リリビ さん プロフィール

  •  
リリビさん: 黒糖かりんとう
ハンドル名リリビ さん
ブログタイトル黒糖かりんとう
ブログURLhttps://ameblo.jp/6435695042/
サイト紹介文24歳です。僕が今思ったことを書いてるブログです。こんな奴いるんだ程度で読んでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/09/11 18:47

リリビ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 一人でも生きていける自分なりの生き方。
  • いつのまにやら蝉が鳴く季節は終わってしまいましたね。 20代最後の夏。何もしなかったなぁ。 悔いのないように、なんて言うけれど何をしたら良いのかよく分かんなかった。 誰かと一緒にいたい、という気持ちはあったけど、なんだか新しい出会いを求めるのも何だか少し疲れてしまった。 もう30だ。 これから先はまだ長いとわかっているけれど、目先の快楽にばっかり目が行ってしまって、やるべきことが出来ないでいる。しないでい [続きを読む]
  • 子供の頃のこういう魔法の類
  • 皆さんは「カードキャプターさくら」という漫画をご存知でしょうか? 最近は新シリーズが再開されたとしてちょっと話題にも上がりました。オタの皆様にも結構人気なのかな…? ^^) 作者はCLAMPさん。グループでいろんな漫画を描いています。(他のも結構面白いです)本作品は、とある天真爛漫な少女さくらが、魔力をもったクロウカードを集めるファンタジー?漫画です。 ずっと昔にも紹介したかな。なぜ、ここでそれを紹介したの [続きを読む]
  • どこかで過去と未来の区切りを付けなければいけなかったんだ。
  • 気づいたら、30一歩手前だ。 28の歳は、嘘とあせりに流されて、何も決められず、時間は只、過ぎていった。 何かをしなくてはいけない、という焦りはあっても、結局それに向けた努力をするわけでもない。 それが失敗を呼び、嘘を呼び、今東京に戻ってきた。 今更ながら、今の自分には何もない。 自分の本当に望むことは、ある。それはハッキリと分かっているはずなのに、でも、それをできない自分はどうしてなのだろうか。 無謀な [続きを読む]
  • 自分が結婚式に行くことで
  • 今日は知り合いの結婚式に行ってきた。 周りはちょくちょく結婚し始めて、自分も今年で29で、そろそろ家族への限界かなと思い始めていた矢先。 何だか、自分がゲイだからってだけで、自分が他人の結婚式に出ることは、負のオーラを持っていってしまうかも、って勝手に思ってました。 っていうか、実際そうなんだと思う。だから、努めて祝福しようという思いを強くしている。 新郎新婦のことが嫌いとかではない。むしろ、好きなく [続きを読む]
  • 吾輩は猫である。
  • "吾輩は猫である"。 そう、自分はこうであると確信があるから言えることだ。 僕はどうみても人間だけど、でも、そうでないものだと確信を持って言える何か、があるだろうか。 自分はこういう人間です。自分を客観的に見ることってすごい難しい。 本当の自分を隠して、演技をしていて、どこかに本当の自分が置き去りにされていたとしても、結局それは演技をしている自分、猫をかぶっている自分が、紛れもない本当なのだ。 でも、自 [続きを読む]
  • ふいに現れた人生の岐路
  • 皆さんは、ここぞの選択を迫られたとき、どうやって決めるんでしょうか。 今、僕は仕事のことで、岐路に立たされています。 今の仕事を続けるか、否か。 急な異動が決まり、この機に辞めるかの選択を迫られています。 会社に迷惑ばかりかけました。 正直今後もやっていけるかわからない。 でも、次の準備も何にもしてない。 来年29になるのに、正社員で働いてないって言ったら、人生終わってるだろう。普通に考えれば。 今の安寧 [続きを読む]
  • 嘘をつく、ということ
  • 嘘をつく 何かを隠すため。 恐怖を隠すため。 何かに対してついた嘘が大きく、大きく、なって自分ではどうしようもできなくなり、今を生きていてつらい。 生きるためについた嘘が、別の嘘を生み、それはやがて、人作った。 それは何のためか。 自分を守るためか。 つき続けなければならない嘘と、そうでない嘘が今、僕の中でこちゃまぜになり、すべてが嘘になってる。 [続きを読む]
  • 恋をする、ということ
  • 小学生の頃、すごく気になる人がいた。その人を見るとドキドキしたし、窓からその人のことを目で探してた。 その人の家に初めて遊びに行って、もう、そのときは頭が真っ白だったのかな、逆に覚えてない。 中学の時は別の人が好きになった。廊下ですれ違う度にドキドキして、逆に目を背けてしまうほどだった。 高校の時に好きだった彼は、面白くて皆の人気者だった。同じクラスになって彼が後ろの席になって、いろいろ話せて毎日ド [続きを読む]
