と〜ます さん プロフィール

  •  
と〜ますさん: 未来を拓く一転語
ハンドル名と〜ます さん
ブログタイトル未来を拓く一転語
ブログURLhttps://ameblo.jp/thomas-gen777/
サイト紹介文大川隆法総裁の経典の一節を紹介していきます。 あなたの人生が、さらに豊かになりますように。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/09/10 23:46

と〜ます さんのブログ記事

  • <2017.12.11>未来を拓く一転語
  • 環境のせいや外部のせいといったことが、ないとは言いません。ただ、そういうものに負けないことが大事です。あるいは、負けたときの言い訳にしないことが大事なのです。(大川隆法総裁『アイム・ハッピー−悩みから抜け出す5つのシンプルなヒント』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.12.10>未来を拓く一転語
  • 私は、考え方のかたちを非常に理論的につくっていくほうなので、かたちがきちっとできないと大きくはしないタイプなのですが、スタイルができてくると、それを加速していくタイプでもあります。ですから、幸福の科学は、これからの後半戦で、今までに見たことがないほどの大きな力を持つようになってくるはずです。それは、当事者である、当会のリーダー的立場にいる人たちにとっても、驚くような変化が出てくるでしょう。今までの [続きを読む]
  • <2017.12.9>未来を拓く一転語
  • 人間、「場所」と「暇」があると、議論をたくさんするものですが、「結果的に何も進んでいなければ、それは仕事ではない」と思わなければいけません。つまり、暇つぶしをしているということです。(大川隆法総裁『仕事ができるとはどういうことなのか』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.12.8>未来を拓く一転語
  • 天上界からの情熱を知るということは、愛の種を播かずして生きてゆくことができないと言うことなのです。(大川隆法総裁『悟りの極致とは何か−無限と永遠の果てに』第2章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.12.7>未来を拓く一転語
  • 私は、中国や北朝鮮が憎いなどと言ってません。彼らは、歴史的にも、非常に大事な人たちです。私は、彼らにも自由を与え、人間としての尊厳を与え、仏性に目覚めてほしいと思っています。そして、仏国土ユートピアをつくる仲間になってほしいのです。そのためにも、彼らが間違った価値観でガチガチに固まっているのならば、その殻を力いっぱい打ち破らなければなりません。それが、私たちに課せられた使命なのです。(大川隆法総裁 [続きを読む]
  • <2017.12.6>未来を拓く一転語
  • 四十歳を過ぎたら、「過去の話」ばかりをしないように気をつけましょう。過去の話ばかりするのは、やめたほうがよいのです。「昔は、ああだった、こうだった」という話は、愚痴のもとになるからです。(大川隆法総裁『ハウ・アバウト・ユー?−幸せを呼ぶ愛のかたち』Part3)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.12.5>未来を拓く一転語
  • 最近よく聞く、「心が折れた」という言い方をする人などは、甘い甘い?甘ちゃん?であることが多いのではないでしょうか。「にわか勉強をしたり、にわか努力をしたりしたけど駄目だった」というようなことで、すぐにへばってしまうようでは、「心が折れた」と言うに値しないと思います。もう徹底的にやってやって、凡事徹底をやりまくって、それでもうまくいかなかったときに、そう言うのならよいかもしれません。しかし、普通は、 [続きを読む]
  • <2017.12.4>未来を拓く一転語
  • この世的な人間としての生き筋のなかで、「仕事能力」や「智慧」、「経験」といったところは、貯金のように少しずつ貯めていくことが大切でしょう。「ソフトづくり」と言っては何ですが、その後、より大きな負担がかかったときにも簡単に解決がつくような「技能」とか、「判断力」とかいうものを磨いていかなくてはならないのです。(大川隆法総裁『悪魔からの防衛術−「リアル・エクソシズム」入門』第2章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.12.3>未来を拓く一転語
  • サタン(悪魔)の攻撃を受けても挫けない。この世、地上の「信仰を持っていない人たち」から攻撃や弾圧を受けても挫けない。弟子のなかで混乱が起きたり、教団分裂の動きや、さまざまな妨害などが起きたりしても挫けない。いろいろなことを経験しつつ、それでも挫けずにやり続ける。そういう力を持っていることが、大事なのではないかと思います。(大川隆法総裁『真実の霊能者−マスターの条件を考える』第2章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚ [続きを読む]
  • <2017.12.2>未来を拓く一転語
  • 私は、「まだ本当の日本の時代は来ていない」と思っています。これから最後の仕上げをし、本当の日本の時代が到来するのではないでしょうか。世界の歴史は、われわれが書き換えていかなければならないと思っています。(大川隆法総裁『日本建国の原点−この国に誇りと自信を』第4章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.12.1>未来を拓く一転語
  • 目標を実現するには、手段と過程の正しさが必要なのだ。美女と才女を同時に求めても両立しないことも多く、自分が落ちこぼれてしまうこともある。(月刊『幸福の科学』大川隆法総裁・心の指針156『光明思想と慎重さ』)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.11.30>未来を拓く一転語
  • 「水のように」「空気のように」、目立とうともせず、あたり前のことを、あたり前に、常に必要を満たしていこうと考えていると、職場でも、会社でも能率が上がってくるものです。(大川隆法総裁『仕事ができるとはどういうことなのか』まえがき)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.11.29>未来を拓く一転語
