おおいた手織物語り さん プロフィール

  •  
おおいた手織物語りさん: 大分手織物語り
ハンドル名おおいた手織物語り さん
ブログタイトル大分手織物語り
ブログURLhttps://ooitateori.exblog.jp/
サイト紹介文手織物のある暮らしの中で心にとまるエトセトラ・・・制作をしながら、別府市で教室もしています。
自由文 織らぼ − こたに −
  場所:東別府駅より徒歩10分(車で3分)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/09/08 23:39

おおいた手織物語り さんのブログ記事

  • Tさん、Kさんの作品完成
  • 今日の別府は季節が一ケ月戻ったような温かさでした。教室open前に掃除をしていると、汗ばむぐらい。前回ご紹介したTさんとKさんが織り上がり機から降りました。最初はTさんのミニマフラーから。差し込み用のスリットも上手くに織れています。細かい仕上げと縮絨はこれから。経糸に余裕があり、配色が綺麗だったので「予定より長く織ろうかな?」とTさん。スリットの位置は再考の... [続きを読む]
  • ウールの恋しい季節になりました
  • すっかり更新をさぼっているうちに澄んだ冷たい風の日も増えてウールに触りたい季節になりましたね。教室でも、自然にウールを織る人が増えています。今日は三人ご紹介します。まずTさんの破れ杉綾のミニマフラー。一年前にツイードタッチのバッグを作るつもりで買っておいた綺麗な秋色ウール糸。その後お仕事などが忙しくて取り掛かれず今年、まずはミニマフラーを織ってみようということになり... [続きを読む]
  • 「にちにちこれこうじつ」
  • 今週末から、映画『日日是好日』が公開になりました。忙しい、忙しいと言いつつ茶道を永く続けている、友人のAさんに誘われて8日の先行公開を見に行ってきました。先行の6、7、8日は大分市のシネマ5bisにて午前10:00から一回のみの公開でした。9:40ごろbisに着くと、チケットを求める長蛇の列。行列は「桐島部活やめるってよ」の吉田監督の舞台挨拶の時以来の体験です。その時... [続きを読む]
  • 久しぶりの教室です
  • 大分県では先週末から国民文化祭が始りました。多彩なイベントが県内各地で開催中です。私も努めて足を運びたいと思っています。(別府公園で開催中のアニッシュ・カプーアはお薦めですよ。)さて、織物教室は1日から一週間お休みを頂いていたので9日が久しぶりの教室になりました。皆さんそれぞれ制作に励んでいます。Hさんは二重織のサンプル継続中丁寧に織っています。Tさんは昼夜織を... [続きを読む]
  • 「色彩あふれる生活のすすめ」
  • 連休初日の今日22日。OPAM(大分県立美術館)のレクチャー&ワークショップ「色をめぐる7つのお話」の第3弾に参加してきました。テキスタイルデザイナー、鈴木マサル氏によるレクチャー「What’s Textile Design?   色彩あふれる生活のすすめ」です。自身のブランド(オッタイピイヌ)をはじめマリメッコやユニクロなど国内外の数多くのブランドテキスタイルを... [続きを読む]
  • Sさん三年ぶりに復帰&教室風景
  • 織を再開したいと連絡をくださっていたSさんが火曜日の教室に来てくれました。保存しておいた経糸を機に入れて早速、千鳥格子のマフラーを織り始めました。「うわー、浦島太郎だわあ。」と言うSさん。「あれ、お休みしてから、どれぐらい経ったかな?」と私。Sさんは出産のために中断されたのです。「一番下の僕はいくつになりました?」「三才です。」もうそんなになるんですね〜。教室の皆さん... [続きを読む]
  • 今週の教室から
  • 9月の第一週。夏休みをとっていた生徒さんから「教室再開します!」という嬉しい電話が入る時期です。見学のお問合せも幾つかあり、賑やかな一週間でした。新しい作品に取り組む人も多くデザイン相談、質問にお答えしているうちにあっという間に教室の時間が過ぎついつい写真を撮り忘れてしまうんです。昨日も終了間際に気が付いて後追いで撮影。色糸効果の織を終わろうとしていたОさんに「もう一... [続きを読む]
  • 思い出の道具箱
  • 先日差し入れでいただいたクラシックな装飾が素敵な お菓子の箱。サイズにピンときて織の道具を入れてみました。綜絖通し、筬通しなどがぴったり入ります。手織用のつげの櫛は幅も長さも 誂えたようです。「よし、道具箱にしよう。」と悦に入っていると内側の金色の模様に 目が留まりました。「どこかで見たような・・。」と思ったとたん記憶が走馬灯のように 頭の中をぐるぐる回りあること... [続きを読む]
  • 賑やかな教室&Hさんのオーバーショット
  • 月末の教室はいつも賑やかです。予定していた日に 都合で来られなくなり月末最終週に 再度予約する人が多いのがその理由。織機を上手くやりくりすると狭い教室ながら結構な人数が作業できるものだなあと、感心したりして・・・。皆さん真剣に制作中。今日盛り上がりを見せたのはHさんの初めてオーバーショットが機から降りたときでした。ブルー系でさわやかにまとめてどこか北欧の香... [続きを読む]
  • 綜絖通しはお好き?
