しお さん プロフィール

  •  
しおさん: ウイークエンド果樹栽培(トピックス)
ハンドル名しお さん
ブログタイトルウイークエンド果樹栽培(トピックス)
ブログURLhttp://weo.blog2.fc2.com/
サイト紹介文多種の落葉果樹栽培をしたいとの思いで、狭い庭や畑の果樹はコンパクト樹形です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/09/17 19:42

しお さんのブログ記事

  • ブドウの剪定が始まりました。
  • 昨日から今日の明け方まで西風が吹き荒れていましたが、今日は弱めの風で助かりました。庭先のサクランボ置き場の桜桃も9割の葉が飛ばされていました。下の畑1には垣根仕立てブドウが有りまして、葉も大分落ちていたので急遽、剪定してきました。雨避けビニールシートもそろそろ張り替えかも知れない、穴あきほつれが見られ出しました。剪定開始前。昨年までは短梢仕立ての一芽残しでしたが、今年から4,5芽残しで剪定しました。 [続きを読む]
  • 金柑「ぷちまる」に防鳥ネット掛け
  • 上の畑内で唯一の柑橘類は金柑の「ぷちまる」です。このぷちまるには、いくつかの異品種の高接ぎが施術されています。金柑が色着き出しますと、鳥たちは見逃してくれません。収穫まではまだ時間の掛かる色付きですが、既に突かれた痕跡が見られます。加工用に利用している金柑ですので、今年も防鳥ネットで覆っての対策を行いました。風は強めですが今日も良い天気です。少し枝整理して、ネットで防鳥対策です。今年は各高接ぎ枝に [続きを読む]
  • キウイ最終果をご訪問夫妻で総仕上げ。
  • 昨夜は久々の降雨でしたが、今朝は畑に霜が降りて冷え込みました。日中は晴天で気温も上昇し、キウイ収穫も汗ばむ程でした。来園者さんは会社時代の同僚で旦那さんとご一緒でした。同じ職場の戦友みたいな奥さんは、一時期、研究から離れたようですが現在は復帰して、活躍のご様子、嬉しいことでした。先ずは、ご訪問記念撮影です。 収穫前の畑1のキウイ棚には、紅芯系がそこそこ残っていました。 お二人はキウイ収穫が初体験 [続きを読む]
  • 果樹ブログの必需品:おもちゃが増えました。「デジカメ」
  • 果樹のホームページやブログ維持には、根気とそれなりの道具が必要です。特に果樹栽培作業を記録していく「カメラ」は必需品でしょう。しばらくの間はペンタックスの一眼レフを愛用していましたが、画像にゴミが写りだしてしまい・・現役引退となりました。その前後に、デジカメで40倍ズームの「FINEPIX S8200」を利用していましたが嵩張り、画像発色が好みでありませんでした。こちらは、古くなる前に手放しました。 その代替えと [続きを読む]
  • 柑橘類台木の「カラタチ」や「カリン」の植え付け作業です
  • 今朝も冷え込みまして、午後からは降雨予報。その予報を反映したかのように今朝の富士山には笠雲が・・。このところ降雨の無い日が続いていますので恵みの雨です。曇りがちですので、気温も10℃と寒いです。こんな時のお供は、熱いコーヒーです。 一服しながら、コーヒーをすすります。さて、今日は挿し圃場に残っていた柑橘用の台木「カラタチ」苗の堀上と移植です。 この一角に台木のカラタチを植え付けます。堀上げた「カラタチ [続きを読む]
  • 垣根仕立て梨の剪定と苗木堀!!
