猫舌 さん プロフィール

  •  
猫舌さん: 鳥居をくぐって
ハンドル名猫舌 さん
ブログタイトル鳥居をくぐって
ブログURLhttp://nekonekokazuya.blog.fc2.com/
サイト紹介文近畿を中心に、神社仏閣を廻ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/08/27 17:52

猫舌 さんのブログ記事

  • 四条通と堺町通の交差点付近
  • SMBC日興證券の角っこ。佐賀鍋島藩屋敷跡。ここから隣のみずほ証券に行くと。歩道沿いのチラシ立ての向こう側に。円山応挙宅址。化け猫騒動で有名な佐賀鍋島藩と、幽霊画で有名な円山応挙がお隣さんと言うことに、なかなかの趣を感じるのだった。  [続きを読む]
  • 高瀬川沿い
  • 阪急河原町駅と、先斗町の間、マツモトキヨシのすぐそばを流れる高瀬川。東側の道沿いを北へ向かうと、「本間精一郎遭難之地」の石碑。勤皇の志士本間精一郎が、同士に討たれた地だそうだ。そこからさらに北へ進むと、旧立誠小学校跡地。日本映画発祥の地の立て札があったり、高瀬川を作った角倉了以のレリーフがあったりする。小学校から北側の高瀬川。その北側に写っている橋のたもとに、土佐藩邸跡の石碑。橋を渡ったところに、 [続きを読む]
  • 二ツ井戸旧跡
  • 大阪市北区西天満1丁目6−8国立文楽劇場の前に、こんな史跡があった。二ツ井戸??蹟井戸かー、井戸なんだー。でも埋められてる?背後に書かれた説明によると、元々は道頓堀の東側にあって、二つ並んで掘られた井戸は珍しいと、江戸時代には名所になっていたとか。明治時代の都市計画で撤去されそうになったところ、西側にあった粟おこし屋のご主人が、払い下げを受けて店頭に移設。その井戸も大正時代に出なくなって、第二次世界 [続きを読む]
  • 川崎孫四郎自刃の碑
  • いくたまさんで、このまま帰るのもなんだし、近場で何かないかいなーっと、スマホで地図見てたらありました。いくたまさん出てすぐのところに。正面の鳥居を出たところから見ると、右手の生玉公園の角のところに、二基の石碑。左の石碑に、「水戸藩士 贈正五位 川崎孫四郎自刃の所」と、書いてある。右の石碑には、「勤皇烈士 贈正五位島男也之旧居」と、書いてある。川崎孫四郎は、桜田門外の変後、大阪挙兵をはかり幕吏に追わ [続きを読む]
  • いくたまさんの干支朱印
  • 今年もいただいて参りました、生国魂神社の干支の御朱印。ことしは、戊戌(つちのえいぬ)と言うことで、真ん中の犬が可愛い。だがしかし、猫派の私は、猫の尻を追いかけるのであった。いくたまさんの階段下ったところ(西鶴の像がある辺りに行く階段)にいた猫。カメラ構えて近寄ったら非常にうさんくさげに見られて、ついにお顔は撮れず。時々立ち止まってはくれたんだけどねー。  [続きを読む]
  • ぬね鳥居
  • ぬね鳥居って、なかなか見ない鳥居で、錦天満宮でしか見たことないんだけれど、前に行ったときは、まあこんな状態で、結構塗装がはがれてた。出来るなら、立て替えで普通の明神鳥居になっちゃうとかでなく、塗り直しの方向でお願い。私の知ってるぬね鳥居、ここしかないから〜。とか思ってたら。いつの間にやらピカピカになってました〜。やったー。そして、今調べたら、京都に他に2カ所もあったわ。いつか行かねば。  [続きを読む]
  • 辨慶石
  • 京都市中京区弁慶石町 三条麩屋町東入北側よーじやカフェの入ってるビルの階段下。左下の石板に謂われが書かれているのだけれど、所々読めなくて、よくわからないが、弁慶が熱愛した石で、奥州にあったんだけれども、三条京極に行きたいと発声鳴動し、付近に熱病をまき散らかしたもんで、京都のお寺に預けられ、最終的にこの地に祀られたとか。  [続きを読む]
  • 京都バスケットボール発祥の地
  • 京都市中京区中之町楢崎家跡から北上し三条通と交差する角。碑文には、1915年京都YMCA 佐藤金一氏とF・H・ブラウン氏によってバスケットボールの歴史がこの地で始まると、書かれてある。京都YMCAは、ちょうど工事中でついたてしか写ってませんが。  [続きを読む]
