試験制度研究会 さん プロフィール

  •  
試験制度研究会さん: 試験・身分制度の根深い害
ハンドル名試験制度研究会 さん
ブログタイトル試験・身分制度の根深い害
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/fffin
サイト紹介文現代の試験制度の是非や教育制度について議論しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2012/09/07 23:42

試験制度研究会 さんのブログ記事

  • 「学歴」という最大の分断 大卒と高卒で違う日本が見えている
  • 公立中学くらいまでは様々な家庭環境の子供が混在していたが、高校以降は学歴を含めどんどん似たような人間ばかりが濃縮されていく。会社に入ると大体似たような学歴の人間とばかり付き合うようになる。社会の事を考えているつもりでも、それは自分と同程度の学歴の人間のことしか頭に浮かんでこない、それが実情だろう。以下引用します。リンク岡山県の公立高校、いわゆる進学校ではなく、生徒たちの進路は就職と進学で50:50にわ [続きを読む]
  • 文系の大学生は勉強しない、遊んでばかり1←この生き方が正解
  • [Retire in their 20s]のサイトより『文系の大学生は勉強しない、遊んでばかり←この生き方が正解(リンク)』より御紹介します。-------------------------転載日本の文系の大学生は勉強しないという。海外の文系の大学生がどういう事情なのか?は知らないが。そもそも、勉強しないと批判はよくされるが、勉強しないとダメなのでしょうか?文系の人が総じて勉強をあまり真面目にしていないというのは傾向としてあると思うが、それ [続きを読む]
  • 文系の大学生は勉強しない、遊んでばかり2←この生き方が正解
  • [Retire in their 20s]のサイトより『文系の大学生は勉強しない、遊んでばかり←この生き方が正解(リンク)』より御紹介します。-------------------------1より文系と理系の卒業後の進路の性質を比べると、理系は真面目に勉強した方がいいが、文系は必ずしもそうではないことが分かると思います。つまり、文系に対する「文系は勉強しない」という批判はあまり正しくないのかもしれない。大学は本分としては勉強をする場だが、大 [続きを読む]
  • 就活はとりあえず内定もらえればいいみたいな風潮
  • 以下、リンクより抜粋*******************************************************************11月になり、エントリーシートを提出する3月まで半年を切ったこの頃、就活準備をされている大学3年生の方も多いかと思います。その就活をするにあたって、どういうスタンスで会社選びをされていますか? 「あの企業は就職人気ランキングNo.1だから」 「ここ大企業だし内定もらえたら行こうかな」 「友達もここ受けるしとりあえず受けとく [続きを読む]
  • 考えることを忘れた日本人①
  • *****以下、経営相談どっと混むより引用 リンク先日、ノーベル物理学賞を受賞された益川氏が文部科学大臣に対して「日本の教育は間違っている」と発言した、というよりも食ってかかるように言った。ノーベル賞受賞後に表敬訪問という形で関係閣僚に挨拶に回ったのだが、文部科学大臣と会見した際に、挨拶もそこそこに、「日本の教育は間違っている」と言ったのだ。いきなりこう言われたので、文部科学大臣もニコニコ顔から突然緊 [続きを読む]
  • 考えることを忘れた日本人②
  • *****以下、経営相談どっと混むより引用 リンク学習は過去の知識を身につけることであり、このためには、まず理解し、そして何度も練習することである。一方、創作は誰も考えたことのないことを考え出し、作ることである。つまり、過去の知識ではなく新たな知恵(アイデア)を出すことである。このためには、まず考えることである。益川氏が言うように、人間は課題を与えられたら誰しも本能的に考えるものである。考えるというこ [続きを読む]
  • 東大卒というプライドが社会で通用しない人材となってしまう 事例①
  • 受験生にとっては「東大」が最高峰、しかし、社会に出れば案外、そういう大学の出身者が「使えない」と烙印を押されていたりする。なぜ、彼らは偏差値が高いのに仕事ができないのか?を事例とセットで紹介してくれているサイトがあるので紹介する。週刊現代「受験生諸君!いい大学を出てもダメな人はいっぱいいます」リンクより□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□あるメガバンク行員(私立大学卒)が言 [続きを読む]
  • 東大卒というプライドが社会で通用しない人材となってしまう 事例②
