共認原理への転換を実現する会 さん プロフィール

  •  
共認原理への転換を実現する会さん: 私権原理から共認原理へ
ハンドル名共認原理への転換を実現する会 さん
ブログタイトル私権原理から共認原理へ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/bmainlove
サイト紹介文私権原理から共認原理への大転換を皆で実現しよう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/08/27 22:24

共認原理への転換を実現する会 さんのブログ記事

  • 本当に価値があるのはアイデアよりチーム
  • 革新的なアイデアと優秀なチーム、本当に価値があるのはどちらだろうか。シリコンバレーの著名ベンチャーキャピタルは、創業者一人だけのベンチャー企業には投資しない。なぜなら「ベンチャー企業が当初のアイデアを頼りに成功をつかむことはめったにない。重要なのはアイデアよりもチームの質だ」と考えているからだという――。※本稿は、スティーブン・スローマン&フィリップ・ファーンバック『知ってるつもり 無知の科学』( [続きを読む]
  • 自主管理への招待3,4「否定と要求」からの脱却
  • 現在のデモなどでもかなり「否定と要求」の意識が強い事を感じる。否定と要求は社会に属している、積極的に関わっていると錯覚させるが、そこからは何も生まれない。これは個人主義によって「個人が集まって社会になる」といった個人に重きがあるから否定、要求で誰かが変えてといった考えで終わってしまう。「社会に所属する個人である」ことが重要なように感じる。これは社会を変える力をもつ、社会を作る一部、一員であることが [続きを読む]
  • 社会(生産)から離脱して個人(消費)へと逃避していく先に何があるのか
  • 近代人は自己の存在を保つため、個人の時間を求めるようになった。その中で、社会に身をおく上で、奴隷意識が染み付いていて、頼まれたことをしているだけになっている。それが個人へと収束していく要因であると思う。社会から離脱することで考えることや追求することをなくしているように感じる。それでは社会は衰退していく一方である。また、社会はルールや掟があり、それをやぶると罰せられる。確かに社会は大きな集団であるか [続きを読む]
  • 「孤独」とは「共同体から外れた」状態を言う
  • イギリスでは「孤独」が国の問題として扱われていて、「孤独担当大臣」という役職までできたそうだ。日本でも同じく、引きこもりや孤独死など、「孤独」に関係する問題が取り上げられているが、日本人の縄文体質=共同体体質は果たしてどこへ行ってしまったのだろうか。*************************************イギリスのメイ首相が「孤独担当大臣」を新設した。内閣の中に孤独問題を担当する省庁を新設するという発想は、日本人に [続きを読む]
  • コワーキングスペースの変遷と可能性
  • 社会的な潮流としてコワーキングスペースが拡大しているが、その変遷と可能性について調べてみた。背景には、オープンイノベーションを生み出す場に人々が集まるという潮流があると思われるが、根本的には、従来の序列原理、指揮系統、強制圧力を前提とした働き方から、共認原理、フラットな仲間関係、脱強制・思考の解放へと働き方が変化してきている構造変化がある。働き方改革の本質は、巷で言われているような時短やライフワー [続きを読む]
  • ミニマリズムを学んで人生で得た5つのこと
  • いまや「断捨離」という言葉が当たり前に浸透していますが、情報にあふれる現代社会の中でいか人々が無駄なことをしているか、がわかります。大事なものを、大事にできる人生を送りたいと本当に思います。リンクより、引用させていただきます。■モノを断捨離して得たもの①自分の”経験”にお金が使えるようになったわたしはモノを捨てて、かなり「お金の使い方」が変わりました。まずモノを断捨離してわかったのは”自分に本当に [続きを読む]
  • 若手の「出世したくない」は、ただの責任逃れではない
