むらまさ さん プロフィール

  •  
むらまささん: 「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
ハンドル名むらまさ さん
ブログタイトル「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
ブログURLhttp://chema2sa.blog.fc2.com/
サイト紹介文ランドナーで日本縦断・日本一周・日本制覇を目指す自転車旅人のブログ 相棒はくまモン 果ては世界一周?
自由文日本縦断行ってきました
静岡生まれ静岡育ちの自転車乗り。自転車旅に出掛けることが生きがい。長い休みは輪行を駆使しながら日本中を走り回る。
愛車はMTB:Tarow号
ランドナー:Jirow号。
熊本でひょんなことからくまモンと出会い、共に旅をすることに…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/09/14 11:00

むらまさ さんのブログ記事

  • 弟が来たので尾道まで早朝のしまなみ海道をサイクリング
  • 2017.8.17故郷、静岡から遠く四国、愛媛は今治に移住してあっという間に3年目。学生時代の自由な時間では自転車で行こうが電車で行こうが、わりと“近かった”四国も、なんだかこの頃とても遠く感じています。つまり、なかなか盆も正月も帰れていなく、今年の暮あたりは一度帰ろうかなぁなんて考えていたところ、普段めったに連絡を取っていない弟から「しまなみを走りに行く」とのメールが。弟は、小豆島など瀬戸内の島々を巡って [続きを読む]
  • 安芸灘とびしま海道、かきしま海道キャンプツーリング
  • さてさて、久しぶりのブログ更新です。旅はもう昨年になりますが、12月初めのお話・・・・・・。冬のキャンプツーリングに久々に行きたい。ランドナーのジロー号のメンテナンスもちょうど終わったことだし、オーストリッチ製のクラシカルな4サイドバッグに、荷物、キャンプ道具一式を詰め込んで準備ok。ヒトの少ない所に行きたいと思うと、自ずと行き先は決まってくる。島。それも、できれば離島がいいですな。日程は2日間半+α。 [続きを読む]
  • ミヤタ、ロードマンをレストア。捨てられる運命にあった自転車が見事に再生
  • 納屋に眠っていた宮田、ロードマン・・・・・・・・直そう、直そうと思って一年が過ぎ、ばらしただけの状態で眠ったいた名車が・・・・・・・ついに生き返りました・・・・・・といっっても、僕はレストアなどトーシロ。ここはプロに任せなくては。というのも、ここまでレストアを試みて、道具の限界に頓挫していたわけです。ぼくの限界です。今治のレストア職人、「隊長」にお願いして、全編補修完了させていただきました。ほんと [続きを読む]
  • 面河渓:石鎚山系・仁淀川(面河川)源流
  • 愛媛県今治に移住して1年以上が過ぎた。クルマのない僕の生活圏は自転車圏内。遠くまで行ったとしても、南は松山、北は尾道といった所。このエリアはだいぶ自転車で走り尽くしている。ふとツーリングマップルを広げてみると、四国は思いのほか大きく、高知方面や徳島方面、20歳の時に自転車四国88ヶ所で通り過ぎたきりで行っていなかった場所が沢山あることに気付いた。とくに自転車ではなかなか行けないような山奥は、まだまだ訪 [続きを読む]
  • 今治ホホホ座、中山うり「マホロバ」リリースツアーライブ
  • 2016年6月25日(土)今治ホホホ座でひらかれた、中山うり「マホロバ」リリースツアーライブ、聞いてきました。実は今治は音楽が盛んな町。昔からキャバレーが多く、ジャズバンドが多く在籍。そんな背景もあって、今治の人にはジャズになじみがあったとか。今でこそ、ジャズ喫茶も数を減らしてしまいましたが、素敵なジャズ喫茶がいくつか残っていたりします。今治ホホホ座は、そんな今治で音楽ライブはもちろん、いろんな企画・イ [続きを読む]
  • VIVAコットンバーテープ、ヘンプ巻き、ウレタンニス仕上げ
  • サトシさんから譲り受けたShimano DURA ACEのブレーキレバー。耐水ペーパーとピカールで時間をかけて磨きあげてピカピカにしたので、バーテープ交換&ブレーキレバー装着!!完璧にピカピカにするにはエライ時間がかかりましたよ。ブレーキレバーのラバーは、現行品のダイアコンペのものを代用(DIA-COMPEブランケットカバー204.7)。なかなか入りにくかったですが、ムリくり入れました。ダイアコンペ製品と微妙に形が違うんですな [続きを読む]
  • ダイハツCM しまなみ海道、亀老山からの夕陽とNONSTYLE
  • 先日、撮影に参加したダイハツのCM。生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋を何度か走りぬけました(笑)出演されているNONSTYLEの石田さんと井上さん。僕らに気さくに話しかけてくれて、とても素敵な芸人さんでした。YouTubeで見ることができるようになっていたので、見てみたらばっちし写っておりますぞ。GIROのクラシカルヘルメットでシクロツーリズムしまなみ号に乗っています。ダイハツ キャスト「あなたを、日本を、おもしろく」プ [続きを読む]
