RYO さん プロフィール

  •  
RYOさん: 稜の日常劇場
ハンドル名RYO さん
ブログタイトル稜の日常劇場
ブログURLhttps://ameblo.jp/takeiteasy910ryo/
サイト紹介文旅してたりしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/09/13 11:59

RYO さんのブログ記事

  • 洗車の仕事で稼いだ結果
  • カナダのワーキングホリデーも、気付けば9ヶ月が経ち、思い返せばいろいろ無かったなぁ・・・そして私は6月23日で、8ヶ月半働いた洗車の仕事を辞めました。去年の10月16日、ワーホリに切り替えて直ぐに働きはじめたこの職場。きっと私のワーホリの記憶の8割方を埋めるのは洗車の仕事でしょう。アルゼンチンまで行く旅の費用を貯める為に働いてた訳ですが、じゃぁ実際どれっくらい稼いだのよ??って事で、給与明細を全部計算したら。 [続きを読む]
  • スティーブストンのマーケット
  • ところで私が今、カナダで住んでいる場所はRICHMONDで、港町のSTEVESTON(スティーブストン)という観光地にはバスで10分ほど行ける距離。の割にには行ったことは無いその港町。そんなスティーブストンに5月27日に行ってきました。新鮮な魚介類を買う為に。スティーブストンの週末にはフィッシュマーケットが開かれるのだ。船の上で直接販売されてます。こういう雰囲気好きです。港って感じ。規模は大きい訳ではないが、活気ある。 [続きを読む]
  • お久しぶりの投稿
  • お久しぶりの投稿になりますRYOです。バンクーバーも暖かくなり21時まで明るくて温度も20度越えの日々で。すっかりシーズンが到来しました。そんなか私は、もう働きたくねぇ!!って事で6月下旬で洗車屋を辞めます。外は天気が良いのに、得るものも無く毎日同じ事の繰り返しの仕事に、ストレスは募る一方で、正直な所、もう体力も精神も限界です。レストランの仕事は8月中旬まで続ける予定です。開いた時間には路上ライブをしよう [続きを読む]
  • 拝啓、先月までの私、未来の私。
  • ここはただの通過地点だと思っていたのは先月までの私で、今の私はというと、そうでもないような気がするのは、職場と家の往復だけだった毎日を変えてくれる人が出来たからだと思う。知らなかった事を知ったりと、変化のある日常が少し楽しく思えてきた。そんなバンクーバーでは春が訪れ、陽が伸び、ハルジオンが咲き、道端には桜の花が咲いている。今月は2日も休みがあって、今日はそのうちの1日。しかしだなぁ、GOOD FRIDAYだ [続きを読む]
  • 新年に抱く思いは働きたくない。
  • 2月16日はチャイニーズニューイヤー(旧暦における正月)だった。だからなんだと言えば、その1週間前から仕事がファッキン馬鹿みたいに忙しかったくらいですかね。2つの仕事合わせて、7日間で71時間半の労働。俺こんだけ働いたんだぜーとかいう、くだらない自慢をさせてください。ところで今でこそ太陽暦(グレゴリオ暦)が主流ですが、今回のチャイニーズニューイヤーのように、旧暦を祝ったりイスラム教の国では(ヒジュ [続きを読む]
  • 妄想<現実  2018年スタート
  • 2017年もほぼ終わりの12月30日に、youtubeの(あなたにオススメ)に紹介されてた音楽(MOROHA)の(革命)という曲を、ふと聞いた。そして、その曲が終わるまで歌詞から一切目が離せなかった。心を思いっきり殴られたような感覚とでも言うのでしょう。すごい音楽を聞いてしまった・・・そんな衝撃を持ったまま2018年に突入しましたRYOです。大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。1月1日は、仕事が休みだし、のん [続きを読む]
  • 甘ったれの本気で甘ったれな私を殴ってやる