  • 今朝は冷えました。早朝、下の畑2に行きますと霜が降りて銀色に光っていました。漸く梨類も落葉しだしたので、垣根仕立て梨の剪定作業です。作業と言っても徒長枝の整理程度ですから小一時間で終了です。剪定前と後の様子です。剪定後 短果枝が一杯着いていました。 多少はスッキリしたでしょうか。 西側から眺めた剪定前の垣根です。 あっと言う間に完了です。 梨は防除が大変ですが、仕立て方次第で他の管理は比較的楽な果樹です [続きを読む]
  • 少ない柑橘類ですが、チョッピリ収穫してみました。
  • 今朝は2ヶ月ぶりに持病薬の補給でクリニックまで・・。血糖値や服薬中の悪玉コレステロールへの効果を調べるために採血など・・。日頃服薬している抗凝固薬の効果は色々な面で野良作業に影響します。太枝に当たった軽い打撲でも内出血、細い枝先で擦りむいただけでもタラタラと流血!!バンドエイドは必携品です。午後から、下の畑2に出かけましたが風が強かったです。西高東低の気象では、風が強まる時期になりました。果樹仲間の [続きを読む]
  • 今年最後の収穫祭りです(畑1と2のキウイ棚で・・)
  • 今朝の富士山には立派な笠雲が掛かっていました。傘雲がかかると天気は下り坂ですが、その後は小春日和のキウイ狩りには最良の天気になりました。下の畑2に9時集合。三島市から弟夫婦も定刻通りに到着し、兄夫婦と計6名での収穫です。 早生種より若干少ないので、短時間で収穫作業は終了しました。 「アップルキウイ」と「ゴールドエンペラー」です。早生黄肉種の方が多めでした。 最晩生種の「香緑」は28kgの収穫でした。 10 [続きを読む]
  • 上の畑内の剪定作業や栗の剪定など・・
  • 午前中は下の畑1に出かけて栗の剪定です。栗の木は紅葉しても落葉しにくくて、緑の葉も少し残っていましたが剪定しました。栗の木は生長が旺盛ですので、縮伐気味の剪定作業でした。「ぽろたん」と「トゲなし栗」の2本です。樹冠部を切り詰めた「ぽろたん」です。 新梢を1/4ほど切り詰めて、剪定収量です。同じ様に「トゲなし栗」も縮伐・剪定しました。 来年も、防除をしっかり実施ですね。ぽろたんの横にある「マルメロ」はまだ [続きを読む]
  • 各所で桜桃の剪定作業でした(下の畑2・庭先)
  • サクランボの葉もまだ落ちきっていませんが、庭先や下の畑1,2の桜桃樹の剪定しました。下の畑2では1本立ちも十数本有り、更にジョイント栽培の桜桃樹も健在です。ジョイントは僅か30分で終わってしまいました。今年伸びた1年枝を花芽だけ残して切り詰めますので、単純作業でした。 短時間で剪定は終了で、物足りなさを感じた次第です。 ジョイント桜桃の北端奥に植え付けて12年経過の「銀杏」があり、黄色く紅葉していました。 [続きを読む]
  • リンゴの剪定終了・洋梨の剪定など(冬季剪定)
  • 昨日・今日と小春日和の剪定日和が続いています。昨日は下の畑2のリンゴを全て剪定し終えました。15〜16本程度でしたが、午前中で完了しました。午後からは、下の畑1に出かけて洋梨の剪定などを行っていました。今日は下の畑2でスモモなどの居接ぎ苗を移植し、各種台木の穂木採取を行いました。今年は不作だったリンゴ類ですが、木を見る限りは、花芽も多く見られるので、来季は期待出来そうです。この大きさが限度のコンパ [続きを読む]
  • スモモやリンゴ、杏のせんていなど・・(下の畑2)
  • 昨日・今日の午前中は下の畑2で剪定作業でした。昨日は新調の小型チェーンソーを使って、桃やスモモ、リンゴなどの太枝整理をしました。剪定しながら翌春の接ぎ木などに使う穂木採取も行いました。バックアップ苗の準備です。 穂木採取は数数日前からやっていまして、保冷保存は発砲スチロール箱で昨年と同様です。ハスクバーナーなど3台のチェーンソーがあったのですが、果樹の枝打ちに小回りの効く小さいチェーンソーが欲しかっ [続きを読む]
