おおいた手織物語り さん プロフィール

  •  
おおいた手織物語りさん: 大分手織物語り
ハンドル名おおいた手織物語り さん
ブログタイトル大分手織物語り
ブログURLhttp://ooitateori.exblog.jp/
サイト紹介文手織物のある暮らしの中で心にとまるエトセトラ・・・制作をしながら、別府市で教室もしています。
自由文 織らぼ − こたに −
  場所:東別府駅より徒歩10分(車で3分)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/09/08 23:39

おおいた手織物語り さんのブログ記事

  • お友達に、手織でお礼を・・
  • 今週は別府も 最高気温が10度に届かない日が多かった気がします。今日は少し寒さが緩んだようですね。Fさんの二重織もあと少しになりました。↓Kさんは10月の作品展にきてくださったご友人にお礼の品を 自ら織ることにしました。↓好評だった裂き織の布がまだ残っていたので少し細目に裂いて ティ―マット織りました。お二人に一枚ずつ差し上げるそうです。使い勝手のよさそうなサイズです。... [続きを読む]
  • 私も織ってます & ワッフル織その後
  • 今、私も着物の織に入っています。自分の制作に入るとついつい、ブログの更新を怠りがちに・・。いけませんね。気をつけますです。さて前回ご紹介したワッフル三人衆。Tさんは おくるみなのでほぼ完成画像そのものだったのですがwさんとHさんのその後の 完成画像をご紹介します。まずwさんのバッグ持ち手や マチの布も色を合わせて 素敵に縫い上げました。使い易そうなサイズ。持ち手... [続きを読む]
  • ワッフル織三人衆
  • 作品展を挟んで教室では三人の方がワッフル織に取りくんでいました。きっかけはTさん。12月に初孫さんご誕生の予定なので赤ちゃんの「おくるみ」を織ることに。最初はちくちくしないウールやシルクの糸を使うことも検討していたのですが「洗いやすいものにしよう!」ということで綿糸を使ってワッフル織にトライすることにしました。Tさんと私が教室中に糸を選んだり、組織の話をしている様子... [続きを読む]
  • 機に向かう一時
  • 作品展終了から早いもので、もう二週間。いつもの教室の日々が戻ってきました。私はどちらかといえば作品展が無事終わり「ほっとした」気持ちが強かったのですが教室の皆さんは違うんです。普段会うことの少ない、他の方の作品に沢山触れてとても刺激を受けたそう。織へのモチベーションがグ−ンと上がってきています。心なしか、おしゃべりも少なめで自分の作業に集中している方が多いようです。皆... [続きを読む]
  • 作品展無事終了&「絵本カフェ・みちくさ」
  • 10月29日(日)に最終日を迎え、一織・人織―手織作品展、無事終了しました。このブログで 作品展を見守ってくださった皆様もありがとうございました。最終日の出品者合評会には21人が参加。普段教室の曜日が違い、合う機会のない人同士も手織作品を介して、楽しく意見交換ができました。中には合評会を目指して、足を運んでくださる一般のお客様も・・。手織の魅力を感じていただけていたら嬉し... [続きを読む]
  • 第4室「和の雰囲気」の部屋
  • 一織人織(ひとおり・ひとおり)手織作品展10月29日(日)まで大分市アートプラザにて開催中 10:00〜17:00(最終日は16:00まで)会期も明日までとなりました。週末は台風の影響で雨になっていますが天気予報を確認の上、お運びください。今日は一番奥の部屋の画像です。着物など、ちょっと和の落ち着いたテイストでまとめてみました。立体的なハチの巣織の作品奄美大島、泥染め... [続きを読む]
  • 第3室「ウール」の部屋
  • 一織・人織(ひとおり・ひとおり)手織作品展大分市アートプラザ 市民ギャラリーBに於いて10月29日(日)まで開催中 10:00〜17:00(最終日は16:00まで)今日はウールの作品を中心にご紹介します。緯糸を自分で紡いだ作品。↑↓杉綾模様のが浮かび上がって、それぞれの個性が出ます。二重織を使ったストール。布の片側の耳を輪状に織って織り上げてから、開いて仕上げています。... [続きを読む]
  • 第2室「綿と麻の部屋」
  • 一織・人織(ひとおり・ひとおり)手織作品展大分市アートプラザに於いて10月29日(日)まで開催中(入場無料)今日は 綿と麻素材の作品を中心にご紹介しましょう。織成で繊細なベージュトーン経糸が浮き織で表情を。変化組織がエスニックな感じに茶綿を丁寧に紡いでおやつマットバッグ類いろいろ。オーバーショットが映えるクラッチバッグです。↑明日はウールの作品を... [続きを読む]
  • 作品展がはじまりました!
