涼香 さん プロフィール

  •  
涼香さん: すずか*ぜ便り
ハンドル名涼香 さん
ブログタイトルすずか*ぜ便り
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/suzuka1583
サイト紹介文季節の花、風景、美味しいものなど身近なものを気ままに撮っています。
自由文美しい写真を目指し、日々中古デジイチで頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2012/09/16 10:23

涼香 さんのブログ記事

  • 冬も絶景・城(じょう)沼
  • 前回は白鳥と雪のある城沼でした。今回は白鳥すらいない城沼でしたが、冬らしい澄んだ風景が広がっていました。男体山がきれいに見えていて思わずパチリ。館林で男体山を撮ることになろうとは。空の雲、沼に映る雲がある風景は本当にきれいでした。<館林市・城沼にて> [続きを読む]
  • ある日の白鳥
  • 再び多々良沼へ行ってきました。例年2月半ば頃に白鳥の飛来数が増えるのでそろそろ増えているかも、と思ったのですが、行ってみたら15羽くらい。前回より減っているではないですかほかの飛来地から集まってくる夕方の飛翔シーンも期待して・・・何組か飛んでくるも、夕陽にかぶってボツ連発。この日のコハクチョウたちは飛んできたグループが着水すると言い争っているみたいに羽ばたき、鳴き合いが続きました。暗くなってくると [続きを読む]
  • カモを撮る。
  • 再び白鳥の沼へ。いつにも増してカメラマンがずらり。後から加わった身ですから邪魔にならないよう遠慮するしかなく非常にやりにくい撮影でした白鳥が少なかったこともあり収穫なし。数だけは多いカモで気を紛らして帰ってきました。お洒落さんの男の子。この日は女の子が気になってよくよく見ると地味だと思った柄が意外に凝っているのを発見。女の子の底力でしょうか〜。<館林市・多々良沼にて> [続きを読む]
  • 花と苺
  • 珍しい‘花と苺’の組み合わせ。こうして見ると春らしくもありなかなかいいと思いませんか?苺と言えば皆さんおなじみの‘女峰’‘とちおとめ’‘スカイベリー’。これら栃木県苺の代表品種は実は我が地元にある「県農業試験場 いちご研究所」で生まれた品種なのです。ちなみに花とコラボされた苺は粒が大きいのでスカイベリーが多かったのではないかと思います。<2月10日 栃木市・「とちぎ花センター」‘花と苺のフェスティ [続きを読む]
  • ‘分福茶釜の釜玉うどん’
  • 館林の美味しいものといえば、まずうどん。‘うどんグランプリ’に優勝し一躍有名になった「花山うどん」の本店が館林にあります。グランプリに輝いたメニュー・「鬼ひも川」は以前紹介させていただきました。先日白鳥撮りに行った際久しぶりにうどんランチ。館林ならではのメニューを見つけました。狸の器の‘分福茶釜の釜玉うどん’。(上は小丼のつくセットメニュー)市内の茂林寺に「分福茶釜伝説」が伝わることから館林の新メ [続きを読む]
  • フラワーバレンタイン
  • 今日14日は‘バレンタインデー’ですが、贈る方はとっくに卒業している私にはいつも通りの日です。ただ、夫が職場で義理チョコをいただいてきますから、ホワイトデーの憂鬱がちらりとよぎる日なのです。お返しを用意するのは結局私・・・会社によっては義理チョコ廃止のところがあるそうで、その流れが大きくなってもらいたいと思ってしまいます。さて。日本では女性が男性にチョコレートを贈るバレンタインデーですが、外国では [続きを読む]
  • 苺スイーツ
  • 先週末、「とちぎ花センター」のイベントに行ってきました。栃木県は苺の大産地。‘女峰’‘とちおとめ’に加え、新品種の‘スカイベリー’もおなじみになってきました。そんな中での苺がらみのイベントですが、スイーツを初め、苺を使った様々な美味しいものが販売されており、やっぱり素通りできないわけです。時間もないことだし、今回はぐっと控えめに「苺とベリーのパウンドケーキ」「苺ミルクパン」を買いました。甘酸っぱい [続きを読む]