  • 知識は非常に大切な元手であり、重要な情報、役に立つ情報は一つでも多く知っておかなければなりません。(大川隆法総裁『繁栄の法−未来をつくる新パラダイム』第3章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.11.28>未来を拓く一転語
  • 「凡事徹底」とは、「平凡な人間が、自分の平凡性を十分に自覚しつつ、五年、十年、二十年、三十年と長く、日夜、改善を続けていく」ということであり、そうしているうちに、次第しだいに力量が蓄えられていくのです。それが、世の人々から認められる不動の地位を築いていくための心掛けの一つだと、私は考えています。(大川隆法総裁『凡事徹底と成功への道』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一 [続きを読む]
  • <2017.11.27>未来を拓く一転語
  • あの世に行くことを恐れる必要があるのは、地獄に堕ちる人だけです。仏の心に基づいて、やれるだけのことをやり、この世での使命をきちんと果たし、あの世についての学習も終わって、「あとは死を待つばかり」というようになった人は、ほんとうは、解放感で満たされ、「お迎えの日が待ち遠しくて仕方がない」という心境でなければいけないのです。(大川隆法総裁『幸福へのヒント−光り輝く家庭をつくるには』第4章第1節)。*゚*。 [続きを読む]
  • <2017.11.26>未来を拓く一転語
  • 日本という国は、ある意味で非常に優れた「進んだ国」ではありますが、別の意味では?非常に後れた?ところもあります。その後れたものの一つが、「宗教に対する意識」でしょう。これが非常に後れているのです。私は、その根本から、今、揺さぶりをかけています。(大川隆法総裁『正義と繁栄−幸福実現革命を起こす時』第2章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚ [続きを読む]
  • <2017.11.25>未来を拓く一転語
  • どんなにすばらしいものであっても、埋もれてしまえばそれまでです。埋もれさせないで、最後の磨きをかけ、輝きを生み出すのに必要なものが熱意なのです。(大川隆法総裁『コーヒー・ブレイク』20)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.11.24>未来を拓く一転語
  • 人間の成功のためには、学校の成績よりも大切なものがたくさんある。それは、誠実さであったり、熱意であったり、正義感であったり、挫折から立ち上がってくる力であったり、常に新しいものに関心を持ち続けていくことであったりする。(大川隆法総裁『人生に勝つための方程式−逆境や苦難をプラスに転じる秘訣』あとがき)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.11.23>未来を拓く一転語
  • もはや、自分一人の小さな信仰でとどめてはなりません。自分たちの小さな組織の範囲内で活動していればよい段階は終わったのです。これからは、世界を担うつもりで活動してください。(大川隆法総裁『伝道の法−人生の「真実」に目覚める時』第6章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.11.22>未来を拓く一転語
  • ご主人でも奥さんでもいいですが、自分自身の経済的あるいは社会的な成功というものを、自分自身の才能に帰してはいけません。自分自身の才能や能力、人柄など、「自分がよいから、こうなったのだ」というようなことを言って相手を刺激しすぎないようにしなければいけないのです。(大川隆法総裁『理想国家日本の条件−宗教立国のすすめ』第4章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように [続きを読む]
  • <2017.11.21>未来を拓く一転語
  • これからの未来を拓くのは、やはり、クリエイティブなものの考え方であり、創造的な発想なのです。その一つとして、「物事を、全部、逆にして、新しく考えてみる。正反対に考えてみる」ということが大事です。(大川隆法総裁『創造の法−常識を破壊し、新時代を拓く』第3章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.11.20>未来を拓く一転語
  • 「宗教が、この世に、さまざまな紛争や混乱を生んでいる」と言われる時代において、幸福の科学は、「宗教を善なるものとして打ち立て、推し進める」ということを目的としています。(大川隆法総裁『救世の法−信仰と未来社会』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますように。。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。, [続きを読む]
  • <2017.11.19>未来を拓く一転語
  • 要するに、「国の大事、あるいは国民の大事に関すること」は、税金を使ってきちんとやるべきだけれども、それ以外の仕事については、できるだけ規制をなくていくべきです。形式だけ整っていれば通ることになっている「認可制」においても、実質上の「許可制」になっています。なかなか認可を下ろさないことでもって、仕事をしているように見せているところがあるわけです。ここを変えなければ、全然進みません。税制と同様に、ここ [続きを読む]
  • <2017.11.18>未来を拓く一転語
  • やはり、「自分とは何か」を考えるときに、肉体を中心に自分を考えてはいけないし、肉体的幸福を中心に自分を考えてもいけません。「生きている間に、魂の観点から、あるいは、肉体を去ったあとの心の観点から、自分というものを自覚する」ことが悟りなのだということです。(大川隆法総裁『釈尊の出家−仏教の原点から探る出家の意味とは』第11節)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝える一日となりますよう [続きを読む]
  • <2017.11.17>未来を拓く一転語
  • この世の中では、世間様から見て、お役に立つ仕事をしていれば、それなりの経済的な報酬が与えられるようになっています。必ず、そうです。しかも、業種を問わず、そうなのです。つまり、自分の収入額を決定しているのは、自分自身ではなく、周りの人たち、あるいは、お客様など、世間一般の人たちなのです。(大川隆法総裁『心を癒すストレス・フリーの幸福論』第1章)。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,今こそ、光ある時!今日も、光を伝え [続きを読む]