ファンクラブコンサルタント中村悦子 さん プロフィール

  •  
ファンクラブコンサルタント中村悦子さん: 人もお金も流れ込んでくる集客術ファンクラブの作り方
ハンドル名ファンクラブコンサルタント中村悦子 さん
ブログタイトル人もお金も流れ込んでくる集客術ファンクラブの作り方
ブログURLhttps://ameblo.jp/kiramamafanclub/
サイト紹介文会社やお店のファンを作る専門のコンサルティング会社を経営しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2012/09/02 21:00

ファンクラブコンサルタント中村悦子 さんのブログ記事

  • 元宝塚の春風弥里さんのプライベートレッスンを受けました。
  • 娘の元宝塚同期の、春風弥里さんのプライベートレッスンを受けました。還暦の赤いドレスを着るために、さんざん筋トレしたので、戻さないためです。その上、もっと細くなれれば、うれしい。 はい、「お腹と、二の腕を痩せたい!!」とお願いして、私だけのオリジナルメニューを考えていただきました。 骨や筋肉の写真見ながら教えてくれるから、すごーくわかりやすい。意外に二の腕が「ふりそで」になっていないことがわかり、よ [続きを読む]
  • 還暦ネイルからの卒業♪爆
  • 還暦ネイルは、還暦パーティーで赤いドレスを着た時に負けないようにとこんな感じでしたが、 パーティー終わったので、普通ネイルへそれにしても、どうして、ビューティー+で撮影すると赤くなるのかなぁ?顔も赤くなります。爆ずっと前に、ネイルにはまってた時に、ネイルオフで、ケガをしたことがあり、ずっとご無沙汰してました。久々にやるとやっぱりいいわぁ。 [続きを読む]
  • 還暦&会社設立10周年&出版パーティー 元宝塚88期の皆様
  • 娘の同期の元宝塚88期の皆様も来てくださいました。向かって左から宙組 春風弥里宙組 綾音らいら宙組 麻音颯斗宙組 葉室ちあ理宙組 真央あきと宙組 蓮水ゆうや月組 羽咲まな 同期といえども、中卒から高卒までの彼女たち。10代から知っているので、結婚してママになっている姿に感激でうるうるしました。 一番遠い子は、九州から来てくれました。小さな赤ちゃんを預けて来てくれた子も居て、PTA代表として感激しまくりでし [続きを読む]
  • 私を世に出してくれた『アメブロ』に心から感謝しています。
  • 今日は4冊目の出版日です。弊社は、Facebookでお仕事が来ております。私はアメブロで世の中に出していただきました。そのことも詳しく書いてありますので、読んでいただけると嬉しいです。 ・・・・ところがなんと・・・アメブロが発売初日に在庫切れそんな馬鹿な・・・と思いましたが、まだ紀伊国屋オンラインには、ありました。https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784426124243 https://www.amazon.co.jp/dp/4426124247/ [続きを読む]
  • こういう人こそ、ファン(応援者)が出来る!!
  • お仕事でインタビューさせていただいたのですが、余りの壮絶で素晴らしい人生に圧倒され、心から熱いものが溢れ出しました。誰も恨まず、人生も投げ出さず、ピアノへの愛を貫いていらっしゃいました。バブル崩壊でご実家の稼業が倒産したため、決まっていたウィーンへの留学を断念。一家は離散し、定時制高校に通いながら、ピアノを8年も持たずに、ピアノを愛し続けた、不屈の精神。音楽大学にいけなくても諦めず、プラハへ留学し [続きを読む]
  • スターはブルーオーシャンで無ければならない
  • スターはブルーオーシャンで無ければならない同じキャラクターの人が居ると、既に居るスターに勝つのは難しくなります。既に居るスターの人の方が、知名度も高く、経験値もあるのでそれを上回るのは、至難の業だからです。 ブルーオーシャンのものは、「認知される(知られる)」までは、手間がかかり、時間が掛かりますが、一旦、認知されれば、ライバルが居ないので、あっという間にスターダムに上ります。 ライバルが多いとこ [続きを読む]
  • 三冊目の本が、アマゾンに入りました。
  • 三冊目の本は、10年やってきた、ファンクラブビジネスの集大成の本です。 ファンクラブやコミュニティーの作り方から、継続していく方法などを網羅しています。ファンクラブやコミュニティーが存続するために、とっても大事な、「スター」のこと、「事務局」のことも書いてあります。 お役に立てると嬉しいです。 [続きを読む]