  • 節分草、咲いてます。
  • 地元群生地の見頃はもう少し先ですが、植物園の節分草がたくさん咲き出しています。群生地ではなかなか難しい福寿草とのコラボもできたので私的にはちょっと嬉しい。仲良しさんも。後ろ姿も可愛いですね。群生地の方も楽しみ〜<栃木市・「花乃江の郷(さと)」にて> [続きを読む]
  • 春を探しに
  • (バイカオウレン)‘春の妖精’たちが咲き始めていると聞き地元の植物園を訪れました。小さなバイカオウレンはほんと妖精そのもの。アズマイチゲがもう咲いていました。ついでに園内の春探し。マンサクは賑やかに。ミツマタのつぼみはちょっとだけ膨らんで。ネコヤナギもそれらしく。春は着々と近づいているようです。<栃木市・「花乃江の郷(さと)」にて> [続きを読む]
  • 微笑ましい城(じょう)沼の白鳥
  • 先日、初めて城沼の白鳥を見たのですが、多々良沼にいる白鳥とはちょっと違ってました。どこが?顔が黒いコが多いんです。なぜかというと・・・こっちでズボっ。あっちで仲良くズボっ(笑)水底に食べ物があるのかしら?水に浮かんでいるときも黒い足が見えてるほどなのでこのあたりはごく浅いみたいですね。で、体もこういうことになります。思わずクスッ。優雅な白鳥ではないお茶目な白鳥が見られた城沼でした。多々良沼へあっと [続きを読む]
  • 春の始まりは福寿草とともに。
  • 立春の昨日は地元の春探しへ。陽を受けた福寿草が輝くように咲いていました。明るい黄色がすぐにでも春を連れてきてくれそうですが、今週はまたまた寒くなるとか。咲き出した‘春の妖精’たちに春の暖かさを感じながらあと少し続く冬を乗り切りたいと思います。<栃木市・「花乃江の郷(さと)」にて> [続きを読む]
  • 冬の城(じょう)沼・白鳥のいる風景
  • 館林の白鳥飛来地・多々良沼(たたらぬま)やガバ沼へは毎年のように行っていますが、実は館林にはもう一ヵ所白鳥が飛来する沼があります。市の白鳥飛来情報を見ると多々良沼よりずっと多い100羽を超えていたのでどんな感じか見てきました。そこは何度も目にしてきたいつもの城沼ではなく南岸の旧「つつじが岡パークイン」(かつての公共の宿・現在閉鎖中)のすぐ裏手。雪が残っていて‘白鳥と雪’というかつてないシチュエーシ [続きを読む]
  • 透ける花
  • 青空に映える鮮やかな黄色の蝋梅も一気に春を運んでくれるようで好きですが、私が毎度ハマってしまうのが透けさせること。この花びらの透け感が大好きです。明るくしすぎると黄色が飛んでしまいますからやり過ぎ注意。今年も透ける花とたくさん遊ぶことができました。<栃木市・清水(せいすい)寺にて> [続きを読む]
  • 水仙ふたたび
  • 今回は光の中の水仙に出会えました。カメラを始める前の私は水仙は通り過ぎる花。今、カメラを通して見る水仙は春の暖かさを感じさせてくれる可愛らしい天使の一人です。やっぱり光は欠かせません。先日の大雪のためほとんどが倒れていたなかで頑張って咲いていた水仙たちです。<栃木市・清水(せいすい)寺にて> [続きを読む]
  • 赤き月の夜
  • 皆さんは夕べの皆既月食、見ることができましたか?いつもより大きく見える‘スーパームーン’ひと月に2度満月となる‘ブルームーン’そして赤い皆既月食‘ブラッドムーン’が同時に起こるという「スーパーブルーブラッドムーン」だった昨夜の月。私地域では開始から終了まで雲に隠れることなくきれいに見えました。35年ぶりということですからもちろん私もしばし月空に集中〜。・・・だったのですが、ふだん月や星はほとんど撮 [続きを読む]
  • 雪と蝋梅
  • 満開の蝋梅を撮ることができたものの、今ひとつだった気がして再び立ち寄った清水(せいすい)寺。雪が降った後も凍える日が続いたため溶けずに残る雪に囲まれた前回とは全く違う光景がありました。初めての‘雪と蝋梅’。雪ある日は足がなく家でおとなしくしているしかない私にとっては貴重なシーンとなりました。<栃木市・清水寺にて> [続きを読む]