  • 受験生にとっては「東大」が最高峰、しかし、社会に出れば案外、そういう大学の出身者が「使えない」と烙印を押されていたりする。なぜ、彼らは偏差値が高いのに仕事ができないのか?を事例とセットで紹介してくれているサイトがあるので紹介する。週刊現代「受験生諸君!いい大学を出てもダメな人はいっぱいいます」リンクより□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□東大を含めた大学生の就職支援を行う [続きを読む]
  • 東大卒というプライドが社会で通用しない人材となってしまう 事例③
  • 受験生にとっては「東大」が最高峰、しかし、社会に出れば案外、そういう大学の出身者が「使えない」と烙印を押されていたりする。なぜ、彼らは偏差値が高いのに仕事ができないのか?を事例とセットで紹介してくれているサイトがあるので紹介する。週刊現代「受験生諸君!いい大学を出てもダメな人はいっぱいいます」リンクより□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□○心から反省できない人々管理職だろ [続きを読む]
  • 中国の、暗記脳を大量に生み出す受験戦争が崩壊を始めた
  • 受験戦争は日本でも話題になっているが、中国でのそれはまさに「戦争」そのもの。まだまだ学歴信仰が大々的に残っている中国では、88校しかないエリート大学の「重点大学」と、その他1131校の「非重点大学」に大学は分類される。この「重点大学」入れると、就職活動の際に大きなアドバンテージとなるそう。中国では子どもだけではなく、親や教師も受験戦争を行っている。教師は自分の生徒が重点大学に入れば評価が上がり、給料もア [続きを読む]
  • 中国の受験事情
  • 900万人が勉強地獄。中国の「ヤバい受験」が生んだ人材の末路リンク --------------------------------------------------------■「重点大学」の指定から生まれる受験地獄中国はある意味では世界一の受験大国である。大学受験の場合、日本と同様の全国統一試験を受ける受験生はピークで毎年一千万人を超えたこともある。2017年の受験者数は依然として940万人。日本では、2017年の大学センター試験の受験者数は57万人程度、規模の [続きを読む]
  • 受験の真実 「すべり止め校」はあと伸びする 1
  • 受験の真実"すべり止め校"はあと伸びする 1難関校の"深海魚"は浮上できないリンクより転載です。------------------------------------------------------------------質の高い教師や生徒のいる学校にわが子が合格できれば、刺激を受けてさらに成長するはず――。そんな願望をもつ親はつい偏差値至上主義となり、何が何でも難関校! と張り切ってしまいがち。しかしある科学的な調査の結果、「優秀な子の集団に放り込むとかえって [続きを読む]
  • 受験の真実 「すべり止め校」はあと伸びする 2
  • 受験の真実"すべり止め校"はあと伸びする 2難関校の"深海魚"は浮上できないリンクより転載です。------------------------------------------------------------------◆日本の子どもが「自分の順位」をすごく気にする理由友達の成績が上がる(成績が高い集団に属する)と、自分の成績は下がってしまう日本の子どもたち。なぜそうなるのか。理由を中室准教授は次のように分析している。「社会心理学に『社会的比較』という言葉があ [続きを読む]
  • 受験の真実 「すべり止め校」はあと伸びする 3
  • 受験の真実"すべり止め校"はあと伸びする 3難関校の"深海魚"は浮上できないリンクより転載です。------------------------------------------------------------------◆せっかく難関校に合格したのに、ずっと「最底辺」こうした事実を踏まえて、親がわが子を伸ばす志望校選びをするには何に注意するべきだろうか。中室准教授は「お子さんが入学したあと、どのくらいの成績を取れるかを考えて選ぶことが大切だと思います。ある程度 [続きを読む]
  • エナジードリンクに溺れる子供達のストレス
  • ストレスに押しつぶされて、エナジードリンクを愛飲する子どもたち。酒におぼれる大人と同じ構造なのか?そもそも子どもの頃にそんなストレスを感じる社会ってどうなんだ。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−「エナジードリンク」養護教諭アンケートから――現場の懸念浮き彫りにリンク◆保健室で気づいた「異変」子どもにとって保健室は「大人から評価されることがない」「否定されない」という特 [続きを読む]