農村研究会 さん プロフィール

  •  
農村研究会さん: 農村を活性化させる為には?
ハンドル名農村研究会 さん
ブログタイトル農村を活性化させる為には?
ブログURLhttp://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/
サイト紹介文農村の歴史や現状を分析し、今後の可能性を紐解いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/09/08 01:47

農村研究会 さんのブログ記事

  • 野菜本来の力を引き出す永田農法
  • 永田農法は、それぞれの野菜や果物の原産地に近い環境をつくり限界まで水やりを控えて野菜を育てます。 別名「スパルタ農法」ともいわれています。ほぼ日刊イトイ新聞より以下引用ですリンク今から50年以上前、熊本県の天草でミカン農園を継いだ若き日の永田照喜治さんは、平地で育ったミカンよりも岩山で育ったミカンのほうが甘くておいしいことに気づきました。  農業に関しては素人同然だった永田青年でしたが、このことをヒン [続きを読む]
  • 自然栽培は
  • 無肥料で農作物をつくる「自然栽培」にチャレンジする農家が増えています。現在の生産・流通・販売には合わない「自然栽培」の特徴を記載した記事を紹介します。まとめると       <現在の一般的な農法>  <自然栽培>種は?     FI           固定種       (種は1種1代限り)   (多種で何代も経て変わる)       (メーカーが製造)    (農家が採取)肥料は?    化学 [続きを読む]
  • なぜ?京都府唯一の村に観光客殺到
  • 本来、地域活性化と観光地化は相反するもの。しかし今や活性化に観光地化は欠かせないツール。単発で終わらず、持続可能な将来を見据えたプランニングが必要だろう。引用元 リンク********************************京都府南部の南山城村。少し東に行くと三重県伊賀市、南に行くと奈良市という山あいの村なんですが、先月から休日ごとに村民の2倍以上の観光客が訪れ、渋滞まで起きてます。なぜそ [続きを読む]
  • ロボットAI農業
  • 以下、農業の破壊的イノベーションを日本から〜日本発「ロボットAI農業」の凄い未来リンク より転載。---------------------------------------------------------------(前略)――農業とロボット、AIは一番縁遠い世界というイメージがあります。そうではなくて、逆に農業とこうした技術は強力に結びつくと主張していますね。これはなぜなんでしょう。窪田:まず日本の農業は他の産業と比べて圧倒的に高齢化していて、農家がこ [続きを読む]
  • 林業の可能性
  • 前回の投稿(325735)では林業がなぜ衰退したか調査した。今回は林業の今後の可能性を調査する。**********林業を営む人、とくに山主や森林組合、伐採搬出などの業者と話すと、必ずと言ってよいほど、林業の現状に対する嘆きが出る。間伐が進まない、道がない、材価が下がった……そして「政府にもっと考えてもらわないと困る」「もっと補助金をつけてくれ」というところに落ち着く。 しかし、現実には作業にかかる経費の [続きを読む]
  • 林業の現在
  • 今日、世の中は物的に豊かになり、人々の物理的な欲求の内圧は弱体化、第二次産業である生産業の市場も縮小しつつある。それとともに必然的に衰退していくのが第二次産業を支えている第一次産業である。しかし自然環境に手を加えている第一次産業は、衰退などでそのサイクルリズムを崩してしまうと長年かけて形成してきた人間ありきの生態系を崩壊させてしまう。リンク(農林水産委員会 専門員  鈴木 朝雄)サロンでは第一次産業の [続きを読む]
  • AIが干ばつや悪徳高利貸から農家を救う
  •  インドでは毎年、数千人の農民が飢饉で命を失っているといいます。インド現地の農家は銀行、金融業者などからお金を借りて一年間の農業を営むのだが、飢饉になると返済が滞るため経済的な窮地に追い込まれる。異常気象などにより深刻な干ばつが数年続くと、事態はさらに悪化。農家の足元を見る高利貸しが増加し、追い込まれた人々が自殺するという悪循環が、社会的問題としてまん延している中、AI(人工知能)により、改善してい [続きを読む]
