yokohisa さん プロフィール

  •  
yokohisaさん: 林道タマチャリン
ハンドル名yokohisa さん
ブログタイトル林道タマチャリン
ブログURLhttp://kaettazo.blog72.fc2.com/
サイト紹介文多摩地区の沢をチャリで旅するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/09/02 13:41

yokohisa さんのブログ記事

  • 柏木山ぶらり
  • 随分と長いことブログを放置したままにしてしまった。時間が出来たと言う訳でもないが、見に来てくれている皆さんにも申し訳ないのでちょっくら出かける事にした。前日の晩から明日は何処に行こうと、、、当然何も考えず、午前4時に起床し、出かけるか、否かに大いに悩んだ。まぁ、、取り敢えず、、出かけよう。そう言えば久々のチャリキング!ここは一つ勝負の赤だ!カモーン!レッドフンドウスィ〜〜〜んん????おかしいぞ! [続きを読む]
  • 石老山で山飯!
  • 随分と長くブログを放ったらかしにしてしまった。2017年12月16日10時07分相模原病院にかなり強引に車を停め石老山・山頂へと向かう。参加メンバーはurekkobanana男爵とtoriotorio女史ご夫妻だ!土曜ともなると、、ここの駐車場は直ぐに満車になるようだ!(右側の駐車スペースには空きがあったが、右側は相模原病院来客用で、登山者は左の斜面の下に停める)実は到着した時既に全く空きスペースが無かったのだが、urekko [続きを読む]
  • 麻生山周回3
  • 12時13分山頂のあまりの寒さに耐えかねた我々は早々に昼食を済ませ撤収することにした。下山ルートは金比羅尾根を目指し日の出山方面へと向かう。すると往路で登ってきた先へと通じる三叉路へと出た。指導標を日の出山方面へと進む。麻生山への道程は整備も行き届き、初めて行く人でも迷う事はまず無いだろう。金比羅尾根を日の出山へと向かう。この道は過去に何度もチャリで走ってきた。(と言うより、歩くのは今回が初めてだが、 [続きを読む]
  • 麻生山周回2(麻生山山頂へ)
  • 登山口から僅か20分我々はタルクボ線交差地点へと到着した!10時48分此処から先はかなりノンビリ登っても昼飯時には山頂に辿り着くだろう!タルクボ線から再び登山道へと入る!5年ほど前に訪れた時はこの先のクリタ迄行って引き返した!タルクボを横断した後は、登山道も幾分緩やかになり、この先に滝は存在しない!相変わらずタルクボ手前の道程と、タルクボ横断後の道程では圧倒的にこちらの方が地味だ!!ここからクリタ迄はこ [続きを読む]
  • 麻生山周回
  • 半年ほど前にボラザぢぃさんのブログに麻生山の画像がUPされていた。それは私が思い描いていた麻生山の、これ、、行ってもしょうがねじゃん!的な鬱蒼とした山頂ではなく、306度とまではいかないが都心側の景色を一望出来る実に素晴らしいものであった。気になりつつも、半年ほど歳月が経過した頃、696さんから麻生山登山への誘いがあった。冬の寒さとチャリ漕ぎの面倒くささに負け、チャリは断念し車で出発!10時15分に集合場所の [続きを読む]
  • お絵描きに夢中
  • 中々寒くてチャリに乗るきもしない、、。で、ブログはって言うと、、最近金にもならぬことに、なぜこんなにも力を注いでいたのか?自分でもよく分からぬ程に振り返った5年間は意味不明!で、、多少金になればと自身のWebサイトやら、インスタやら、Elloやら、.pinterestにpixivも日々更新!で、新たに初めたサイトからの依頼は無く、相変わらず10年前に作成したサイトからの依頼ばかり、、ま、新しいサイトはこの先3年は更新しまく [続きを読む]
  • 緑と道の美術展 in黒川2017
  • 近所のよこやまの道から黒川辺りで緑と道の美術展 in黒川2017なるものが開催されている。あえてこの場所に日没間近に行ってみた!今回紹介するスタート地点はこの辺り!この場所からよこやまの道に向かって森の方に突き進んだ! 尚、ここから先にの紹介する作品の数々は、緑と道の美術展のごく一部に過ぎないいったいどの位の範囲に美術作品が展示されているのかは、私自身イマイチ分からなかった。気になる人は出かけてみてくれ [続きを読む]
  • 多峯主山から御嶽八幡神社〜下山へ
  • 多峯主山山頂で久々の山ら〜を堪能した私は御嶽八幡神社へと向かった。飯能アルプス登山オフ以来の多峯主山!楽しませてもらったぞ!5分程度で、、先程の御嶽八幡神社分岐へと戻り、鬱蒼とした植林帯の階段を登る。どことなくこちらもマイナー臭が漂っている気がするのだが、、、おおっ!何だか視界が開けてきたぞ!!すると、、あっという間に御嶽八幡神社へと到着した!マイナーどころか、、素晴らしく整備されている!しかも雰 [続きを読む]
  • 多峯主山
  • 前回の龍崖山は4度のパンクに見舞われ近場であるにも関わらず、浅間外輪山以上にやられるチャリ行であった。と言うのは、4年ほど前から愛用しているシュワルベのマラソンタイヤに必要以上の重労働を強いられたのだ!シュワルベのマラソンタイヤ!このタイヤ、たしかにパンクはし難いのだが、いかんせんゴムが硬い!チューブ交換の際に力いっぱい外そうとしても簡単に外れない!もう指がぐねんぐねんになりそうなくらいに外れない [続きを読む]
  • ICOSからPloom TECHに変えてみた!
