ヤマボウシ さん プロフィール

  •  
ヤマボウシさん: 山も星も
ハンドル名ヤマボウシ さん
ブログタイトル山も星も
ブログURLhttp://tukinoboru.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文主に、山と天体写真と猫のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/09/07 21:58

ヤマボウシ さんのブログ記事

  • アンテナ銀河のインスピレーション
  • みずがき湖ビジターセンターで開催されている「星空写真展2018」では、40点ほどある星空写真が鮮やかな色彩の星雲だったり、力強く渦を巻く銀河だったり、また夜空を駆け巡る圧倒的な光量の天の川だったりと人目を引くものが多い中、アンテナ銀河はかなり控えめな印象の写真でした。展示を巡って帰りに写真を受け取りに来た一人の女性が、不意にアンテナ銀河に心を惹かれたと話しかけて来ました。えっと思って動けず、受付で座った [続きを読む]
  • 星空写真展2018 いいねランキング
  • みずがき湖ビジターセンターで開催されている星空写真展2018(4/28-6/30)も会期の半分を迎えました。5月31日現在の各分野ごとの「いいね」ランキングです。 月の部HIMADAWAさんの「2017スーパームーン」は全体でもダントツの1位です。強い!銀河の部コウちゃんさんの「アンドロメダ大銀河」は有名、迫力で安定した人気があります。彗星流星の部ヤマボウシの「ひまわりとペルセウス座流星群」はひまわり畑で点数を稼いでい [続きを読む]
  • 最近のパターン
  • ネタ切れなので、どうかと思いますが近況報告です。週末はみずがき湖ビジターセンターに詰めて、星空写真展の説明をしています。「いいねシール」のトップはHIMADAWAさんのスーパームーンと飛行機が独走、後をコウちゃんさんのアンドロメダ銀河が追いかけています。シールを貼ってくれた人にプレゼントしている写真は、星景写真が人気ですね。人気のプレゼント写真(センター館長のコウちゃんさん撮影)全面結氷のみずがき [続きを読む]
  • M27 亜鈴星雲
  • 形が筋力トレーニングに使う鉄アレイに似ていることから、この名称になりました。今回は晴れると思っていなかったので撮影時間が限られてしまいました。失敗もありたった2枚のみ画像処理しました。少ない時間のものを1枚加算して多段階露光の様にしてあります。なぜか青がやたら写りました。カメラ: Canon EOS 60Da撮影地:  山梨県北杜市撮影日時: 2018/05/22 02:40 +3:40焦点距離: 1650mm鏡筒:TOA150赤道儀:EM400シャッター [続きを読む]
  • 高原にて 晴れた日は
  • 前回の曇りの日から少しして、再び癒しの沢を訪れました。望遠レンズを置いてある場所が平らな岩で、ここに腰掛けボーっとしているのが好きです。まだ流れずに残っていてくれた親子リーフ。鮮やかな緑が印象的でした。川底からあぶくが勢いよく湧き上がって来ます。エネルギーを与えてくれる小滝のパワースポット。小さな生き物たちは会議の真っ最中です。さて、何を議論しているのでしょうか?余りに強いコントラストはダイナミッ [続きを読む]
  • 高原にて
  • どうにも星ネタが無くて困ります。今年は去年にも増して天候不順になるのでしょうか。気晴らしに訪れた高原のひと時をひとつ・・・少し疲れた時、八ヶ岳の清里にある小さな沢に出掛けることがあります。水辺には一人が腰かけられる平らな岩が在って、居心地がいいのです。沢は山から湧き出た豊富な水で勢いが在り、心にエネルギーを与えてくれます。小滝で出来たあぶくが水中を勢いよく浮かび上がってきたり、水面に反射した光が岩 [続きを読む]
  • 太陽観望会in「アストロフェス IN みずがき 2018」
  • 画は2番煎じですが、太陽観望会の様子です。ここでエピソードを一つ。べた曇りでふるわなかった夜の部ですが、一時夕方には木星が観望出来ました。5人の親子連れのお客さんが運良く木星の縞を大きな望遠鏡で見れたのだそうです。そこで普段無口な子供さんが感激してたくさん質問したので、おかあさんはこんなに喋るのは初めてのことで驚いたそうです。きっとこの子の心に生涯この感激が残るのでしょうね。まだ明るいうちですが、私 [続きを読む]
