ゆり さん プロフィール

  •  
ゆりさん: ユリノキ-夫婦始めます!・春蒔記-
ハンドル名ゆり さん
ブログタイトルユリノキ-夫婦始めます!・春蒔記-
ブログURLhttps://ameblo.jp/lily-and-dandelion/
サイト紹介文結婚準備、料理、デート小話など「夫婦を始める」をテーマに、お馬鹿エッセイ調で語っています!
自由文ユリノキ・目次

デート秘話 目次↓
http://ameblo.jp/lily-and-dandelion/entry-11373338602.html

ダーリンと私 目次↓
http://ameblo.jp/lily-and-dandelion/entry-11373090458.html

新生活準備・目次
http://ameblo.jp/lily-and-dandelion/entry-11380033335.html

結婚準備 目次↓
http://ameblo.jp/lily-and-dandelion/entry-11373358271.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/09/11 09:44

ゆり さんのブログ記事

  • +黒いもののその後・・・。+
  • 以前、+黒いもの、落としましたよ?+で、息子が拾ってきた、この黒異物。 あのあと、どうなったと思います? 増えちゃったよ。 増殖してるよ。 どうやら豆科の植物の枯れたものらしいのだが、その存在価値は、我が家では無に等しい。 昆布なら、鍋のダシにでも使うのだが。 これをダシにしたら、家族全員、病院に搬送されるだろう。 *********************************************↑応援 いただけると、大変嬉しい [続きを読む]
  • +うちのドM なウルトラマンたち+
  • 息子が保育園に行く前に、なにやらごそごそ部屋でやっている。「ママは入ってこないで。はるくん帰ってくるまでこのままにしてて!」だそうだ。息子を保育園に送った後、息子が作業していたらしい部屋に入って驚愕。 !? 股間の筋肉を鍛えているウルトラマン。懸垂をしているウルトラマン。片腕だけでぶらさがっているウルトラマン。 腕立て伏せに励むウルトラマン。背筋を鍛えているウルトラマン。 息子が帰ってくるまで、8時 [続きを読む]
  • +虫を殺すな?+
  • 息子が蟻を踏んづけている。蟻を皆殺しにするよりは、小さな生き物を大事にする心を育てたい。「はるくん、蟻はきみに悪さをしているのかい?そうじゃないなら、むやみやたらに殺すんじゃないよ。蟻だって一生懸命生きているんだからね。」 「はーい・・・。」 ー後日「あっ小バエ!!この野郎!!!!おりゃああああ!!!!!」「よっしゃああああああ!!捕まえてやったぜ!人間様をなめんなよ!」・・・小バエだって、生きている。 [続きを読む]
  • +アートと息子のとんがり口+
  • 私が絵を描いたり、工作をすることが好きなので、休日息子とアートタイムということで、ときたま創作活動をしている。そんなアートタイム。 私が思い思いに創作するのを見て、息子は決まってこんな顔をする。息子の心境を想像するとこうだ。(ママ、上手い・・・ぷぅ。ずるい・・・ぷぅ。妬ましい・・・ぷぅ。)「何、唇とがらせてるの、はるくん。ママが上手に作ってるから?」コクリ。「はるくん、ママは大人で、はるくんは4歳だよ。はる [続きを読む]
  • +黒いもの、落としましたよ?+
  • 先日、息子が保育園でよくわからないものを持って帰ってきた。!? 激しく何だろう。「はるくん、今日公園で見つけて、絶対持って帰る!ってはりきっていたんですよ〜!」「はぁ・・・そうですか。」 息子は大事そうに、謎の黒い物体(昆布か!?)を抱え、自転車の後部座席に乗った。 自転車で帰宅中、息子が自身の大事な黒昆布を落とし、ぐずりだした。「はるくんの〜〜〜!!!!!」 わざわざ黒昆布のために道を戻りたくない私。「 [続きを読む]