  • 行きつけのタバコ屋のおっちゃんに勧められて一年ほど愛用したICOSからPloom TECHに変えてみた。本体はこんな感じでかなり細い!一回の充電でタバコ一箱分吸えるが、、、吸いまくると一日持たない、、、更に充電完了に1時間かかる。(充電中に吸いたくなり何度コンセントから引っこ抜いた事か、、、)ICOSフォルダーの調子の悪さに嫌気がさし7月下旬から都内でも発売開始されるPloom TECHに変更し2週間余りが過ぎた。という事で、 [続きを読む]
  • PCの買い替え
  • 4年程使用していたIvy Bridge世代の自作機が最近色々と挙動不審にになってきた。12G程メモリは積んでいるものの、気がつけばメモリ使用率が80%を越えかなり重要な作業中に何度かブラックアウトに陥った。思えば、今のマシンはNehalem世代の最初のi7機を自作して以来故障箇所の交換を重ね、騙し騙し延命してきた物だ。最も古い部品のハードディスクは10年近になり、一番新しいCrucial製のSSDは2年近く前に購入したものだ。調子が悪 [続きを読む]
  • 龍崖山ぶらり
  • 一ヶ月以上ベランダに放置したままのチャリに跨って出かけた。空気を入れ錆が出始めたチェーンに油を射し9時過ぎに出発した。さて、、何処へ行こう、、、近場での新規の探索は完全にもう不可能だ!ならば気軽に行けるチッコイ山の山頂でラーメンでも食って帰ろうか、、、。自宅を出て100mで異変に気づいた!前輪が滑る!!!おやっ!空気が抜けてるじゃねえかっ!さては、、バルブの閉めが甘かったか??家に戻り、空気注入!! [続きを読む]
  • 浅間外輪山周回8(黒斑山からの帰還)
  • 15時40分黒斑山から一旦トーミの頭を目指す。あと少しで、本日の午前中に訪れたトーミの頭だ!振り返れば浅間山ほんの少し前まであの麓にいたのが信じられない程に遠のいてきた!そして再び樹林帯へ入る。雨粒に抉られた水路の様な道を歩くと、、その先は石畳の道になっていた。路面の土の流失を防ぐための処置なのだろうか、、。先頭を歩くまあもさんにも幾分疲れが見える!いやぁ〜我々3人本当によく歩いた!おおっ!指導標が見 [続きを読む]
  • 浅間外輪山周回7(蛇骨岳から黒斑山へ)
  • 15時00分蛇骨岳を後に黒斑山へと向かう。すると、、前方を歩いていたナノレカワさんが我々の得意な道になりましたよ!と言った!おおっ!確かに得意だが、、、、暗黒地獄じゃねえか!!!暗黒地獄からは時折麓の斜面が見えたが、樹木に囲まれているからと言って安心できるものではなかった。よくよく見れば足元に生い茂る草は断崖絶壁に生い茂っているだけで、それは正にトラップそのものだった!!霧はますます深くなり、いつ [続きを読む]
  • 浅間山外輪山周回6(仙人岳から蛇骨岳へ)
  • 14時28分仙人岳の頂きに立った我々を待ち構えていたものは完全に霧に覆われた1mmポッチも油断のならない真っ白け地獄だった!!!まじか!これまでの道程でかなり疲れてはいたのだが、、、この天気、、、、さて、、どうしたもんか、、、。嘗てのLadies&Gentleman軍団は既に歩きはじめているこんな所で土砂降りになったら本気でやべえぞ!まあもさんは少し遅れて出発!多分、、岩陰で、、うんPタイムだったのだろう。こちらは [続きを読む]
  • 浅間山外輪山周回5(Jバンドから仙人岳へ)
  • 13時52分遂に恐怖の尾根歩きが始まった!Jバンドを離れた我々が次に向かうのは仙人岳だ!画像は振り返って群馬側!つまり、鬼押し出し側の風景だ!こちらは田代湖側、すなわち北軽井沢!群馬側の風景だ!軽井沢は長野県ですが、北軽井沢は群馬県です!(かなりマイナーです!)前方に見えるゴッツィ岩を登り仙人岳を目指す!尾根歩きになってからの天候の変化が尋常ではない!20分毎に目まぐるしく変わる天候振り返れば晴天 [続きを読む]
