政治研究会 さん プロフィール

  •  
政治研究会さん: アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
ハンドル名政治研究会 さん
ブログタイトルアメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nvno
サイト紹介文闇の支配勢力についえ分析・追及しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供472回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2012/09/07 23:52

政治研究会 さんのブログ記事

  • 北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない
  • 北朝鮮は核兵器保有国の一歩手前まで来ており、トランプ米政権は何をやっても勝ち目はない。北東アジアの盟主はアメリカから中国へ、われわれは覇権の移行期を目の当たりにしている。北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はないリンク より北朝鮮が9月3日に実施した6回目の核実験は、米本土に届くICBM(大陸間弾道ミサイル)に搭載可能な核弾頭が完成間近だということを証明した。核実験にともなう地震の規模を示すマグニチュード(M)は6 [続きを読む]
  • 北朝鮮は早くからEMP(電磁パルス)兵器開発に乗り出していた
  • 2004年ロシアからの『頭脳輸出』で、既にEMP(電磁パルス)兵器開発に乗り出していた。アメリカの元CIA長官も警告していた。日本の防衛相は「懐疑的」とアメリカに同調した情けない発言。もう既に完成しているとみた方が良いだろう。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−北朝鮮はEMP(電磁パルス)弾を開発していた!リンク(前略)北朝鮮が早くからEMP開発に乗り出していると警告を発していた人物がいた。ジェーム [続きを読む]
  • 北朝鮮をナメる日本が知らない「電磁パルス攻撃」の恐ろしさ2
  • ○ 「北朝鮮は外交上手」日本のメディアは、「外交」の前に「崖っぷち」とつけたがりますが、それはそれぞれの国の外交スタイルであり、また、その評価は日本からのものに過ぎません。北朝鮮は多くの国々と国交を結んでおり、先日来日したテリーザ・メイ首相率いる英国との間にも国交を樹立しています。つまり、日本側からみた北朝鮮の外交は、追い込まれた果ての崖っぷちに見えても、その裏では様々な国と友好の握手を交わしてお [続きを読む]
  • 北朝鮮が電磁パルス攻撃を手中にしたという衝撃
  • リンクより********************************北朝鮮の国営メディアは3日午後、「大陸間弾道弾ICBMに装着する水素爆弾の実験を3日正午(現地時間)に行い完全に成功した」と発表した。北朝鮮の核実験は2006年以来6回目で爆発の規模は過去をはるかに上回る。この実験を行う前に朝鮮中央通信は、大陸間弾道弾ICBMに搭載する水素爆弾を金正恩委員長が視察する様子を伝え、「水素爆弾には電磁パ [続きを読む]
  • 電磁パルス攻撃 とは何?
  • 北朝鮮の核実験で有名になった「電磁パルス攻撃」。大変な事のか、無視できるのか、よくわからなくてネット検索してみるとたくさん出てきた。かいつまんで要約するとこんな感じだ。■高高度核爆発・・・参考:リンク北朝鮮が「出来るんだぞ」と言っている電磁パルス攻撃のやり方が、これ。高度100km〜数100kmの上空で核兵器を爆発させる。その際に生じたガンマ線が大気を構成する窒素や酸素などの分子に衝突。分子に含まれる電子がは [続きを読む]
  • ロシアよ、敵は友ではない
  • 仕立てあげられている“北朝鮮危機”の本当の問題は、北朝鮮ではない。“イラン危機”が、ロシア国境に核ミサイル基地を設置する口実だったのと同様、ワシントンが核ミサイル基地を、中国国境に設置出来るようにするための画策なのだ。マスコミに載らない海外記事より以下引用ですリンク2017年9月6日Paul Craig Robertsロシアは、ワシントンが、サンフランシスコのロシア領事館を恣意的に閉鎖し、外交施設を違法に捜査したことを懸 [続きを読む]
  • 米朝の軍事対立はすべて八百長と知るべき
  • 新ベンチャー革命より引用です。われら日本国民は米朝の軍事対立はすべて八百長と知るべき、マスコミはなぜ、国民にこれを報じないのかリンク 1.敵対しているようにみえる米朝は前々から水面下で協議を続けてきた? 本ブログ前々号にて、米朝のミサイル実験チキンレースはすべて八百長と指摘しました(注1)。要するに、北朝鮮は日本を乗っ取る米国戦争屋の敵役傀儡国家なのです。このような本ブログの見方を裏付けるような情報が [続きを読む]
  • なぜ米国は、対北朝鮮戦争を始めないのか?
