tuttobene-2009 さん プロフィール

  •  
tuttobene-2009さん: トットベーネ日記
ハンドル名tuttobene-2009 さん
ブログタイトルトットベーネ日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tutto_2009
サイト紹介文リタイアしRe-start。「食と農」、「マイライフ」を育んで人生を味わっています。
自由文これからは食と環境の時代、「地産地食」の道に取り組み、楽しさと創造からモチベーションを高めています。パート? H23.1
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/08/27 21:17

tuttobene-2009 さんのブログ記事

  • 韓国ドラマ「ミセン〜未生」
  • 弱い石 お盆だというのに記録的な猛暑が続く異常な暑さに閉口していますが、最近は体重が増え困っています。メタボにはビールはダメと言われていますが、缶に取り付けることでより“クリーミーな泡”を出すことができる“神泡サーバー”を貰つたこともあり飲みすぎ・食べ過ぎ状態です。ところで、先日見たアマゾンプライムビデオのミセン(未生)、「囲碁のプロ棋士を目指すも挫折した、学歴なし、社会人経験もほぼない若者の一 [続きを読む]
  • 高千穂郷
  •   世界農業遺産  毎日朝から強烈な日差しが照りつけて、炎天下での活動は危険と感じるようになり、今夏の酷暑は日本の気候が明らかに変化していることを実感させますね。少しは避暑ができるかと思い「神話と伝説が宿る町」と言われる高千穂郷に行ってきました。パワースポットの高千穂峡、ライトアップは幻想的でよかったのですが、ボートから見る真名井の滝は水量が多く貸出中止となり残念でした。高千穂神社、あまてらす鉄道 [続きを読む]
  • 半端ない暑さ
  •  懐かしく思うだけの年齢 逃げ場のない半端ない暑さを「危険な暑さ」と連日警告をされていますが、気象庁は40℃超えを災害といっていました。体温調節の機能がうまく働かず、体内に熱がこもってしまう熱中症、撥中仲間のO君もソフトボールの後、救急車で医師会病院に運ばれ点滴を打って回復したそうですが他人ごとではありません。熱中症も甘く見ると大変危険、体調管理対策を考えながら動くことに注意するようになりました。 [続きを読む]
  • 真夏が来た
  • 糸島の夏 今年の梅雨明けは7月10日、暑い暑い毎日が続いています。無病息災を祈って七つの流(地区)が「山」を担いで走る勇壮華麗な迫力の博多の祭り山笠、この博多山笠終わると真夏が来るといわれていましたが糸島でもとっくに熱中症の警戒が必要になっています。昨日は丸田池公園で行われた放置竹林を活用しおよそ1万個の竹灯篭が幻想的な夏の夜を彩るイベントを楽しんできました。そしてここは糸島、地元の人でないとな [続きを読む]
  • 西日本豪雨
  •   防災意識を高め「いざ」というときのために  西日本豪雨で12日の発表では、死者200人以上、60人超が安否不明、約7,000人が避難を余儀なくされるなど甚大な被害が出ており、被災者の方のご心痛を思うとやるせないものがあります。広範囲に大雨特別警報が出されましたが、自らが判断する避難の難しさが浮き彫りになりました。「人ごとだった災害がここで起きるなんて、山に裏切られた気分」という報道があっていま [続きを読む]
  • 万能カッター 
  • 安全に楽々カット 昨日は長崎、熊本両県に存在する「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されましたが、登録されると保有国と国際社会にはその世界遺産を保護する義務と責任が生じるそうで、国や世界からの擁護が得られることになり本当に良かったですね。ところで今日は7月になり梅雨末期のドカ雨が心配ですが、本格的な暑さがくる夏も間近となってきました。今はカボチャの収穫時期となりましたが [続きを読む]
  • スイカとカボチャの交配
  • 持ちつ持たれつ スイカとカボチャの交配  持ちつ持たれつ梅雨もなか頃、田植えも終わりそろそろ真夏の気配がしてきました。昨夜は注目の日本陸上選手権男子100m決勝があり、いちかばちか狙って来ているリオ五輪の400メートルリレーで銀を獲得した選手の闘いは見ごたえがあり梅雨空のうっとうしさを跳ね飛ばすものがました。ところで今の時期は、夏の風物詩である西瓜とカボチャの収穫量を決める受粉の大事な時期です。受粉は [続きを読む]
  • インターハイ18・北九州高校総体陸上
