ルイス さん プロフィール

  •  
ルイスさん: スペイン鉄道暮らし
ハンドル名ルイス さん
ブログタイトルスペイン鉄道暮らし
ブログURLhttps://ameblo.jp/luis-im/
サイト紹介文メルクリンZを中心とした鉄道模型と海外旅行で撮った鉄道関連の画像を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/09/08 08:06

ルイス さんのブログ記事

  • Tomix 神社
  • トミックス神社キット組み立て各パーツを袋から出して作業着手3枚に分割された台板の上に組み上げていきます本殿社務所鳥居と前庭3枚を合体させたユニットサイド方向より入口正面方向より日本の神社の典型的な雰囲気がよく出ています柵で囲まれた境内の雰囲気がよく出ています [続きを読む]
  • Zゲージボード
  • 展示用Zゲージボード市販の多目的ボードの表面を塗装してメルクリンZのレール設定。初めは釘を打ち込みましたが、硬質の集成材なのですぐに曲がってしまい、接着剤で貼ることにしました。ロクハンとサンケイの日本のストラクチャーを配した置きラマロクハンのC57&C11 [続きを読む]
  • Sankei 機関庫
  • Sankei Zゲージ機関庫組み立て組み立てキットのペーパーシートカッターで切り抜いた全パーツ貼り合わせ作業だんだん形になってくると楽しいものですロクハンのC57を格納してみます屋根を取り付ける前の正面完成品 古風な日本の機関庫の趣きがあっていいです [続きを読む]
  • 機関庫用ボード
  • 機関庫展示用 Nゲージボード まっさらのベニヤ板 100×60cmFleichmann製道床付きエンドレスレールを敷設ボードをブラウンに塗装Arnold製の転車台と機関庫を仮置き直線レール貼り付けストラクチャーを配して徐々に形になってきました建物と線路の微妙な位置合わせが意外と難しいですジョイント用レールは手元にある12個のみなので、全方向にめぐらせることはできません。機関車展示用 ターンテーブルは手動回転式中央部に18両 [続きを読む]
  • 祝 グラナダ メトロ開通
  • グラナダメトロ初乗りロンダデカミーノ通りを歩いていたら、長らく工事中であったメトロの入口が開いていました。もしやと思って降りてみると、なんと・・・まだ開業して約2週間とのこと。早速乗ってみました。案内板路線図各駅の名称 全26駅自動切符販売機駅前通りのグリーンベルトRenfe グラナダ駅前旧駅舎は壊されずに保存されていたので安堵グラナダ新幹線が発着する新駅舎の工事現場駅構内の奥のヤードは更地になってしまい [続きを読む]
  • ジオラマ用ボード制作
  • 模型展示用のジオラマボード制作鉄道仲間の職人ラファエル氏に材料の調達と工作について相談すると、郊外の材木問屋を紹介してくれました。オーダーした寸法に合わせて電動鋸で一気にカットラファエル氏のアトリエでターンテーブル用の穴のくり抜き作業。特殊な工具がないとできません。ずっと前に中古で入手して箱の中で眠っていた扇型機関庫が日の目を見ることになります。とりあえずボ−ドの上に置いてみました。 [続きを読む]
  • Chafer 発足式
  • 鉄道愛好会 CHAFER 発足Club Hispalense de Aficionados al FerrocarrilASAFから独立して結成 マヌエル・ガラン会長事務所はサンヘロニモ地区の国鉄職員社宅の一角ジオラマ制作プランの発表スペインのディーゼル機関車の変遷セミナー元機関士で作家のフランシスコ・ロメロ・ペーナ氏の出版記念会Sueños Ferroviarios 鉄道の夢駅長帽をかぶってポーズ [続きを読む]
  • 9月鉄模市