  • 北朝鮮の動きは、かなりレッドゾーンにきわどいものとなってきています。一方でアメリカが行動に移さないその訳とは?以下引用:リンク●   ●   ●マイアミ大学政治学部教授の ジューン・トーフル・ドレイヤー氏は、通信社「スプートニク」のインタビューで、北朝鮮による最近の実験や脅威があるにもかかわらず、米国が北朝鮮に対する軍事行動を開始しない理由について語った。ドレイヤー氏は、米軍の兵力は北朝鮮との戦争が [続きを読む]
  • 朝鮮半島の緊張により軍需関連株が上昇中
  • 長周新聞「戦争で張り切る軍産複合体 朝鮮危機で潤うのは誰か」リンクから引用させていただきます。--------------------------------------- 朝鮮半島情勢が緊張するたびに軍需関連株がぐんぐん値を上げている。ステルス戦闘機やミサイル開発をしているロッキード・マーチン(米)はリーマンショック後の2009年は株価が57・41?に落ち込んだが、2013年後半に120?台に達し、9月1日段階では302・19?に上 [続きを読む]
  • 米国予算の54%が軍事費〜トランプも継承拡大中
  • 長周新聞「戦争で張り切る軍産複合体 朝鮮危機で潤うのは誰か」リンクから引用させていただきます。--------------------------------------- アメリカは「軍産複合体」国家だといわれ、世界でもっとも規模の大きい民間の軍需産業、国防総省と陸海空・海兵隊の軍隊、政治献金やロビー活動で軍需産業と癒着する上下両院の議員たちが一体となり、アメリカを戦争に仕向ける大きな要因として作用している。いったん戦争が起これば巨 [続きを読む]
  • 太陽黒点活発化と暴力。そして北朝鮮の水爆実験の成功の意味するもの。
  • 先月末に電磁パルス攻撃の危機と脅威を投稿した。そのご間髪空けずについに北朝鮮の水爆実験が成功したとの報道が世界中を駆け巡った。くしくも人類社会の暴力性に強い影響力を持つといわれる太陽黒点の活動が最大に至った日である。北朝鮮の狙いは初めから水爆の開発だった。これで世界の軍事バランスは大きく変わる。太陽が産む暴力の瞬間リンク北朝鮮にとっての「水爆の保持」は「永遠の目標」とも言えるもので、2010年の「北朝 [続きを読む]
  • アメリカは北朝鮮に負け続けているという驚愕の事実
  • ★日本人が知らない朝鮮人民軍に関する驚愕の事実リンクに続いて、北朝鮮の本当のはなしリンクというサイトから、★アメリカは北朝鮮に負け続けているという驚愕の事実という記事を紹介します。----------------------------------------------------◆アメリカは北朝鮮に負け続けているという驚愕の事実朝鮮半島の核問題は米国の韓国駐留に起因することは今さら言うまでもない。第二次世界大戦後、朝鮮半島北部はソ連が、南部は米 [続きを読む]
  • 戦争で張り切る軍産複合体 朝鮮危機で潤うのは誰か(その1)
  • 日本の軍需産業もこれから表に出て来るのかリンクより引用・・・・・・・・・・・・・・引用開始・・・・・・・・・・・・・・・高騰続ける軍需関連株  朝鮮半島近辺でアメリカが空母や戦略爆撃機を動員した大規模軍事演習を何度もおこない、それに反発する形で北朝鮮がミサイル発射や核実験をくり返している。米トランプ政府は登場以来、シリアにトマホークを撃ち込み、アフガニスタンに通常兵器最強の爆風爆弾「モアブ」を投下 [続きを読む]
  • 戦争で張り切る軍産複合体 朝鮮危機で潤うのは誰か(その2)
  • リンクより引用(その1)からの続き破壊と殺戮で市場創出  軍事大国アメリカ アメリカは「軍産複合体」国家だといわれ、世界でもっとも規模の大きい民間の軍需産業、国防総省と陸海空・海兵隊の軍隊、政治献金やロビー活動で軍需産業と癒着する上下両院の議員たちが一体となり、アメリカを戦争に仕向ける大きな要因として作用している。いったん戦争が起これば巨利をむさぼることができるからだ。研究者がこの軍産複合体の実態 [続きを読む]
  • 戦争で張り切る軍産複合体 朝鮮危機で潤うのは誰か(その3)
  • リンクより引用(その2)からの続き 現在のトランプ政府も、来年度の軍事予算9%(六兆円規模)増額や、サウジアラビアとの史上最大の武器輸出合意などが取り沙汰されている。国防長官ジェームズ・マティスは海兵隊でイラク・ファルージャの虐殺を指揮し、中央軍司令官を解任された後はジェネラル・ダイナミクスの役員(年俸150万?)になり、軍産複合体を代表する人物といわれている。マイケル・フリン解任後、国家安全保障 [続きを読む]
  • 電磁パルス兵器による新しい戦争が始まる
  • 電磁パルス(EMP)兵器は既に実用化されており、その技術はロシアが先行している。中国でも電磁パルス兵器の開発に成功したという話もある。電磁パルス兵器は電子機器を破壊するが、人に対しては直接被害が及ばないため、核に比べて圧倒的に使用するハードルが低い。今後は、電磁パルス兵器の開発とともに、防御技術の開発が世界のパワーバランスを左右することだろう。逝きし世の面影/電磁パルス兵器で「文明」が破壊されたデス [続きを読む]