人類の起源 さん プロフィール

  •  
人類の起源さん: 人類の起源を探る
ハンドル名人類の起源 さん
ブログタイトル人類の起源を探る
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gensenkeijiban-jinrui/
サイト紹介文人類の起源を探り、日本人の本来の性質を追求しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/09/07 23:33

人類の起源 さんのブログ記事

  • 人類の類人猿からの分岐、アフリカではなく欧州で起きた可能性
  • リンク500万年前のアフリカで人類は類人猿から枝分かれした──この長年の定説に疑問を投げかける研究論文が22日、発表された。研究は、分岐がそれよりも早い時期に欧州で起きた可能性があるとしている。 ヒトと最も近縁のチンパンジーに共通する最後の祖先が生存していた場所をめぐっては、科学者の間で激しい議論が交わされているが、今回、人類の起源についての新たな仮説が、ギリシャとブルガリアの洞窟で発見された約720万年 [続きを読む]
  • 人類の起源は30万年前、定説覆す化石発見
  • 定説を覆す記事をみつけましたので共有します。以下リンクより------------【AFP=時事】(更新)現生人類ホモ・サピエンスは、30万年前にアフリカに生息し、現代の人々とそう変わらない顔つきをしていたとする論文が7日、発表された。人類の起源が定説より10万年早かったことを示す研究結果だ。【写真】見つかった頭蓋骨化石を手にする研究者ら ホモ・サピエンスは約20万年前にアフリカ東部に現れたというのが20年来の通説だった [続きを読む]
  • 現生人類のインドネシア到達の歴史を書き換える化石の発見
  • −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−現生人類のインドネシア到達の歴史を書き換える化石の発見リンク現生人類がインドネシアのスマトラ島に到達したのは、トバ山の壊滅的噴火より早い73,000〜63,000年前だったことを示唆する新たな化石証拠について報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。今から60,000年以上前に現生人類が東南アジアに存在していたことを示す遺伝学研究が報告されているが、実際の化石 [続きを読む]
  • 大自然との交流に使われていた石笛
  • 縄文時代の中期以降、日本全国の遺跡で発見されている石笛。その神妙且つ神秘なる響きは人々の精神を開放させたり、大自然と交流するための重要な手段として使われていたようです。以下引用サイトリンク****************************** 古語では“いはぶえ”と呼ばれ、太古の昔…縄文時代もしくはそれ以上昔から日本に存在していた石でできた笛。人工的に作られるものではなく、二枚貝の1つであるニホ貝が海中で穴をあけた岩が波 [続きを読む]
  • 人間以外にも埋葬を行う動物は存在する?
  • リンク■埋葬という行為に一体どんな意味がある? 本題に入る前に、まずは人類と埋葬の歴史についてもう少し振り返っておこう。約70万年前に生きていた北京原人の時代、彼らは共食い(食人)を行っていた可能性があるが、埋葬を行っていた形跡は見られないという。つまり、埋葬の起源はネアンデルタール人よりも前の原人や猿人の時代には遡らないというのだ。ただし、そのネアンデルタール人も、仲間の遺体が動物に食われることを [続きを読む]
  • ネアンデルタール人は通説よりもはるかに多く存在していた
  • 従来の研究では、ネアンデルタール人は約4万年前には、極めて少数(地球上で1000人程度)しか存在していなかったと言われてきましたが、新しいDNA解析手法により、小規模単一集団(他の同類集団との接触がほとんどない)で各所に点在し、数万人規模が存在していた可能性が示されました。現生人類との交配があったことも明らかになっており、単純に絶滅しただけではなく、現生人類らの集団と融合していったことも考えられます。◇ネ [続きを読む]
  • 現生人類は6万5000年以上前に海を越えて豪州に到達していた
  • オーストラリアの先住民アボリジニは、従来説よりも旧い6万5000年以上前に豪州大陸に到達していた痕跡が確認されました。彼らは初めてアフリカを出て、海を渡った現生人類であると考えられます。◇現生人類、6万5000年以上前に豪州到達 研究リンク<AFPBB News>より////////↓↓転載開始↓↓////////【7月20日 AFP】オーストラリアの先住民アボリジニは今から6万5000年以上前、これまで考えられていたより早い時 [続きを読む]
  • ホモ・サピエンスの起源は定説より10万年も遡る<30万年前>だと判明
  •  現生人類のホモ・サピエンスの起源は、20万年前とする定説より、さらに10万年も時代を遡る30万年前だったとする研究論文が英科学誌『Nature』に発表された。 発表によれば、独マックス・プランク進化人類学研究所の古人類学者ジャンジャック・ユブラン氏らの研究チームは、モロッコ中央部の都市マラケシュに近いジェベリルーにある先史時代の野営地から、古代人類5人の頭蓋骨と骨の断片、狩猟や食肉処理に使われた石器を発掘し [続きを読む]
  • 言語の起源 〜 10万年前が、言語記号を創り出す前夜か!?
  • 言語はヒト科新人(ホモ・サピエンス・サピエンス)に固有である。これまでこの新人(現生人類)は20万年前に登場したと考えられていた(314941)。しかし最近、31万5000年前に登場したとの報告もある(327229)20万年もしくは30万年の現生人類の歴史のなかで、いつ言葉を創りだしたのだろうか?言葉は、対象の意味や己の想いなど、相手に何かを伝えるためにあるとすれば、言語記号が形成される前に、あらかじめ対象に対する思念→ [続きを読む]
  • エジプト人は「古代」と「現代」とでルーツが違う
  • −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−エジプト人は「古代」と「現代」とでルーツが違う!数千年前のミイラをDNA解析して判明!リンク■紀元前約1400年〜西暦400年頃に埋葬された古代エジプト人のミイラをDNA解析ドイツのマックス・プランク人類史科学研究所のJohannes Krause氏らは、エジプト中部のナイル川沿いのアブシール・エルメレク遺跡で、紀元前約1400年〜西暦400年頃に埋葬されたと推定されるミイ [続きを読む]
  • 人類は、進化のため思春期を作り出した。
  • 人類は、進化のため思春期を作り出した。人類以外は「思春期」はほとんど存在しないそうだ。思春期とは生物学的には性成熟開始後から繁殖期までを指す。もっとも現代の人類の場合は学校制度や法制度等によって繁殖期を遅らせているだけだけともいえる。しかしこの点に関して、人類に真に特徴的なのは「思春期」(性成熟の開始)に著しく感情が不安定になるということである。正確に言えばプラス感情もマイナス感情も大きく増幅され [続きを読む]
  • ヒト族の進化に影響を与えた湧水の存在
  • 人体の70%は水で構成されている。水は生命維持に絶対必要なものであり、摂取する性質が体を組成していくことからも、湧水に着目し人類の進化を考察する視点はとても重要と感じた。----------------------------------------------湧水と人類の進化リンク水は人類にとってきわめて重要な資源です。気候変動が人類の進化において重要な役割を果たした、との見解は一般的でしょうが、そのさいに注目されている生態系の変化を規定す [続きを読む]
  • 人類と類人猿の分岐はアフリカ起源ではなかった?
  • 人類と類人猿の共通祖先からの分岐は、約500万年前のアフリカが起源であるというのが定説ですが、それ以前に他の地域(欧州)で起きていた可能性を示す化石が発見されました。アフリカ起源説は、分子時計を前提とした分子系統学の台頭により定説となりましたが、かつても発見された化石に基づいてアジア起源説が唱えられていました。新たな事実(化石)を元に定説を見直すことが、より確かな史実の解明につながるのではないでしょ [続きを読む]