チョコ さん プロフィール

  •  
チョコさん: それから、
ハンドル名チョコ さん
ブログタイトルそれから、
ブログURLhttp://sh51.blog.fc2.com/
サイト紹介文'11年交通事故で急死した旦那と'13年の父の死を見つめ、生きていくそれからのこと、日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/09/03 20:10

チョコ さんのブログ記事

  • 産まれるの?!
  • 昨日、内診があり「これ来週点滴外したら、緊急帝王切開になる可能性も高いわねー」と先生に言われました。子宮頸管は9mm、子宮口も1cm開いてきているそうです。い、1週間後、産まれるの?!予定日としてはまだ1ヶ月程後のことで帝王切開にせよ経腟分娩にせよ、来月かな〜とのんびりしていてそんな来週末だなんて。まだ新生児の準備はおろか、私自身の産後の準備も揃ってないのにあわわ。急に出産が現実味を帯びてきてどんだけ痛 [続きを読む]
  • 家長と旦那の誕生日
  • 旦那の誕生日は、いつも近くの週末にご実家にケーキを届け、お供えしたり一緒に食べたり当日はショートケーキを家であげたりしていたんだけど。今年は入院中なのが確実でメールで「よろしくお伝えください」と送る位しかできないと思っていました。「今月の旦那さんの誕生日はまだ病院だろ?今年は俺がケーキ買ってお祝いしとこうかと思うんだけど」突然、家長がメールの中で。当日は仕事だから〜と段取りまで伝えられ、いいかな? [続きを読む]
  • 今の気持ち色々
  • 看護士さんを見ているとすごいなって思う。いつも同じ調子で、人と接している事が。妊娠のせい、といったらそうかもしれないけど春頃から月一くらいのペースでまた大泣きしたりするようになった。しかめっ面をしていたりイライラしていたり、不安だったりもちろん以前よりは全然マシになったけどやっぱり感情のコントロールはうまくできなくて閉じこもっておくことは出来る。でも取り繕うのにはかなりのエネルギーを使うから人と接 [続きを読む]
  • 母とお金と
  • 母に「あんたはお金があるから」と、言われたことに何ともショックだった。私のお金というのは、旦那の生命保険の事だ。話の発端は、弟が母が離れた実家を改築すること。それについて少し、母とお金の話をした時のこと。一応うちの家系の家になるわけだし、お金を出そうと思う、と母。実家は5年前に母が何百万かかけてリフォームしたのに弟夫婦はそれをまた壊して全面リフォームをしようとしている。もったいないと思うし、お金が [続きを読む]
  • 名付けについて2
  • 名前を親達だけで考えると偏りそうなので色々と人に相談していた所、某番組の先生が名付けについて語っていたことを教えて頂きました。名前は固有名詞である、と。「固有名詞は意味を持たないが、あるひとつのものを特定して指示する機能がある。ぱっと見た時に誰と特定できない名前を付けることが、固有名詞本来のあり方に即しているのかな」と先生は言っていたようです。非常に論理的だなと思いました。名前は飾りじゃなくて、使 [続きを読む]
  • 名付けについて
  • 子どもの名前、読み方や画数をどこまで気にするべきなのか?私と弟の名前は、父が占い師さんに相談して決められました。それに倣い弟夫婦は響きをまず決め、同じ2代目の占い師さんに相談し、漢字を決めました。結果、名前の響きは可愛いのに漢字の画数が多いです。漢字一つ一つにもしっかり願いがあるのはいいけど女の子らしさや軽やかさを欠いていて、正直ちょっともったいない感じが… 弟夫婦を反面教師に、私は画数に囚われず [続きを読む]
  • リセットボタン
  • 最近、ゲームを発掘しました。旦那の好きな「ゼルダの伝説」というシリーズもののRPG。彼を偲んで4、5年前に買ったものの私は元々ゲーム自体がさして得意でもなく、当時はガラケーで攻略も探せず途中で挫折していたのを思い出し、再挑戦。3Dにもなると視点の切り替えやボタン操作が複雑で、最近の子はすごいなぁと思う。なんて思うと、年とったな感。それでも1ヶ月あれば何とか終わるだろう。旦那もどっかで見てて、楽しんでくれ [続きを読む]
  • 努力すること
