ししまる さん プロフィール

  •  
ししまるさん: やさぐれ会計士の独り言
ハンドル名ししまる さん
ブログタイトルやさぐれ会計士の独り言
ブログURLhttps://ameblo.jp/shimaru08/
サイト紹介文やさぐれ会計士がちょっと斜に構えて、意見しちゃってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/09/03 16:45

ししまる さんのブログ記事

  • 会社を辞めるか指示に従うか
  • 合併等の組織再編行為の際にはそれによりもともとあった立場や処遇が確保できなくなるケースや、新会社の方針に自分を合わせることができず退職する方は多い。 サラリーマンは自分の意に沿わない指示や命令であってもそれに従うことで毎月決まった日にお給料をいただけて、組合や労働基準法等の保護を受けることができる。 一方で個人事業主や経営者は自分の意に沿わないことは拒否できる代わりに、収入を安定期に確保することや契 [続きを読む]
  • 妬み嫉みが怖すぎる。。。
  • 先日、同業者の先輩と会食だった。 先輩は会計士ではあるものの、手広く事業を展開しすこぶる羽振りもいい。 この先輩以外も私の周りの同業者の先輩は皆、先述の先輩ほどではないものの羽振りがいい部類にカテゴライズされる方ばかりだ。 でも、「ししまるくんはそんなに仕事してないのに、やけに羽振りがいいってみんなに言われてるから、気をつけなきゃだめだよ」と先輩から言われ、ちょっと間ポカーンとしてしまった。。。 当た [続きを読む]
  • ハラスメントハラスメントうるさい。。。
  • 新体操の次は重量挙げ、次はどのスポーツ団体がパワハラを告発するのだろう。 ハラスメントはパワハラを受けた側とした側とで対立軸を作るのが容易で、パワハラを下側を徹底的に糾弾するだけでそれなりに数字も取れるし、いいネタであることは間違いない。 それにしても昨今の世の中はいやだと感じたことすべてを○○ハラスメントと称して、それを消しようとする動きが顕著になってきた。 たしかにセクハラやパワハラの中には性犯 [続きを読む]
  • 独立がダメだった時の転職を考えてみた。
  • もう一つ”半分青い”の律くんのはなしを書いてみたい。 ”開発がうまくいかなかったとしたら、大企業とは言えないまでもそこそこの企業に転職できるんやないかと思ってしまう。俺って情けない。”という趣旨の発言をしている。 私は34歳の時に独立しているが、その時に激励会をしてくださった人の中に”もしダメだったら転職すればいい。年齢が上げれば上がるほど転職しにくくなるけど40歳までなら何とかなる!”とおっしゃった方 [続きを読む]
  • あの一言に救われた
  • あと少しで朝ドラが終わってしまう。 大好きな星野源の主題歌を聞きながら朝を迎えるというのはなんとも気分がいいし、ドラマも面白いのですっかりハマってしまった。 さて、今日はヒロインの幼馴染である律くんが大企業を辞め、ベンチャーへの道へと進む回だった。 退職願を人事担当役員らしき人物に出したときに「君のような人材が本当に辞めるのか?」といわれたことについて律くんは「あの一言に救われた」といっていた。 手前 [続きを読む]
  • ヒアリング能力のはなし
  • 今日はクライアントから内部統制監査の立会を依頼されました。 内部統制監査は誰がやっても同じと思っている方もそこそこいらっしゃると思いますが、ツボを押さえたヒアリングができるかどうかによって、いろいろな情報を得ることができます。 このようにして得られた情報は、深度ある財務諸表監査に当然につながりますし、内部統制の構築コンサルなどで使える実務で得られた知識として、会計士としての深みをもたらすことでしょう [続きを読む]
  • 独立してから8年目を迎えます。
  • 久しぶりの投稿となります。 毎年9月1日は私の独立記念日でして、独立してまる7年、8年目に突入しました。 あっという間の7年という気もしますし、まだまだ7年という気持ちといろいろあります。 かつて立てた目標というか計画というのも見直したのですが、開業時点では少々無理な目標設定かと思っていたのですが、今年あと少し売り上げを確保すれば、それも達成しそうなところまで来ました。 ”思考は現実化する”とうナポレ [続きを読む]
  • 独立してまる7年が経とうとしています。
  • ししまるは2011年9月1日に独立しました。 本当は7月1日に独立したかったのですが、在籍していた監査法人のパートナーから第一四半期の決算で担当していたクライアントの引き継ぎをしてほしいといわれ、有給もたくさん残ってることだし、引き継ぎをのんびりやりながら8月、9月と給料もらったら?と言っていただいたので、その申し出をむげにお断りするのもなんなのでその提案を飲むこととしました。 それから間もなく7年が経とうと [続きを読む]