  • +抱きしめたい鳥の絵+
  • 4歳になった息子は、鳥の絵が描けるようになった。息子の描く鳥は、何度描いても抱きしめたくなる表情をしている。 けなげというか、あどけないというか、寒さに震えていそうというか、母鳥を待ちわびているかのようというか。「ママー。はるくん、また鳥の絵描いたよ。抱きしめたい?」 私のコメントが以前、「抱きしめたい。」だったので、今回も「抱きしめたい。」かどうか確認している。・・・うん、抱きしめたい。 ******** [続きを読む]
  • +だれが、どこで、なにをしたゲームで損したのは誰!?+
  • 先日、息子がとっている通信教材の課題で、「だれが、どこで、なにをしたゲームをしよう!」というものがあった。付録を準備し、早速、私、夫、4歳の息子でゲーム開始だ。 カードを引くと、「はるくん」が、「キッチンで」、「おしりをふる」と出てきた。 「はるくん、はーい!おしりふってきてください!」 私がゲームにノってテンションを上げて、進行役をやると・・・ 息子が急に涙目になってきた。 「はるくん、おしりふるの嫌だぁ・・・。」 以 [続きを読む]
  • +天使の名言②+
  • 前回の名言は、こちら+天使の名言①+ こどもがいると、大変なことも多いが、時々、こどもの何気ない一言に、ただならぬ感動を覚えることがる。世のパパやママは似たような経験をした人もたくさんいるだろう。******************************************** よく母親らしからぬケンカを息子とする。「なんでいきなり叩いてくるかな!!」「はるくん、ごめん!ママが大人げなかった!!兄弟げんかみたいに、たたいてごめんね!許し [続きを読む]
  • +天使の名言①+
  • こどもがいると、大変なことも多いが、時々、こどもの何気ない一言に、ただならぬ感動を覚えることがる。世のパパやママは似たような経験をした人もたくさんいるだろう。息子の一言を、「天使の名言」と称して、記事にしていこうと思う。「ママの作った料理を、そうやっておいしい!って食べてもらえるとがんばれるね〜。」「いや、ほらママは自分のためにはなかなか頑張れないけど、誰かのためだとがんばれるからさ〜。」 「・・ [続きを読む]
  • +ラブドラマと夫+
  • 独身時代、ドラマにはまると、必ず母親とディスカッションしていた。 「わかる〜〜!あのシーン超ヤバいよね。」「ていうか、あの女ムカつかない?」「あぁ、かなり面倒くさいよね、あれ。」 同じドラマを観て、共感し合えるのは楽しい。 現在、ドラマの良さを伝えられる者が、4歳のこどもと夫以外に家にいないので、夫に語ってみた。 「でね、タイムスリップしてヒロインがたくさんの皇子たちと出会って〜。」 「とりわけ、そのダークヒー [続きを読む]
  • +孫連れ動物園!父きみじの暴言+
  • 私の実家では、家族皆、言いたいことをオブラートに包まず、心のままに言う。「暴言家族」、「口から蛇家族」と言われても仕方がない。その発端となっているのは、父と母であるが、今回は父きみじのことを話そう。 ◇ 先日、息子と私、私の父母と4人で動物園へ行った。途中デイリーヤマザキが会ったので、運転していた母に昼ご飯を仕入れたらどうかと提案した。 父きみじ 「あんた、頭良いわ!!大体、動物園では、くそみてぇなものし [続きを読む]
  • +○○○のオンライン英会話講師+