  • ぼんやり孤独感で悲観的になっていましたがネットで同じような境遇の方の言葉を読み少し励まされました。 私は1人じゃない。いつも赤ちゃんと2人でいます。自分の不安が赤ちゃんに伝わらないよう私は強くあろうと決めました、だって私は母親なんだから!って。いつも2人というのに、ハッとさせられました。胎動も感じ、心拍もモニターで聞いてもやはり「人間がいる」という実感は無くてまして母親の自覚なんて…私も身ごもった [続きを読む]
  • 向き合う時間
  • 今日の昼に家長と母がお見舞いに来てくれて少し心が落ち着きました。家だと一緒にいる時間は長いけど料理しながらとか、テレビみながらとかほとんどがそういう接し方になってしまう。病院だと、見るテレビもする事もなくて1日の中でほんの短い時間だけどしっかり向き合って対話をする気がする。それがとても濃厚?凝縮?された時間のように感じます。今の私にそれしかないからというのもあるけど…特に家長とは、外食でお酒を飲む [続きを読む]
  • 再入院
  • ささやかな願いが叶わないこと突然生活が変わってしまうこと当たり前と呼ばれる部類のものが突然奪われる事への衝撃にどうも心が弱いです。検査の結果、3mmどころか1cm近く短くなっていました。また即再入院です。子宮頸管っていうのは、いわゆる産道と呼ばれるもので平均3〜4cmあるべき所現在私は1.2cmしかないそうです。もう臨月状態です。日常とか普通とか言われるものへの憧れだとか、嫉妬だとか、後悔だとか吹き出すのが嫌で [続きを読む]
  • 幽霊の夢
  • 産まれた赤ちゃんが男の子であらあら名前どうしようねぇと言っていたらやけに男の子が大きかった。手足が長くて、小学2年生か3年生くらいの姿だった。弟夫婦がお祝いに来てくれたけど「なんか大きい赤ちゃんだね〜」とか言っていて「いやこれ恐らく夢だから!産んだ時の記憶ないし!」と私は冷静に返していて目をやると男の子は部屋の隅にうずくまっていた。これくらい大きいと話せるだろうと「名前は?」と私が聞くと「はるひ」 [続きを読む]
  • ノラちゃんの占領下
  • すっかり家猫と化したノラちゃん。リビングに急遽作ってくれた私の休憩地点が気に入ったようでシーツを剥がして遊びまくった後クァ〜っとあくびをし、時にバリアを張りながら寝ていました。あまりに占領されるので私が使う事がなくなり、撤去。すると今度は私が寝ている布団のマットレスとパッドの間に潜り込みはじめ私はモコモコうごめく場所を避けながら寝ないといけなくなりました。安らかに横にならせておくれ…なに?っていう [続きを読む]
  • 精神ってやつ
  • 今日は妊婦健診がありました。子宮頸管があと3mm短くなったら再入院と言われてしまいました…また短くなっていたらしいです。最近調子が良いと自分では思っていてむしろ安静解除かと期待していたので、ショックでした。ショックでお腹の調子が非常に悪くなり前駆陣痛にも似た変な痛みが出て余計不安になる一方でやめてーって感じの一日でした。心と体ってこんなにも影響するものかと、妊娠してから思います。入院中もやっと苦痛な [続きを読む]
  • ポテ寝のうさぎー
  • うさぎ、ポテっとして寝ます。耳が上がると毎度「うさぎらしくなったね」と言われるうさぎー。丸々としてるけど肥満ではなくこういう体型です。この種はとにかく丸こいのが特徴。この寝姿を見るといつも、平和だなーと思います。 [続きを読む]
  • 子どもに思うこと
  • あっと言う間に秋。旦那の命日も過ぎ、過ごしやすい気候にもなり体調も落ち着いてきたように思います。相変わらずの安静状態でスタバでコーヒーとかマフィンとか食べたい…なんて今まで全く思いもしなかったのに、出来なくなるとしたくなっちゃうもんかな。少しの天邪鬼?これは旦那に似た気がする。赤ちゃんの性別が女の子でほぼ決定なので最近名前を考え始めました。当初周りの人が口を揃えてなぜか「男の子だと思う!」と言って [続きを読む]
  • 6回目の命日
  • 旦那の実家に、行くことができました。家長がお花を抱えてくれて毎年通り、なんとか。久しぶりの旦那家はやっぱり穏やかで、優しくて行くまでの方が泣きそうだった。旦那の遺骨の前で手を合わせた時伝えたい事は色々あったはずなんだけど振り返ると何を言ったのかわからないただ、ただ、静かに膨らむ気持ちですがるような泣きたい思いよりは久しぶりに会えた事への安堵のような何かあったかいものを、もらったようなそんな気持ちの [続きを読む]
  • 誰か助けて、と
