共認原理への転換を実現する会 さん プロフィール

  •  
共認原理への転換を実現する会さん: 私権原理から共認原理へ
ハンドル名共認原理への転換を実現する会 さん
ブログタイトル私権原理から共認原理へ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bmainlove
サイト紹介文私権原理から共認原理への大転換を皆で実現しよう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2012/08/27 22:24

共認原理への転換を実現する会 さんのブログ記事

  • 孤独の蔓延が人々の命を奪う。
  • 人はひとりでは生きていけない。共認動物である人類にとって、共認充足を得られない状況が長く続くことは、生命をも脅かす危機であると認識したほうがよい。『カラパイア』リンクの2017年08月16日記事 リンクより転載******************************孤独の蔓延が人々の命を奪う。孤独感や疎外感は肥満よりも深刻な社会問題(米研究) 孤独感や疎外感はよく取りざたされる肥満よりもずっと深刻な健 [続きを読む]
  • 「徳」は小善の積み重ね〜互いに感化しあう重要性
  •  人(人類)は、極限時代、同じ体験やストーリーを共有することで、互いの思いに触れて、気づき、影響を受け、気づく。そうように、互いに同化(感化)することで新しい道を切り開いてきた。 そして、次の時代が見えない現代も同じ。周囲に目を向け、思いに触れることがスタートとなる。日経コラム 堀 義人*********************************************************「徳」って何だろうか。僕は、分からない言葉に出会うと、 [続きを読む]
  • 実現の時代に入った。先にやったもん勝ちの潮流へ
  • 現代社会は、実現の時代に入った。今迄の常識が東北大地震をきっかけに崩れ始め、今や常識を超えた所にこそ、新しい可能性の多くが潜在的に眠っている。それを掘り起こして、自らの生き方、活力源を転換できるかが鍵になっている。それは、脱常識であり、脱制度の流れでもある。深い不全感や、問題意識を超えて、深い可能性が日本中の若者世代を筆頭に多くの可能性が産まれ始めている。現代社会の行き詰まりと大転換の予感があるか [続きを読む]
  • 既に日本は、資本主義から脱皮しようとしている?
  • さよなら資本主義。日本が「失われた20年」で学んだ意外な経済革命MAG×2NEWSリンク より■地産地消経済の成立条件は今までの資本主義ではなく、地産地消経済システムは、どのような経済になるのであろうか? それを検討したい。■日本の低成長の意味日本は、最先端の経済システムを生む素地がある。1990年代にバブル崩壊して、この25年以上も低成長というより経済規模が変わらないが、その経済内容が変化している国も少 [続きを読む]
  • キリスト教社会に深く刻まれている「労働=苦役」
  • キリスト教の概念に「原罪」があることはよく知られていると思います。手元の大辞林によれば…○原罪: キリスト教で、人類の祖が犯した最初の罪のこと。蛇にそそのかされたイブとともにアダムが神にそむいて禁断の木の実を食べたことが旧約聖書創世記に記されている。アダムの子孫である人間は生まれながらに罪を負うとされる。「人間は生まれながらに罪を負う」って…、誕生すれば「おめでとう」と言われ祝福されるのに、そもそ [続きを読む]
  • 規模を追わず、偉大さを追求する企業
  • テーマ: 成功する話石塚しのぶ氏の心に響く言葉より…2016年2月、米ビジネス誌『フォーブス』は、その100年の歴史の中で初めて「ベスト・スモール・カンパニーズ・イン・アメリカ(アメリカで最も優れた中小企業たち)」というランキング・リストを発表しました。そのリストに掲載された25社は「スモール・ジャイアンツ=小さな巨人」と呼ばれ、「大きくなる」ことではなく、「偉大な企業になる」ことを選んだ会社として紹介され [続きを読む]
  • 小学校の学校公開で目撃した先生の工夫
  • 先日、長男の小学校の学校公開に行きました。学校公開というか、まあ平たく言うと授業参観なんですが、保護者だけでなく近所の人なんかも参観出来るので「学校公開」と呼んでいるみたいです。いわゆるオープンキャンパスですよね。昔はあまり聞かなかった言葉だと思うんですが、最近はこういうやり方が多いんですかね?長男は小4で、3年生からはそのままクラスが持ち上がりになっています。3年からの担任の先生のことをすごく気に [続きを読む]
  • 「ルールづくり先行」の働き方改革にモノ申す
  • リンク画一的ルールづくりが先行する働き方改革に対する疑問を投げたところ、面白法人カヤックとほぼ日から返ってきたのは「ルールをつくらない」など、一見すると、人事の仕事放棄とも思える姿勢だった。はたして、そのような無法地帯で、どのように組織は成立しているのか。拡大する組織の中で、なぜルールをつくらない、性善説マネジメントが成立するのか(中略)■ルールを先につくっては駄目横石:今回の対談にあたって、ほぼ [続きを読む]
  • 世界が注目するブータンの幸福論 財増やすより欲望減らす
  • リンク  より秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまの訪問などで、話題になったヒマラヤ山脈の麓にあるブータン。物質的な豊かさではなく、「GNH」(グロス・ナショナル・ハピネス=国民総幸福量)を軸に、国民の幸福感を重視する政策で知られる。折しも、現地の事情に詳しいNPO法人国際建設機械専門家協議会(東京都品川区)代表理事の白井一さん(72)や現地の新聞記者らが本紙名古屋本社を訪れたのを機に、あらためてブータンの [続きを読む]
  • 没頭しない若者を見て
  • 技術畑の仕事。「没頭する」というキーワードで近年入社してくる若者を見ていると、没頭できる若者が年々減ってきているように思う。彼らに話を聞いてみると、どうも、我々オヤジ世代とは没頭の捉え方が違っているようだ。彼らの言葉から察すると、答えを探して試行錯誤する時間は逡巡であり、不安な時間であるようだ。我々オヤジ世代がいう没頭は、一人で行われる。知りたいのは答え。強い欲求。答えを探して試行錯誤する過程で周 [続きを読む]
  • お金と人の関係
  • インターネットの登場により、お金と人の関係は劇的に変化しました。人と人とのつながりをより重視する世の中へと価値が変化しています。自著『なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか?_21世紀のつながり資本論』では、その変化した価値観と、これからの「新しいお金の世界」を紹介しています。私たちは、お金を持っているだけでは、もう幸せになれないのです。リンクより、引用します。01.電子化されたお金 [続きを読む]
  • 社会や会社に足りないのは★『人間臭さ』★2
  • [週間代々木忠]より『アーカイブス018 深夜にかかってきた電話(リンク)』より転載します。--------------------------------1より 僕は心地よくなり、もらった電話でありながら、話はどんどん長くなっていった。そのなかで、師匠はこんなことも言った。「最近、自分を消しとるな……」。僕が「なんでそう思うの?」と訊くと、「ワシもあの番組(鶴瓶の家族に乾杯)のとき、できるだけ自分消して、地元の人たちの生き方にスポッ [続きを読む]