take さん プロフィール

  •  
takeさん: JM3AVI 山と無線大好き
ハンドル名take さん
ブログタイトルJM3AVI 山と無線大好き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jm3avi
サイト紹介文山に登ってアマチュア無線やってます。山ラン(山岳移動ランキング)の活動記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/09/02 06:06

take さんのブログ記事

  • 洲本の低山
  • 2017年10月9日(月) 四国からの帰りに洲本ICで高速を下りて車で登れる山に向かう。先山(448m) 洲本ICの北にある山で山頂には千光寺があり車道が通じている。駐車場に車を置いて石段を登る。山頂の本堂前から430MhzでCQを出すと和歌山市のJE3MLC局から応答があった。境内は広い山頂の仁王門と本堂山頂からの展望三熊山(125m) 洲本市街地の南にある山で山頂には洲本城跡があり公園として整 [続きを読む]
  • 瓶ヶ森林道沿線の山
  • 2017年10月9日(月) 歩いたルート 四国移動最終日は石鎚山の東に延びる愛媛と高知の県境の山を目指す。県境付近を東西に走る瓶ヶ森林道は高知県いの町の町道になっているらしいが、登山者だけでなくツーリングのバイクや展望を楽しむドライバーで賑わっていた。この林道に沿うように多くのピークが並んでいる。 最初に向かった瓶ヶ森(1896m)は自然休養林として整備されていて、広い駐車場やトイレもある。駐車場 [続きを読む]
  • 石鎚山
  • 2017年10月8日(日) 歩いたルート 四国移動二日目は、今回の主目的である石鎚山に登る。ロープウエイの始発時間に合わせて下谷駅に向かうが到着した時には既に駐車場(日帰り700円)は相当混んでいた。登山準備を済ませてロープウエイ乗り場へ。今日の始発は7時40分だが乗車待ちの列も出来ていて臨時便が出ているようだ。往復チケット(1,950円)を買って8時5分発のロープウエイに乗り山頂駅へ、ここから登 [続きを読む]
  • 四国移動初日
  • 2017年10月7日(土) 三連休は天気が良さそうだったので石鎚山と周辺の山で山ランをしようと四国に向かう。土曜朝に自宅を出発。朝から天気は回復する予報だったが、中国道を西に向かっても弱い雨が断続的に降っていた。岡山に入った頃ようやく雨も止んで山ランへの期待が膨らむ。始めて通る瀬戸大橋で四国に入る。長吾山(152m) 香川県坂出市の府中湖の西にある山。山頂付近まで車道がありそうなので行ってみた。車 [続きを読む]
  • 浅間山の外輪山に登る
  • 2017年9月25日(月) 歩いたルート 移動最終日は浅間山に向かう。浅間山は火山規制で本体の山頂に登ることは出来ないが、現在は噴火警戒レベルが2となっており前掛山にも登れない。このため山ランのポイント稼ぎで、外輪山を歩くことにした。登山口は高峰高原の車坂峠で標高は1973mとなる。おしゃれなカフェもある高峰高原ビジターセンター県境の車坂峠登山口で火山情報を確かめる 峠の駐車場に車を停めて登山口を [続きを読む]
  • 四阿山と根子岳、おまけに日本ダボス
  • 2017年9月24日(日) 歩いたルート(四阿山から根子岳) 移動二日目は四阿山(あずまやさん)に登る。登山口としたのは長野県側の菅平高原。牧場手前の料金徴収所で一人200円の入山料を払う。到着した8時45分には既に第一、第二駐車場は満車で第三駐車場に車を停めた。登山準備をして四阿山登山口に向かう。牧場の境界に沿って登る登山道は最初のうちは泥濘の多い道だった。その先は笹の多い道を緩やかに登って行く [続きを読む]
  • 横手山と志賀山ほか
  • 2017年9月23日(土) 歩いたルート(横手山) 長野県と群馬県の県境に位置する横手山(2307m)は冬はスキー場となり、若い頃には毎年のように訪れていたがこの季節は初めてである。国道292号の渋峠から山頂まで車道が通っているが、事前のネット検索ではこの道は関係者以外は通れないことがわかっていた。時間短縮もかねて渋峠から夏山リフトに乗る。片道500円のリフトで山頂へ。少しだけ歩くと横手山神社と三 [続きを読む]
  • 草津白根山
  • 2017年9月23日(土) 歩いたルート 前夜京都を出て上信越道の松代PAで仮眠し、翌朝高山村から万座温泉を経て白根山に向かう。群馬県は濃霧注意報が出ていて途中の道路も視界が悪かった。白根山は今年6月までは噴火警戒レベル2で駐車場なども閉鎖されていたが、3年ぶりにレベル1に引き下げられて遊歩道を歩くことが出来るようになったようだ。 8時過ぎに駐車場に到着。駐車場の係員はまだおらずそのまま入る。まず [続きを読む]
