玄人思考 さん プロフィール

  •  
玄人思考さん: 中学受験 玄人思考のブログⅥ
ハンドル名玄人思考 さん
ブログタイトル中学受験 玄人思考のブログⅥ
ブログURLhttps://ameblo.jp/professionalthought/
サイト紹介文6年目を迎えた中学受験ブログです。 プロの視点から見た中学受験の世界を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2012/08/30 23:52

玄人思考 さんのブログ記事

  • コメントしづらい原因とその対策と追記
  • 先日アメンバーさんとの会話の中で、「最近全然コメントが付かない」という話題が出てきました。入試が終わって受験ブログを卒業したり、路線変更する人も多いのでブログを書く人の数が減る時期ではあるのですが、目立つブログになるといろいろ叩かれたり、晒されたり、陰で悪口を言われたりするので、更新が減ってきたりアメンバー限定にしている人が多くなった気もします。かといってコメントが多すぎると返信するのが大変になる [続きを読む]
  • 志望校を客観的に考える方法
  • 物事を考えたり、判断したりするときには客観的に考えた方がいいとよく言われます。成功する人は客観的に考えることができる人だという意見もよく見かけます。 ところが、物事を客観的に捉えるというのは難しいのです。何かを決断するときにはどうしても主観が入ります。それを完全に客観的に行うとすれば単なる事務作業になります。 主観的というのは、簡単に言うと自分の意見や感想ですね。あくまでも自分はそう思うということで [続きを読む]
  • 小6 第一回 志望校・併願校選び
  • この時期になると志望校の判定が出る模試を実施する塾がけっこうあるかと思います。時期的にはまだ志望校を決める段階ではないかもしれませんが、模試を受けるとなると志望校を書かなければなりません。志望校・併願校を含めて学校名を書く欄がたくさんあるとかなり悩むとは思いますが、空欄を残してはいけないというのはテストのときの話であって、志望校欄は全部埋める必要はないんですよ。 志望校も日程が被らないようにしなけ [続きを読む]
  • 学校のTragedy
  • 学校の新年度が始まって1週間。受験学年にとってはこれからが大変な1年です。 5年からそのまま持ち上がりならいいのですが、クラス替えとか担任が変わるというのが結構な曲者です。学校の担任との相性が悪いと最悪です。 学校の先生が受験反対派単に反対するだけならまだましですが、ネチネチと攻撃していくるタイプはやっかいです。中学受験のために塾に通う子を執拗に攻めてくる人がいます。 ・みんなの前で私立中学の悪口を [続きを読む]
  • 公立でもいい?
  • 「第一志望の学校がダメ(不合格)なら公立でもいい」なんていう意見をときどき見かけます。特に今年は大阪府立北野高校が洛南を抜いて京大合格者日本一となりました。合計83名(うち現役60名)ですから、そんなに実績がいいのなら公立でもいいのでは?と大阪府民なら思ってしまうところですね。 一体どうして北野高校はこんなに実績を伸ばしてきたのでしょうか? 北野高校出身である橋下徹氏(元大阪府知事・元大阪市長)のお [続きを読む]
  • 無料体験授業 (※広告ではありません)
  • 中学受験業界(近畿圏)は2月から新年度が始まっていますが、学校はようやく新年度がスタートします。この時期に塾を探し始める人もけっこういるのではないかと思います。そこで今回は”無料体験授業”というものにスポットを当ててみましょう。 塾を選ぶにあたって無料体験授業があるかないかは大きな違いだと感じている人も多いと思います。最初から塾を決めている人にとってはあまり関係ない話かもしれませんが。でも、いくら [続きを読む]
  • 過去問の取り組み方に関する相談
  • 「過去問はどのように取り組んだらいいでしょうか?」と塾に相談に行くと「まだやらないでください」と言われます。 自分でやってわからないところを質問に行くと「まだやるな」と言われます。 塾によって、あるいは校舎(教室)や担当講師によっては過去問の質問は禁止だったり、テキスト以外の質問は禁止だったりする場合もあるようです。 基本的に過去問は9月以降にやってくださいと言われます。もっと早く始めたいというと、 [続きを読む]