  • お盆以降 自分の制作の時間が なかなかとれず・・でした 今日から ようやく綜絖通しにとりかかりました。まだサンプル用。先は長いです。織の工程の中でも綜絖通しは面倒な作業ですが私は一番好きな作業でもあります。糸一本一本通すことが機仕掛けなわけですが願いというか、魔法(?)をかけるような気持ちで丁寧に作業します。それに糸が答えてくれるような気がしてワクワクしながら通しま... [続きを読む]
  • お盆明けの教室は・・・
  • 2〜3日涼しくなり一息ついたのも束の間。二つの台風の接近で今日の別府はとても蒸しています。法事&姪っ子のバトミントン試合応援(笑)などありお盆休みをしっかり頂いたので今日は10日ぶりの教室でした。「うわー、忘れてる〜」と皆さん。久しぶりなので織る感覚を思い出しながらじっくり織進めています。偶然二つの昼夜織が機から降りましたよ。まずTさんの初めての昼夜織。白とピン... [続きを読む]
  • 久しぶりに綿糸を精練
  • 先週の𠮷岡先生のレクチャーに刺激されたせいでしょうか?月曜日に猛烈な暑さを理由に先延ばしにしていた綿糸の精練に取り掛かりました。ここ一年自分の制作に より合う綿糸を探して様々な糸を試しています。さらっとしたガス加工、艶のシルケット、明るい晒など使う糸によって風合いがかなり違ってきます。今回は未晒のシンプルなエジプト綿。なので、しっかり精練をします... [続きを読む]
  • 「いにしえの色、千年の色」
  • 8月3日の金曜日から大分市では月遅れの七夕まつり(旧暦にしたがって)が始りました。猛暑の中ですが歩行者天国など、街中で様々なイベントが行われ盛り上がりを見せています。さて今日4日は OPAM(大分県立美術館)に於いて染色史家、染色家の𠮷岡幸雄氏のお話とワークショップがあり私も参加してきました。[染司よしおか]で染められた糸や布も展示され間近に拝見できます... [続きを読む]
  • Kさんのラーヌ織
  • 予測できない台風の動き。皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか。大分は影響が比較的少なく済んでいますが台風の速度が遅く、明日またまとまった雨の予報も。気を付けたいと思います。先週の金曜日の教室から。ゆっくり取り組んでいたKさんのラーヌ織が機から降りました。糸始末など、仕上げはこれからです。先に技法サンプルを一枚作っていたのですがサイズが大きくなったので最初緯糸の緩... [続きを読む]
  • 水曜日クラスのお二人
  • 今日ご紹介するのは水曜日参加が多いwさんとHさん。二人は、教室の中でも織った布を縫製して使えるモノにする「実用品を作る派」です。今回織計画を立てる時点でHさんはクッションカバー、wさんは暖簾と決めていました。Hさんはオーバーショットの練習を兼ねて。ブルー系で織り始めました。さわやか〜です。wさんは 明るいグリーンとやさしいグレーを使って色糸効果の中の、綾織の縞をアレ... [続きを読む]
  • テーブルーム揃い踏み
  • 今週火曜日の 教室の様子です。アッシュフォードのテーブルルームに糸を掛けている皆さん。三人が重なるのは結構珍しいんです。いつもは土曜日クラスに通うSさんが初めて火曜日に参加。「他の人が アッシュフォードの この織機に糸を掛けているのを 初めて見ました」テーブルルームを買ってまだ日の浅いSさんです。そういえば、土曜日はこの機の人が居ませんでしたね。 教室などグループで織物... [続きを読む]
  • 暑さに負けない土曜日クラス
  • 今日は土曜日クラスの様子をご紹介します。いつもは 平日に来ているTさん。夏休みに入ると お孫さんのケアが増えるので織を少しでも進めておきたいと金、土と続けて頑張ってきてくれました。技法書に出ていたオーバーショットを自分流にアレンジするためにしっかり組織図を書いています。これだけでも かなりの手間と時間がかかっていますよね。そして整経。黄色を二色使って夏らしいひまわりのイ... [続きを読む]
  • 自然のイメージを織で表現
