玄人思考 さん プロフィール

  •  
玄人思考さん: 中学受験 玄人思考のブログⅥ
ハンドル名玄人思考 さん
ブログタイトル中学受験 玄人思考のブログⅥ
ブログURLhttps://ameblo.jp/professionalthought/
サイト紹介文6年目を迎えた中学受験ブログです。 プロの視点から見た中学受験の世界を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2012/08/30 23:52

玄人思考 さんのブログ記事

  • 国語力がない
  • 最近よく目にするフレーズです。「うちの子は国語力がない」「うちの子は国語が弱い」 私の専門は算数・理科なのであまり国語の話題には触れたくないのですが、こうやってブログを書いているとやはりちゃんとした文章を書かなければならないと常々思っているので、語彙や文法には敏感になっています。 「国語力がない」 言いたいことはよくわかります。意味もちゃんと伝わります。しかし、文法的にはどうなんだろう?と思ってしま [続きを読む]
  • シュレーディンガーの受験生
  • 大学で物理学を勉強していると量子力学というのが出てきます。量子力学というのはミクロの世界を扱う理論なのですが、私たちが住むマクロの世界では考えられない不思議な世界なのです。 例えば、一足の靴(左右セット)と2つの箱を用意します。左右の靴をそれぞれ1つずつ、どちらを入れたかわからないように2つの箱に入れます。その一方を1000?くらい離れた場所に持っていったとします。箱を開けるまでは左右どちらの靴が [続きを読む]
  • 山の日
  • 今日(8月11日)は山の日でした。2016年1月1日に施行された改正祝日法で制定された国民の祝日の一つです。ハッピーマンデー制度の対象ではないので、今年は土曜日です。 学生・生徒にとっては8月は夏休みの真っ只中ですから、この時期に祝日があっても別に嬉しいわけでもありません。社会人にとっては11日が祝日、12日が日曜、13日〜16日がお盆休みということで今年は6連休になります。 受験生に休みの日なんて [続きを読む]
  • 塾の先生の「しんでもいいよ!」の一言に生徒たちは・・・
  • 関東や東海の塾では考えられないことだと思いますが、近畿圏の一部の塾では割と日常的に起きている出来事です。 一体どうしてそんなことおきたのかを説明しましょう。 まずは会話を再現してみます。 生徒「先生、この問題できひんかったらしんでもいい?」講師「しんでもいいよ!」生徒「やった〜!」 生徒は大喜びです。何がそんなに嬉しいのでしょうか? 近畿圏の一部と言いましたが、主に京都とその周辺でよく見られます。ご存 [続きを読む]
  • 字が読めない
  • 男子最難関レベルのトップ層になるとわけのわからない奴がたくさんいます。「先生、これ読める?」とか言いながらこんなものを持ってきたりします。 蛞蝓蝙蝠蟷螂馬大頭蟋蟀 そういう読める読めないの話ではなく、ノートの字が汚くて読めないという話です。 みんな授業中は真面目にノートを取っているんです。 ところがあとでそのノートを見てみると、何を書いているのかわからないんです。 それだけ見ると、ふざけているのではな [続きを読む]
  • 今日はハグの日
  • 最近誰とハグした?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう みなさんはお子さんとハグしますか?日本にはあまりハグをする習慣がありませんね。私も日本国内ではほとんどハグをしません。外国人はよくハグをすると言われていますが、それは国によって微妙に違います。誰とでもハグするわけではなく、やはり親しい友人や家族としかしないので、初対面ではあまりハグをすることはありません。初対面だと握手が基本 [続きを読む]
  • 志望校に「灘」と書かないと笑われる話
  • 基本的に塾が志望校を強要することはないんです。塾の都合でここを受けたらどうですかとすすめたり、お願いしたりすることはありますが。 ただ、あまりにも無茶な志望校を書いていたりすると「やめておいた方がいいのでは?」とアドバイスすることはあります。ですが、無謀なチャレンジだからと言って無理やりやめさせたり、怒ったりすることはありません。 なのにたまにこういう事件がおきるのです。そんな話を聞くと、「灘以外の [続きを読む]
  • 志望校を「神戸女学院」と書いて怒られた話
  • 基本的に塾が志望校を強要することはないんです。塾の都合でここを受けたらどうですかとすすめたり、お願いしたりすることはありますが。 ただ、あまりにも無茶な志望校を書いていたりすると「やめておいた方がいいのでは?」とアドバイスすることはあります。ですが、無謀なチャレンジだからと言って無理やりやめさせたり、怒ったりすることはありません。 なのにたまにこういう事件がおきるのです。そんな話を聞くと、「好きな志 [続きを読む]
  • なぜ貧乏人は金持ちに勝てないのか?