  • 冠講座、冠特訓、冠模試について
  • 「最近偏差値が上がってきている学校なのに大手塾で冠講座がないのはどうしてでしょうか?」そんな質問を頂きました。※冠講座、冠特訓、冠模試というのは、例えば灘中特訓、甲陽コース、洛南プレなどのように学校名の入った講座や模試のことです。 具体的な学校名で言うと、西大和、高槻、須磨学園などの学校向けの単独コースがないのはなぜかということですね。(※塾によります) 新しく志望校別コースが作られるために必要な条 [続きを読む]
  • タイムマシン
  • もしタイムマシンがあって1年前に戻れたら・・・。 誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか? もし、1年前に戻れたとしたら何をしますか? 受験学年で成績に悩んでいる人ならきっと1年前にもどったら今度はちゃんと勉強するのに、と思うかもしれません。 戻りたくないという人もいるかもしれません。むしろさっさと入試が終わって欲しいと思っている人もいるでしょう。 さて、ここでもう一度よく考えてみましょう。 [続きを読む]
  • 志望校に入るために必要な4つのステップ
  • 問題   象を冷蔵庫に入れるために必要な3つの条件を考えてください。(3分) ネットで検索すると出てくる有名な問題ですが、知らない人はまず自分で考えてみてください。 よく出てくる解答(不正解)・象を用意する⇒当たり前すぎますね。「今何してるの?」「息してる」というレベルです。象はすでにいるという前提で考えましょう。 ・象が入る大きな冷蔵庫⇒これも当たり前ですね。家庭用の冷蔵庫に象が入るわけないです [続きを読む]
  • たった5分でケアレスミスが一切なくなる大技
  • 毎年この時期になるとケアレスミスの話題がどこかから出てきます。ケアレスミスさえなくなれば成績が上がるという魔法の言葉を信じてやみくもに探し求めるたびに出る人たちがいます。どうすればケアレスミスはなくなりますか?という相談を頂きましたのでとっておきの大技を紹介しましょう。 ケアレスミスというのは本来の実力なら解けるはずの問題を些細なミスで落としているときなどに使われているようです。・問題文の読み間違 [続きを読む]
  • 1日限定無料コメント相談
  • 月日が経つのは早いものでもう4月になりました。そこで当ブログ初の企画としてコメント相談を1日限定でやってみることにしました。 みなさんが日ごろ疑問に思っていることはたくさんあると思います。悩みは人それぞれだと思いますが、中学受験に関しては最終的に入試を受けるということでほぼ全員共通しているわけですから、基本的な悩みはみなさんが思っている以上に共通しているのではないでしょうか。 私のところに来る相談も [続きを読む]
  • 壊れかけのblog
  • モスキートーンというのをご存じでしょうか?モスキート(蚊)+トーン(音)という意味ですが、蚊の飛ぶ音ではなく高い周波数(17000Hzくらい)の音のことを指します。日本語ではモスキート音などとも言います。 高い周波数の音って、年齢とともに聴こえなくなるというのを知っていますか? 40代になると体のあちこちに不具合が発生します。 例えば、近くのものが見づらくなったりしますね。焦点距離が年齢とともに長くなってい [続きを読む]
  • 処理速度2018 その5
  • どうやったら処理速度が上がるのかを知りたい人もいると思いますが、やり方がわかったからと言ってそんな簡単にできるようになるというものでもありません。かといって特別な勉強方法が必要なわけでもありません。塾で言われた勉強方法を忠実にやるだけでいいのです。塾では宿題をしっかりやるように言われているはずですね。それをちゃんとやるだけで十分処理速度は上がります。 塾のカリキュラムは入試に必要な単元を繰り返し学 [続きを読む]
  • 処理速度2018 その4