  • 楢崎家跡
  • ご無沙汰しております。「冬までさよーならー」とか言っておきながら、気がつけば立春はすぐそこに!いやね、ブログは書いてなかったけど、全然動いてなかったかというと、そうでもなく〜かといって動いてたのかと言われるとそれほどでもなく。まあちょっと史跡は見てたので、まあその辺からぼちぼちと。京都市中京区柳馬場通り三条下る槌屋町84-1居酒屋さんの玄関の一角にある石碑。写真にありように、宴会は要予約…そこじゃない [続きを読む]
  • 近況報告
  • すっかりご無沙汰してるうちに、涼しくなりましたねー。近況報告と言っても、特に変わりなく。特にやせもせず…orz変事と言えば、うちの猫のko−monsenが破裂したくらいでしょうか。お医者で毛刈りされて、なめないようにカラーをつけてみました。セリアの座布団とバイアステープで都合216円(笑)セリアの座布団はうちの子のお気に入り。あのペラくて堅いところがいいらしい。そんなぬるい日々を送ってます。それでは、また [続きを読む]
  • 神明神社 2
  • 京都市下京区神明町前にも一回来たけど、4年ぶり二回目と言うことで。拝殿。拝殿と本殿の間に境内社。左から「日本武尊」「春日大社」「伏見稲荷大社」「石清水八幡宮」「北野天満宮」(たぶん(;^ω^))拝殿の中には、鵺退治関係の額が飾られている。源頼政の奉納した、鵺退治の矢じりの写真。源頼政ってどこかで聞いたな。「遙かなる時空の中で」だっけ?あれは源頼久だったわ。じゃあ、「陰陽師」かとおもったら、あれは「源 [続きを読む]
  • 悪王子社と不明な神社
  • 今年も、祇園祭期間に開催される和雑貨の「くろちく」のバーゲンに行ってきた。端切れと大判風呂敷2枚と、ガーゼマフラー。布物ばっかり(笑)それと和ろうそく。喫茶コーナーでいただいた、黒蜜きなこのかき氷が、美味しゅうございました。また「ぐるぐる」の宙海さんと出かけたわけだが、せっかく京都まで来て買い物だけというのもなんなので、神社巡りも。待ち合わせ場所を長刀鉾の道向かいの喫煙所にしたので、その周辺の神社 [続きを読む]
  • 鳥居 862 八兵衛明神
  • 久しぶりに京都に行ってきた。八兵衛明神。今日はここしか行かなかったので、このままご紹介。錦天満宮の南側の道を東へ。ちょうど錦天満宮の裏側辺りにある新京極公園辺り。この先は裏寺町通りに突き当たるんだけど、その少し手前。柳小路。この路地を入っていくと。突き抜けるちょっと手前辺り。左手の板塀とお店の間。隠れ家的神社(笑)京都市中京区中之町577-17八兵衛明神。真ん中じゃなくて、鳥居の柱のところに鈴。額。 [続きを読む]
  • かぶとみち
  • 愛用の神社仏閣史跡巡りアプリ、ポケモンGO(笑)ポケストップには多くの公園が登録され、公園というのはその中とか周辺に、小祠やお地蔵さん、史跡なんかが設置されていることがある。豊北(とよきた)公園。チョケたお子様心をくすぐる形をしている。とりあえずポケスト回しておく。クルクル〜。入り口の脇にはお地蔵様。入ってすぐのところのオブジェ。切り株型のところに貼ってある言葉を読むと、「この辺りから淀川にかけての [続きを読む]
  • 三角の目の狛犬
  • この間図書館に行ったら「大阪(なにわ)狛犬の謎」という本を見つけたので借りてきた。ほかに借りた本を読んでたら期日が来てしまい、パラパラ眺めるだけになってしまったけれど、中に「三角の目の狛犬」という項目があった。東淀川区の柴島神社にある狛犬だそうで、ああ、確かにあそこには変わった狛犬あったよね、三角の目は気づかなかったけれど、と読んでみた。柴島神社の、公園側の鳥居から入ると正面に見える、紅白の鳥居。 [続きを読む]
  • 酉島宮
  • 大阪市此花区酉島2丁目1とりしまのみや。鴉宮の御旅所。鳥居&鳥居&石碑の裏に鳥居の残骸。残骸の写真を撮り忘れ。ああ、なんたることだ。石の鳥居が一番後ろにあるってことは、昔はもっと後ろにも広がっていたのか。鳥居の右側に祠。位置関係的に見て、石碑が本体で、祠は摂末社的なものだろうか。掲示板に地図があったから載せておく。  [続きを読む]