  • 水仙
  • 花の寺である清水(せいすい)寺。今は蝋梅が満開ですが、同じ頃本堂へ続く階段の斜面には水仙もたくさん咲きます。ここの水仙のいいところは斜面のため光遊びがしやすいことですが、残念ながらこのときは太陽が山に隠れてしまったあと。蝋梅シーズンですから蝋梅コラボを。蝋梅がたくさんある観音堂周りには水仙がなく水仙のある本堂前には蝋梅がなく、遠かったりで微妙〜なものになりました<1月19日 栃木市・清水寺にて>※ [続きを読む]
  • お堂と蝋梅
  • 今年も晃石(てるいし)山麓にある清水(せいすい)寺へ。この時期観音堂への参道に蝋梅の花が咲き乱れ「蝋梅の寺」となっています。参道の蝋梅は満開でした。観音堂の中には千手観音様が安置されていますが、お堂の階段を登ると中の灯りがつき美しい観音様の姿が拝めます。格子天井の絵も雅でした。<1月19日 栃木市・清水寺にて>昨日館林に行くついでにちょっと覗いてきたところ先日の雪のため蝋梅が少々痛んでいましたがま [続きを読む]
  • 蝋梅見頃。
  • 地元の蝋梅が満開となっています。写真は1週間あまり前のもので、木によってはつぼみも多かったですが、十分賑やかでした。ここは山の麓東側なのでお昼を迎えるとすぐに日陰になってしまいます。私が‘光と影’を楽しめる時間はわずか。なかなか思うように撮れませんでしたが、優しい黄色と透き通るような繊細な花姿に癒やされました。すでに花粉症が出始めていていつものことながら香りも楽しめないのが残念です<栃木市・「四季 [続きを読む]
  • 日光の塩羊羹
  • 日光ネタが続きますが・・・昨日は仕事はお休み。晴れなのに愛車はなし。(雪があるときは雪対応のタイヤである私の車を夫が乗って行ってしまうのです)カメラお出かけができないのでたまっている録画を消化する1日でした。そんな中の1本「和風総本家」 ‘日光を支える職人たち’回では日光の水羊羹も紹介されていました。あ、そうだ!と思い出したのが塩羊羹。番組では水羊羹でしたが、塩羊羹も日光の伝統スイーツです。番組で [続きを読む]
  • ぴかぴか陽明門
  • 昨年春に撮った日光東照宮の陽明門。やっとアップすることができました。修復が終わり公開されてから2ヶ月足らずの時で金色ピカピカです。細かいところも気になりますが、‘日暮の門’ですから適当なところで切り上げるしかありません。見上げると龍がいました。裏側も表と変わらない荘厳さ。柱に巻かれていた白い布が、今は外され柄が見えるようになったそうですよ。公開から10ヶ月。このピカピカ感があるかどうか・・・早めに [続きを読む]
  • 御朱印
  • 遅ればせながら神社仏閣を参拝した際御朱印をいただくようになりました。きっかけはこれ。昨年春日光東照宮を参拝したときふと目についた陽明門竣功記念の御朱印帳。‘限定’にめっぽう弱くつい・・・な性格なものですから、素通りできませんでした。シールももらえたのでラッキーです。以来、先々でまず御朱印に走るようになっています。(輪王寺大猷院)(輪王寺逍遙園ライトアップ限定 金字御朱印)(太平山神社 正月限定御朱 [続きを読む]
  • リベンジ決定、白鳥の飛翔
  • 陽が沈んだ後も、白鳥たちをしつこく撮ってはみたものの暗くなり始めた中での撮影は私には難易度が高くて真っ黒白鳥ばかり飛んできた白鳥たちを撮る機会も何回かありましたが、まったく歯が立ちませんでした白鳥たちが飛翔する姿は好きなので今度は明るい大空に舞う姿を見たいと思います。<1月初め 館林市・多々良沼にて> [続きを読む]
  • 白鳥の沼の夕暮れ
  • 白鳥飛来地の沼は夕陽が美しいことでもおなじみ。右に見えるのは浅間山です。今回も夕陽と白鳥を狙って行ったのですが、沼に着いたのは日が落ちる寸前。美しい夕陽が見られたのはいいとして暗くなってからの白鳥フォトはほぼ全滅でしたこのときの飛来数は数十羽。今はだいぶ増えてきているそうなのでもう一度、今度はもっと早く行かなくちゃね。<1月初め 館林市・多々良沼にて> [続きを読む]