  • 処理速度が上がらない最大の原因は心理的要因ではないかと思います。つまり本来のスピードに対して何らかのリミッターが働いているということです。 例えば車の場合、国産車なら時速180キロ(軽自動車は140)のスピードリミッターがついています。これは設定速度を越えると燃料供給を止めるものなので物理的な要因です。排気量の大きい車やスポーツタイプの車であれば本来のポテンシャルはもっと高く、リミッターさえなけれ [続きを読む]
  • 処理速度2018 その3
  • では、処理速度が遅い原因を考えてみましょう。本来ならもっと速く処理ができるはずのことに時間がかかっているのであればそれは何かが処理を妨げているのかもしれません。考えられる要素はいくつかありますが、そのうちもっとも処理に時間がかかるものが限定要因になっているのでしょう。例えば、集合場所に30分前に着いたのに一人が遅刻したせいで結局時間が足りなくなったり、みんなで歩いたら一人遅い人がいて何度も待たされ [続きを読む]
  • 処理速度2018 その1
  • 成績を少しでも上げようと思って色々考えていくと最終的にたどり着くのはどうやって勉強量を増やすかということでしょう。学年が上がれば嫌でも宿題量は増え、さらに最難関レベルを目指そうと思ったらその倍くらいの宿題量になるかと思います。それだけの宿題をすべてこなそうと思うとかなりの勉強時間が必要になりますし、さらにそれを何回もやり込もうと思ったら時間がいくらあっても足りません。 ところが学年が上がれば学校が [続きを読む]
  • 夏までに志望校のA判定偏差値を越えていなければならない理由 その2
  • 中学受験におけるA判定偏差値というのが曲者なのです。偏差値というと大学受験を思い出すという人も多いかと思いますが、判定の出し方が微妙に異なります。例えば大学受験だとA判定からF判定くらいまであったかと思います。で、A判定ともなれば合格確実ラインで、C判定でも十分合格が狙えるというイメージではないでしょうか。現役生ならE判定でも頑張っていればギリギリ何とかなるかもしれません。 中学受験の場合、多くの [続きを読む]
  • 夏までに志望校のA判定偏差値を越えていなければならない理由 その1
  • 春期講習が始まって忙しくなっている頃でしょうか。6年生でもまだ入試は遠い先のように感じていることと思います。その一方で時間は刻々と過ぎていき、そろそろ夏に向けて考えておかないとならない時期なのです。(最難関志望の場合) よく、勝負は夏からとか、夏は受験の天王山などと言われます。そこで勝負をするためには少なくとも勝負の土俵に立っていなければなりません。最難関志望の場合、夏から志望校別特訓(最難関コー [続きを読む]
  • 本当の実力を知りたい
  • 塾の新学年が始まってから1ヶ月半ほど経ちました。新入塾の人もいいかげん塾のペースにも慣れてきたころだと思います。もう1年以上通塾しているという人でも学年が上がると科目が増えたり難易度が上がったり宿題量が増えたりしてペースが乱れますが、さすがにもう3月ですからいつまでもそんなことを言っていられません。でも、ひょっとしたら学力テストの成績が却ってくるたびに一騒動という人もいるのではないでしょうか。一喜 [続きを読む]
  • アメンバー申請について (2018年)
  • 最近アメンバー募集というのを全くやっていなかったことに気づきました。申請もたくさん来ているようですが全く見ていませんでした。というわけで改めてアメンバー申請に関するお知らせをします。 アメンバーとはAmebaブログの機能(サービス?)の一つで、アメンバー限定記事というのがあります。限定記事を読むにはそのブログのアメンバーにならなければなりません。アメンバーになるには希望者がアメンバー申請をして、ブ [続きを読む]
  • 公開テストは難しかったのか?易しかったのか?
  • 塾によって名称は異なりますが、月に1回行われる実力テストの一種です。塾生だけではなく塾外生も受験可能なため公開学力テストとか公開模試などの名称のものが多いです。原則(建前)として小学校の進度に合わせているので、小学校で未習範囲の単元からは出題されないことになっています。ただし6年生になるとそういうわけにもいかないので、塾で習った範囲はすべて出題範囲と考えた方がいいでしょう。 結果が却ってくるのは数 [続きを読む]