あぱあぱ さん プロフィール

  •  
あぱあぱさん: BILA KU INGAT 忘れ残りのインドネシア
ハンドル名あぱあぱ さん
ブログタイトルBILA KU INGAT 忘れ残りのインドネシア
ブログURLhttp://jakarta.blog63.fc2.com/
サイト紹介文インドネシア ジャカルタ駐在記、40代での失業と再就職、読書・映画メモ、自閉症、福祉・介護
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/09/16 07:40

あぱあぱ さんのブログ記事

  • 始動
  • 長い春休みが終わった。2年間をかけて、今春、准看護師の資格を得ることができた。いよいよまた、新たな学校生活が始まる。このたびは、3年をかけて、看護師をめざすことになったが、自身の能力や体力には自信があるわけではない。いけるところまで、やってみる。ただそれだけである。またしても、自分の子供と同年代の仲間や圧倒的多数の、圧倒的タフな女子たちと「学生」生活を送るパワーが、こんなおとっつあんにも、残っていて [続きを読む]
  • 2回目の『グレイテストショーマン』!
  • 『グレイテストショーマン』!…妻子を誘って二度目の『グレイテストショーマン』を劇場で。乱視やら動体視力の衰えやら、映像がなかなか頭に入ってこない年頃なので、これが大きく記憶や心の動きに影響する。ゆえに二度目の観賞では見逃した細部などに注意を傾けようと。新たな発見がテンコ盛りで、本作の味わいが深まった。演者の一瞬の目の動きが、その心情を如実に表している。しぶいぞ、ザック・エフロン! [続きを読む]
  • 准看護師免許取得
  • …准看護師試験合格できた。6割取れば受かる試験であり、ほとんど合格するけれど、マークシートで、採点も相手任せなので、自分の受験番号を確認してようやく一息ついた。試験そのものより、その対策のために行った学校での模試やら詰め込み授業の二か月余りが相当きつかった。あとは准看護師として登録すれば、その名を名のれることになる。所詮「准」看護師であるが、そのために費やしたアラフィフのこの二年を思うと、得難い資 [続きを読む]
  • 準看護学科卒業
  • 2年間の課程を無事()修了し、準看護学科卒業できました。家族やクラスメイト、周囲の人々、支えてくれた人々に感謝です。卒業式では、代表として卒業証書を登壇して授かることになり、緊張やら、男であることの孤独やら、自分が異物であることの恐縮やら、なにせこの年齢なので、かっこ悪いやら、ほうほうの体であった。看護の世界では、男は完全にマイノリティであることが、嫌というほど身に染みる。…迫りくる資格試験の結果 [続きを読む]
  • 『グレイテストショーマン』
  • 『グレイテストショーマン』 X100…すべてを凌駕するミュージックと映像。…劇場にて鑑賞。…この余韻。もっと早くから本作について知っていればよかった。テレビで予告編を一瞥した記憶があったが、内容についてはつい最近まで興味もなかった。圧倒的な「This Is Me」をはじめ、「Never Enough 」「Rewrite the Stars」など、そのシーンと歌声が反芻される。いわゆるフリークスたちにもっとスポットを当てたり、主要な人物の背景 [続きを読む]
  • 准看護師試験終了
  • 准看護師試験が無事終了した。学校に集合してバスに乗り近くの会場(大学)へ。会場の寒さに閉口したが(エアコンが効いておらず冷風が体に直撃するので参った)、緊張もなく普段通り150問のマークシートを塗り上げられた。本格的な試験は2年前の社会福祉士受験以来だ。本日学校にて自己採点し、一応(確定ではないが。マークミスなぞない限り)、受験したクラスメイトもみんな合格ラインをクリアしたとのこと。3月の正式な合格発 [続きを読む]
  • よくやった藤井そうたん!