  • 今治・FMラヂオバリバリ、「チャリンコ中毒」収録!
  • 今治のコミュニティFM・ラヂオバリバリの収録してきましたぞ。FMラヂオバリバリ78.9MHzhttp://www.baribari789.com/毎週土曜日19:00〜19:30 放送の自転車についてをテーマにゲストや自転車イベント、おススメスポットなどを放送する「チャリンコ中毒(パーソナリティ:隊長)」という僕にピッタリの番組。再放送は、翌週火曜日14:00〜14:30。今回の収録は、明日12月5日(土)放送分とのこと。自転車を始めたばかりの話中心で [続きを読む]
  • 滋賀、石山寺の雨と赤
  • 降り続ける雨のなかどこへ行く宛もなく閉口していたところ、ふと、石山という寺の名を思い出し、名を思い出しただけで何が有名な寺なのかも分からぬままに赴く。本堂の先は人も疎らで、今秋はいまいちと言われる紅葉も濡れて濃く暗い色合いを落とし、石山の名の由来と思われる珪灰岩は雨水に浸食される。 [続きを読む]
  • 尾道と本
  • 川端康成の「雪国」が思いの外、入って来なくて異様に時間がかかっているわけでして、読みたい本が溜まっていく一方なのですが、古本屋を巡るのは僕の趣味の1つのようなものでして、尾道に新しくできた「紙片」を始め、三軒家アパートメントの「ホホホ座」、尾道の老舗「尾道書房」を訪ね歩いていくつか仕入れてきたものの一冊は種村季弘のエッセイ本「徘徊老人の夏」でして、これは以前静岡の古本屋「水曜文庫」にて「食物漫遊 [続きを読む]
  • ランドナーという名の旅用自転車
  • 普段、あまり聞き慣れないであろう「ランドナー」という部類の自転車。いわゆる「旅用自転車」の一部類なのですが、実は日本で独自の進化をとげた伝統的なスタイルの自転車です。フロントフォークやハンドルが簡単に外せ、泥除けも分割でき、輪行に特化しているなど、日本人らしい繊細な工夫と知恵の詰まった自転車で、職人技が随所に光ります。速く走るというよりは、ゆっくり快適に長距離を走ることに特化した自転車で、キャリ [続きを読む]
  • 「あした」兼吉の丘と因島水軍スカイライン|最終話
  • 島キャンプツーリング最終話第1話 第2話 第3話 第4話最終日、今日中に今治へ帰らなくてはならない。午前中はいつものように尾道の町をうろついた。しみず食堂で飯を食ってから、渡船で向島へと渡る。大林監督の映画「あした」のロケ地、兼吉の丘。場所は地図上でわかってはいたものの、入り口やどうやっていくのかよくわからず、今まで行けてなかったここを、どうやったら行けるか道を探してみた。渡船降りてすぐの造船所 [続きを読む]
  • 歌〜戸崎フェリーを使って横島・田島の内海町をサイクリング|第4話
  • 島キャンプツーリング第4話第1話 第2話 第3話午後から雨の予報だったので、一日動かずにいようかとも思っていたが、思いの外雨が遅れているらしく、夕方から雨が降る予報へと変わっていることに気が付いた。じっとしているのも、悪くはない。ただ、どこか走りに行きたいところが出来れば、走りに行こう。とりあえず、尾道から向島へ渡船で渡った。考えてみれば、向島というこの島。今治から最も離れていることもあって、い [続きを読む]
  • とびしま大崎上島一周サイクリング〜大串・木江・垂水を走る|第3話
  • 島ツーリング第3話第1話 第2話早寝をしたら、早起きになる。夜が明ける前に目覚めて、珈琲をいれる。もちろんインスタント。UCC。太陽は山から昇った。携帯電話でしかしゃべってなかった管理人のおいちゃんが、朝集金に来た。このあたりでシーカヤックもやってらっしゃるらしい。今日も特別、予定があるわけでもないので、朝はゆっくりした。昨日は気が付かなかったが、湿地帯が広がっていた。手が入っていない感じが良かった [続きを読む]
  • 大崎上島の南西・とびしま絶景ロードと大串キャンプ場|第2話
  • 島キャンプツーリング第2話第1話ほんの15分ほどの船旅で、大崎上島の明石港へ。大崎上島に来るのは初めて。とりあえず一周してみたいと思った。自転車は左側通行ということから、島は時計回りに回るのが定石。ぼくもそれに倣って明石から西方向へ。今回、とびしま島走MAPを持って来ているので、これに情報を頼りながら。Google Mapは使わない。GPSに頼らない。もちろん迷うこともあるけど、道のつくりや山のカタチをじっくり [続きを読む]
  • 岡村島ナガタニ展望台へ登り小長港から大崎上島へ|第1話
  • 島キャンプツーリング第1話「ひさびさにキャンプツーリングがしたい。」ランドナーの師匠キャンキャンさんとの再会。シクロの家で出会う、自転車旅人。そんなこんなで、ああ、キャンプツーリングに出ていないなあと気がついた。日帰りのツーリングは休日のたんびに出かけているし、8月には阿蘇への2泊3日のツーリングにも行った。阿蘇はタイトな日程である程度の距離を走らなくてはならなかったため、ロードバイクで、しかも [続きを読む]