  • 選手の元気はつらつな姿 高校三年生である姪の娘が陸上競技県大会で1.500m・3,000mの上位入賞を果たしたため、大分銀行ドームで行われた北九州(大分・福岡・佐賀・長崎)高校総体陸上の予選の応援に行ってきました。大分トリニータのホームスタジアムである大分銀行ドームは快適な施設で、陸上競技をかじった私にとってこのような施設で試合ができることに羨ましく思いました。また、人間性に劣る日大の監督が社会的問題にな [続きを読む]
  • 梅雨時期の季節感アップ
  • 生産性のあるエクササイズ とうとう梅雨入りし、ジメジメムシムシとしばらく憂鬱な季節が続きますね。しかし、梅雨入りのこの時期はもともと篠原が産地であった桃やビワやが美味しく食べられたり、季節感をアップするものがいろいろあります。この時期、花壇の花の夏バージョンへの切り替えや、野菜の収穫と手入れ、伸び切った植木の剪定など、また、貰った南高梅の梅干し作り、そしてゴルフなど雨の合間を見つけて忙しく動かな [続きを読む]
  • いよいよ60代最後の歳 
  • エンジョイできるように 5月に69歳の誕生日を迎え、70歳の大台まであと一年になりました。若いときは歳を重ねることに何の抵抗もありませんでしたが、今は「あ〜ぁもうやめてよ」という感じで、世の中順繰り準繰りでしょうがこれから先どうなることやと思うようになりました。ここ数日は幼稚園の芋ほり体験用の苗植え付けやカボチャやスイカの敷き藁作業をしましたが、蕎麦栽培も含めて兄との共同作業なので、こうしたこと [続きを読む]
  • 鹿児島の旅
  • 西郷どんのゆかりの地 英国のヘンリー王子とメーガン・マークル妃のおとぎ話のようなラブストーリーを乗り越えての結婚式中継がありましたが、人間味あふれる姿に感動しながら見入ってしまいました。また、この中でベストマンを務めたウィリアム王子との光景はダイアナ妃の育て方の素晴らしさでしょうね。先日、西郷どんがテレビ放送で注目されていることもあり、鹿児島めぐりをしてきました。あいにく雨は降らなかったものの曇 [続きを読む]
  • ペット養魚と多肉植物
  • 皆が納得する説明  近頃、魚を飼うことや多肉植物を育てることが自宅でのブームとなって共生生活を楽しんでいます。ところで5月は運転免許証の更新でしたが、白内障手術で視力はクリア、しかし、スピード取り締まりレーダ探知機のスイッチを切っていたため花畑の試験場で2時間講習を受ける羽目になりました。講習で「安全運転自己診断」というのがありましたが、その中で「長距離運転を控える」を「はい」と「いいえ」で答え [続きを読む]
  • 福岡市と唐津市に挟まれた糸島
  •   先人たちの積み上げた結果を享受  最近、糸島が脚光を浴びて人気度が高まっていますよね。確かに海や山そして田園などのロケーションが良いのをはじめ、糸島牛などの農産物や海産物の美味しい食べものなど訪れる人たちにとって魅力的でしょうね。住んでる私にとっても、都市文化を楽しめる福岡市と自然豊かな唐津市など佐賀県は安い料金で楽しめるゴルフ場にすぐ行けるので、どこでも住めば都でしょうが糸島の居心地の良さを [続きを読む]
  • 気にかけてくれた人
  • 玉ねぎも応えてくれた 爽やかな新緑の季節、春の日差しが心地良く雨は降ってほしくないと思う毎日になりました。ところで、煮ても焼いても炒めても生食でもおいしい玉ねぎの収穫時期になりましたが、皆さんが今年は小玉ばかりという中で私の玉ねぎは大玉揃いでした。大きくなったその原因を考えてみると、植え付け苗が少なかったことから貝殻石灰や万能堆肥を丁寧に鋤きこんだ結果、玉ねぎも応えてくれたらしくて玉ねぎチーンで [続きを読む]
  • 夏野菜の作付け
  • 野菜作りも結構大変  ようやく玉ねぎも美味しく頂けるようになりましたが、四月だというのにここ数日の農作業は夏日が続き大変でした。夏野菜の作付けをするために友人の酪農家の堆肥を貰うために牧場に行ったところ、久しぶりにレンゲ畑の田園風景を見ることができ癒されるものがありました。今年もメインはカボチャ18本とスイカ6本で、簡単に実生でできるカボチャは苗づくりをしました。野菜作りも植えておけばいつか大きく [続きを読む]
  • two-way player
  • ま坂  日本で築き上げた「投打二刀流」、米国でも結果を出したことでメジャー・リーグでの鮮烈デビューのオオタニサン。二刀流と言えば宮本武蔵を思いますが、酒も甘い物も好きなことなど二つの物事を同時にうまく行える、また、最近では紙の広告とWebの広告の二刀流などと言いていますが、私では「晴耕雨読」、「食事と運動の二刀流糖尿病対策」、N君の二刀流はアレですよね。話しは変わって、人生には登坂、下り坂、そして、 [続きを読む]
  • ベストシーズン
