と〜ます さん プロフィール

  •  
と〜ますさん: 未来を拓く一転語
ハンドル名と〜ます さん
ブログタイトル未来を拓く一転語
ブログURLhttps://ameblo.jp/thomas-gen777/
サイト紹介文大川隆法総裁の経典の一節を紹介していきます。 あなたの人生が、さらに豊かになりますように。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/09/10 23:46

と〜ます さんのブログ記事

  • <2018.1.27>未来を拓く一転語
  • できるだけ、他の人の長所や、よいところを見るようにし、快活な心を持つよう努力することです。それが、あなたが孤独に追いやられずに、人との交わりを深くしていくコツであると思います。(大川隆法総裁『生涯現役人生−100歳まで幸福に生きる心得』第3章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.26>未来を拓く一転語
  • 修行した分だけ利益がきちんと残るのですから、忙しいとき、苦しいときほど、反省行や祈りなど、いろいろな修行をすることが大切なのです。(大川隆法総裁『感化力−スキルの先にあるリーダーシップ』第三部第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.25>未来を拓く一転語
  • 自分で自分が許せない気持ちを持っていると、それがどこかで病気となって現れてきます。ある意味では、自分で自分を処罰するわけですが、自分に対する罰点が現実化してきて、それにふさわしい病気になることがあります。(大川隆法総裁『復活の法−未来を、この手に』第2章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.24>未来を拓く一転語
  • 自由というものは、みなさんに与えられた最大の宝です。この最大の宝を最大限に生かしていない自分を発見したならば、それを今日より改めて、この自由を、本当に、人々のために、世界のために、宇宙のために生かさんとすることです。(大川隆法総裁『ユートピア価値革命』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.23>未来を拓く一転語
  • 「人間は神仏の子であり、神仏の心の一部、神仏の光の一部を宿している存在である」という人生観を持って生きるのと、「人間は偶然に生まれた存在であり、ただの土くれや機械類と同じようなものにすぎない」という人生観を持って生きるのと、どちらがあなたがたの人生にとって素晴らしいかということを、よく考えていただきたいのです。(大川隆法総裁『信仰の法−地球神エル・カンターレとは』第4章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざ [続きを読む]
  • <2018.1.22>未来を拓く一転語
  • 人間は自分の体を復元する能力を持っています。ただ、かなり忘れてしまっていて、その能力は眠っています。(大川隆法総裁『心と体のほんとうの関係。−スピリチュアル健康生活。』PartⅠ Chapter2−4)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.21>未来を拓く一転語
  • 私たちは、強くあらねばなりません。もっともっと強くなって、悪を打ち負かさなければならないのです。(大川隆法総裁『Power to the Future―未来に力を―』第3章和訳)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.20>未来を拓く一転語
  • いったん明確なイメージを心に抱いたならば、その思いを持続していくということが、とても大切なのです。(大川隆法総裁『繁栄の法則−希望実現の新理論』第3章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.19>未来を拓く一転語
  • 既成のエリート・コースからドロップ・アウトして、新しいエリート・コースを自分で切り拓く。まさに人生の醍醐味はここにつきる。(大川隆法総裁『創造の法−常識を破壊し、新時代を拓く』あとがき)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.18>未来を拓く一転語
  • 他の人から学べるものは、どんどん学ぶことが大事です。そうしたことを通してこそ、実は自分自身のなかの最良のものを掘り出すことができるのです。(大川隆法総裁『人を愛し、人を生かし、人を許せ。−豊かな人生のために。』第2部)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.17>未来を拓く一転語
  • 信仰による奇跡は、一つの宗教的な方便として、歴史上、数多く起きてきたことなので、幸福の科学においても、必要な奇跡は与えられるでしょう。ただ、一方では、人間的な努力も忘れてはなりません。奇跡だけに頼りすぎて、「当たり前のことを当たり前に行う」ということを、なおざりにしてはいけないのです。その点に気をつけなくてはならないと思います。(大川隆法総裁『逆境の中の希望−魂の救済から日本復興へ』第4章)。*゚*。 [続きを読む]
  • <2018.1.16>未来を拓く一転語
  • 「無理でしょう」と思いつつも、「いや、もしかしたらできるかもしれない」と考えていると、次第にその姿が見えてきます。そして、「自分にできることは何であるのか」ということを考えて、一鍬一鍬を打っていると、それがいつの間にか力になってくるのです。(大川隆法総裁『智慧の法−心のダイヤモンドを輝かせよ』第3章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。 [続きを読む]
  • <2018.1.15>未来を拓く一転語
  • 「今日の一日をどう使うか。今の一時間をどう使うか。その時間密度をどう上げていくか」「自分は、今日一日を生きた証として、いったい何を積み重ねられたか。一歩前進したか」ということを考えられる人は、どうあっても、結果的に見れば、「大きな仕事」を必ず遺すのです。(大川隆法総裁『「経営成功学」とは何か−百戦百勝の新しい経営学』第2章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、 [続きを読む]