  • 浅間山外輪山周回4(賽の河原からJバンドへ)
  • 13時00分賽の河原を出発し、Jバンドへと向かう。この位置からの浅間山もこれで見納めだ!この場所から全くルートが見えないが、、前方に見える草むらを掻き分けて進む様なルートであることが直ぐに分かった。賽の河原に転がる巨石!間近で見ると本当にデカイ!賽の河原にはこの様な巨石がゴロゴロしている。これは、、遠い過去に火口から飛んできた噴石なのだろうか??何てこと無い平坦な場所に設置された注意書きを見るとやはり [続きを読む]
  • 浅間山外輪山周回3(湯の平から賽の河原へ)
  • 11時39分湯の平へと降り立った我々は賽の河原を経由してJバンドへと向かうのであった。湯の平に降りてくれば直ぐに外輪山の全容を眺めながらのコースかと思っていたのだが、、、実は湯の平から賽の河原までは20分ほど時間を要した。その間ずっと森の中を歩くのだが、、、流石標高2000Mの森と言うこともあり陽射しもよく届き非常に清々しい!程なくして前方に唐突にケルンが現れた。最初のケルンを通過すると、、その先は川底のよう [続きを読む]
  • 浅間山外輪山周回2(槍ヶ鞘から草すべり〜湯の平へ)
  • 10時37分槍ヶ鞘を後にした我々が次に向かうのはトーミの頭だ!しかし、、先程までの抜けるような空は何処かに消え浅間山山頂付近には重い雲が立ち込めていた。槍ヶ鞘からトーミの頭を目指すには一瞬樹林帯に入るがその先は直ぐに先ほど迄見えていた急登地帯となる。ほんの一瞬樹木の中を通過するが、、その先には驚くような風景が広がっている!!!これが日本!!!いや!!しかも関東の景色とは驚きだ!!スイスとか、、、じゃね [続きを読む]
  • 浅間外輪山周回オフ(槍ヶ鞘へ)
  • 浅間山 長野県北佐久郡軽井沢町及び御代田町と群馬県吾妻郡嬬恋村との境にある安山岩質の標高2,568mの成層火山。山体は円錐形でカルデラも形成されており、活発な活火山として知られる。浅間山と言えば1783年8月5日(天明3年7月8日) の大噴火。天明噴火 によって形成された鬼押し出しの風景が地元群馬県民の間ではあまりにも有名だ。7月6日から3日間に渡る噴火で大災害を引き起こした。最初に北東および北西方向(浅間山から北方 [続きを読む]
  • ほったらかし
  • 暑いし新たに行く場所も無いのでイラレとフォトショでお絵描き中だ!勿論これは私のWebsite様に描いているものだが、、、、十何年か前に立ち上げたHPは幾分古臭くなり3ヶ月前にレディース向けの新たなサイトを立ち上げた。嘗てのHPも、当時メンズアパレルの仕事しかしていなかった私に対してネットを介して来る問い合わせは意外な事に00%レディースブランドからであった。あまり女性を描くのは得意ではないが、3ヶ月前に新たなHP [続きを読む]
  • 多摩サイのちょっと良い場所
  • 7月31日関東地方の梅雨明けが発表されて以来芳しくない天候が続いている。本日出かけなくては、暫くの間晴天に恵まれることは無いだろう、、。とは言え、、近場は本当に行き尽くしてしまい新たにブログを書く様な場所は残されていない。実際探索場所を探すのに、google eathを眺めては、見つからない!眺めては見つからない!!全くどうして見つからない!という日々が続いている!という事で、再訪ではあるが多摩サイ終点の羽 [続きを読む]
  • 浅川沿いの用水路
  • 網代弁天山公園からの帰路として秋川街道から川口川に入り、更に浅川左岸を走った。浅川サイクリングロード左岸も随分と整備が進んでいるが、大和田運動場の迂回ポイントはサイクリングロードから一旦チャリを担いで階段を降り、川沿いのダートを走り、再び階段を登りサイクリングロードに復帰しなくてはならない随分と面倒なものである。そこで今回は階段お担ぎを避けるために、大和田運動場手前で住宅街に入り適当に走り、どっか [続きを読む]