Mugpy さん プロフィール

  •  
Mugpyさん: あなたが、ここにいてほしい!
ハンドル名Mugpy さん
ブログタイトルあなたが、ここにいてほしい!
ブログURLhttp://mugpy.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文勘を頼りに見て歩いて幸せ探し。お散歩、スイーツ、小説、漫画からアニメ何でもアリで行きましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/08/27 22:51

Mugpy さんのブログ記事

  • 仲川麻子さん「飼育少女」★夏休みは水族館へ行ってみよう!
  • 今週あたりから、子供たちが夏休みに突入ですね。通勤電車でも、リュック背負って水筒斜めがけした子供達見かけてみんな元気で思わずこっちも笑顔になりますが、熱中症にだけは気をつけてね。。。というわけで、夏休みの宿題の王道「観察日記」。ちょうどグッドタイミングで仲川麻子さんの「飼育少女」2巻が出ました。今回も紛らわしい表紙作者の「表紙にたじろがずに買ってください」との言葉、やっぱりわざと遊んでる、、、大事 [続きを読む]
  • 「未来のミライ」★可愛く優しい子育てアニメ
  • 今日も(きっと明日も)猛暑で、映画館なら涼しくまったり出来るだろうと、細田守監督の「未来のミライ」を観てきました。思ったより空いてて、いい席取れて良かったですが、公開早々のこの集客は少し心配。本屋さんで本買ったら、カドフェス連動のブックカバーで可愛い。さすがタイアップもすごい。 色々な見方や評価があると思いますが、私は率直に面白かったし、子供の成長物語、というより、自分が子育てでいっぱいいっぱいだ [続きを読む]
  • 田村茜さん「モブ子の恋」3巻★恋に「このまま」なんて無い
  • 今日も暑かった、、、って定型文のように書いてしまうくらい、今日も蒸し暑かったですねしかもお店の中は冷えひえで、その温度差がまた体にしんどい。(店にいる間は極楽ですが...)そんな蒸し暑さと無縁な爽やかな恋、田村茜さんの「モブ子の恋」3巻お互いを”特別な存在”と意識しながら、僅かに縮まった距離を失いたくないために踏み出せないでいる二人。そんなモブ子にバイト仲間の安部さんが伝えた思い。恋に「このまま」な [続きを読む]
  • コナリミサトさん「凪のお暇」4巻★後ろを向く事の大切さ
  • 連日の猛暑、先日の豪雨で被災された方々や復旧活動で被災地に入られている方々の体調が心配です。そして小中学校も心配。まだエアコン無い教室とかもあって、でも、もうこの暑さが続くと、エアコン設置を義務化しないとダメでしょって思ったりします。流石にこの暑さの中、外に出歩くのもしんどいので、家でゆっくり漫画の本を。コナリミサトさんの「凪のお暇」4巻1巻で凪ちゃんが、エアコンのない部屋に引っ越して、耐えられなく [続きを読む]
  • 今日も東京は真夏の天気
  • 昨日も今日も、青空と蒸し暑い真夏の天気。でも、テレビをつけると、西日本では猛烈な水害。「記録的」という言葉をここ数年何度聞いたことだろう。6月に梅雨が明けてしまったし、明らかに気候の様子が昔と変わってきている。世界的に、地球との向き合い方を替えていかなければいけない時期なのでしょうね。でも、その前にまずは、被災された場所、今も危険に直面している方々の生活が、早く穏やかなものに戻りますように。世田谷 [続きを読む]
  • 父の日
  • 明日は父の日ですね。私の父は、私が幼い頃に他界してしまったので、父の日に何かプレゼントして、父が喜んでいる姿が記憶にない。それがとても残念です。大切な人からプレゼントをもらうというのは、とても嬉しい事だけど、プレゼントを渡せる大切な人がいるというのもとても幸せな事なんだと思ったりします にほんブログ村 [続きを読む]
  • 憂鬱な毎日をハッピーに!★志村貴子さん「ビューティフル・エブリデイ」
  • 復帰早々、マンガの話ですみません。でも、待ちに待った一冊なので志村貴子さんの「ビューティフル・エブリデイ」爽やかなタイトルと、爽やかな表紙。でもそれに騙されて?はいけません。内容は、うわ、志村貴子さんだです。単行本の帯に大きな文字で書かれたセリフが凄いです。カバーしないと電車の中で読めません。(思わずモザイクかけてしまった)裏側の帯のセリフもすごいです。(中身はそんなシーン全く無いんですけどね)そ [続きを読む]
  • あれからのこと
  • 前の投稿が1月2日で、それか5ヶ月も過ぎてしまいました。正月ボケが抜けきらないうちに、突然の再度病院送り。今回は長期滞在。自力で起きられない状態を初めて経験しましたそして、なんとかGW前に戻ってきて、自宅静養。体は徐々に回復しつつも、心がポキッっとへし折れたまま今月に入ってからようやく普通の生活を少しづつ始められるようになり、仕事も少しづつ再開し、本当にようやくこの場所に戻ってくることができました以前 [続きを読む]