  • 結局のところ、人を大きく変えるものは、(環境)であると私は思うのだ。でなければ私が現在(12月12日現在)で20連勤なんてしてる事も。来年の目標は100連勤を目指すとか、マジで考える訳がないんだ。リアルな事を言うと私は今までの旅で合計150万円ほど親からお金借りてるし、それでも旅をしたいとかいうワガママな私をぶん殴る為に。このバンクーバー滞在の1年間は倒れるまでは本気で頑張ってみようと思うんだ。なお、現在の1 [続きを読む]
  • 北極海へ通じる道
  • 2017年11月15日、1つの道が開通した。そしてその道は、今後、チャリダーやライダーの憧れの道の1つになると睨んでいる。今までアメリカ大陸には北極海へと通じる道は1本しかなかった。アラスカ州の(ダルトンハイウェイ)だ。しかし2017年11月15日カナダにも、北極海へと通じる道が開通したのだ。(デンプスターハイウェイ)(ドーソンシティー)〜(イヌビック)を繋ぐ道で、北極圏を走る未舗装のハイウェイ。北極圏の旅を求め [続きを読む]
  • パーフェクトシフト
  • こんにちはRYOです。バンクーバーでの2つ目の仕事を無事にゲットしました。日本食レストランの皿洗い(以下ジャパレス)の仕事です。これで、朝9時〜17時 (洗車屋)18時〜22時30分 (ジャパレス)という完璧な流れのシフトを組む事が出来ました。2つの職場の距離は、徒歩10分!!我ながら素晴らしい1日の流れを作ったものだ。スーパーマーケットで売られていたサンドイッチ・・・重い。このボリュームで10ドル(900円)豚の耳は [続きを読む]
  • 褌はセーフで、ブリーフはアウトだと思います(頭にかぶる場合)
  • (君は日本人だろ?この街は、どこみても中国人ばかりだろ?もうカナダだか中国だか分かりやしないよ・・・)バスを待ってたら、白人のオッサンに話し掛けられた。私が今、住んでる街の名はRichmondカナダにありながら、人口の半分以上を中国人が占める、wikipedia大先生によると人口の53%が中国人。そもそも53%もいたら、選挙で、もし中国人優遇の法案を掲げる人がいたら、その人に投票するでしょうね。民主主義の国における50%は、 [続きを読む]
  • バンクーバー なんとか先は見えてきた・・・よね?
  • バンクーバーに到着して、ワーキングホリデービザに切り替えた後も、あれこれ、しなきゃいけない事が多く大変だった。まずは(SIN(social insurance number)の取得)社会保険番号みたいなものです、カナダで働く際には必要になります。ちゃちゃっとオフィスで申請して10分ほどで取得。無料です。次に(SIMカードの購入)仕事探したり、家探したりするのに必要になるので購入。スマホ本体は日本から持ってきたのを使う。携帯会社 [続きを読む]
  • Squamish どうやって登るの??
  • 前回のブログでSquamishでトレッキングしたあと、時間があったので、ダウンタウンまで歩いて行く。キャンプ場から片道3.5kmその途中で寄りたい所があった。先ほどまで歩いていた山のクライミングルートだ。霧の中に圧倒的存在感を見せる絶壁。さっきまで、あの上を歩いてたんだなぁ。分かりやすい地図。私が泊まってるキャンプ場が、左下なのですが、トレッキングしたり、クライミングするには、最高の立地ですな。1泊10ドルだし [続きを読む]
  • Squamish 雨の日ハイク
  • Squamishの町の名前は、なぜか知っていた。以前使っていたヘッドバンドのデザインが、Squamishをモデルにした絵だったからとか、そういう理由だけども。キャンプ場が、登山口入口にあるので、ちょっと歩いて来る。ちゃんとしたトレイルマップも購入した。税込み19ドルぐらいしたけど。(常に最悪の事態を想定して用意しろ)と、私の父が言ってたような気がするので、装備はしっかり整える。親から教わる事は沢山ある。もう一つの大 [続きを読む]
  • Lillooet〜Squamish 1/2 2桁が基本ですよ(勾配の話)
