堤防 さん プロフィール

  •  
堤防さん: 会津の自然と汽車
ハンドル名堤防 さん
ブログタイトル会津の自然と汽車
ブログURLhttp://shinanomachi.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文東京から会津若松に転勤になり30数年間眠っていた鉄の血が騒ぎ始めました?!
自由文会津の自然の中を走る汽車の虜になりました!
 C57 D51 C11といったSLに583系と懐かしい主役が会津の山々を走ります。 
 SLばんえつ物語はじめ皆さんの撮影のご参考になればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供328回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2012/09/05 20:03

堤防 さんのブログ記事

  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4下り安座川橋りょう)
  •  野沢の停車で追い越して、次は上りで気になっていた安座川橋りょうで、ちょうど日没の時間です。 今日の1枚   2018/11/4 野沢→上野尻 安座川橋りょう  すると大画像で見ることが出来ます  橋りょうの手前岸辺りは見事な色付きでした。 2018/11/4 野沢→上野尻 安座川橋りょう  すると大画像で見ることが出来ます  野沢付近の阿賀の川支流は、長谷川、四岐川、安座川と深い渓谷になっており、橋り [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4下り山都のSカーブ)
  •  一の戸橋りょうの次は久しぶりに山都のSカーブです。 今日の1枚  2018/11/4 山都→荻野 山都のSカーブ  すると大画像で見ることが出来ます  割と紅葉が綺麗だったので、黄昏にせずに明るく撮りました。 2018/11/4 山都→荻野 山都のSカーブ  すると大画像で見ることが出来ます  お立ち台にはなんとか間に合いましたがが、不思議と一人しかいません。   2018/11/4 山都→荻野 山都のSカー [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4下り一の戸橋りょう)
  •  紅葉ばんえつ物語の下りをすっかり忘れていました...下りは黄昏の紅葉を狙いますが、まずは一の戸橋りょうで夕陽狙いです。 今日の1枚   2018/11/4 喜多方→山都 一の戸橋りょう  すると大画像で見ることが出来ます  一の戸橋りょうの夕陽は少し雲を被り、夕陽にしては赤くなく、シルエットにしては弱いという中途半端になってしまい、ススキを入れて撮ってみました。  2018/11/4 喜多方→山都 一の戸橋りょ [続きを読む]
  • SL現役時代のアーカイブ(宮崎機関区)
  •  1971/12  宮崎駅 C5692   宮崎駅ではC56が入れ替えをしていました。C5692はこの後2回もお召列車を牽引するという幸せな罐です。ブルトレを入れ替えしているシーンも撮ったはずですが... さてC56が入れ替えしている客車はスハフ43ですね。それも純正の1〜3です。大井川鉄道に2が残っていますが、展望車がない「かもめ」用にわずか3両作られ、その後「はつかりに」使われました。編成表で見ると大阪から来 [続きを読む]
  • SL現役時代のアーカイブ(鹿児島機関区(その2))
  •  1972/7 鹿児島機関区 B2010  ようやくB20の写真がありました。3重連の日の前後、鹿児島機関区は開放され近隣の罐が集められていました。既に休車でしたが、この日の為に休車解除で火が入りりました。   1972/7 鹿児島機関区 C11189 C5820 C5739 汚れた写真ですいません。C11189は志布志で日南線を走っていた罐です。C5820は遠江二股から志布志に来た罐で、なんか九州の罐と違いますね。C5739も梅小 [続きを読む]
  • SL現役時代のアーカイブ(日豊本線三重連)
  •  1972/7 日豊本線 国分→霧島神宮 C612+C57199+C5557 鹿児島鉄道管理局が鉄道100年を記念して西鹿児島→都城で3重連が走りました。真夏の暑い日でしたがすごい人だったのだけは覚えています。もうちょっと手前で斜め前から撮った写真があるはずなのですが... 三重連やはりC55まで写したくて、横からになると構図的に上が空いて難しいですね。  1972/7 日豊本線 C612+C57199 三重連の帰りの回送です。C5557 [続きを読む]
  • SL現役時代のアーカイブ(日南線)
  •  段ボール箱にゴミのように入っている写真ですが、すべて線区がわかり分別できてしまったのには驚きましたが、さすがに撮影場所が不明な写真も多いです。当時はトリミングすると高くて小さな名刺サイズの写真も多いです。 1972/12? 日南線 大津堂→油津 C11  前回は日南線の写真はなかったのですが、この1シーンが出てきました。トンネルを出た罐に日が当たってよい感じです。  1972/12? 日南線 大津堂→油津 C [続きを読む]
  • SL現役時代のアーカイブ復活します!