  • オンライン英会話はじめました。で記事にしたとおり、私はしばしばオンライン英会話に挑戦している。 主にフィリピン人が講師を勤めているのだが、どの講師に習いたいかは、掲載されている写真や動画を見て判断する。 先日、いつものように講師の品定めをしていると、美しいフィリピン人女性の写真が目に入った。「おお!この人に習ってみよう。とりあえず目の保養だ!!」 さっそくレッスンを開始する。「Hi〜!!How are you〜?」 [続きを読む]
  • +夫にビビる小学生+
  • 先日、ゲーセンでアンパンマン号に乗った。 アンパンマン号では、乗りながらミニゲームが楽しめる。その名も、「ピコピコアンパンマン号」。https://pikoan.jp/ 息子が頑張ってバイキンマンを倒す様子を、カメラで撮ってくれる機能もあるらしい。私たち夫婦も後部座席に乗り、息子のピコピコを見守ることにしたのだが・・・突然、夫がふざけて変顔をしながら、猛烈なスピードでエアーピコピコを隣でし始めた。怖い・・・。 「ぷひゃっひゃひ [続きを読む]
  • +ウルトラマンカードゲーム、恐るべし!+
  • こどもがまだ生まれる前の頃、ショッピングモールのゲームセンターを通りかかり、ある親子を目にした。 仮面ライダーカードゲームとやらに、父と息子が張り付き、どちらかというと父親がカードファイルを抱え、やる気になっている。「あ〜あ。お父さんが夢中になっちゃってるよ。うちは、ああなりたくないね。」 ーそして現在。あーあ、なっちゃったよ。 **********************************************↑応援 いただけると [続きを読む]
  • +面倒くさがりな母親と息子②+
  • 前回記事は、こちら+面倒くさがりな母親と息子①+ 私は、一つの仕事が完結するまでは、それに集中していたい。というか、面倒くさがりだ。ある日、息子が、ちんちんが痒いと訴えかけてきた。 「ママ−!ママ−!ちんちん痒いのー。」 「ちょい、まちー。今食器洗ってるからさー。もうちょっと。そういえば、テレビ台の引き出しの中に、お医者さんから前もらったクリームあると思うから、終わったらつけてあげるよ。」←先延ばし。 [続きを読む]
  • +面倒くさがりな母親と息子①+
  • 私は、面倒くさがりだ。 息子の世話をする際も、その性格が影響してしまう。 「ママ−!!ママ−!アメ開けて〜〜。」 息子がアメの包み紙からアメを取り出したがっている。 【私の母の場合】「はい、ちょっと待ってね〜、はるくん!はい!どうぞ!」 例え、家事で忙しかろうとも、アメの包み紙をむいてあげるだろう。 【私の場合】「へいへーい。今食器洗ってるから待ってて〜。洗い終わるまで無理〜。ママ、一つのことを集中して終わ [続きを読む]
  • +ユリノキ畑に新しく加わった仲間たち+
  • 過去の記事は、こちらから、どうぞ+畑始めました。+           +ライ麦に捕まえられる+◇              【ユリノキ畑】 畑を始め、タマネギとスナップエンドウを育てようと決心した我々だが、冬の間にタマネギ2つとライ麦だけ残して、あとは全滅。 しかし春になり、寒さや雪の被害を気にせず、やっと安心して育てられることなった。 【ユリノキ畑に新しく加わった仲間たち】●カブ●大根●切り花●下 [続きを読む]
  • +ライ麦に捕まえられる+
  • +畑始めました。+で、記したとおり、スナップエンドウを春に向けて育てるにあたり、麦をそばで育てると、相乗効果で豆科の作物がよく育つというので、「ライ麦」の種を購入し、蒔くことにした。***********************************************11月が過ぎ、12月。あたりは一面の雪景色。美しい白銀色を放つ農園。 そして、スナップエンドウは、 死んだ。 その後、スナップエンドウの命の分まで、ライ麦が生長する。 月日は流れ、 [続きを読む]
  • +畑始めました。+