  • 奈良の低山を三つ
  • 2017年9月18日(月) 台風一過の祝日、9月の山ランをやっておこうと奈良に向かう。当初予定していたのは奈良市都祁の小川口岳ほか。しかし、「はやまの森 野営場」から山に入るとすぐに松茸山入山禁止の標識があり諦める。付近でほかに三座予定していたがどこも同じかも知れないと急に気力も萎える。小川口野営場にあった立入禁止の標識 しかし、折角奈良まで来て山ランをやらずに帰るわけにも行かない。王寺町方面で [続きを読む]
  • 常念岳へ縦走
  • 2017年8月28日(月) 歩いたルート 蝶ヶ岳ヒュッテの朝食は5時30分から。しかし4時過ぎから周りが騒がしくなり4時半頃起き出す。小屋の外に出て見ると朝食は弁当にしたのか朝食前に出発する登山者も多いようだ。今日の日の出時刻は5時16分、小屋前でしばらく様子を見るが雲がかかって太陽を見ることは出来なかった。急いで朝食を食べ5時50分に小屋を出発する。空には雲がかかっているものの今日も穂高方面の展 [続きを読む]
  • 蝶ヶ岳と長塀山
  • 2017年8月27日(日) 歩いたルート 天気の安定しないこの夏はなかなか山行き出来ずにいたが、好天の続きそうな予報をみて蝶ヶ岳から常念岳への縦走に行くことにした。土曜の夕方京都を出て安曇野の道の駅「ほりがねの里」で車中泊する。翌朝は空が白み始めたので起き出して登山口の三股に向かう。途中すれ違ったタクシーの運転手が、奥の駐車場は一杯なので手前の臨時駐車場に停めるように教えてくれる。5時40分に着い [続きを読む]
  • 朝来市の粟鹿山
  • 2017年8月13日(日) 歩いたルート お盆の墓参りに丹後へ行ったついでに朝来市の粟鹿山に登ってきた。粟鹿山(962m)は朝来市と丹波市の境界の山で、山頂には多くのアンテナ施設が建てられていて遠くからでもよく目立つ山である。山頂まで管理用の舗装路が延びているが、たぶん入口辺りで封鎖されているのか車で登れるとの情報はなかった。ネットで探した登頂記を参考に北麓の山東町粟鹿集落から登ることにした。 登 [続きを読む]
  • 和泉山脈で六座
  • 2017年8月6日(日) 歩いたルート 8月最初の山行きは大阪と和歌山の府県境にある和泉山脈の山に向かう。和泉市父鬼町から国道480号の旧道に入る。この道は始めて通るが、幅員が狭くカーブの多い道で離合できる場所は限られている。トンネルが出来るまではこんな道を通っていたのかと感心しながら上り、鍋谷峠から府県境沿いに付けられた舗装林道を走って三国山に向かう。地理院地図の三国山は885mのピークとなって [続きを読む]
  • ?の鼻ガ岳
  • 2017年7月2日(日) 歩いたルート 滋賀県日野町の?の鼻ガ岳(508m)に登る。山の西にある鎌掛峠に車を置いて林道を緩やかに上っていく。地元小学校の学校林を左に見て林道を進んで行くと途中から作業道が付けられていて、その取り付きに「宝殿ヶ岳(地元での山名)」の朽ちかけた標識があった。左側の林道を入る林道から?の鼻ガ岳広い林道を進む手入れされた学校林作業道取り付きの標識 ここから作業道を進むが途中 [続きを読む]
  • 仙ヶ岳と宮指路岳を周回
  • 2017年6月11日(日) 歩いたルート 梅雨に入ったとたんに長い中休みが続いているので、天気の良いうちに山に行こうと考えて鈴鹿の仙ヶ岳と宮指路岳をめざす。昨年9月に野登山から仙ヶ岳を目指したが、天候が悪くて野登山だけで断念した。今回は小岐須渓谷からの周回コースを選んだ。 鈴鹿ICを下りて狭い道を小岐須渓谷へ。キャンプ場を過ぎると道は更に狭くなり、始めて通るので心細くなりながら終点に向かう。林道の [続きを読む]
  • 鳥越山
  • 2017年6月4日(日) 歩いたルート 金糞岳から下山後、可能ならチャレンジしようと思っていた鳥越山(1074m)のピークを目指す。事前にネットで登頂記を探したが、積雪期に南麓の甲津原から登った記録の他に見付けることが出来なかった。地理院地図では鳥越峠からも道があるようなのでこのルートを試してみることにした。鳥越峠から取り付きを探すと、法面の左端に踏み跡が見えたがすぐ先が深い藪で簡単には入れそうに [続きを読む]
  • 金糞岳から白倉岳へ