  • 2017年にブログに書かせていただいた漫画たち
  • 今年もなんとかそれなりに過ごす事ができました。数ヶ月ブログを書かなかったりと、かなりサボった一年でしたが、漫画の記事を並べてみると、意外と書いてる。というか、ブログでほぼ漫画のことしか書いていない笑ったり、涙したり、感動したり、感心したり。今年完結だったり、今年から連載が始まったり、読み切りだったり。今年もいっぱいのものをいっぱいの方からいただきました。全ての作品、作家の方々に感謝です。来年もい [続きを読む]
  • 忘れられないコト★優さん「五時間目の戦争」
  • 今年も多くの漫画やイラスト、そして、それらに関係する様々な出来事に接してきましたが、2017年という一年を振り返った時、どうしても脳裏に焼き付いて離れない本があります。優さんの「五時間目の戦争」全4巻。ヤングエースで3年間かけて連載された、優さんの初オリジナル単行本。(先に出版された「おおかみこどもの雨と雪」はコミカライズ作品だったので) まだ暑さが残る9月に、優さんの旦那様のTwitter投稿で、優さんが7月 [続きを読む]
  • 山手西洋館の「世界のクリスマス2017」
  • たまには、漫画以外の話も今年もこの季節がやってきました。横浜山手西洋館の「世界のクリスマス」8つの西洋館が、8カ国のXmas装飾に包まれます山手111番館:フランス共和国横浜市イギリス館:英国山手234番館:アメリカ合衆国エリスマン邸:デンマーク王国ベーリック・ホール:オランダ王国ブラフ18番館:ドイツ連邦共和国外交官の家:ルーマニア山手68番館:ガーナ共和国で、例年通り、すごく混んでたこの時期は、中々人が写り込 [続きを読む]
  • はしゃさん「さめない街の喫茶店」★絶品の絵で、絶品のスイーツを
  • 強い寒気に包まれた冬の日。こんな日は、この本で温かく。はしゃさんの「さめない街の喫茶店」大好きなはしゃさん初の商業単行本。はしゃさんの本を本屋さんで手に取れるなんて、嬉しいわぁすっごくオススメな本です ルテティア第4区にある小さな喫茶店”キャトル”いつもどおりにアパートのベッドで眠りについたスズメちゃんは、目が覚めると、このさめない街に。現実世界で目が覚めるまでの、小さな喫茶店での、しばしの空想の [続きを読む]
  • 「私の少年」4巻★美中学生・真修のかわい優しさがたまらんです
  • 昨日、寒いなーって思ったけど、今日はさらに寒い。。。むちゃくちゃ寒い。朝、車のフロントガラスがカチカチに凍ってた。で、帰宅後に家でぬくぬくと高野ひと深さんの「私の少年」4巻を読む。真修、いきなり”美”中学生です 4巻の冒頭を飾る15話”再開”をブログに書いたの、7月の暑い最中でした。あの時「単行本のお楽しみ」と書いたネタバレ話が懐かしい。ので、コメント欄に書いたネタバレを再掲載いや、もう、真修の”美” [続きを読む]
  • 「ILLUSTRATION 2018」★150の素敵な結晶
  • 今日は寒い。底冷えがしてくる。天気悪かったら雪だっただろうなぁ帰り道、本屋に寄ってILLUSTRATION 2018を購入。2018年版の表紙はloundrawさん。アニメ「月がきれい」大好きでした。 今年も150名のイラストレーターの方々の作品が。デジタルな方も、アナログな方も、様々なタイプの素敵な凝縮されて、毎ページ、魅入ってしまう 毎年、才能と感性と努力に満ちたこの本を見ると、自分も日々頑張ろう!って元気が湧いてきます今年は [続きを読む]
  • 「たとえとどかぬ糸だとしても」2巻★好きな人に必要とされる事
  • 最近めっきり寒くなって、朝起きるのが辛いですが、冬は色々重ね着したりアレンジしやすくて、街の女の子たちの服装も、冬の方が個性が出てる感じがして私は好き今夜も暖かい部屋でのんびり好きな漫画を。tMnRさんの「たとえとどかぬ糸だとしても」2巻半年ぶりの新刊ようやく読めた。 高校生のウタちゃんが好きになったのは幼馴染で、実の兄のお嫁さんの瑠璃さん。というGL本ですが、決して届くことにない糸に絡みとられ、本心を [続きを読む]
  • 田村茜さん「モブ子の恋」★人生は誰もが主役
  • モブキャラmob character英語にすると、あまり良い響きではないですね。背景に描かれる、名もなき人々。そんな目立たない一人の女の子に焦点を当て彼女の恋を描いた田村茜さんの「モブ子の恋」優しい、優しいお話です。 地味で大人しく目立つのが大の苦手な大学生の女の子・田中信子さん。自らをモブキャラ認定している彼女が恋したのは、バイト仲間の入江くん。周囲の目を過剰に気にして、何事も消極的にネガティブに考えてしま [続きを読む]