  • 泊めて貰ったガソリンスタンドにはwifiがあって、朝からコーヒーを啜り、ネットして8時に出発。10kmも走ればLillooetの町に着く。景色は最高。Lillooetの町に到着する。OLD BRIDGE雰囲気最高英語と、先住民族の言葉でしょうか?カナダには沢山の民族が住んでいますからね。(日本は単一民族なの?)って昔、ウルムチで出会ったカザフスタン人に聞かれた事がある。(そうだよ)って答えたら、こう返ってきた、(アイヌ人は日本人な [続きを読む]
  • Clinton〜Lillooet 2/2 楽しきダウンヒル
  • さて、頑張って登ってきた峠の下り坂。みよ!この開けた景色を、眺めは最高に良いんだけど、未舗装の急坂なので、フルブレーキで下っていく。10kmも出てない。雹が降ってきた、天然のかき氷!!下界は雨かなぁ・・・景色良すぎでしょ!って言いたくなるほど最高。道の両側は牧場になっている。脱走兵どうやら、私有地の牧場の中を走る道だったようだ。とてものどかで、素敵でした。交通量もないし。なお下り坂はまだまだ続く。無事にC [続きを読む]
  • Clinton〜lillooet 1/2 なんだかんだ山が1番楽しい
  • 朝の5時には雨がフライシートを叩く音がする。しょうがない、二度寝を決め込む。次に目が覚めた時には雨は止んでいたので、自転車に荷物を積み込み走り出す。Clintonの町で、今まで走ってきたHWY97号線(カリブーハイウェイ)から逸れる。ルートはこんな感じ、交通量も少なく、景色の良い、走ってて楽しい道。やっぱ自転車旅は、こういう景色を、のんびりとね。家畜が逃げ出さないようにする為の溝。オーストラリアではGRIDって言 [続きを読む]
  • 100Mile〜Clinton 古きが良きか、時代が良きか?
  • 100Mileの町を出てから、そこそこ登った気がする、って事で気付けば標高1232m100Mile〜70Mileの町の区間は常に片側二車線という走りやすい道、70Mile houseの町のガソリンスタンドで一休みしてから走り出す。出発してすぐに雨、マヂかよ。すぐに止むかと思ったら本降りになっていく、次のClintonという町までは下り坂が多い、困った事に靴の中が浸水。気温一桁の中での靴への浸水はヤバい。こりゃマズイって事で、Clintonの町でRV [続きを読む]
  • Prince george〜100MILE BGMは(調子の良い鍛治屋)
  • 朝起きたら気温が6℃近くまであった、太陽が昇れば更に暑くなる、走り出して数キロで立ち止まり、グローブを夏用に変えたり、上着を仕舞ったりする。追い越し車線ってのは基本的に登り坂に作られる、という事で、この先8Kmほどの登りなんですね。Williams lakeという町の手前です。登ったらWilliams lakeまで一気に下り。ここはデカい町なのだが、正直なところ、スーパーマーケットと、インフォメーションセンターに寄るくらいし [続きを読む]
  • Dawsoncreek〜Chetwynd 芸術の都Chetwynd
  • 遂にたどり着いた。アラスカハイウェイのゴールDawson creekアラスカのDelta JCTから長い道のりだった。  ゴールって書いてるけど。本当はここが起点マイル0交差点のど真ん中にある。アラスカハイウェイの終点の町、Delta JCTまで1398マイル。太平洋戦争で作られた道、わずか9ヶ月で作られた道過酷な自然の中に作られた道。イロイロ思う事はあるけど。一番の印象はアップダウンの多さです。インフォメーションセンターにあった [続きを読む]
  • Fort nelson〜Dawson creek 悩み出したら人生たぶんキリがない。
  • 旅をしていると、幾度なく思う事がある。あそこに行けばよかった、あの時ああしてれば良かった、あの人には失礼な事をしてしまった、あの人とまた会って酒を飲みたい、一瞬の出会いで、きっともう出会わない人たち。一瞬の景色で、きっともう見れない景色。今を全力で楽しんでいても思い出すとどこか後悔することがあったりする。ガソリンスタンドで一人の女性が話しかけてきた、かつて自転車で世界中を旅した人だった。中央アジア [続きを読む]