  • 農業における「働き方革命」への挑戦
  • 「よい土をつくるには、よい人をつくることから」という想いから、「人づくり」を経営理念のひとつに掲げている。人材不足が深刻な農業で、その発展を担う人づくりには何が必要なのか。リンク■人材の確保が大きな課題海外を見ると、アメリカやドイツ、フランス、ニュージーランド、オーストラリア、カナダ……、先進国と言われる国では外国人労働者が働いていて、農業生産の基盤の部分を賄っています。アメリカやニュージーランド [続きを読む]
  • 地方は結局「若者」を排除して自ら衰退する その①
  • リンク若者がいなくなる原因については、「大学も含めて、東京にはさまざまな機能が集中しているから」「地方は相対的にインフラが貧弱で不便だから」「経済力が劣っており金融面でも不利」など、構造的な要因がいくつもあります。しかし、それだけではないのです。従来、地方を担ってきた上の世代が、若者を積極的に受け入れてきたのかといえば、そんなことはありません。自分たちの言うことを聞かない若者、自分たちの理解できな [続きを読む]
  • 地方は結局「若者」を排除して自ら衰退する その②
  • その①の続き■「若者は『キツい仕事』を安く引き受けて当然」は傲慢次に「サポート人材」です。若者に、自分たちにできないことを頼むときの「頼み方」にも大きな問題があるのです。結果として、サポート人材を失っているケースが多々あります。よく「地方活性化のために、若者のアイデアと行動力に期待したい」と言いながら、実際は自分たちがやりたくないことを押し付け、若者に支払う報酬は自分たちよりも低く設定するのに何の [続きを読む]
  • ブロックチェーンは「農業革命」の火種となりうるか
  • リンクより引用///////////////////////////////////////////////////////////////////ブロックチェーンはさまざまな分野への導入が期待されているが、金融以外の分野で目にする機会はまだ少ない。しかし、いまイノラボはブロックチェーンを「農業」に実装し始めている。それも日本の小さな町で。そこで起きつつあるのは、もしかすると新たな「農業革命」なのかもしれない。宮崎県東諸県郡綾町。県中西部に位置し、総面積の約80%が [続きを読む]
  • ブロックチェーンは「農業革命」の火種となりうるか
  • ブロックチェーンはさまざまな分野への導入が期待されているが、金融以外の分野で目にする機会はまだ少ない。しかし、いまイノラボはブロックチェーンを「農業」に実装し始めている。それも日本の小さな町で。そこで起きつつあるのは、もしかすると新たな「農業革命」なのかもしれない。以下「WIRED.JP」(リンク)より引用します。■ ■ ■綾町で穫れた野菜。綾町は1970年代から有機農業に取り組んでおり、2001年に自治体として [続きを読む]
  • 【トップランナー】 速水林業に学ぶ〜勝てる林業の追求〜
  •  各業界の先頭を走るトップランナー。一応にして彼らは、次代を読み、日々変わっていく社会に適応している。 今回は、関係する教育機関が続々と設立され、近年人気を高めつつある「林業」より、その業界のトップランナーとして有名な「速水林業」代表者を紹介します。以下、 リンク より>右脳で理想の森林を育てる林業経営で大事なことは、理想の森を育てるイメージを持つことです。木を植えるときには、この森をどのような森 [続きを読む]
  • 消費者の気づきが悪徳企業を退場させる(1/2)
  • お役立ち情報の杜(もり)リンク より、以下転載−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−【マクドナルドとモンサントの凋落】消費者の気づきが悪徳企業を退場させる。 日本人はあまり知らないようですが、世界的に見ればマクドナルドとモンサントは売り上げが落ちており、凋落の一途を辿っています。関連記事のリンクを以下に貼ります。Public Awareness is Making McDonald’s and Monsanto Lose M [続きを読む]