  • 台風によるお休みを挟んで久しぶりの火曜日クラス。二つの作品が織り上がりました。まずFさんの 捩りを生かした作品。捩りを 竹の節に見立ててすっきり、のびのびと、タペストリーを織りあげました。平織と綾織も組み合わせて織の構成はすべてFさんが考えたオリジナル。引き揃えて織り込んだ糸の色合いが深みを与えていますね。Kさんの昼夜織も織終わりました。思いきった配色ですがバラン... [続きを読む]
  • OPAMの流れで・・布の本三種
  • 今日の別府は 台風一過。夏らしい晴れ間が広がりました。一方、TVでは日本各地の被害の様子が報道されています。明日も雨が続くようです。どうぞ皆さん気を付けてお過ごしください。さて、OPAMでみてきたアート&デザインの大茶会。内容は前回ご紹介しましたがもう一つの目的はミュージアムショップで、本を買うことでした。「日本の布 1」須藤玲子著 企画・発行(株)良品計画 (ピントが... [続きを読む]
  • とっても良かった「アート&デザインの大茶会」
  • 自分の着物制作が煮詰まりどうやら 中断することになりそうです。(苦笑)そこで気分転換を図ろうと今日は現在OPAM(大分県立美術館)で開催中の「アート&デザインの大茶会ーマルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ」を観るために大分へ出かけました。この三人のアーティストの作品は元々OPAMのエントランスホールに常設展示されていていわばOPAMの顔的な存在。今回は新作に... [続きを読む]
  • 織模様を控え目に使って
  • 今週、九州は梅雨時の不安定な天候が続いています。急な大雨や突風注意が必要ですね。さて最近の教室作品から2点紹介します。どちらも織模様を控え目に地模様としてに使った作品です。まず Tさんのスエデイッシュレースの作品。やや太目の シルクリネンの糸を使って。画像では、なかなか伝わりませんが上品な艶が素敵です。適度な張りがあり、麻のみの糸よりもしなやか。多目的に使えそうな布に... [続きを読む]
  • 出会いの多い6月
  • 毎年、5月の連休明けから梅雨時にかけては不思議と お問合せ、教室の見学、織物体験希望の方が多い時期です。一年の中で 比較的行事が少なく気温は安定していて 外出し易い。雨でも 室内の作業には問題なし。そんな理由からでしょうか。手織に興味をもって頂けるのはとても嬉しいこと。ぜひ始めていただきたいですね。織りを長く楽しんで貰えるようにお手伝いしたいと思っています。さて... [続きを読む]
  • 福岡レポート & Tさんのオーバーショット
  • 6日水曜日は、織物教室はお休みして工芸展&研究会のために福岡へ行ってきました。西部工芸展、染織展ともに力作が多く、大変刺激になりました。岩田屋の日本染織工芸展では普段なかなか観ることができない、アットゥシ織の帯地、琉球舞踊の時に纏う着物など珍しい作品も多く、見応えがありました。どちらの展示も会場内は撮影不可。西部伝統工芸展入口付近では久留米絣の解説VTRが上... [続きを読む]
  • 今日から西部伝統工芸展
  • 今日から福岡で西部伝統工芸展が始ります。第53回西部伝統工芸展2018年6月5日(火)〜10日(日)[入場無料・展示販売]福岡三越 9階=「三越ギャラリー」/岩田屋三越美術画廊10:00〜20:00 最終日は17:00閉館最高賞に当たる朝日新聞社大賞を久留米絣着物「小夜時雨」を制作した加藤伸子さんが受賞されました。削ぎ落したデザインがシンプルで、美しく瑞々しい印象の作品... [続きを読む]
  • 色使いに刺激をもらいます
  • 更新を怠っているうちにもう6月に入りました。今日3日は、別府市は全市一斉清掃日。家の空き地に育成(?)放置していた苧麻を抜いて、手入れを少々しました。宿根草なので、また即生えてきます。苧麻を糸にする余裕が、今は無いのですが以前こだわって植えた品種なのです。時間が取れた時に備えなるべく絶やさないように、残していこうと思っています。さて最近の教室から印象的な色の個性的... [続きを読む]