  • 一織・人織(ひとおり・ひとおり)手織作品展大分市アートプラザ 市民ギャラリーBにて 10月29日まで開催中。今日24日が初日でした。少しずつ画像を上げていきますね。まずはエントランス付近から。逆光なので少々暗めですが・・。ビーズを織り込んだキャンバス織の作品↓重厚なレップ織の作品↓綴れ織「ブータンの思い出」↓昼夜織の額作品↓ピンナップのような可憐な作品↓透け感を... [続きを読む]
  • 一織・人織(ひとおり・ひとおり)手織作品展
  • 正式な告知が遅くなってしまいましたが来週火曜日から 織らぼ・こたに手織教室の作品展が始ります。一織・人織(ひとおり・ひとおり)手織作品展会期:10月24日(火)〜29日(日)時間:10:00〜17:00(最終日は16:00まで)会場:大分市アートプラザ 市民ギャラリーB (入場無料)   大分市荷揚町3番31 Tel097−538-5000一織り一織り心をこめて 自分ら... [続きを読む]
  • 金沢21世紀美術館に行ってきました
  • 先日お知らせした台湾・金沢現代織物芸術交流展のオープニングイベントに参加するため金沢21世紀美術館に行ってきました。台湾のアーティスト制作の衣装を纏ったダンサー2名によるパフォーマンスで交流展がスタート。その後のシンポジウムでは作家たちの意見交換などが行われました。私は最近は工芸分野に軸足を置いて制作していますのでアート系の作家さん達との交流は久々な感じでした。多くの刺... [続きを読む]
  • 今年の案内ハガキです
  • 今日は、少し早めなのですが10月24日から大分市アートプラザで開催する作品展のハガキをご披露しますね。参加する皆さんが大分市内各所&ご友人などに配布を初めて下さっています。秋なので今回はワインカラーにしてみました。ちょっと和風な雰囲気?「先生の作品っぽいかも。」という声がちらほら。そいうつもりは無かったのですが印刷会社のデザイナーさんと相談しているうちになんと... [続きを読む]
  • アートプラザとエミリ・ディキンスン
  • 10月に開催予定の織物作品展が近づいてきました。先週、会場として予約している大分市のアートプラザに行ってきました。事務所に 作品展の案内ハガキを届け確認作業を少々。開催に向けて気持ちも、徐々に高まってきました。せっかく大分市に出てきたのでちょっと寄り道。シネマ5で上映中だった「静かなる情熱―エミリ・ディキンスン」を観てきました。生前わずか10篇の詩を発表し、無名のまま... [続きを読む]
  • 第64回 日本伝統工芸展
  • 週末の台風で大分県も各地に被害が出てしまいました。皆さまが 早く穏やかな日常を取り戻されますように。さて、明日から 第64回日本伝統工芸展がはじまります。会期:9月20日(水)〜10月2日(月)会場:日本橋三越本店 本館・新館7階ギャラリー(入場無料)時間:午前10:30〜午後7;30(最終日は午後6時閉場)今回、私は出品していないのですが特別お知らせしたいのは大分市在... [続きを読む]
  • 白い麻の作品二点
  • 今週水曜日の教室から。白い麻で織っていたKさんとHさんの作品が機から降りました。Kさんは織成技法で。パープルのモール糸をずらしながら織り込みシャープなラインを出すデザインです。仕上げは今からなので「少し遠目で撮影して」とKさん。細部は作品展の時に披露しましょうか・・?Hさんは白一色でキャンバス織のストールです。初めての麻なので40番3糸で。ストールとしてはやや太いか... [続きを読む]
  • ラトビア展行ってきました。
  • 昨日の10日(日)、大分市の布屋ビルさんで開催中の「持ち帰りたいラトビア展2」に行ってきました。今回は竹町通りに面した一階空き店舗スペースでの開催なのでとてもオープンな雰囲気。道を歩く方も「なにかしら?」と気軽に覗いていきます。中はラトビアの素敵な雑貨がいっぱい!どれもこれも、持ち帰りたくなってしまいます。定番のミトンもかなりの数。こちらはミトンのキットとても、しっかりし... [続きを読む]