  • 市内を引っ越し、レンタル畑を家族で楽しむことにした。 昨年、畑をやっていた大じいじが亡くなり、なんだが彼の畑魂を受け継いだかのようである。(大じいじのエピソードは、こちら+トロピカル見舞い+ )一丁前に、クワ、でかでかシャベル、草かき、移植ごて、肥料、マルチなど、基本となるものを揃えたが・・・畑の知識なんて、何一つない。 とりあえず、種蒔いて、水蒔いて、日光あたえりゃ育つだろ、くらいの気持ちだ。 しかし [続きを読む]
  • +韓国ドラマの胸きゅんシーンを息子に見せる+
  • 最近、どはまりした韓国ドラマがある。 こ・れ・だ!!! 「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち」 なかでも、どタイプの第4皇子ソ。 ごちそうさまです!!昔から、狐っぽくて、ツンデレなSキャラが好きだった私。はまりすぎて、家事、育児、自転車走行中も劇中の歌を口ずさむ。 「イチヌンマラヨ〜サラン〜〜〜♪」 「あ〜あ、この電信柱の影にソ皇子が立っていたら良いのにな・・・。」←ただの不審者である。ソ皇子、職務質問されるだろう。 「イ [続きを読む]
  • +ブタ鼻伝来+
  • 母親が我が家に遊びに来た。 「ああ、そうそうはるくんに、プ・レ・ゼ・ン・ト!」 「なんだか、わるいね。でも良かったね、はる!」 「これなんだけど!」 ブーーーーーー!!!!!!!!!!!いらねーーーーー。!?!?!?!? 「これ何!?ブタ!?ブタの鼻!?」 「そうそう、マサ(息子=私の弟)が子どもの時、劇に使ったやつなんだけど、はるくん使うかなーっと思って。」 「いらんよ!ブタになる予定は全くない!!」 「はるくん、 [続きを読む]
  • +黒光り伝来+
  • 息子が謎の黒い塊を保育園から持って帰ってきた。なんだこれは!?本人に聞いても、「わかんない。」と言う。花瓶か!?花瓶なのか!?立ててみるが、すぐに倒れてしまった。一体、なんなんだ!よく分からなくなり、混乱したところでとりあえず振り回してみた。 うお〜〜〜〜〜〜!!!!!!!! わかったぞ! これは鬼の棍棒だ!かなり頑丈なつくりに捨てるのももったいないので、来年の節分用にと、押し入れにそっと入れた。 次の [続きを読む]
  • +トトロの森大珍道中 最終回+
  • +トトロの森大珍道中+−最終回 トトロの木と私と尿漏れ− 「クロスケの家」を去り、私たちはまた元の道を辿っていた。30分かけて「トトロの木」を目指すことになったのだ。途中あのラブホ街を歩いていたら、70〜80歳くらいのお爺さんが一人で、フラフラとラブホに入っていく。 !? 夫婦で、目配せをしながら、互いの脳裏に共通の疑問がよぎったことを悟る。 我々と同様、歩きすぎて意識が朦朧とし、「森を抜けたら、御殿が見 [続きを読む]
  • +トトロの森大珍道中 第3話+
  • +トトロの森大珍道中+−第3話 ミッションインポッシブル!クロスケの家− (第1話から読む方はこちら+トトロの森へ!大珍道中+) 「本日は終了致しました。」 「クロスケの家」を見るために、73分徒歩でやってきた我々の心に、氷山が突き刺さっていた。すると、後ろにいた5・6人の人の群れが「こどもを理由にちょっと入っちゃえばどうですか?少しくらいなら大丈夫ですよ!ほらほら!」と、声援を送ってくる。 なんだ、 [続きを読む]
  • +トトロの森大珍道中 第2話+
  • +トトロの森大珍道中+−第2話 森林伐採の先には−(第1話+トトロの森へ!大珍道中+)森の入り口に、「トトロの森15号地」と書いてある。所沢のこのエリアには、「トトロの森」という名称の森が点在しているらしい。とにかく、43分ロス分を取り戻すがごとく森を進み出した。 下調べしたところによると、「トトロの森」は、寄付金により森を買い取り、保全していく活動を元に生まれたらしい。 ガガガガガッガガガガガア [続きを読む]