  • 9月のラストロバカンス時期で8月は催されなかったので2か月ぶり。ルーマニア旅行から帰ってきたカルロス夫婦に挨拶。目に止まったのはHOゲージのロケット号、フランスのラ・シャペル、黒塗装のグラスカステングラスカステン用のプロイセン2軸貨車今回の購入品グラスカステン、Nゲージ初期ボギー客車フィギュア4種、ワイン馬車、時計台 [続きを読む]
  • マラガ ティッセン美術館
  • マラガのカルメン・ティッセン美術館16世紀のビジリロン宮殿を改築した建物内に、ティッセン男爵夫人カルメンの個人コレクションが展示されています。マドリッドにはティッセン・ボルネミサ美術館がありますが、マラガは云わばその支店のような美術館。19世紀スペインのロマン主義、自然主義、印象主義の絵画が充実しています。個人の収集とは思えないほど豪奢で鮮烈な絵画に溢れています。常設展はフラッシュ無しで写真撮影は自由 [続きを読む]
  • Railex & Wine
  • ライレックス製 Zゲージ ワインボトルにアドラー号をアレンジグルジア産ワイン レア物ストック 秋の到来と共にもうじき葡萄の収穫が始まります。今年は猛暑だったので美味しいビンテージが期待されます。 [続きを読む]
  • Mabar SL
  • Mabar製 Nゲージ030型蒸気機関車スペインで最もレベルの高い鉄道模型を製作しているメーカー金属製の重厚感と緻密なディテール煙突の蓋まで再現されています19世紀に製作されて、1960年代まで現役で走っていた機関車 [続きを読む]
  • ロクハン最小曲線
  • ロクハンの曲線レール R45mm各45度なので、8本繋いでエンドレス。メルクリンZ BR89、 ロクハン C11、天賞堂 C62いずれも走行は不可能。ライレックスのアドラーとサクソニアレール上には乗りますが、連結部は固定式の金属柄なので曲がり切れず、カーブで脱線します。かろうじて走行できるのは手前の2台。ライレックスのアドラーとサクソニアのモーター内蔵車のみ。将来のロクハン製品として、このレール上を走ることができる超ミ [続きを読む]
  • セビーリャ 旧サン・ベルナルド駅
  • セビーリャの旧サン・ベルナルド駅地元では通称カディス駅と呼ばれています。1902年に建設された旧駅舎補修工事がほぼ完了。建物の原型は留められており、駅前広場は地下駐車場。周囲にめぐらされた殆ど役に立たない前衛デザイン系のオブジェが邪魔な気がしますが、工費の予算を上乗せするためのありがちな手法。1991年5月2日、駅としての機能は廃止。1992年に開催されたセビーリャ万博に際してスペイン新幹線が開通。南のカディス [続きを読む]
  • 7月鉄模市
  • 7月のラストロ夏本番、暑さのせいか閑散としています。購入品はありませんでしたが、目に止まったのはワイン貨車HOゲージ ワイン樽貨車Nゲージ ワイン樽貨車既に所有済のものとそうでないものをはっきり見分けることができません。普段からきちんとリストを作って把握していないとダメですね。8月はバカンスで開催されないので、次の模型市は9月。 [続きを読む]
  • 2017年前半購入品
  • 今年の前半期の購入品かつての購入ラッシュ勢いは弱まりましたが、相変わらずコレクションは続行しています。小包はeBayで買ったものだけで、日本からの購入分は含まれていません。2017年購入品 前期 天賞堂 Zゲージ C62-3 北海道形 サロ165 グリーン客車 オハ35 茶 オハフ33 青 ロクハン Zゲージ C57-1 お召し機 C57-5 標準形 C57-17 標準形 C57-111 門デフ 115系 3両セット 真岡鉄道 50系客車3両セット 駅 [続きを読む]
  • Tomytec 神社セット
  • トミテック ジオコレ Nゲージ用建物コレクション 神社セット外箱中を開くとアクセサリーキットも色々と入っていますすでにお寺は持っているのですが、神社も必要になりました。秋の日本文化週間の展示の際に使う予定。スペイン人に日本のお寺と神社の違いを聞かれることがありますが、模型があると説明がし易いです。 [続きを読む]