観鑑老師 さん プロフィール

  •  
観鑑老師さん: 紫微斗数開運研究室
ハンドル名観鑑老師 さん
ブログタイトル紫微斗数開運研究室
ブログURLhttp://kankando.at.webry.info/
サイト紹介文紫微斗数による開運研究ブログ。的中率抜群!中国の命術です。出生年月日時から一生の命運を推算します。
自由文思い通りに事が運ばないのはなぜ? どうして悪い事が続く? あなたは本当の自分を知っていますか? 過去を読み解き、現在の状態を理解し、未来を平順に過ごす。それが開運です。「造命」ともいいます。自分自身を理解し、ふさわしい生き方を実践する。凶を避けて吉を呼び込む準備をする。その方法を教えてくれるのが紫微斗数です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/09/17 13:22

観鑑老師 さんのブログ記事

  • 中限について
  • 紫微斗数の原典である陳希夷『紫微斗数全書』には、行運を推算する方法として「二限」という言葉が使われています。二限とは、10年運をつかさどる「大限」と、1年運をつかさどる「小限」のことを指します。(このほかに1年運をつかさどる「太歳」もある) [続きを読む]
  • 2017年開運のポイント
  • 丁酉2017年度の開運のポイントは、太陰が入っている宮にあります。ただし太陰の輝度が廟・旺であることが条件となります。不得地・落陷では全く期待できません。また、太陰が入っている宮とその三方(対宮と三合宮)に化祿・化権・化科があると、開運の可能性がグッと高まります。しかし化忌があって化権・化科がなければ、かえって悪い方向に作用します。 [続きを読む]
  • 天府臨戌有星扶、腰金衣紫
  • 例えば甲・己年生まれで、命宮が戌宮であり、天府が座している場合をいう。殺星が加われば当てはまらない。天魁・天鉞・左輔・右弼・祿・権があれば、その人は大富貴。これら吉星がなくても平常。 [続きを読む]
  • 紫府同宮、終身福厚
  • もし寅・申の2宮が命宮で、紫微・天府が同宮しており、三方に左輔・右弼・天魁・天鉞が拱照している場合これに当たる。その人は富貴間違いなく、終身福厚い。甲年生まれの人はその吉極美である。 [続きを読む]
  • 七殺朝斗、爵祿榮昌
  • 例えば寅・申・子・午の4宮が命宮・身宮で、七殺が座している場合を指す。また左輔・右弼・天魁・天鉞・文昌・文曲が照相合すれば、一生富貴栄華を誇り、あるいは吉限に遇すれば最も美しい。もし殺星が加わればこの通りではない。 [続きを読む]
  • 先富後貧、只爲運逢劫殺
  • もし命宮・身宮に正曜(甲級主星14星)があり、遷移宮もまた吉星がある場合。中年に至り、行限が絶地を巡り、かつ天空・地劫・耗星・殺星などの凶星が遇すれば、命宮・身宮は無力。裕福でもやがて貧しくなる。 [続きを読む]
  • 先貧後富、武貪同身命之宮
  • 命宮・身宮が丑・未で武曲・貪狼が同宮している場合、武曲の金が貪狼の木を剋すため、木は制化される。これによって先は貧しくても、後は富貴となる。また、三方に文昌・文曲・左輔・右弼などが拱照している場合、その人は身分が高い。行限で化祿・化権・化科に逢えば、「貴」が顕れること間違いない。 [続きを読む]
  • 廉貞・七殺、反爲積富之人
  • 廉貞は火に属し、七殺は金に属す。これは火が金を制することとなり、権力と福をもたらす。例えば廉貞が申宮・七殺が午宮に居り、命宮・身宮が遇すれば奇格となって、かえって裕福になる。 [続きを読む]