  • M101 回転花火銀河
  • 久しぶりの回転花火銀河です。結構淡いのでじっくり撮らないと中々姿を現してくれません。今の時期、0時近くには子午線付近まで昇って高度が高くなるので旬の銀河です。大きさは月に近い27’、距離1900万光年。撮影日時: 2018/04/21 0:05撮影地:  山梨県北杜市撮影機材: 望遠鏡:タカハシTOA150 (焦点距離1100?) 赤道儀:EM400        カメラ :Canon EOS 60Daシャッター速度: 16分×10枚総露 [続きを読む]
  • 星の名刺作成
  • 最近初対面の方から名刺を頂くことが続きました。しかしお返しする自分の名刺を持っていません。世間にアピールするような肩書も無いので、代わりにオリジナルの星キャラクター付きの名刺を考案しました。星ブロガーのビュールさんやテナーさんの名刺を参考にさせて頂きました。どうでしょうか?表 裏ららちゃんねこ座はへび座とポンプ座の間にあった幻の星座です。考案者は猫好きのフランスの天文学者ジェローム・ラランド。アル [続きを読む]
  • 4月28日の土星
  • 土星撮影第2弾です。どーせ揺れているだろうと思いましたが、前回より少し上空の気流がましなようでした。前回は沸騰したお湯に土星を投げ込んだようでしたから。撮影時の空空が既に白んでいます惑星は空の明るさに強いですね。満月期でも撮れるというのが分かります。満月が怖くないというのがいいですね。まずは下処理です。処理1:Autostakkert3で画像スタック(積み重ね)後の画像画質上位10%のみスタックしました。30%、50 [続きを読む]
  • 土星 初ショット
  • お知らせブログ名を「山も星も」に変更しました。4月26日明け方の空は良く晴れていましたが、シーイング(気流による像のゆれ)は良くありません。月が沈んで40分ほど経過しています。夜明けまでのわずかな時間ですが、南天の空にさそり座が踊っていました。南中前の土星です。撮影時の空処理1:Autostakkert3で画像スタック(積み重ね)後の画像いい画像が少なかったので、画質上位10%のみスタックしました。        処 [続きを読む]
  • 4月23日の木星
  • 引き続きCMOSカメラでの木星撮影です。今回はユラユラと像が動いていたものの割と安定した状態で、瞬間的に縞が良く見えました。Autostakkert3でスタック後の画像RegiStax6でウェーブレット処理後Camera Rawで強調処理した画像撮影日時 2018/04/23 01:36 キャプチャー(録画)2分 画質上位50%を使用。撮影地  山梨県北杜市撮影機材 タカハシTOA150 1100? EM400       ZWO ASI224C テレビューパワーメイト2.5×画 [続きを読む]
  • 木星撮影 初の惑星ショット
  • 今まで星雲や銀河ばかり撮ってきましたが、今年夏の火星大接近に向けて惑星撮影を開始しました。動画から惑星写真を作る為の機材を追加しました。左のシーモスカメラは以前ライブスタックの記事で載せたものです。テレビューのパワーメイトは画像が悪化せず優れものだと思いました。更に動画処理のための画像ソフトをダウンロード。1.Auto Stakkert3 動画ファイルから惑星のスタック画像を生成。2.Registax6 Auto Stakkert3で [続きを読む]
  • 続 桜星景in北杜2018
  • 複数枚コンポジットした日周運動の画像です。撮影日時: 2018/04/07 22:26〜カメラ: Canon EOS 60Daレンズ シグマ FISH EYE 焦点距離: 15mmシャッター速度: 15.0s 絞り: f/2.8 ISO感度: 1600コンポジット41枚 総露光時間10分15秒Stellaイメージ8 PhotpshopCC縦構図でギリギリ北斗七星が入りました。灯りのせいで桜よりもアトリエが主役になってしまいましたが、雰囲気は出ていると思います。昼の景色 駐車場に移動。夜中で [続きを読む]
  • 桜星景in北杜2018