  • 伝法川跡
  • 大阪市此花区伝法5丁目3庚申堂から次の目的地に行く途中。ふと横道を覗いたら、抜けたところに公園が見えた。公園ならベンチもあろうと、一休みするために行ってみた。ベンチに腰掛け眺めていたら、コンクリート壁に壁画が描かれている。階段もついてて上れるよう。壁の向こう側はこうなっていて、伝法港という、淀川の漁港らしい。伝法5丁目と書いたが、Googleマップだとこの辺は酉島2丁目っぽい。伝法と酉島にまたがる地域にあ [続きを読む]
  • 庚申堂
  • 大阪市此花区伝法5丁目8途中寄り道したけど、今回の目的地その1、庚申堂に到着。入ってすぐ右、ツツジの影にこっそりお社。お稲荷さん。実際は巻物をくわえているんだけど、写真で見ると、ニヒッって笑ってるように見えるニヒッ(笑)正面の社殿にはお猿さん。表の看板の説明によると、庚申堂とは青面金剛を祀っているんだとか。いや、何を今更…とか言われそうだが、実は初めて知った(;^ω^)だって、庚申堂自体あんまり行った [続きを読む]
  • 傳法山 西念寺
  • 近畿でお寺というと、まず奈良や京都。でも結構大阪も寺が多い。神社より多い。観光寺院って言うか、入りやすく門の開いてるところは少ないけれど。今回は伝法駅から淀川近くを西の方へ来たのだけれど、お寺が3軒並んでいた。で。一軒のお寺の前に「此花おもしろトレイルルート」の看板発見。此花区は区内の名所旧跡をつないでマップにし、その名所旧跡に看板を立ててくれているのです。大阪市此花区伝法5-7山門の前には、観音霊 [続きを読む]
  • 伝法のお地蔵さん
  • 今回は此花区の伝法駅から。駅を降りて、スマホの地図を見ながら進む。見ながら進んでいるのに、道を間違える(笑)でも間違えたからこそ、見られるものもあるわけで。大阪市此花区伝法5丁目5道の端になんかありますな。お地蔵さん。そして妙に姿勢のいい狸。タヌキの横にはキツネもおるで。なんだろうね?元はお地蔵さんとお稲荷さんという、そこそこ見かける組み合わせで祀られてたんでしょうか。そしてタヌキ。タヌキ信仰の名 [続きを読む]
  • 鳥居 860、861
  • 前回からまた日にちがあいてしまいましたが、今日久々に廻ってきました。西念寺酉島宮あといくつか史跡とか。最近めっきり歩かなくなって、リハビリ的に行ってはみたものの、やっぱり腰に来て、阪神で洋食焼きを買おうと思ってたのに、断念。残念無念。ええ、残念がるのそこ?(笑)  [続きを読む]
  • おひさしぶりです
  • 一月ほどブログを放置してました。坐骨神経痛だったんですよ(7年ぶり2回目)ついに座ったっきりでも痛むようになって、渋々病院に行って、投薬、マッサージ、ロキソニンテープで緩和。ちなみに朝はこんだけ飲む。数が多いので、専用小皿を購入。皿が可愛かったので載せてみました(^ω^)飲むと大体うっすら気持ち悪くなる。就寝前の薬は、錠数は少ないが激しく気持ち悪くなる。中止可能な薬なので、潔く中止。←今ココ。でも [続きを読む]
  • 大阪のお稲荷さん 9
  • 会社の敷地内にお稲荷さんを祀っているところもよくある。もちろん閉じられた会社の庭にあるのもよく見るが、門扉はフルオープンで、すぐそこに神社が見えてるときもある。会社内というわけではないが、近くの敷地内にあって、でもがっちりしまってるのもある。京阪稲荷神社。表からだと鳥居の額くらいしか見えないという。でもまあ、裏は丸見えなんですけどね。入れませんけど。まあ、会社の安全と繁盛の神社なんで、広く開放する [続きを読む]
  • コンビニで見つけました
  • 相変わらず、コタツのおもり継続中なんですが。先月くらいに、コンビニでこんな本を見つけました。祥伝社黄金文庫嫁いでみてわかった! 神社のひみつ(「神社若奥日記」増補改訂版)インド生まれで帰国子女。帰国後は主に埼玉で育ち、キリスト教系の大学を出てライターをしていた筆者は、イラストレーターの男性と出会いごく普通の恋をし、ごく普通に結婚しました。ただ一つ違っていたのは、旦那様は神社の跡取りだったのです。と [続きを読む]