本経済 2019年危機 リンク ----------------------------------------------------日本は今、戦後最大の危機が迫っていることを知っていましたか?日本人の女の子の多くが「裕福な」外国人向けに水商売をしている、、、悪夢のような貧困国に転落しつつある現実をご存じですか?実はもうすでに悪夢は始まっています、、、今、日本人女性の梅毒患者が急増しています。2011年の数から5倍以上にも [続きを読む]
  • 2019年は日本経済が粉砕される年になる!?
  • すべてが、崩壊の2019年に向かって収斂している・・・日本がGDPのマイナス成長率を見せたのは初めてとのことで、結論を言えば、少子高齢化による日本経済への締め付けが本格的に始まったと見るべきなのです。以下カレイドスコープより引用ですリンク・2019年10月の消費税引き上げがトリガーになる可能性________________________________________<省略>・・・トリガーは、安倍首相が明言しているとおり、消費税10%引き上げが実 [続きを読む]
  • ドル基軸通貨体制の放棄と金融危機①
  • ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測リンクより転載します。-------------------------------------------7月になりました。あいかわらず世界情勢は不安定です。特にトランプ政権による高関税の導入という保護主義的な政策は、大きな混乱を引き起こしつつあります。今回はこれについて書きます。 高関税の導入という、戦後の世界経済ではそれこそ禁じ手とされてきた保護貿易主義を躊躇なく適用したトランプ政権には各国 [続きを読む]
  • ドル基軸通貨体制の放棄と金融危機②
  • ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測リンクより転載します。-----------------------------------------------●自由貿易によるドルの散布こそ覇権の基礎 周知のように、アメリカの覇権の基礎になっているのは基軸通貨がドルであるという事実です。自由貿易で各国に開放した米国市場には、世界のあらゆる地域から製品は輸出されてきますが、ドルが基軸通貨であるため代金はすべてドルで支払われます。これは、世界にドル [続きを読む]
  • ドル基軸通貨体制の放棄と金融危機③
  • ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測リンクより転載します。---------------------------------------------------●高金利による企業破綻の増大 この影響はことのほか大きいのです。米国債が売れなくなると、当然その市場価格は下落します。すると、長期金利はすぐに上昇します。 現在アメリカの景気はよいのですが、その背景となっているのは、FRBが長期間続けてきたゼロ金利政策を含む、量的金融緩和政策です。そ [続きを読む]
  • 長寿社会を世界経済は支えられるのか
  • 2050年までに世界では、蓄積する年金の赤字総額が(天文学的な)400兆ドルに達し、これは世界経済の3倍以上の規模になると、世界経済フォーラムは指摘している。このような壊滅的な危機を回避する手段について、そろそろ真剣に具体策を練る時期に入っているのかもしれない。(以下、リンクより引用)400兆ドルは、世界最大の経済大国である米国のGDPの20倍にあたる。そのアメリカ自身、2050年までに総額137兆ドル [続きを読む]
  • 米中貿易戦争・・・国内的理由と裏の理由
  • 米中の貿易戦争は、相互に依存しあっている関係の中で、どこまで行き着くのか。人力でGO『米中貿易戦争・・・国内的理由と裏の理由』よりリンク──────────────────────────────── ■ 表面的には80年代の日米貿易摩擦に似ているが・・・ ■トランプ政権は保護主義的な貿易政策を前面に押し出しています。その最大のターゲットは中国。これは80年代の日米貿易摩擦問題に表面的には良く似てい [続きを読む]
  • 高すぎる日本の株価時価総額
  • 「経済規模と株価の総額は一致する」という知見から、現在の日本のGDP:547兆円と、時価総額:647兆円とは乖離が大きすぎて、バブル崩壊の危険性がある(経済成長率は大きく伸びないため、今後は時価総額が下がるという予測)以下、「世界のニュース トトメス5世」リンク より。* * * * * * * * * * 2018年06月21日06:45日本株時価総額の実力は600兆円が限界●株価はすでにバブルを超えた日本株は日経平 [続きを読む]
  • 国発行の仮想通貨=苦肉の策!? 大丈夫世界経済?
  • ビットコインの値が上昇等の話題から近年仮想通貨に注目が集まっている。最近ベネズエラから国初の仮想通貨の発行の乗り出し、いまや投資家たちの注目は国家が発行する仮想通貨にある。今後も国から仮想通貨が発行されていくだろう。ベネズエラは何を目的とし仮想通貨に発行に手を出したのか?以下リンク*******************************************************************ベネズエラが国家初となる独自に発行した仮想通貨「ペ [続きを読む]
  • 欧州発の世界金融危機の勃発と、すべてが縮む日本③
  • 日銀券とは、国民から見れば政府に対する「債権証券」、政府から見れば国民に対する「債務証券」のこと カレイドスコープより以下続き引用ですリンク・失敗した政権にとっては、預金封鎖が現実的な選択肢になる ここで、「通貨の購買力」について説明しておきたいと思います。 「通貨の購買力」は、その国の通貨が、ある時点で、どれくらいのモノ(やサービス)を購入することができる力を持っているかを示す目安のことです。97% [続きを読む]
  • 統一通貨は、通貨の弱い国から財政破綻させていく通貨兵器
  • イタリア情勢が火種になって、EUが崩壊に向かうことを危惧する報道を目にすることが増えてきた。しかし、そもそも破綻するような構造にあったという見方もあるようだ。カレイドスコープ『欧州発の世界金融危機の勃発と、すべてが縮む日本』よりリンク────────────────────────────────(前略)ドイツ銀行とイタリアのメガバンクが金融衝撃波の発振源となる可能性・・・米国の主流メディアの見出し [続きを読む]