  • 山梨県北杜市にある清春芸術村の夜桜です。カメラ: Canon EOS 60Da撮影日時: 2018/04/07 22:23レンズ:シグマ FISHEYE f15mm F2.8シャッター速度: 15.0s ISO感度: 1600JPEG撮って出しソメイヨシノの樹齢は80年以上の巨木群です。建物は16角形のアトリエになります。0時近くまで明かりがついていました。冬ほどではありませんが、ちょっと冷えて手がかじかんでしまいました。アングルを変えて移動したら街灯の色がついてしまいま [続きを読む]
  • 干潟星雲 M8
  • 処理し忘れていた干潟星雲(M8)の画像です。どうして干潟なのか名前にはピンと来なかったのですが、拡大してみると周辺部のヒダが幾重にも打ち寄せる波の様に見えて納得しました。距離3900光年。カメラ: Canon EOS 60Da撮影日時: 2017/05/21 02:29焦点距離: 1100mm鏡筒:TOA150赤道儀:EM400シャッター速度: 240.0s ISO感度: 1600コンポジット枚数 9枚総露光時間 36分Stellaイメージ8 PhotpshopCC 星雲の中央部に在る大きく [続きを読む]
  • 青い馬星雲 試写編
  • 改造AP赤道儀システムのテストを兼ねて、青い馬星雲を撮りました。何でわざわざハードルが高い対象を選んだかな〜と思いますカメラ: Canon EOS 60Da撮影日時: 2018/03/26 03:47〜焦点距離: 255mm F4.2鏡筒:FS-60CB レデューサー使用AP赤道儀 オートガイド M-GEN シャッター速度: 120.0s ×19枚総露光時間 38分ISO感度: 3200撮影場所 みずがき湖Stellaイメージ7 PhotoshopCC 少しトリミング馬の顔が分かるように、元の画 [続きを読む]
  • 超簡単 星雲星団パズルの作り方
  • 星雲の画像をA4サイズでプリントアウトします。紙質はスーパーファインでした。プレゼン用の資料に使われる一般的な用紙です。画像はクリスマスツリー星団。プリントを裏返してから、用紙の上に一旦板を並べます。その後一枚ずつ両面テープを張って張り付けて行きます。全部張り終わったら、少し段差を付けた台で隙間を開けカッターで切り離します。出来上がり。裏に解説を書いてプレゼントしてもいいですね。 [続きを読む]
  • 星雲星団パズル
  • 大雪に閉じ込められた日は、暇つぶしにちょっと遊んでみました。100円ショップで買ってきた小さな板(6枚セット)でパズルを作ってみました。A4プリントした星雲星団の写真を両面テープで板に張り付けカッターで切っただけです。 これ、どこだか分かりますでしょうか?答えは最後に。 分かるかニャー M42 オリオン大星雲でした。 [続きを読む]
  • 積雪定点観測
  • 早朝から春の大雪です。休日で本当に良かった。写真は1時間ごとの積雪の様子です。6:307:308:309:3010:3011:3012:30庭の薪小屋の屋根はふわふわの綿布団が掛かっているようです。大体これくらいが積雪のピークでした。明日は一気に溶けてくれることを祈ります。 [続きを読む]
  • ポータブル機材 AP赤道儀(改)撮影システム
  • 久しぶりの機材ネタです。厳しい今冬に命を削ってアルバイトで稼いだ成果がこちらです。ケーアステックさんで自動導入改造してもらったAP赤道儀に追尾装置M-GENを取り付けました。AP赤道儀のギア精度には不安があったので思い切ってM-GENを導入しました。このシステムの長所の一つは、電源がすべてモバイルバッテリーで済むところです。M-GENの電源はステップアップケーブル(5V->12V)を使用しています。そして最大の長所は軽量 [続きを読む]
  • 火の用心
  • 星ネタではないのですが、昨日近所で山火事が発生し大騒ぎになりました火の勢いが強かった時は焦って撮影していませんでした。山梨県の防災ヘリ「あかふじ」です。吊り下げているのは空中消火装置バンビバケット(容量910リットル)。初期消火には効果ありそうです。うちの地区では去年も焚火の延焼による火事が発生しました。山火事は一気に拡がるので怖いです。冬ごもり中。 [続きを読む]