  • 下の畑2で桃やスモモの剪定を少々・・
  • 朝は冷えましたが日中は風も無くて暖かさも感じます。まだ紅葉・落葉は完全では無いですが、穂木採取を兼ねて剪定作業を始めています。特に桃の落葉は早目なので剪定作業もやりやすいです。やや大きめの「桃水」でしたが、縮伐兼剪定です。切り落とした枝は、太枝を鋸で40〜50cmに切断し、細枝は剪定鋏で細かく切って株元へ・・。画像右側の太枝はチェーンソーで切り落とす予定です。 「はなよめ」もコンパクト樹形にしまし [続きを読む]
  • リンゴや柿の苗を移植しました(下の畑2)
  • 11月なのに今朝は初霜が降りました。朝、南面の隣の畑に目をやると白く霜が降りていました。例年なら12月末頃から霜や初氷なのに、今年は早い冬景色です。まだ、紅葉も始まったばかりですので異常に早い初霜です。9時過ぎから下の畑2で2015年のリンゴ苗や昨年の苗など、および昨年の居接ぎ柿苗の移植を始めました。今年は、この畑のリンゴ苗が3本枯れました。その場所に養成していた苗の移植です。リンゴ圃場には2015,2016年の居 [続きを読む]
  • 下の畑1の「次郎」柿の剪定を・・
  • 12月並の気温で寒い朝でした。例年では12月になってから野良着の冬着替えでしたが、思わずダウンのジャンバーを着込みました。急な冷え込みで落葉も追いついていませんが、下の畑1の「次郎」の剪定を実施しました。狙いは樹冠部を枝隙して、全体的に一回り小さくする剪定です。先ずは、残り果を収穫して、防鳥ネットを外しました。甘百目も2,3個有れば良いので縮伐です。(画像右の実)昨年も強剪定していましたので、勢いの良い徒 [続きを読む]
  • 甘柿の3品種を収穫しました
  • 昨日の雨は富士山では雪になった様です。今朝の「富士山」です。今年の雪は少なめな感じです。下の畑2の柿もこの「オレンジスター」を残すのみとなり、残り果的に「水島」と「花御所」が少々。 まだ完璧な色付きで無い状態ですが、少し収穫しました。オレンジ色ですので、名称通りの色付きなのかも・・。? 上の畑内では「太秋」と高接ぎの「基肄城」を収穫しています。全般的に小玉傾向でした。 画像右端の2個が「基肄城」です。 [続きを読む]
  • 下の畑2の様子見で・・
  • 今朝も冷え込んでいました。いよいよ紅葉が始まりそうな気温となった様です。畑の紅葉は柿の葉が先行していますが、ポポーや銀杏の黄色い葉が鮮やかでした。キウイ棚では晩生種が残っていまして、葉もまだ緑の葉が多いです。晩生種の「アップルキウイ」・「香緑」・「ゴールドエンペラー」などが残っています。12月の初旬にキウイ狩りの予定ですが、天候次第です。 「アップルキウイ」 「ゴールドエンペラー」 香緑系:「香緑」・ [続きを読む]
  • 下の畑2でキウイ狩り
  • 天気もまずまずの本日、下の畑2で紅芯系と黄肉系のキウイ狩りを行いました。9時過ぎから先ずは紅芯系(レインボーレッド・紅妃・紅美人)を収穫です。紅芯系の収量は昨年より多めでした。総量69kgでした。紅芯系を収穫し終えたあとは、黄肉系(ジャンボイエロー・MG-06)と今年初なりの東京ゴールド5個でした。 黄肉系の収量は59kgでした。残る黄肉(アップルキウイ・ゴールドエンペラー)と最晩生の香緑は12月の収穫予 [続きを読む]
  • 下の畑2で桃の剪定など・・・
