マスコミを研究 さん プロフィール

  •  
マスコミを研究さん: マスコミの暴走
ハンドル名マスコミを研究 さん
ブログタイトルマスコミの暴走
ブログURLhttp://gensen7keijiban.blog.fc2.com/
サイト紹介文現代社会の事実はどこにあるのか?マスコミの情報では分からない事実を追求・発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/09/09 00:57

マスコミを研究 さんのブログ記事

  • Web上の情報で重要なものなど、1割もない
  • インターネットの普及で情報の収集には大変便利な時代になりましたが、そこから得られる情報には限りがあります。大事なのは、その情報をどう使うか。仮説を立てて、膨大な情報を構造化し、事実を掴むことが必要。そのためには、現実を直視し、自らの潜在思念からの欠乏を生起させることが重要だと思います。以下リンクより引用。グーグルであらゆる情報に自由にアクセスできるつもりになっていても、検索の予測変換やSEOに誘導さ [続きを読む]
  • 安倍降ろしに舵を切った朝日の覚悟
  • 安倍政権の存続は、マスコミの動き方にも大きく左右される。他社の動きがどうなるか?天木直人のブログより引用します。リンク///////////////////////////////////////////////////////////////////(引用開始) 森友疑惑の文書改ざんを大スクープして安倍首相を窮地に追い込んだ朝日だが、今度は裁量労働だ。 きょう3月4日の朝日が一面トップで報じた。 裁量労働制を全社的に違法に適用し、昨年末に厚労省東京労働局から特 [続きを読む]
  • 「米国の声」は日本メディアが作った神話
  • 「辺野古への基地建設」「原発再稼働」などの「米国の声(意向)」は日本政府が演出・作出・捏造したもの。自作自演に騙されるな。以下、シャンティ・フーラ リンクより引用します。シンクタンクの新外交イニシアティブ(ND)の猿田佐世代表(国際弁護士)は18日、JCJ賞贈賞式に先立ち「日本メディアと国際報道」と題して記念講演した。辺野古への基地建設や原発再稼働などを求める「米国の声」は、日本側のロビー活動や資 [続きを読む]
  • 政府広報機関であり続けるNHK
  •  沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が8日、膵(すい)がんのため67歳でなくなられた。 沖縄県知事として日米安保体制の必要性を認めながらも、戦後73年がたつ今も沖縄に米軍専用施設の約70%が押しつけられる不条理と不平等を訴え続け、特に、普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設については強く反対の声をあげてこられた。その沖縄保守政治家のエースに対し、今年5月沖縄県民栄誉賞を授与された県出身の歌手 [続きを読む]
  • メディアリテラシーの重要性
  • 平和祈念式典においてデモが行われていたという事実は、この記事を読んで初めて知った。デモの背景には安倍政権(日本)が核兵器禁止条約に参加しなかったという事象が有り、それがこのデモを更に激しくしていたという。しかしこの記事によると、デモ自体は実は毎年行われているらしく、そうするとこれまで報道されてこなかったことに違和感を感じてしまう。NHKの報道でこういった事例が表面化したのは報道規制が敷かれていない証 [続きを読む]
  • 就活生が"残業ゼロ企業"を追い求めるワケ
  • 就活生が"残業ゼロ企業"を追い求めるのは、学生時代のアルバイトが働くことへの先入観を生んでいるよう。何故働く意欲が低いのか?活力源の転換時期だと感じる。リンク:リンクなぜ最近の新人社員や就活生は働くことの熱量が低いのか。人事ジャーナリストの溝上憲文氏は「大学時代に6割の学生がブラックバイトを経験していることが労働環境優先の企業選びの大きな要因」と分析する。どんな経験が学生を委縮させているのか――。■ [続きを読む]
  • スマホやSNSが生み出した権力
  • (リンク)より政治家を除いて、インターネットやSNSが普及する直前に権力者だったのは、メディアにかかわる仕事をしている人達だった。20世紀後半の、あの肩で風を切って歩くようなメディア業界の栄華は、経済的成功だけでなく、彼らの絶大な影響力にも支えられていた。出版や放送に携わる人達によって、人に何かを語って聞かせる力、人に影響を与える力、人を集める力、人を束ねる力は寡占されていた。ところがインターネットやS [続きを読む]
  • TVはもはやマスメディアではない
  • 日刊ゲンダイ より転載しますリンク---------------------------------ホリエモンは正しかった…TVはもはやマスメディアではない2018年7月26日 タレントになっても、食えない。テレビでは食えない時代が目の前だ。民放は全局で広告収入が前年度比でマイナスに転じた。そこには当然、視聴率争いでトップを独走してきた日本テレビも入り、肝心の視聴率でも落ち始めている。テレビ局全体の地盤沈下が止まらない。  局もあの手この手 [続きを読む]
  • 「してるふり」にご注意を
  • 地方マスコミは何故、キレがあるのか。主要マスコミは何故、権力に立ち向かえないのか。自覚しているくせに。西日本新聞(リンク)の記事からの引用です。********************************** 安倍晋三首相の政権運営を巡って「外交が得意」という評価をしばしば耳にする。新聞やテレビでも「不祥事で苦境の安倍首相が、得意の外交で挽回を図る」などの解説を見かける。 共同通信社が6月中旬 [続きを読む]
  • 朝日新聞の凋落とデジタルメディアの浸透
  • 日本の新聞で読者の信頼度が高いのは1位が日経新聞、2位地方紙、3位読売新聞、4位産経新聞、5位毎日新聞、6位朝日新聞はとなった。2012年には約762万部だったが、今年5月の販売部数は約590万部とし、約172万部ダウンとなっている。もはや“朝日離れ”というよりも、紙媒体離れと言っていいかもしれない。「朝日新聞の凋落とデジタルメディアの浸透」(リンク)(以下引用)2018年7月4日:〈朝日新聞の信頼度は日本の有力紙の中で最 [続きを読む]
  • 朝米会談と共同宣言明らかになったマスコミの嘘
  • 北朝鮮の本当のはなし より転載です。リンク----------------------------------------2018年06月13日18:30 朝米会談と共同宣言明らかになったマスコミの嘘ようやく一つの峠を越えた。史上初の朝米首脳会談では共同宣言が発表された。共同宣言を文字通り読めばわかることなのに、色眼鏡でしか読めない日本のマスコミは、とんでもない評論を垂れ流している。政府と同じく世界からカヤの外に置かれている。北朝鮮が核廃棄を切り売り [続きを読む]
  • 「言論(表現)の自由」を履き違える日本のマスコミ
  • 副島隆彦の学問道場・重たい掲示板より引用リンク==引用開始==ジョン・スチュアート・ミルの『自由論』に基づいて、日本のマスコミ報道を批判する。「個人の自由の不可侵性、言論の自由の重要さ、政府(権力)の干渉の許容範囲」を明らかにした古典的名著『自由論』は、明治4年に中村正直訳『自由之理』で刊行され、自由民権運動の柱となって日本の社会に貢献している。その内容は、「他者に危害を与えない限り、個人の行動の [続きを読む]
  • レミングの“集団自殺”はディズニーの映画制作者が作り出した
  • レミングは北極近辺に住むげっ歯類で繁殖力が高く、個体数が増えすぎると集団で入水自殺をするという説があり、人類の未来として例えられることもしばしばあります。この“集団自殺”は、ディズニーのドキュメンタリー映像が根拠となっていましたが、その映像が、映画制作者達が強引に撮影したものであることが明らかになっています。◇レミングは「集団で自殺する」という迷信はなぜ生まれたのか?リンク<Gigazine>より//// [続きを読む]