  • これは衝撃ですね。 成績の悪い子が成績の良い子に勝てない理由にも共通点があります。 とはいえ、絶対勝てないわけではありません。ではそれがどれくらい困難な道のりなのかを考えてみました。 ただ、成績とか学力というのは不確定要素も多く数値化するのが難しいので、単純なモデルで検証してみましょう。そこで、能力も才能も必要がない単純なギャンブルを例に考えてみます。 サイコロを振って偶数の目が出たら勝ちで賭け金と同 [続きを読む]
  • 「他力本願」の何が悪い?
  • 掲示板やブログなどでよく見かける「他力本願」という言葉があります。内容としては「他力本願ではダメだ」といった「他力本願」を否定する書き込みです。他力本願⇒他人の力をあてにする、他人に依存するという意味で使われているのだと思います。 しかし、この「他力本願」というのはもともと仏教用語で、浄土真宗などで用いられている言葉なのです。他力の”他”とは他人という意味ではなく、阿弥陀如来を指します。つまり阿弥 [続きを読む]
  • 夏期講習 2週目終了
  • 夏休みの約3分の1が終わりました。(兵庫)夏休みの約5分の2が終わりました。(兵庫以外) 夏期講習の授業数でいうと半分が終わりました。これから後半戦に入ります。 2週目が一番きつかったという人もいると思います。そういう人は3週目もきついです。そのあとお盆休みで回復するので、あと1週間耐えましょう。 2週目がきつい理由は単純で、1回目の講義の宿題があるからです。日曜志望校別特訓の宿題もやっておかなけれ [続きを読む]
  • あまりにも辛すぎる 2
  • 辛口ブロガーとしてもっと辛口のレポートをして欲しいという要望がありましたので、辛口第二弾です。暑い日が続いていますが、仕事に空きができたので今回は街に出て辛いものを食べてみようと思い、ちょっと出かけてきました。 まずは普通の餃子とトッポッキです。トッポッキ:日本では”トッポギ”の名で知られる韓国の食べ物。餅を辛いソースで炒めたものです。辛さは(辛口・大辛・激辛・極辛・超極辛)の5段階でいうと激辛で [続きを読む]
  • 夏期講習の裏側の裏側
  • 気づけば8月になっていました。夏期講習が始まってから今まで、あっという間だったという人はあと8月があっという間に過ぎていきます。長かったという人はあと1ヶ月近くそれが続きます。 夏期講習の裏側というネタでこのまま夏を越せるかなと思っていましたが、もうネタが尽きました。まだ8月が始まったばかりだというのに。それなら、夏期講習の裏側のさらに裏側を紹介しましょう。と、思ったのですが、よく考えたら裏側の裏 [続きを読む]
  • 火星大接近
  • 火星が15年ぶりの大接近。なんて言われるとものすごく接近したのかと思うかもしれませんが、その距離5759万kmです。 地球の公転周期 約365日火星の公転周期 約687日 公転方向が同じなので、最も近づくまでの周期、つまり会合周期は次のように計算します。 太陽の周りを1日あたり地球は365分の1度火星は687分の1度その差は1日あたり(365分の1−687分の1)度です。それが360度になるのは、3 [続きを読む]
  • 夏期講習の裏側 その6
  • 受験学年の夏期講習はほぼ毎日ですが、それに対して5年生以下の夏期講習はかなり少なく感じます。これだけ長い休みにも関わらず各教科4回しか授業がないという塾もあるのです。もちろん、夏期講習中も通常授業があるからなのですが、それにしても少ないですね。 昔は各教科5回ありました。夏休みが6週間、その間に盆休みが入るので、曜日調整等の関係で授業は5週間で5回ずつだったのです。しかし、京都の公立小学校が200 [続きを読む]
  • 夏期講習の裏側 その5
  • 夏期講習の時間が教室によって異なる最大の理由それは生徒が移動するための時間なのです。最難関コースを実施する教室は限られています。生徒数が集まらなければクラスが成立しませんし、競争原理も働きません。というのは表向きの理由で、担当講師の人数が限られているからです。最終的に最難関コースは男女それぞれでいくつかの志望校別コースに分かれていきます。各コースで必要な講師数、掛け持ちが可能な人数、その移動時間 [続きを読む]
  • 夏期講習の裏側 その4
  • 夏期講習の時間割をじっくり見たことはありますか?塾によって多少は違うとは思いますが、例えば某塾の6年生の時間割を考えてみましょう。 授業と時間配分が、テスト・解説、講義Ⅰ、講義Ⅱとあって、それぞれ同じ時間になっているのです。また、クラスによって講義の順番が入れ替わったりします。 実はこのような時間配分になっているのには理由があります。 例えば1クラスしかない校舎ではふつう一人の講師がテスト・解説、講 [続きを読む]