  • 下の畑2の拡張畑には桃の幼木が数本有りまして、大分葉が落ちてきましたので早目の剪定作業です。相変わらずコンパクト樹形であることに変わりはありません。剪定前画像を残すのを忘れていた「桃紅」です。 「あぶくま」のbefore・afterです。「美月」も剪定前・後です。 樹高を下げて枝隙です。「昂紀」は一番の小木です。 「野沢白桃」は畑2にもあります。 「桃夭」もスッキリです。 畑2で一番大きい木ですが、緑線で切り落とし [続きを読む]
  • 上の畑内の柿の実が色着き出しました。
  • 各畑には柿の木がありますが、自分が植えた木ではこの畑の柿の木が一番古いです。とは言うものの4年ほど前に下の畑2に移植して枯らした太秋や富有が古株でした。残る3本は黒柿に接ぎ木したり、太秋に接ぎ木したりの多品種接ぎの柿の木です。黒柿に高接ぎの「基肄城」が良い色になったので収穫です。画像上部は過熟気味でした。やや小振りの基肄城です。 4個ほど収穫しました。 土台の黒柿ですが、粉を吹いて黒くなっています。 玉 [続きを読む]
  • 畑2拡張畑のビワやオリーブの様子など(下の畑2)
  • 今日も暖かい位の晴天です。下の畑2の拡張畑で植え付けてあったビワ苗の様子を観察です。畑2には「大五星」、「早五星」、「田中」、「クイーン長崎」などがありますが、拡張畑では「大房」、「なつたより」、「室戸早生」および昨年の接ぎ木苗「土肥」などが有ります。ビワは基本的に畑の北側に植え付けています。それでも、遅れて植え付けますとこの基本も守れないことがあります。今年初収穫の早生ビワ「室戸早生」は小粒なが [続きを読む]
  • 畑1の多品種接ぎ柿(次郎)の収穫など・・
  • 秋晴れの好天が続いています。柿の葉の紅葉はハッとする美しさを見せることがあります。今朝も、下の畑1でそんな落ち葉が目に留まりました。次郎柿に高接ぎの「甘秋」です。玉サイズもまずまずです。 本体の「次郎」はやや小振りが多いようです。 高接ぎの「いさはや」も小玉ばかりです。 「甘百目」と「いさはや」です。 今年の柿は虫や鳥害が少なくて助かりました。同じ畑にある「カリン」は大分黄色い実が多くなっていまして、 [続きを読む]
  • 下の畑1で秋色の果実を収穫
  • 11月の初日は晴天で爽やかな日になりました。次郎柿の様子見や畑の見回りをしました。リンゴは「ぐんま名月」がまだ残っていましたので、無傷の実を収穫し、他の「はるか」や小玉リンゴの「とわだ乙女」ももぎ取りました。多品種接ぎ柿の「次郎」も少しずつ色付きを増しています。昨日の朝は10℃以下だったのでそろそろ紅葉も始まりそうです。 防鳥ネットの効果は絶大で、突っつきが少なくて助かります。洋梨の残り果を回収しまし [続きを読む]
  • 今年初のキウイ収穫です(下の畑1の紅芯系)
  • 昨夜の台風22号は雨台風で、今日の吹き返しも爽やかな風程度です。土・日の降雨続きでキウイ狩りも遅れています。今日は自家消費用の下の畑1のキウイ棚から初収穫です。早生種の紅芯系キウイから着手します。畑1へは自家用車で入れないので、運搬はレジ袋に入れて何回かの運搬作業になります。取りあえず本日は一回のみの運搬でした。ザックで背負い、両手に大きめのレジ袋ですが結構重いです。途中で一休みしていましたら、行き過 [続きを読む]
  • 男の調理:マルメロジャム作り
  • 昨日、下の畑1の「マルメロ」最終果を収穫してきました。自然落下していた実も保存してありました。3,4年前に「カリンジャム」作りに挑戦しましたが、渋味が強くて保存ジャムを使用することはありませんでした。どうやら、カリンジャムと言いもののその材料は「マルメロ」だったようで、マルメロの収穫を目指していました。昨年から結実していましたが、ジャム素材としては初の収穫でした。マルメロはよく洗い産毛も綺麗に取りま [続きを読む]