  • 将棋の最年少プロ、藤井聡太五段(15)は17日、東京都千代田区で指された朝日杯オープン戦本戦の準決勝で羽生善治棋聖(47)=竜王=を破り、決勝で広瀬章人八段(31)に勝ち、中学生初の一般棋戦優勝を果たした。加藤一二三・九段(71)の記録を63年ぶりに塗り替える15歳6カ月の最年少優勝の記録を樹立し、わずか16日で中学生初の六段に昇段した。-infoseek news-Abema TVに感謝。この歴史的瞬間を生で見られる [続きを読む]
  • 准看護師資格試験迫る
  • 准看護師資格試験が迫ってきた。次の日曜日である。12月頃から、時間割のコマがすべて、試験対策の授業や模試の一色であった。いったいどれだけ問題を解かす気なのかと、僕はいつも訝しがっていた。そんなもん、人から言われんでも、自分でできまっせ。模試なんか受けるより、自己学習の時間を増やしたほうが効率が良いのにと心中思いながらも、欠席したら、追試みたく次の登校日に別室で補充させられるから、休みたくとも休めず、 [続きを読む]
  • 『ザ・コンサルタント』
  • 『ザ・コンサルタント』…掘り出し物。普通に面白いベン・アフレックはそんなにかっこよい俳優とは思わないが、いい役に恵まれた人生だと思う。惜しむらくは、この邦題。もっとましなタイトルもあったろうに…タイトルからは想像しづらいストーリーである。最も興味深いのは、主人公が自閉症である点。派手さはないが趣きと余韻がある。続編に大期待! [続きを読む]
  • 『屍人荘の殺人』
  • 『屍人荘の殺人』デビュー作にして前代未聞の3冠!『このミステリーがすごい!2018年版』第1位『週刊文春』ミステリーベスト第1位『2018本格ミステリ・ベスト10』第1位神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちは肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛 [続きを読む]
  • 自閉症の仲間
  • 夏から、重度自閉症の方々の支援をしている。当ケアホームでは20名の利用者がおり、全員が20歳代と若いのが特徴である。(うち女性は1名)食事の提供や入浴支援などがメインであり、夕方からの数時間が、僕に与えられたシフトである。以前、知的障がい者の通所施設で勤務した折、自閉症の方の支援もした。その経験が役立つこともある。入浴についたは、ほぼ自立しているので、軽介助である。食事もセッティングすれば、自分で食べ [続きを読む]
  • 資格試験に向けて
  • 准看護師の資格試験は2月の中旬にある。学校の方は、現在、ほとんど授業も終わり、終講試験もあと3つとなっている。ゆえに、資格試験のための補習や模擬試験などが授業に組み込まれ、これがまあ、あほらしいのである。教員に言われなくとも、資格試験の勉強くらい、自分でできまっせ。模試の自己採点やら、正答率はどのくらいとか、そんなもん、どうでもええわ。この低レベルの教員と学生を軽んじる本校の悪しき伝統は、唾棄すべ [続きを読む]
  • 看護観発表
  • 「看護観発表」終了。1年生と諸先生方の前で、「看護観」なるものを発表するのが、僕たち2年生全員に課せられたものだった。どうやら、これが、2年生における一大イベントのようで、出席者全員が正装して、まじめな面持ちで一堂に会するのは、マンガとしか言いようがない。大勢の前で、一人ずつ登壇し、マイクを用いての発表だったが、ただでさえ人前に出たくないのに、緊張するなというのが無理である。まさにとんだ茶番である。 [続きを読む]
  • 『この世界の片隅に』
  •    『この世界の片隅に』…前評判にたがわないすばらしい作品であった。だいたい「いい映画」(=自分の感覚に合う映画)は冒頭の10分くらいの直感で分かることが多い。本作もそうだった。この世界の片隅に、けなげに生きる人々…。ただただ、そんな人々にそっと声援を送りたくなる。この世界は、生きるに値する。たぶんそうなのだろう。 [続きを読む]
  • 保育園実習終了!
  • 4日間にわたる保育園実習が無事終了した。0歳児、1歳児、2歳児、3歳児のクラスを1日ずつ回り、子どもたちに癒された。0歳児クラスでは、僕の顔を見るなり男児が泣きだしたので、どうしたものかと困惑したが、徐々に懐いてくれたので安堵した。自分の顔が、純真無垢な子どもを泣かせるほど怖かったのかな、とほほ…。かけっこやお遊戯を子どもとともに行ったり、おむつ交換や更衣の援助をしていると、むくつけき僕のようなおとっつ [続きを読む]
  • 最後の病院実習中!