  •   アクティブに  「せっかく旅行に行くなら旅先のベストシーズンに」というのがありますが、8時ごろ寝て1時か2時に起きてゴソゴソする日常生活も気持ちいい季節となりました。そして、冬の間はどうしても花や緑が少なくさみしい庭の雰囲気でしたが一転色とりどりの花が満開、また、樹木も鮮やかな緑になり和ませてくれています。先日はタケノコやフキ、タラの芽など春の精進揚げで春を告げる旬の味に満足さんでした。碁の総会 [続きを読む]
  • 季節を楽しませてくれた桜
  • 小平奈緒選手が始球式 桜が満開の九州、プロ野球のホークスの開幕戦にはピョンチャンオリンピックスピードスケート女子500メートル金メダリストの小平奈緒選手が始球式に登場しヤフオクドームは大盛り上がりとなったそうです。そして、可憐な花による美しい風景が目を楽しませてくれた桜もそろそろ見納めとなり、花吹雪・葉桜シーズンとなりました。唐津城の桜、そして、そば畑の三本桜の吹雪のように散っていく姿は美しさも感 [続きを読む]
  • 満開の桜を楽しむ
  • アイス日和 日本では何といっても桜の花が人気、満開を迎えたばかりのきれいな花を見せてくれながら、桜にまつわる思い出も再現させてくれるようです。毎日毎日が晴、絶好の花見日和の暖かさで、佐賀市の佐賀藩鍋島直正公の別邸として造られた神野公園に行ってお花見弁当を食べながら桜を楽しみました。そして、そば畑の三本桜も中心の幹が折れたにもかかわらず青空の映えるその桜はしっとり美しい花でした。全国各地で多くの人 [続きを読む]
  • いよいよ春本番
  • ウキウキしてしまう何かが 待ち望んでいた春、気温がどんどん上昇してきて、春らしくなってきた今日この頃です。春分の日は一統で持ち回りをしている先祖祭り、「今生活できるのはご先祖さまのおかげ」という意味を込めて13家族が一堂に会して国民の祝日に懇親会を兼ねて行っています。この先祖祭りが終わると美しい桜や花が咲き誇ります花が咲きそろい、春の香りが漂って、目にも新しい色が増えて一番好きな季節です。お気に [続きを読む]
  • 桜の開花
  • 満開が楽しみ 今日福岡市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表され、そば畑の桜も開花していました。満開までは1週間から10日程度かかる見込みらしいですが、毎年キレイな桜を楽しみにしているこの時期、例年のごとくワカメ採りや芋の苗床づくりなどをしながら待っています。そして、昨年は豊作だった蕎麦、粉ひきをやっては応援振舞い蕎麦を作っています。蕎麦は「挽きたて、打ちたて、茹でたて」三たてが香り高く、喉越し軽 [続きを読む]
  • 白内障手術
  • 病気と上手に付き合う ようやく春が真近かになっていろいろな花が咲き始めましたが、緑内障で定期診察を受けていながら今度は白内障と診断され、4泊5日で手術をしてきました。白内障は70歳代では80%の人がなるそうですが、加齢とともに水晶体が濁る病気で私も目がかすむ、ぼやけて見えにくい状態になり、目の手術でもあり少し怖さも感じましたが、両目を一日おきに約20分程度で終わり案ずるより生むが易しでした。眼帯 [続きを読む]
  • 巧みなわざ
  • 世界で一番美しい滑り  ピョンチャンオリンピックも感動とドラマで名残惜しいですが終わりましたね。後半は高木菜那・美帆姉妹などが劇的金メダルを見事獲得しましたが、特にパシュートは世界で一番美しい滑りと絶賛されそのルールを生かした巧みなわざが光っていましたね。巧みな技と言えば八女のぼんもりまつりと玉名の盆栽展に行ってきましたが、経験に裏打ちされた見事な磨き抜かれた技に見入ってきました。何事も極めるこ [続きを読む]
  • 凄い小平選手 
  • チャレッソ 羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルなど日本人の活躍で盛り上がるピョンチャン冬季五輪、中でもオリンピックレコードで優勝した小平奈緒選手に凄さを感じ、これこそ世界のスポーツ祭典と思いました。小平奈緒とイ・サンファの友情物語、韓国でも熱視線「美しい」と報道されているようです。小平は金メダルが確定すると、3連覇がついえて涙を流すイ・サンファ選手に歩み寄り肩を抱き寄せ韓国語で「よく [続きを読む]
  • 寒いけど暖かい
  • このぐらいの寒さは我慢しなければ 二月に半ばになり寒さがピークに達していますが、フキノトウも芽を出し美味しくいただいています。そして、粉がいいから美味しいと言ってもらっている蕎麦がき、このためにやはり器も揃えなければと思い有田の陶器団地で買ってきました。器が違うと蕎麦がきがさらに美味しく見えますが、もうちょっと美味しそうに盛り付けを考えろと言われています。ところでピョンチャンオリンピックが始まり [続きを読む]