  • 起業してから私が作った初めてのファンクラブ ゆかい王国
  •  昨日は、鈴木惣士郎さんの「ドリームカレッジ」「WITH」「心美人」の同窓会でした。全国から、40人くらいの方が集まり、親子連れも数組。時間の流れを感じます。  娘のファンクラブは、別にして、起業してから私が作った初めてのファンクラブは、鈴木惣士郎さんの「ゆかい王国」でした。当時、鈴木惣士郎さんの№2だった高井ちゃんが、「ママ、惣士郎さんのファンクラブ、作ってよ」という一言から。そこから、ファンクラブや [続きを読む]
  • 自分の強味やリソースは、自分ではわかりません。
  • 自分の強味やリソースは、自分ではわかりません。スターは目利きの第三者(プロデューサー)がその役割を担うことが多いです。 本人は、自分の良さやリソースが分かっていない場合が多いからです。自分の顔は鏡を見なければ分かりませんものね。 自分の声を録音して聞いてみると、びっくりしませんか?私も自分の声を聴いたとき、自分で聞いている声よりも、低くて驚きました。 人は、「自分はこうなんだ」という思い込みで生きて [続きを読む]
  • 大阪の方、是非いらしてください。
  • 大好きな高橋てっちゃんの奥様のゆうこりんが、素敵なイベントを大阪でやります。是非、いらしてくださいね。 8年ほど前、福島正伸先生の講演をやりました。当時は、女性で開催する人はいなくて、しかも愛を語っていただきました。「福島正伸 愛を語る」 100人集まらないと赤字で、怖かったのを思い出します。でも、仲間に協力してもらって気づいたら120人集まりました。全員からアンケートが集まり、しかもお二人から「死ぬのは [続きを読む]
  • スターの強みをよく知ることが大事。
  • ファンクラブを作るには、スターの強みをよく知ることが必要です。スターの強みを知ることで、ターゲ ットが分かり、ブランディングがしやすくなります。強みを引き出すのは、冷静なプロデューサーの仕事になります。スターの強みは、その人の個性や生き様からも出てきます。よく言われることですが。「あなたはそれを語る資格がありますか?」自分が経験していないことは、いくら勉強だけしても、人の心は打ちません。ましてや、 [続きを読む]
  • 4月20日、三冊目の「ファンクラブビジネス」の集大成の本が発売になります。
  • 4月20日、三冊目の「ファンクラブビジネス」の集大成の本が発売になります。 8年前に、「ファンづくり」や「ファンクラブづくり」を始めた時に、「ファンクラブコンサルタント????」とプッと噴出されたことを思い出し、良く、ここまで来たなぁとしみじみ思います。 一冊目の本は、アマゾン総合二位をいただき、この本は、日本だけでなく、海外からもお客様を連れて来てくれました。 それでも、レアすぎると、増刷が掛かりませ [続きを読む]
  • 最初のご恩を忘れない人はファンが出来る!
  • ある有名な方に「最初のご恩を忘れてはいけないよ」と10年ほど前に言われました。起業仕立ての私は、ちんぷんかんぷんでしたが、しっかり心に刻みました。先日、昔私がご紹介した方とのご縁で素敵な結果が出ましたと、ご報告いただきました。伺ってとっても嬉しかったのですが、「あれ?いつご紹介したかしら?」という私(爆) でも、そんな私のことをちゃんと覚えていてくださったことに、心から感謝!感謝! 最初お会いした時 [続きを読む]
  • 今居ないキャラクターを作る
  • 芸能界のプロダクションの社長に聞いた話ですが、「芸能界に入った時は、社長とマネージャーで、本人の素質やリソースを見て、今居ないキャラクターを作る」ということでした。本人が「清純派」で行きたくても、「グラビアアイドル」に決められたら、その日から洋服・髪型などなど、決められた通りにするのです。もちろん、目利きのプロが決めるのですから、本人のリソースを最大限に引き出すキャラクターにするわけですが今、居 [続きを読む]
  • ファンの定義
  • この頃、「ファン」という言葉をあちこちで見るにつけ・・・気になるのはその使い方です。 私は、宝塚から、ファンというものを学んだので、ファンとは、「見返り」なく、応援するもの。と定義しています。 「嵐」のファンで、見返りを求めたりしますか?? ところが、この頃、「相互支援的な応援してくれる人」のことも「ファン」と呼ぶ人が増え、皆さん、混乱されているのでは?と思える人が散見します。 実際に私も、福島正伸 [続きを読む]