  • 持ち帰りたいラトビア展2
  • 今週の土曜日、9月9日から大分市の布屋ビルさんにて「持ち帰りたいラトビア展2」が始ります。バルト三国の真ん中に位置する、自然豊かなラトビア共和国。バスケット、織物、編み物、木工品等、ラトビア人が暮らし中で大切に使ってきた美しい手仕事の品々が届くそうです。昨年春にあった「持ち帰りたいラトビア展1」は足を運べなかったのですが教室の二人の生徒さんが 買ったバスケットを見せてくれま... [続きを読む]
  • N・Tさんのレップ織
  • 9月に入り別府も朝晩涼しくなって秋を感じるようになりました。先週、今週と織体験の方も数人来られて新しい出会いが とても嬉しいです。10月には教室の作品展も控えています。皆さんの制作が熱気を帯びている今日このごろです。さて、作品展を意識して少し長めに織ったN・Tさんのレップ織が機から降りました。北欧の織を取り上げた本で、レップ織のマットに魅かれたTさん。その作品の織... [続きを読む]
  • Aさん織り上がり。そしてヤノフ絵織物の本
  • お盆前にAさんの織成技法のタペストリーが機から降りました。麻に藍の裂き布が織り込まれています。図案はもちろんAさんが作成。有機的なモチーフは観る人によって様々な印象に。イマジネーションが自由に広がる素敵な作品です。お盆に帰省する息子さん、お孫さんに丁度披露できる・・とAさんご機嫌でした。さて私のところにも[ポーランド ヤノフ村の絵織物]の本が届きました。... [続きを読む]
  • ミツバチのささやき
  • 今日はひさしぶりに映画の話題を。「ミツバチのささやき」1973年公開の映画です。何回かリバイバルになり気になりつつ チャンスがなくて観れていませんでした。7月に大分市のシネマ5にデジタルリマスター版が、かかるということでようやく足を運びました。セリフが極端に少なく、画面も暗いので前半の10分ぐらいは不覚にも居眠りをしそうだったのですが主人公アナの姉による悪戯のあ... [続きを読む]
  • 夏の教室で、いつも思うこと
  • 「今年の暑さは尋常じゃないですね〜」皆さん、そう言いながら汗を拭きふき 教室に入ってきます。クーラーの前で、一息ついて汗が引いたら それぞれの作業開始です。時々楽しいおしゃべりもしつつ織と対峙するときは切り替えて真剣な眼差し。各自集中しているときは、踏み木、筬柄、シャトルの音とCDからの音楽のみ。涼やかで 静かな時間が流れます。そんな 皆さんの様子... [続きを読む]
  • ここから、さらに拡がります
  • 梅雨も明けて九州は猛暑に突入。駅やバス停から徒歩で教室にたどり着くと皆さん汗だくです。しばし エアコンの前で「ふーっつ・・」と涼む人多数。暑い中ですが織り始めると皆さん集中してそれぞれの布と向き合っています。今丁度、織物の変化組織のサンプル作りに取り組んでいる人が5人ほどいます。平織バージョンと 綾織バージョンのサンプルを一枚づつ制作。それに合わせて組... [続きを読む]
  • 思いがけない贈り物
  • 先週木曜日雲が切れて、久しぶりに強い日差しに恵まれました。「おっ、これはチャンス!」ということでカセ糸の糊付けをすることに。藍でグラデーションに染めた経糸用の糸を干したのですが湿度が高くて、気温が高いわりになかなか乾きません。夕方には室内に取り込んで扇風機の風を当てて ようやくからっと乾きました。外で干し作業中、ポストに荷物が届きました。送り主は布屋ビルさん。中... [続きを読む]
  • ヤノフ村の織物展、最終日
  • 9日、日曜日は大分市、布屋ビルさんの「ヤノフ村の織物展」最終日でした。以前からヤノフのフィン織に関心を寄せていた[アトリエひなぎく]ひなぎこさんが福岡から来ることになり私も2日に続いて、ひなぎこさんと一緒に再び布屋ビルへ。「最終日だから、どの位織物が残っているかなあ・・・?」と二人で心配していたのですが良かった!タペストリー、クッション、マットなどそれぞれ、良い物もま... [続きを読む]