  • 魂を置いてきた場所
  • 子供の頃、夏休みになるとよく行っていたキャンプ場がある。山奥のさらに山奥にあるそのログハウスは、小学校のころの僕だけの秘密の場所であったし、自慢できる夏の思い出だった。久しぶりに会う従兄弟たち。バーベキューに花火、カブトムシを取るために夜にバナナをしかけた。朝はなぜか鳥の放送がかかっていた。小学生のくせに朝に飲むアイスコーヒーがうまかった。忘れっぽい僕だけど、その場所での思い出だけは何故か覚えてい [続きを読む]
  • もし明日世界が滅びるとしたら
  • もし明日世界が滅びるとしたら、皆さんは何をしたいと思うのでしょうか。僕は、今までは、「いつもと同じ毎日を過ごしていたい」と思っていました。両親とか友達とかと何気ない日常を過ごしていたいと思っていました。でも、僕が過ごしたい日常って何だろう。それって、裏を返せば、普通に過ごす以外何もないから言うことなんだと思う。自分の好きなこと、嫌いなこと、それが分かってないから、普通で良いや、って諦めてたのかもし [続きを読む]
  • "でも”じゃない
  • 僕は優柔不断です。生粋。何を買うにしても、何をするにしても。”でもなぁ、”、”でも”あなたは人生を生きる上で、その選択をどうして選びますか。いつもいつでも、その選択くれていたのに。 [続きを読む]
  • 大人だって寂しいんだ。
  • 土に根を降ろし、風と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。この四季が愛おしく感じる今日この頃。もう6月ですね。そんな自分ももう28になりました。早い早い。相方を見つけることもできず、アプリと発展場を右往左往する毎日です。自分に努力が足りんのかなぁとも思うけど、結局は顔がものをいう世界。先日シンガポールに行ってきました。なんだろうね、なんかあのチャイナタウン的なものにすごい懐かしさを感じ [続きを読む]
  • I LOVE NY!
  • アクセス数が0になった。そんな日もあるんだな。はぁ、いつのまにやら既にNYから帰ってきました。帰ってきて、日本の?なことがたくさん。日本のトイレって本当にきれい。アメリカ住みたいなぁ。と思う。でも、結構難しいらしい。メトロポリタン美術館は回り切れなかった。(そのあとにお楽しみがあったので…(´∀`))グランドゼロは切なくなった。ゲイの下着店では、店員さんのスマイルに心打たれたし。指が触れたときドキドキ [続きを読む]
  • 日本人の良くないところ
  • うーん、あぁ〜。と答えがはっきりしないところ。こんにちは。今日のNYは猛吹雪です。これが毎年なのかな。久しぶりに雪見た。テンション上がるけど、大事な土曜日なのに出かけられない…。お世辞にも流暢とは言えない日本語で話すと、答えに考える時間があったり、聞いた英語を頭で理解しようとしてか、(結局分からないけど)、そういう「うーん」、「え〜っと」って言う時間が日本人、(って僕だけかな)あるようです。気をつけ [続きを読む]
  • やったぁ!!極寒!!
  • New Yorkと言えば、なんとなくこのセリフかな。しかし、私が発した言葉は、「極寒‼」一日目にしてもう、帰りたい。寒いことは予め予想してたけど、やっぱり日本でぬくぬく生活している私には、Hereの寒さはtoo coldです。東京も初冠雪されるころ、NYでも雪が降ってました。今朝はもう極寒。これが音に聞くダイアモンドダストかと、ちょっとキラキラする景色に感動するより、寒かったです。こりゃ極暖ヒートテック必須ですな。こう [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます、世間。今日は成人式でしたね。私の成人式はもう7年も前なのかと思うと、切ないというか、なんというか。今年の目標は、趣味を増やす?そして、誰か相手を見つけたい。そう、おもっちょります。電車を乗っているとき、殆どipodを聞いています。あれも、20歳の時くらいに買ってもらったやつだから、もう7年選手です。大学には、1時間以上を電車の中で過ごしていたので、大好きないきものがかりとか [続きを読む]
  • 2015年よ、さようなら。
  • あぁ、2015年も終わりだぁ。今年は皆さんにとってどんな年でしたか?2015年よ、さようなら。今年はスカイツリーのイルミネーションが綺麗だった。まぁ、一人で見に行ったんだけどな?もうカップルいっぱい。ほんと、良いなぁ、って思う。自分も最近ほんと、何したいのかよくわからない。毎年毎年こんなことの繰り返しだし、妄想にふけるわ、楽しそうなの見て、「ほっこりするわぁ」とか頭可笑しいこと思ったり。何やってるんだろう [続きを読む]
  • 過去の記事 …