  • 自分はいない方がいいのかもしれないそう思い始めると、どんどん辛くなってアレとってとか、コレ運んでとかそういう言葉すらかけるのに躊躇するイライラさせるかもしれないから、話しかけない方がいい相手にされない方が、向こうにとってはいいそう考えてしまうと悲しさや苦しさや色んな負のものが静かに寝転がった体の中に渦巻いてくる何かあったわけじゃない気に止められもしないような些細なことに過敏になってマタニティブルー [続きを読む]
  • モヤモヤ
  • 今日は誕生日でした。昼は家長がリクエストしたトマトパスタを、わざわざソースから作ってくれました。夜は母が食べ損ねた土用の丑の鰻を買ってきてくれました。ケーキもとても美味しくて。吐き気やムカムカのつわりはあるけど、食欲もあるので好きなもの食べられるっていいなーと思います。…でも、やっぱり、寝てるだけの人がいるって負担なんじゃないかなあ。別に、やればできるんだろうけど、あえてやらないっていう人が。私が [続きを読む]
  • 人と自分
  • 人と比べないこと。人と比べて自分を卑下しない人と比べて自分を保とうとしない虚勢を張っても、自信はつかない自分で決めた事だときっぱり言えることいくつあるだろうか?自分で決める。こうなってしまった自分の責任は誰もとってはくれない後悔は、いつまでも続く自分で決めるからこそ、進んでいける。自分の生き方自分らしさそれは誰にも否定されるべきものじゃない自分がどうありたいかそれは自分で決める。ただし、完璧を求め [続きを読む]
  • アイスクリーム
  • 少し早めに、退院する事ができました!自宅に戻っても、安静は変わらないのだけど。まだ有休消化中の家長と、母がサポートしてくれます。家長が一通り家事のできる人で良かった、母が近所で良かった。1ヶ月半ぶりに会ったノラちゃんには「何?!誰?!」という逃げ腰の態度をとられましたが…だんだんと思い出しておくれ。古民家のぬくもりというの?たくさんのしっかりした木に囲まれて、微かに古い木の香りもして古い家はいいな [続きを読む]
  • 小さな
  • 病院から見えました。看護士さんに許可をもらって、30分間ドキドキしながら椅子に座っていました。音も遅れて小さな花火だったけど母と家長も駆けつけてくれてみんなで一緒に夏を見れたことがすごく嬉しかったです。 [続きを読む]
  • 間に合わない
  • まだ入院中です。旦那の法事には間に合わなかったな…昨晩、再度旦那のお母さんには連絡をしまし、すみませんと伝えました。「大切な命を守って」と、お母さんは返してくれました。ただ横になって寝てるだけだけど、私がやっていることはそういう事なんだなぁと改めて思いました。ちょうど出産予定日まで100日も切りました。あと100回くらい寝たら新しい人間がこの世に出現か!と思うとなんだか不思議です。でも今赤ちゃんは [続きを読む]
  • 瀕死のクローバー
  • 庭の手入れ、家長に頼んでいたのですが殆ど枯れてしまいました…畑の方は一緒にしたけど、庭に関しては私の趣味として一任されていて整地などたまに手伝ってはくれるもののあまりの種類の多さに、家長は草と花の区別もつかないまま。本当はあまり水がいらない植物もありたくさん要る植物もあり夏場に弱いやつも、マメな管理が要るやつも急な入院で、仕分けも何もできず飛び出たので事細かに説明してもわからないだろうし、申し訳な [続きを読む]
  • 夏空
  • 点滴がキラキラ光を捕まえて綺麗だなぁと普段は開けないロールスクリーンをあげたら雲の白さに驚きました。この夏空と遠くに聞こえる蝉の声私が感じる、精一杯の夏です。…撮影してから気づいたのですが真ん中らへんの雲、よく見ると左上向きに飛ぶ大きな鳥に見えませんか?力強い翼に、目と、くちばしと、足まで。同じように見えた方は私と心の中でハイタッチ☆ [続きを読む]
  • 406号室
  • 言い損ねていましたが病室の部屋番号、406号室。私の連絡先を知っている方は うん?と思われたかもしれません。実は私と旦那が結婚して暮らしたマンションの部屋番号も、406号室です。私のメアドは、その部屋でネット回線を引いた時に2人で「この部屋からワイワイ楽しい事が始まるんだー!」みたいな変なノリで決めたアドレスです。回線は解約したので、@以降は変わってしまいましたが…これまたなんの因果なのか私はまた、406号 [続きを読む]