すらん さん プロフィール

  •  
すらんさん: 輪ゴムの跡にご注意を
ハンドル名すらん さん
ブログタイトル輪ゴムの跡にご注意を
ブログURLhttps://ameblo.jp/red-call/
サイト紹介文毎日詩や小説のための素材のような作品を更新しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供374回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2012/08/31 12:12

すらん さんのブログ記事

  • bed
  • あなたの髪が柔らかく肌離れしてゆく夜明け心が遠ざかる事無いよう小さく唇噛む2人の鼓動が重なる一夜の約束が永遠にいちばん近くそして限りなく遠いわかりきってる切なさに肌をこすりつけて [続きを読む]
  • talk
  • 記憶の底に触れるそんな言葉は身体から身体まで旅を重ねるあなたとわたしを行き交う言葉が寂しさ連れていないように [続きを読む]
  • 心音
  • 安心する速度が違うんだ不幸せってわけじゃない強がりに聞こえたかいまるでそうかもしれない、か [続きを読む]
  • 小舟
  • 罪に濡れよう奥底にまで沈んでゆくんだいつかは叶う恋信じるだけでいい [続きを読む]
  • くちびる
  • 淋しさにあてはめる言葉などはない切なさに間に合わす鼓動があるならばあなた以外に何もないあなただけの私をあなたが嫌って居るけれど [続きを読む]
  • 無題
  • 渇きを引っ掻くようにお楽しみの時間があるなら喜んで期待通りに私は乱されるだろうそのあとかじるセブンスターがのどに張りつくだけだとしても [続きを読む]
  • あなたの匂いを形見のように私の身体に置いて例えば離れても2人で居られるひとつの夜と2つの朝がふたりの距離燃え上がるだけで一度ずつ新しい恋みたいに過ごします切なさなんてどこかで忘れてきた [続きを読む]
  • 手首-fiction-
  • これ以上無い哀しみに染まった訳じゃないのにまるでこの世でいちばんかなしい気がして涙がとまらないとまらない涙中で柔らかく動く血管を引っ掻くわたしは自分がかなしいと安心して周りを簡単に悲しませてしまう毒なのだろう [続きを読む]
  • 無題
  • 月に影が沈む僕の淡い期待を塗りつぶしてゆくように舟はまだか?欲しいものはひとつだけじゃ無い [続きを読む]
  • セロファン
  • 途中までで終わりにすればまた続きがあるようで肌に食い込む爪を外して何も無かったみたいに笑う欲しい分だけ手に入るそんな恋じゃなかったね [続きを読む]
  • face
  • 皮膚からあなた以外の全てを剥がしてあなただけの私になっても私だけのあなたにはならない重なり合った事実以外に繊細な嘘くらいは必要 [続きを読む]
  • candy
  • いつか捨てるつもりでいるような恋だと心のどこかで、そう思うようにしていてそして、もしかしたら叶う恋になるよう祈り罪をセロファンでなんとなく包んだ [続きを読む]
  • 風に煽られ寄せ合う肩許された時間は残り、わずか渇いた鼓動があなたを求めて泣き出すことははじめからの決まり事あなたばかりあなた以外あなただけがあなたさえ私を自由に不自由にします睫毛を濡らす涙に罪が匂うから [続きを読む]
  • 渇いた、
  • 抱かれるだけ抱かれ濡らされるままに 濡れ求めても決してこの手には落ちない愛を罪と呼ばれ私達は涸れながら流されてゆくひとつの小舟 [続きを読む]
  • perfume
  • この街で哀しみを捨てる場所なんてどこにも無いんだとあなたは微笑むこの街の温もりに触れてしまったなら溢れだす涙をこらえきれないのにどうか、どうぞ行かないでどうぞどうか行かないで肌に残る あなたの匂い私の真ん中で涸れてしまえ [続きを読む]
  • 無題
  • もうどこへもどこへも行けないあなたからはぐれた羽根ではもうどこへも行けないからあなたから去って欲しい [続きを読む]
  • nude
  • 快楽に余韻をゆるさなければ道を踏み外すこともなく巡りくるかなしみの深さが小さく済んだかもしれないのにあの日私とあなたはここを望んだ [続きを読む]
  • タバコ
  • ざらつく舌が快楽の隅々にまで届きながらいちばん欲しい奥底にまでは触れることなく私の孤独を濃くしているの寂しいことが罪みたいに [続きを読む]
  • nude
  • ただ鼓動に触れるあなたの匂いに埋もれ舌先だけでは味わえない愛を知ってそれから簡単に捨てられてもいいそんな嘘で強がる [続きを読む]
  • 不実
  • 心のいちばん奥のシコリに触れるあなたの声はどことなく懐かしいです柔らかなとげのように       罪は香る [続きを読む]
  • 未完成
  • あなたの愛撫で魂を抜かれ罪を積み上げ身体が快楽に向かう急かさないで焦らさないで逃がさないで泳ぎ逃がせて体温があなたの匂いに満たせれども私はあなたを離さない [続きを読む]