共認原理への転換を実現する会 さん プロフィール

  •  
共認原理への転換を実現する会さん: 私権原理から共認原理へ
ハンドル名共認原理への転換を実現する会 さん
ブログタイトル私権原理から共認原理へ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bmainlove
サイト紹介文私権原理から共認原理への大転換を皆で実現しよう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/08/27 22:24

共認原理への転換を実現する会 さんのブログ記事

  • ベーシックインカムで本源回帰
  • マーク・ザッカーバーグやイーロン・マスク、リチャード・ブランソンなどの世界の名だたる起業家が注目している、「ユニバーサルベーシックインカム」。フィンランドでは、試験的に一部の人々に対して、導入がされています。さらに、賛否両論はあるけど、希望の党も公約にしていて、国内でも関心が持たれ始めています。だけど、「どのような制度なのか」というのは、あまり知られていないかもしれません。人気動画サイト「Kurzgesa [続きを読む]
  • 若手の「出世したくない」は、ただの責任逃れではない
  • 多くの企業でリーダーシップの不在が問題視されている中、さらに若手、中堅社員の管理職離れが加速している。「管理職になりたくない」と意思表示する社員が増えているというのだ。しかし、問題の本質は、管理職になりたくない若者ではなく、企業の旧い体質そのものにある。ここを転換しなければ、リーダー不在から存続の危機そのものに直結することは避けられない。以下、DIAMOND onlineより転載。リンク(以下転載)  管理職 [続きを読む]
  • 商品が売れる要素とは?
  • 商品が売れる要素は「価格」「品質」「広告」「流通」が重要だが、それらの要素で勝負しようとすると大多数の小さな会社は負けてしまう。「価格」を下げれば一時的な効果はあるが、値段につられて買う客は、同じ品質でもっと安い商品があれば簡単に流れてしまう。また、デイスカウントすれば、ブランドイメージは確実に下がる。それでは「品質」で勝負すればよいのだろうか? 勿論、品質はできるだけ良いに越した事はないが、必ずしも相手が [続きを読む]
  • アフリカに見る、脱個人主義、脱資本主義のヒント
  • アフリカは「資本主義の限界」を見抜いているリンク --------------------------------------------------------■ウブントゥとは「他者への思いやり」山田:『思想』アフリカ特集の小田マサノリさんと真島一郎さんの対談に中にある、「ウブントゥ」について説明をお願いします。吉川:コンピュータのOSで、Ubuntu(ウブントゥ)というのがあるんです。南アフリカのIT起業で成功した、マーク・シャトルワースさんが2004年に作って、 [続きを読む]
  • 日本にベーシックインカムが必要な理由のお話
  • 西村博之氏(ひろゆき)の「日本にベーシックインカムが必要な理由のお話」(リンク)より*********************************現在、50歳まで一度も結婚してない男性は23.6%で、4人に1人です。小学校のクラスの男子の友達を40人ぐらい思い浮かべて、そのうち10人ぐらいが一度も結婚しないで50歳になります。50代で貯蓄がゼロという人は29.5%です。3人のうち1人は50歳まで暮らしてきたけど、貯蓄 [続きを読む]
  • ベーシックインカム〜発展途上国:ナミビアでの実験事例
  • ベーシックインカムは、多く先進国(スイス、フィンランド、オランダ、ドイツ、アメリカなど)で導入実験されているが、実は2008〜2009年の2年間という限定ではあるが、アフリカ:ナミビアの一つの村でも導入実験されているので紹介する。ベーシックインカム導入事情 ナミビア リンク□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□○実験の内容内容はいたって簡単です。対象となった地区に対して全員に月に10 [続きを読む]
  • 人生最大の危険は、自分のことだけ考えること