  • <2018.1.14>未来を拓く一転語
  • ものごとの始まりを知るということは、自分自身を知ることであり、自分たちを知ることであり、必ず、自分たちの未来を知ることにつながってゆくのです。(大川隆法総裁『悟りに到る道−心の発見から発展へ』第4章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.13>未来を拓く一転語
  • 「他人との競争においては、最終的な勝利というものはない」と思ったほうがよいのです。戦いは、結局は自分との戦いなのです。(大川隆法総裁『アイム・ファイン−自分らしくさわやかに生きる7つのステップ』3)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.12>未来を拓く一転語
  • 「気配りでのサプライズ」や「商品やサービスの出し方での組み合わせのサプライズ」等で、相手を喜ばそうという気持ちを持っているところは、長く続くことがあるということです。(大川隆法総裁『経営の創造−新規事業を立ち上げるための要諦』第5節)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.11>未来を拓く一転語
  • 「お金がある」というのは、「よいことのために自由に使える」という意味で、非常によいことです。個人であれ、会社であれ、「正しい仕事をして、収入をあげ、そのお金を正しいことのために使いたい。そういう余裕資金が生まれるようにしたい」という気持ちを持って、事業に邁進したらよいと思います。(大川隆法総裁『繁栄思考−無限の富を引き寄せる法則』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ [続きを読む]
  • <2018.1.10>未来を拓く一転語
  • やはり、困難が数多く現れてくるなかで、奇跡だけに頼って生き抜けるわけではありません。「智慧」でもって迷いを破っていかねばならないこともあるのです。しかし、智慧にも限界があって、どうにもならないこと、にっちもさっちも行かないことも出てくるでしょう。そのときに知っておいてほしいのは、「この世というものは、もともと、パーフェクト(完全)にはできていないのだ」ということです。(大川隆法総裁『信仰の法−地球 [続きを読む]
  • <2018.1.9>未来を拓く一転語
  • やはり、「人生に勝つ」ということは、決して、他人に勝つということではありません。他人に勝つより先に、自分に勝たなければいけないのです。「自分自身に勝てないで、結果だけが来る」ということはありえないでしょう。(大川隆法総裁『凡事徹底と成功への道』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.8>未来を拓く一転語
  • 若い人たちも、今、「これからしなければいけないことは、これだけありますよ」と言われても、信じることはできないかもしれませんが、まず、「志」を立ててください。志を持ち、「こういうふうに自己実現をしていきたい。自分の目標を持っていたい」ということを思ってください。次には、「その志に向かって、自分自身を説得していくこと」が大事だと思うのです。やがて、「何ゆえに、その志を成し遂げる必要があるのか」と自問自 [続きを読む]
  • <2018.1.7>未来を拓く一転語
  • 一日一日、「今日、自分は自分の時間を十分に生きたか。大切に生きたか」「自分は、神の子として、仏の子として恥ずかしくない一日を生きたかどうか」ということを振り返る習慣を毎日持ってください。「自分の身を護る」という意味では、こういうことも非常に大事なことだと思います。(大川隆法総裁『真実の霊能者−マスターの条件を考える』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光 [続きを読む]
  • <2018.1.6>未来を拓く一転語
  • ほんとうに優れた心境の人には、自分ということを、私ということを考えないでも、一日一日が素晴らしく過ぎていくような時というものがあるのです。そういう流れていくような時、透明感あふれる時というものを大事にしていただきたいと私は思います。(大川隆法総裁『幸福の原点−人類幸福化への旅立ち』第3章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2018.1.5>未来を拓く一転語
  • 仕事となると、一見、苦しかったりすることもあったとしても、やり続けていけば、喜びもあるし楽しみもあるでしょう。また、続けるうちに、自分のスキル、要するに仕事の技量が上がっていくため、それで仕事が進んでいき、結果が見えてくると楽しくなるという点が違います。(大川隆法総裁『仕事ができるとはどういうことなのか』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。* [続きを読む]
  • <2018.1.4>未来を拓く一転語
  • ヘルメスは西洋思想の源流になりました。仏陀は東洋思想のなかの核とも言うべき存在です。この西洋の核と東洋の核が、実は、共にエル・カンターレという霊存在から出ているものであることを知ったとき、人類は地球人としての悟りに目覚めざるをえないのです。(大川隆法総裁『信仰のすすめ−泥中の花・透明な風の如く』第4章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,さまざまな価値観の違いを超えて、"ひとつ"に!今日も、光を信じて。。*゚*。,。*゚* [続きを読む]
  • <2018.1.3>未来を拓く一転語
  • 根本的に私が問うていることは、「日本人というのは、本当に文明人なのか。ほんとうに、高度に文化資本を持っている人間なのか。この国の文化・文明は、本当に肯定されるべきものであり、未来が約束されているようなものであるのか」ということです。はっきり言えば、「宗教を否定することを旨とするような論調がまかり通り、宗教を尊重、尊敬しない国家が、このまま成長・繁栄の道に入ることは許され続けるのか」ということを問う [続きを読む]