  • 夏期講習の裏側 その3
  • 夏期講習のシステムは塾によって違います。夏期中は通常の授業をストップして夏期講習だけをおこなう塾と、通常の授業は継続しつつ昼の時間帯に夏期講習を上乗せする塾があります。前者の場合、夏休み中は夏期講習だけで時間数が多くなるため、びっくりするような受講料になったりします。後者の場合、通常の授業は毎月の引き落としで、夏期講習の分が追加になるので安く感じるかもしれません。もちろん最難関志望と難関志望では授 [続きを読む]
  • 夏期講習の裏側 その2
  • 塾によって夏期講習の内容は違うと思いますが、受験学年で特に最難関志望ともなると毎日朝9時から夜9時くらいまでは塾に拘束されるかと思います。で、盆休みもなく、日曜もイベントなどで埋まっているのではないでしょうか。難関志望だともう少しゆるくなるかと思います。 今回は早朝なんとか特訓についてお話ししましょう。今年は去年よりも時間数が短くなっているようですね。その分だけ金額も安くなっているようです。 内容と [続きを読む]
  • 夏期講習の裏側 その1
  • 世間では夏休みですが、受験生は夏期講習が始まりました。今回は塾の夏期講習の裏側の話を記事にします。 といっても、汚れた塾業界とか、夏期講習の裏ワザとか、本当は怖い夏期講習とかいう話ではなく、塾の講師サイドから見た夏期講習というものを紹介します。 小6の夏期講習ともなると塾によっては朝の9時から夜の9時まで12時間という地獄のような日々が続きます。そんなに勉強させたら可哀想なんて言う人もいますが、中に [続きを読む]
  • 円グラフ
  • 円グラフというものをご存じでしょうか?小学校5年生で習います。”割合”の単元ですね。割合の大きさをグラフに表す方法を習います。 円グラフは1周360度が100%になるように分割しますから、1%が3.6度になります。例えば17%なら61.2度、42%なら151.2度、34%なら122.4度、7%なら25.2度になります。割合(%)に3.6をかけて、それぞれ何度になるか計算するのです。角度が正しくなる [続きを読む]
  • うなぎ絶滅キャンペーン
  • 昨日7月20日は土用の丑の日でした。今年の夏はもう一度8月1日にも土用の丑の日があります。 土用とは立夏、立秋、立冬、立春の直前の約18日間をさします。太陽黄経が27〜45度、117〜135度、207〜235度、297〜315度となる期間です。ちなみに黄経0度が春分。 丑の日とは古来、日付を干支で表す方法が用いられていました。十干 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸十二支 子・丑・寅・卯・辰・巳 [続きを読む]
  • 夏は受験の天王山
  • 中学受験の世界では「夏は受験の天王山」などと言われています。でも、いま一つピンと来ていない人が多いようなので、天王山について考えてみましょう。 天王山のイメージが人によって違うようです。 なんか山登りのイメージを持っている人がいて、この山を乗り越えたらあとは下り坂を降りるだけ、みたいに考えている人がいます。天王山ハイキングにでも行くつもりのようです。 同じように、この苦しい夏を通りぬけたらあとは一気 [続きを読む]
  • 深海魚について考える
  • 「無理して入っても深海魚になる」という都市伝説があります。ですが、その実態はあまり知られていないようです。 今回は深海魚について考察してみます。 深海魚というのは水深200m以上の深海にする魚類の総称ですが、明確な定義はありません。生涯を深海で過ごすものや、成長の過程で生息深度を変えるものもいます。水深200mというのは太陽光が届く限界付近で、これより深くなると植物プランクトンが生息できなくなる深 [続きを読む]
  • エアコン18℃設定
  • 暑い日が続いています。 ① 暑いのでエアコンをつけて寝る② 寒くなって目が覚める③ エアコンを切って寝る④ 暑くなって目が覚める これを2時間サイクルで繰り返して、寝不足で体調を崩しかけている玄人思考です。 さて、こんな暑い夏をどう過ごせばいいのかというと、受験生なら毎日朝から塾に行くのが一番だと思います。ただし、塾は寒いので長袖を1枚持っていった方がいいと思います。 なぜ、塾はそんなに寒いのかという [続きを読む]