  • リンクより*******************************医師、保坂隆氏の心に響く言葉より…《人生最大の危険は、自分のことだけ考えること》(アルフレッドアドラー:フロイトの最初期の弟子で深層心理学の巨頭。くる病にかかって身体障害を経験したのをバネに医師に。すべての人間に普遍的に劣等感があるとした)ゆううつ?そんなものはきっと2週間で全快しますよ。処方箋?それは、どうしたら他者を喜ばす [続きを読む]
  • 孤独の蔓延が人々の命を奪う。
  • 人はひとりでは生きていけない。共認動物である人類にとって、共認充足を得られない状況が長く続くことは、生命をも脅かす危機であると認識したほうがよい。『カラパイア』リンクの2017年08月16日記事 リンクより転載******************************孤独の蔓延が人々の命を奪う。孤独感や疎外感は肥満よりも深刻な社会問題(米研究) 孤独感や疎外感はよく取りざたされる肥満よりもずっと深刻な健 [続きを読む]
  • 「徳」は小善の積み重ね〜互いに感化しあう重要性
  •  人(人類)は、極限時代、同じ体験やストーリーを共有することで、互いの思いに触れて、気づき、影響を受け、気づく。そうように、互いに同化(感化)することで新しい道を切り開いてきた。 そして、次の時代が見えない現代も同じ。周囲に目を向け、思いに触れることがスタートとなる。日経コラム 堀 義人*********************************************************「徳」って何だろうか。僕は、分からない言葉に出会うと、 [続きを読む]
  • 実現の時代に入った。先にやったもん勝ちの潮流へ
  • 現代社会は、実現の時代に入った。今迄の常識が東北大地震をきっかけに崩れ始め、今や常識を超えた所にこそ、新しい可能性の多くが潜在的に眠っている。それを掘り起こして、自らの生き方、活力源を転換できるかが鍵になっている。それは、脱常識であり、脱制度の流れでもある。深い不全感や、問題意識を超えて、深い可能性が日本中の若者世代を筆頭に多くの可能性が産まれ始めている。現代社会の行き詰まりと大転換の予感があるか [続きを読む]
  • 既に日本は、資本主義から脱皮しようとしている?
  • さよなら資本主義。日本が「失われた20年」で学んだ意外な経済革命MAG×2NEWSリンク より■地産地消経済の成立条件は今までの資本主義ではなく、地産地消経済システムは、どのような経済になるのであろうか? それを検討したい。■日本の低成長の意味日本は、最先端の経済システムを生む素地がある。1990年代にバブル崩壊して、この25年以上も低成長というより経済規模が変わらないが、その経済内容が変化している国も少 [続きを読む]
  • キリスト教社会に深く刻まれている「労働=苦役」
  • キリスト教の概念に「原罪」があることはよく知られていると思います。手元の大辞林によれば…○原罪: キリスト教で、人類の祖が犯した最初の罪のこと。蛇にそそのかされたイブとともにアダムが神にそむいて禁断の木の実を食べたことが旧約聖書創世記に記されている。アダムの子孫である人間は生まれながらに罪を負うとされる。「人間は生まれながらに罪を負う」って…、誕生すれば「おめでとう」と言われ祝福されるのに、そもそ [続きを読む]
  • 規模を追わず、偉大さを追求する企業
  • テーマ: 成功する話石塚しのぶ氏の心に響く言葉より…2016年2月、米ビジネス誌『フォーブス』は、その100年の歴史の中で初めて「ベスト・スモール・カンパニーズ・イン・アメリカ(アメリカで最も優れた中小企業たち)」というランキング・リストを発表しました。そのリストに掲載された25社は「スモール・ジャイアンツ=小さな巨人」と呼ばれ、「大きくなる」ことではなく、「偉大な企業になる」ことを選んだ会社として紹介され [続きを読む]
  • 小学校の学校公開で目撃した先生の工夫
  • 先日、長男の小学校の学校公開に行きました。学校公開というか、まあ平たく言うと授業参観なんですが、保護者だけでなく近所の人なんかも参観出来るので「学校公開」と呼んでいるみたいです。いわゆるオープンキャンパスですよね。昔はあまり聞かなかった言葉だと思うんですが、最近はこういうやり方が多いんですかね?長男は小4で、3年生からはそのままクラスが持ち上がりになっています。3年からの担任の先生のことをすごく気に [続きを読む]