  • 2017年6月4日(日) 歩いたルート 先々週に続いて伊吹山地を目指す。今回は金糞岳から白倉岳の縦走を計画した。登山口は鳥越林道沿いに何か所かあるようだが、山ラン登山で出来るだけ安直に登りたいため、今回は最も山頂に近い岐阜県側の坂内登山口から入ることにした。 北陸道を今年3月に供用開始された小谷城スマートICで下りる。ナビの地図が対応していないため、何となくぐるぐると大回りさせられた感じがしながら [続きを読む]
  • 伊吹山北尾根
  • 2017年5月21日(日) 歩いたルート 滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山は滋賀県の最高峰であるが、この伊吹山から北に向かう県境尾根筋に地理院地図には名前が載っていない山ラン有効のピークがある。今回は国見峠を起点に国見岳(1126m)、大禿山(1083m)、御座峰(1070m)をピストンするルートを計画した。 国見峠へは岐阜県の国見岳スキー場側と滋賀県の米原市上板並側からアプローチできる。京都在住 [続きを読む]
  • 但馬の須留岐山と進美寺山
  • 2017年5月14日(日) 歩いたルート 兵庫県北部の豊岡市と養父市の境界辺りに位置する須留岐山(するぎやま、449m)と進美寺山(しんめいじさん、361m)に登る。事前の調査では二つの山の間には縦走コースがあり、多くの登頂記が報告されていた。登山口としては、須留岐山には南麓の浅間寺、進美寺山には西麓の赤崎集落が一般的なようだ。ただ、下山後に進美寺トンネルを歩くのは出来るだけ避けたいと思い、縦走路 [続きを読む]
  • 能内山
  • 2017年5月7日(日) 歩いたルート 池原山を下山後、南側の雲洞谷と能家の間にある能内山(610m)に登る。地図を眺めながら考えていたルートは山頂から北に延びる尾根で、この尾根が最も傾斜が緩やかで登りやすいのではないかと考えた。しかし、雲洞谷から入る林道は取り付きに通行止の看板があり、とりあえず田んぼの中の道を進んで見ると橋の手前がネットで塞がれていた。仕方なくこの尾根はあきらめて山の南から西側 [続きを読む]
  • 池原山
  • 2017年5月7日(日) 歩いたルート 高島市朽木の池原山(606m)に登る。登山口は朽木麻生の足谷口で道路沿いに登山口の標識があった。登山口横の路肩に車をおいて登り始める。高島トレイルへの取り付きとなるルートは登り初めからいきなりの急登である。最初の急登を過ぎて尾根筋のルートはやや傾斜が緩やかになってくる。踏み跡はさほど明確ではないが、赤い残置テープを拾いながら尾根道を登って行く。登山口から42 [続きを読む]
  • 久須夜ヶ岳
  • 2017年5月3日(水) 歩いたルート 若狭湾の内外海半島の中央に聳える標高619mの山である。山頂近くまでエンゼルラインが通っており山頂駐車場(展望台)に車をおいて5分でアンテナ群のある久須夜ヶ岳山頂に着く。アンテナ施設に囲まれるように一等三角点が迎えてくれる。430Mhzで敦賀市のJA9FDK局と交信し山ランを終える。なお、エンゼルラインは無料で開放されているが、冬期や夜間は通行止めとなってい [続きを読む]
  • 多田ヶ岳
  • 2017年5月3日(水) 歩いたルート 5月最初の登山はGWを利用して小浜市に向かう。登ったのは多田ヶ岳(712m)。ネットで検索すると多くの登頂記があり、登山ルートも何本もあるようだ。今回のルートは野代コースで、登山口は北麓の妙楽寺となる。寺院の駐車場に車をおかせてもらい林道を進んで行く。最初の分岐は右へ(妙楽寺から林道終点までは標識が少なくややわかりづらい)、獣除けのゲートは今朝は開け放たれて [続きを読む]
  • 津市の尼ヶ岳と大洞山
  • 2017年4月23日(日) 歩いたルート 三重県津市の旧美杉村にある尼ヶ岳と大洞山に登る。以前、倶留尊山や学能堂山に登ったときに眺めていて、いつか登りたいと考えていた山である。尼ヶ岳、大洞山の縦走ルートは東海自然歩道にもなっていて、ネットで検索すると数多くの登頂記がヒットする人気の山のようだ。 登山ルートは幾つも考えられるが、二つの山の間に位置する倉骨峠まで車で登れるとの情報でここを登山口に選ぶ。 [続きを読む]
  • 加西市の寺山
  • 2017年4月2日(日) 歩いたルート 今回の移動の最後は加西市の寺山(123m)。山のある北条町ではちょうど住吉神社の節句祭りの最中で賑わっていた。この山も中腹に水道施設があり、その手前まで車で上ることが出来る。駐車場に車をおいて水道タンクの左側を登り、タンク上部からは藪っぽい斜面を適当に登って行く。駐車場から6分ほどで三角点と古いテレビ共聴アンテナのある山頂に到着。7Mhzで和歌山市のJL3MC [続きを読む]