  • ○○ハラスメントに思う
  • ハラスメントは嫌がらせとか、不快にさせることの意味であることは辞書にはそう書いてある。 最近の一連のハラスメント報道に当たって、専門家は”ハラスメントは本人の意図とは関係なく、相手が不快に思ったら成立する”といっていた。 ということは。。。”不快に感じたと”主張すれば、不快に感じたかどうかは本人の主観によるもので客観的には証明できないのであるから、ハラスメントをしたといわれてしまうと、していないこと [続きを読む]
  • クレームを言うなら
  • 普段の生活でクレームを言いたくなる場面に遭遇するものの実際にクレームを言うことはほとんどない。 それは話している相手がクレーム解消のための権限を持っていない場合がほとんどだし、そのような方は言い返してこない可能性が多いからだ。 よく飲食店の店員にクレームをつけているオヤジたちがいるけれど、本当にみっともにない。力もない、言い返せないことを知ってクレームをつけていることが分かるからだ。 ああいう大人に [続きを読む]
  • 可愛げがあるかないか。
  • 今日からチームで仕事をしている。 チームといっても普段は2人だけだが。。。 年上の後輩なんだけど、とにかく可愛げがない。 後輩との仕事が苦痛で仕方がないのだけれど、先輩からのお達しなのでおとなしく仕事をしている。 可愛げがあれば自分で受けきれない仕事とか、独立したばかりだしいろいろ回してもらえると思うけどな。。。 こう思っているのは私だけではなく、他の先輩たちもそうらしい。 かと言って何か一芸に秀でてい [続きを読む]
  • 特殊会計のはなし
  • 今年は医療法人の予備調査や社会福祉法人の監査に包括外部監査の補助者、さらには会計士でもなかなかお目にかからない業界の会計にかかわったりと特殊会計にどっぷりつかっております。 会計という枠からすると大きく変わるわけでないのですが、収益認識の視点や勘定科目も新鮮で楽しいものです。 監査自体はリスクが各法人で異なるものの、基本的にやることは同じですが、知的好奇心をくすぐるというか、視野が広くなったと感じる [続きを読む]
  • 本に載ってることも大事ですが。。。
  • 本を読んで新しい知識を得たり、情報収集はとても大事なことだと思う。 でもそれだけではだめで、実務に当てはめてみるとどうなるかな〜っていう視点がないと、クライアントが感じる意義はうすいでしょうな〜。。。 とはいえいつもいつも気の利いたことが言えればいいんだけど、なかなかそうはいきませんな〜。 もっともっとレベルアップしないとな。。。 [続きを読む]
  • FPの節約作
  • ネットの記事を見ていると登場する、家計見直しクリニック的な記事。 個人的にはまったくもって役に立たないのがほとんどで、実践したとしても息苦しく、何が楽しくて生きているのかわからなくなるような記事がほとんどだ。 ”家計再生”とたいそうなことをのたまっているが、その内容のほとんどは日ごろから漫然と消費せず定期的な見直しをすれば事足りることで、何らの先進性もない。 目からウロコ!みたいな再生方法や節約作っ [続きを読む]
  • まっすぐに家に帰るのは難しい。。。
  • 近頃、スポットの仕事もなく定時に仕事が終わることが多い。 定時より早く終わることも少なくない。 まっすぐ家に帰ってジムに行くもよし、勉強するもよし、読書にふけるのもよし、選択肢は多い。 開業から何年もネオン街で過ごしてきた身としてはまっすぐ帰ることにとても大きな抵抗がある(苦笑)。 ムリに飲みに行く必要もないし、お金の使い道はいくらでもあるから使う必要もないけれど、なんとなくプラプラ寄り道してしまう。 [続きを読む]
  • 稼ぐことはとても大切なのですが。。。
  • 私のクライアントに、わずか数年でサラリーマン時代の4,5倍の年収を稼いでいる方がおられます。 やった分だけお金がもらえるのでやりがいが相当あるようです。 稼ぎもいい一方で、忙しすぎてお金を使う暇ものないので、溜まっていくばっかり。通帳を見ては悦に浸っているそうで。。。 何をもって満足感を得るのかは自由ですし、私がとやかく言う問題ではありませんが、あまりに忙しすぎて毎年、体調を崩して入院を余儀なくされて [続きを読む]
  • 社外監査役