  •  1971/12 佐土原 C6120  11日の日曜日は久しぶりに両親のいなくなった実家に行って、倉庫の整理をしているとSL現役時代メインのフエルアルバムはなかったものの、貼ってなかったゴミ写真やベタ焼きが段ボール1箱出てきました!何故か九州の写真が殆どですが、全廃直前の最後のSLとなった追分の9600の写真も出てきたのが嬉しかったです。なんせ中学生が撮った写真ですから出来よりも懐かしいネタを楽しみたいと [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り塩川)
  •  上りの締めの電化区間はこの晴天ですから飯豊山か磐梯山狙いです。磐梯山はまだ冠雪していないので、美しく冠雪した飯豊山を狙います。 今日の1枚  2018/11/4 塩川→笈川 塩川国道オーバークロス  すると大画像で見ることが出来ます  冠雪した飯豊山は雄大で美しかったです。 2018/11/4 塩川→笈川 塩川国道オーバークロス  すると大画像で見ることが出来ます  飯豊山狙い場所を考えましたが、塩川 [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り川吉)
  •  尾登の失敗の後は一の戸か川吉になりますが、一の戸も紅葉のシーンはなく、川吉に来ました。しかしピーカンの日には川吉はここしかありません... 今日の1枚  2018/11/4 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前  すると大画像で見ることが出来ます  残念ながら川吉の紅葉はまだ早かったです...  2018/11/4 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前  すると大画像で見ることが出来ます  ここの紅葉の盛期は10日 [続きを読む]
  • 北しなの線(2018/11/10講和橋)
  •  10日の土曜日は信濃町も晴れの予報でしたが、朝から雨で結局1日晴れずじまいでした...買い物ついでに紅葉の終期を撮ってみましたが...今日の1枚  2018/11/10 黒姫→古間 講和橋  すると大画像で見ることが出来ます   15時近くになってちょっと日が差したのでここに来てみましたが、あっという間に太陽は雲の中に入り紅葉の色が出ませんでした... 2018/10/13 古間→黒姫 講和橋  すると大画像で見 [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り尾登)
  •  大巻橋りょうの次はいよいよ会津ですが、上野尻で飯豊山を見ると新雪が素晴らしく綺麗だったのですが、残念ながら間に合いません。昨年も撮った尾登のイチョウを目指しますが.... 今日の1枚  2018/11/4 尾登→荻野 愛宕山トンネル手前  すると大画像で見ることが出来ます  イチョウは残念ながらまだ緑で葉っぱが落ちてないために暗くなってしまいました... 2018/11/4 尾登→荻野 愛宕山トンネル手前  新津 [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り大巻橋りょう)
  •  平瀬の次は今日のメインの紅葉を期待する豊実〜徳沢です。やはり大巻橋りょう付近が美しかったのでここにしました。. 今日の1枚  2018/11/4 豊実→徳沢 大巻橋りょう  すると大画像で見ることが出来ます  若干早かったようですがほぼ紅葉の盛期で、静かな阿賀野川の水鏡が素晴らしかったです。青空といい理想的なシーンでした。 2018/11/4 豊実→徳沢 大巻橋りょう  すると大画像で見ることが出来ま [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り平瀬)
  •  京の瀬の次はいよいよメインの山岳地帯に入ります。まずは昨年大人気だった深戸の柿を覗きましたが、今年は1つもなっていません?!深戸はスルーして平瀬に向かいます。. 今日の1枚  2018/11/4 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ  すると大画像で見ることが出来ます  バックの棒掛山の紅葉が美しかったです。私の行った場所の中では最もファンが多く50人以上が踏切付近で棒掛山の紅葉を楽しみました。  2018/11/4 [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り京の瀬)
  •  早出川の次は吉津トンネル飛出しや御前橋りょうも考えましたが、まだ紅葉の盛期には早そうなので、京の瀬の楓を狙いに一気に高速で津川まで来ました。. 今日の1枚  2018/11/4 三川→津川 京の瀬  すると大画像で見ることが出来ます  京の瀬もバックの山は紅葉の盛期でしたが、線路際は少し早かったです。    2018/11/4 三川→津川 京の瀬  すると大画像で見ることが出来ます  ここは上に電線があ [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り早出川橋りょう)