  • 多くの企業でリーダーシップの不在が問題視されている中、さらに若手、中堅社員の管理職離れが加速している。「管理職になりたくない」と意思表示する社員が増えているというのだ。しかし、問題の本質は、管理職になりたくない若者ではなく、企業の旧い体質そのものにある。ここを転換しなければ、リーダー不在から存続の危機そのものに直結することは避けられない。以下、DIAMOND onlineより転載。リンク(以下転載)  管理職 [続きを読む]
  • 商品が売れる要素とは?
  • 商品が売れる要素は「価格」「品質」「広告」「流通」が重要だが、それらの要素で勝負しようとすると大多数の小さな会社は負けてしまう。「価格」を下げれば一時的な効果はあるが、値段につられて買う客は、同じ品質でもっと安い商品があれば簡単に流れてしまう。また、デイスカウントすれば、ブランドイメージは確実に下がる。それでは「品質」で勝負すればよいのだろうか? 勿論、品質はできるだけ良いに越した事はないが、必ずしも相手が [続きを読む]
  • アフリカに見る、脱個人主義、脱資本主義のヒント
  • アフリカは「資本主義の限界」を見抜いているリンク --------------------------------------------------------■ウブントゥとは「他者への思いやり」山田:『思想』アフリカ特集の小田マサノリさんと真島一郎さんの対談に中にある、「ウブントゥ」について説明をお願いします。吉川:コンピュータのOSで、Ubuntu(ウブントゥ)というのがあるんです。南アフリカのIT起業で成功した、マーク・シャトルワースさんが2004年に作って、 [続きを読む]
  • 日本にベーシックインカムが必要な理由のお話
  • 西村博之氏(ひろゆき)の「日本にベーシックインカムが必要な理由のお話」(リンク)より*********************************現在、50歳まで一度も結婚してない男性は23.6%で、4人に1人です。小学校のクラスの男子の友達を40人ぐらい思い浮かべて、そのうち10人ぐらいが一度も結婚しないで50歳になります。50代で貯蓄がゼロという人は29.5%です。3人のうち1人は50歳まで暮らしてきたけど、貯蓄 [続きを読む]
  • ベーシックインカム〜発展途上国:ナミビアでの実験事例
  • ベーシックインカムは、多く先進国(スイス、フィンランド、オランダ、ドイツ、アメリカなど)で導入実験されているが、実は2008〜2009年の2年間という限定ではあるが、アフリカ:ナミビアの一つの村でも導入実験されているので紹介する。ベーシックインカム導入事情 ナミビア リンク□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□○実験の内容内容はいたって簡単です。対象となった地区に対して全員に月に10 [続きを読む]
  • 人生最大の危険は、自分のことだけ考えること
  • リンクより*******************************医師、保坂隆氏の心に響く言葉より…《人生最大の危険は、自分のことだけ考えること》(アルフレッドアドラー:フロイトの最初期の弟子で深層心理学の巨頭。くる病にかかって身体障害を経験したのをバネに医師に。すべての人間に普遍的に劣等感があるとした)ゆううつ?そんなものはきっと2週間で全快しますよ。処方箋?それは、どうしたら他者を喜ばす [続きを読む]
  • 孤独の蔓延が人々の命を奪う。
  • 人はひとりでは生きていけない。共認動物である人類にとって、共認充足を得られない状況が長く続くことは、生命をも脅かす危機であると認識したほうがよい。『カラパイア』リンクの2017年08月16日記事 リンクより転載******************************孤独の蔓延が人々の命を奪う。孤独感や疎外感は肥満よりも深刻な社会問題(米研究) 孤独感や疎外感はよく取りざたされる肥満よりもずっと深刻な健 [続きを読む]
  • 「徳」は小善の積み重ね〜互いに感化しあう重要性
  •  人(人類)は、極限時代、同じ体験やストーリーを共有することで、互いの思いに触れて、気づき、影響を受け、気づく。そうように、互いに同化(感化)することで新しい道を切り開いてきた。 そして、次の時代が見えない現代も同じ。周囲に目を向け、思いに触れることがスタートとなる。日経コラム 堀 義人*********************************************************「徳」って何だろうか。僕は、分からない言葉に出会うと、 [続きを読む]