  • 今年度の最後の病院での実習中である。この3連休で、記録の追い込みなどするつもりが、二日間はがっつり丸一日中眠っていた。どうもこの年齢になると、何をやるにも億劫で、まずは休養したいと思ってしまう。今週の金曜まで乗り越えれば、病院の実習は終了し一息つけるが、我が子と同じくらいの年頃のナースに頭を下げて指導や助言を仰ぎながら、この年で僕はいったい何をしているのだろうと悩む気持ちを抑え込んで、一心不乱にや [続きを読む]
  • 9月の実習終了
  • 夏の終わりから怒涛の日々…休み明けはテストラッシュで、先週末まで2週間に跨る実習がようやく終わった。今回の実習はどぎついナースに公衆の面前でダメ出しを喰らい、テンションが下がりっ放しだった。人の足元を見る人種がナースの世界には圧倒的割合で多く存在していると、僕は確信している。あんな女ばかりの、ジャングルの掟が支配する世界には行きたくもないのだが、今となっては仕方がない。(無論中には、尊敬できるナー [続きを読む]
  • 『哭声 -コクソン-』
  • 『哭声 -コクソン-』…この、韓国映画はやはりすごかった。サスペンスかホラーか、ミステリーか、はたまたオカルトか、結句どうでもよくて、ひたすら引き込まれる。この監督の『チェイサー』も見たが、このセンスは只者ではない。『チェイサー』はデイカプリオ主演でハリウッドでリメイクされるとか…。それにしても、この映像と演出、脚本…、國村 隼も悪くないが、出演者の表情がなかなかに味わい深かった。娘役はちょっぴり減 [続きを読む]
  • クラスの中で親父が一匹
  • クラスの中で親父(オヤジ)は僕一人である。入学当初は40代の男が4人いたが、様々な事情で、退学、休学した。休学した方々は、復学しており、今1年生をやり直している。退学した方は、故郷を離れ、新たな人生を歩み始めている。僕がその立場になっていた可能性も大きかった。(今年もいつどうなるかはわからないが)クラスの残りの男子は4名で、20代前半が2名、30代前半が1名、そしてアラフィフの僕である。男の既婚者は僕だけで [続きを読む]
  • 『聲の形』
  • 『聲の形』…DVDにて視聴。すばらしい作品に出会った!アニメは、絵(キャラの造形)に感情移入できるかも大きな要素である。たしかに本作は絵が少しマンガチックだと思うが、そこをクリアできれば、ゴールまで一直線だった。秀逸はテーマ性であると思う。聴覚障がい者を採り上げているが、テーマはそれだけではない。各々の「聲(こえ)」が離合集散する。時を超えて、聲を知る。聞こえないけど。聞こえている。 [続きを読む]
  • 藤井4段-炎の29連勝-
  • 昨日の敗戦で、将棋棋士 藤井聡太4段の連勝が29で止まった。今の時代はリアルタイムでネット中継を視聴できるから、将棋の好きな僕たちにとって幸せなご時世である。彼の始まったばかりの棋士人生を思うと、これから幾重もの壁を突破しなければならないが。大成する可能性が大きいが、勝負の世界だから、一寸先は闇。二十歳過ぎればただの人…なんてことにならないといいな。さすがに彼の場合、これは杞憂だろう。この新星の登場 [続きを読む]
  • 5月〜6月頭の実習2個終了
  • 5月〜6月頭の実習が2個終了…2週間実習があって、1週間学校があり、また2週間の実習というスケジュールが続いている。その間仕事もあるから、心身をOFFにできる時間をもてず、そろそろ限界かなとも思う。カイゼンの原則は、「?やめる⇒?減らす⇒?変える」の順で思考することだから、不都合の生じている原因を、やめるか、減らすか、やり方を変えるしかない。現場のナースはそもそも変な奴も多いから、しかたないが、担当の教員 [続きを読む]
  • 4月の実習2個終了
  • 4月にふたつの実習が終了。高齢者関連施設と小児関連施設。病院とは趣が異なり、双方ともいい施設で大変勉強になった。実習の記録も、これまでとは異なり、徹夜をすることはなかった。秋まで断続的に続く実習のなかで、4月に「おいしい」実習先のこの二つの施設を済ませてしまったようで、これからが地獄の始まりということだ。ラッキーカードを早くも2枚使ってしまったことになる。GW明けから、大病院での2週間にわたる実習が始 [続きを読む]
  • 2年生になる。そして地獄の実習へ…
  • 50歳を前になんとか准看護学科の2年生に進級し、その余韻に浸る間もなく、またもや「実習」が始まる。不安とストレスが心の中の大半を占める。今晩寝られるかな。実習先の施設も、これまたかなり遠いので、明日は6時には出発せねばなるまい。さすがに初日から遅刻するわけにはいかない。いざ現場に放り込まれたら、恐ろしい(?)担当NSにひたすら頭を下げて、付きまとい、指導を仰ぐしかない。「なにを、どうして、どう動けばよい [続きを読む]
  • 仕事を始める
  • 2月末からまた新たに仕事を始め、ようやく1か月が過ぎ去った。全身の筋肉がバキバキ音を立てており、仕事終わりにはバタンQとなる。何の因果か、この職場も、老いも若きも女性がやけに強烈な個性と荒ぶる感情を放ち、眉を顰めることもおおい。女性はなぜ陰口が好きなのか、これは永遠の謎だ。いかんせん、またしてもオールドルーキーの僕は、仕事を一から教わる立場だから、何を言われようがじっと我慢するしかないのがつらいとこ [続きを読む]