  •  ネタも不足しているのでしばらく紅葉ばんえつ物語撮影記を場所ごとに紹介します。. 今日の1枚   2018/11/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう  すると大画像で見ることが出来ます  早出川の清流は素晴らしく、清流の下の石を強調してみました。 2018/11/4 猿和田→五泉 早出川橋りょう   スタートは早出川橋りょうです。お立ち台には大勢のファンがいましたが、河原は独占でした。今年の春は水量が少なくて水鏡 [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4下り速報版)
  •  下りは野沢あたりで日没になるので黄昏の紅葉狙いですが、色が出るかどうか... 今日の1枚  2018/11/4 徳沢→豊実 大巻橋りょう  すると大画像で見ることが出来ます  下りでも上りで美しい水鏡が撮れた大巻橋りょうにチャレンジしてみました。黄昏にはDE10は目立つので面白いですね。なんとか水鏡も写り上下そろい踏みになりました! 2018/11/4 喜多方→山都 一の戸橋りょう  すると大画像で見る [続きを読む]
  • 紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り速報版)
  •  先月はとうとう行かずじまいで、2か月振りのばんえつ物語になりました。沿線の紅葉の情報はもってませんが11月になったばんえつ路は色づいているのでしょうか... 今日の1枚   2018/11/4 豊実→徳沢 大巻橋りょう  すると大画像で見ることが出来ます  沿線の紅葉はまだ盛期を迎えていませんでしたが、この付近が一番色づいていました。穏やかな秋の日に水鏡も美しく理想的なシーンでした。 2018/11/4 五泉→ [続きを読む]
  • (特集)黄昏を撮る(2018年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 黄昏を撮る  2018/4/8 馬下→猿和田 馬下駅通過  すると大画像で見ることが出来ます 「黄昏」とは日没直後、西の空に夕陽の名残の茜色が残る時間帯です。ばんえつ物語では当然下りの野沢から先辺りが狙い目となります。日没後30分ぐらいは雲の有無等によって素晴らしい黄昏の茜色が演出される時があります。 2016/11/12 野沢→上野尻 上野尻国道オーバー [続きを読む]
  • (特集)川吉の魅力(2018年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 川吉の魅力  2017/11/12 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 上り 川吉の魅力はなんたって連続するS字カーブを爆煙で編成をくねらして走る姿です。いわゆるサミットである慶徳トンネルにむけて4つのSカーブが連続します。川吉の魅力をまとめると (1)なんといっても上りの爆煙(2)連続する4つのS字カーブ(3)踏切付近の桜(4)川吉踏切付近のヤマニンジン [続きを読む]
  • 志賀高原の紅葉
  •  2018/10/28 志賀高原  すると大画像で見ることが出来ます  ようやくタイから帰りました。あちらではトムヤンクンをはじめ辛い物の食べ過ぎと、渋滞の道路の荒い運転で車酔いのような状態が続いていたのですが、日本に帰ったらすぐに治りました。 日曜日は晴天で、志賀高原に紅葉狩りに行きましたが、既にスキー場まで行くと白樺の葉っぱはなく、澗満滝展望台まで戻って紅葉を楽しみました。黒姫山、妙高山は残念なが [続きを読む]
  • バンコクより
  • 出張でバンコクに来ました。昨日は祝日で戦後日本が輸出した罐がバンコクとアユタヤの間で走ったとか。まだC56も保存されているようです。1日違いで残念です。ほんとに今年は罐に見放されています。  にほんブログ村SLへ [続きを読む]
  • (特集)上野尻の魅力(2018年版)
  •  日曜日の朝は長野の我が家は1度まで冷え込みました。半年ぶりの全国的な晴天でしたが、色づいた黒姫山は残念ながら雲の帽子を被っていました。今週は久しぶりの海外出張で当ブログも秋休みをとらしていただきます。撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 上野尻の魅力  2018/5/6  すると大画像で見ることが出来ます 上野尻駅を出てカーブを右に曲がると広い田園地帯に出ます。細田新田踏切付近の畑 [続きを読む]
  • (ニュース)「冬の増発列車のお知らせ」が発表されました
  •  2017/12/2 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリスマストレイン   JR東日本から「冬の増発列車のお知らせ」が発表されました。毎年待ち遠しかった冬臨ですが、今年は... 磐越西線関連ではDLクリスマストレインが12月8、9日に運転されます。昨年までは必ず12月第一週末だったのですが、今年に限って一週間遅くなりました。昨年は11月末のまさかの雪で、雪景色のクリトレも楽しめたのですが、今年はなんせDE10なの [続きを読む]
  • (特集)京の瀬の魅力(2018年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 京の瀬の魅力 2016/10/15 清川小学校踏切 下り  三川駅と津川駅の間の阿賀町京の瀬は、国道49号線のルートが変わってからはどんづまりになってしまい、撮影者も少なく静かに楽しめる場所になりました。阿賀野川沿いの長閑な風景の中に、地元のかたが育てる季節の花もあり楽しめる場所です。この付近は上りも下りも爆煙とまではいきませんが煙が出る場所です。京の瀬 [続きを読む]