  • 今さら感はあるけど、社外監査役ってのはなかなかおいしい仕事だと思う。 月に1回の取締役会と監査役会に出席するだけで、最低に月10万円しかもリスクもほぼないと言っていい。 会社の規模によっては月100万円を超えることも珍しくいないというから、うらやましい限りだ。。。 40代に突入した今、少しずつこういう役職に引っ張ってもらえるような魅力ある会計士になりたいものだと思う今日この頃。 [続きを読む]
  • 結局、不表明か。。。
  • 一旦は意見表明へと動いていたはずですが、結局は意見不表明となるようですね。。。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6246762 この会社の監査対応のひどさは東京にいなくても聞こえてくるくらいなので、相当なものなんでしょうが、そうだとわかっていて監査を引き受ける法人も無責任だと感じたり。 諸般の事情からここしか監査の引き受けが難しかったのかもしれませんが。。。 会社にとっても監査法人にとっても得なことは何もな [続きを読む]
  • そろそろ復活しようかと。
  • メルマガをお休みしてから一年以上たちます。 最近いろいろ思うところもあって、復活しようかと思っています。 私の今度のメルマガは地方の会計士の出口戦略などなどについて書いてみようと思います。 東京とそれ以外ではいろんなことが違い過ぎるので、東京で通用していたことが地方では通用しない、その逆もしかり。 わたしは地方で独立する身からいろいろ提言してみたいと思っています。 とはいうものの、需要あるかな(笑) [続きを読む]
  • 分からないというのも大事ですが。。。
  • 知ったかぶりをしてバレると、クライアントの不信感を招く。 ゆえに知ったかぶりはやめたほうがいい。 一方で、ある仕事で食べていくと決めているのに、その仕事の勉強を怠り、若手に面倒を押し付ける同業者が許しがたい。。。 上場企業の監査をして協会のレビューが入り、改善事項もあるのに、「レビューは頼む、俺わかんないから」とか「行ってもやることがないから。。。」などという発言をしている時点で、サイナーから降りる [続きを読む]
  • 電卓をたたくのが遅くなった。。。
  • 最近、電卓をたたくことが本当に少なくなった。 監査に行って、合計チェックをしていると1回目と2回目が異なるので、3回目をすることもある。 最近はクライアントの質問に文書で回答したり、監査法人の指摘に対する会社側の見解をドラフトしたり、仕組みを作ったり、そのたもろもろをすることが多く、電卓を使うことは少ない。 でも、六法や多くの専門書を何度もよみ、文字に起こし、それをベースに議論を繰り返しながら、最終の成 [続きを読む]
  • ごっつあん会計士から身を守る
  • 今日は後輩から自分は仕事をせずに、後輩から搾取しようとする先輩会計士と同じ現場だ。 なんとなくきて、調書をパラパラして1時間が経過しようとしている。 有報チェックをする側としては調書をパラパラされて、見れないのは作業が単に遅延するだけで、迷惑以外の何物でもない。。。 開業間もないころはそれを知りつつ、でも食べていかねばならないので仕事をやらせてもらっていた。でもその状況から早く抜け出さないと一生搾取さ [続きを読む]
  • 報酬も大事だけれど。。。
  • 先日、税務の依頼をいただいた。 この方は飲食店を営む方でかれこれ5年ほどのお付き合いになろうか。 店舗の移転を機に依頼することにしたそうだ。 私の事務所の報酬はほかの事務所のホームページと比べると安いのだが、信頼関係のある方との契約がほとんどなので、仕事でなくても会うこともあり、そのような方からあんまりとってもな〜と思うし、別に苦にならない。 去年あたりから信頼関係がある方としか契 [続きを読む]
  • スポット収入の割合が減る。。。
  • いやいやこんなに暇な年度末は会計士になってから初めてといってもいい。 監査をしている会計士のほとんどは3月31日は棚卸の立会に行っていることだろう。 私は先週1週間でフルに働いたのは2日程度だ。 それでは私は干されているのかといえばそうではなく、ストック収入を生み出す仕事の依頼をいくつかいただき、今期の売上予算はスポットがゼロという非常に極端な過程をおいてもそこまでの目減りはない。 ス [続きを読む]
  • 報酬ゼロはやってはいけない
  • 7年目を迎えるのに何をいまさらと思われる方もいるかもしれないけれど、私はまだ何件か報酬がゼロの仕事が何件かありました。 同級生とかお金がないとかって言われる方には断り切れず。。。 しかも還付申告の場合、返してもらった税金から回収してもいいのかななんて。。。思ったり。 でも、そういうときのために税務支援があるわけで、本当にカネがないなら無料相談に並べばいいってだけのはなしなんですよね。 あとは苦しいなが [続きを読む]