ヒマ トック さん プロフィール

  •  
ヒマ トックさん: タイに恋した男の物語
ハンドル名ヒマ トック さん
ブログタイトルタイに恋した男の物語
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/katuko1943
サイト紹介文マンゴとカエルと共に暮らすのヒマ トックが 日本を拠点にタイの内外の事を主にして書いて行きます
自由文タイの田舎町に暮らして7年住んで5年日本からタイを見るのも違った角度で気づく事も多いいと思う
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/09/18 15:01

ヒマ トック さんのブログ記事

  •  アップオフヌアット、ポセイドン
  •  ポセイドンに着いた頃は、汗が滲んでいた。 階段を上がると、部屋にコンチアが案内してくれるが、上の階に行くとスーパスターと、言われる嬢が居ると聞いているが、 そこを見学したいと思っていたが、そんな事は忘れてコンチアに付行って、 嬢が良く見える席に案内される。 コンチアにサービスの良い子はと、何時もの言葉で聞いて見る。 本当はそんな答えは、余り参考にはならないのだが、 大体当たりを引く回数は少ないが [続きを読む]
  •  ラチャダー駅を目指して
  •  5時半ごろホテルを出て、BTSに乗ってアソーク駅に行き、地下鉄に乗り換えて、 ホイクワン駅まで行く事にした。 地下鉄のスクンピット駅に行くのには、大勢の人が地下鉄駅に向かって歩いて行く。 その人波につられて駅に歩いて行くと、トイレマークの案内板が有る。 BTS等の駅にはトイレが無いのが普通である。 興味が有ったので、その案内板の指示通りに歩いて行ってみた、 その両側には色々の店が出ている、勿論地下で有 [続きを読む]
  •  フットマッサジ
  •  朝ご飯を食べて、朝のバスタブに湯を入れて、朝風呂は気持ちが良い、 このホテルはお湯のでも良く、直ぐにバスタブにお湯が入るので良いと思った。 日本では朝風呂に入る事は殆どなく、これもタイでの楽しみである。 昔はタイマッサージに毎日行っていた時期も有ったが、揉み返しで体が痛くなり、 それから時々しか行かなくなったのだが、 それにしてもタイの物価の値上がりは、品物によってはたまげる。 昔タイマッサージ [続きを読む]
  • バービアの美人姉妹
  •  カフェ、テーメーを出て、ソイカーボーイを目指して歩いて行くと、 アソークの交差点にさしかかる、広い道路だから信号が変われば、素早く渡らなければ、 車の洪水の中に取り残され危険である。 無事渡ってソイカーに向かって歩いていると、屋台の様なバービアがある、 そこに可愛い女の子が目に付く、呼び止められたが、ソイカーボーイに向けて行こうとしたが、 途中に気になって再び帰って来る。 そこに有る粗末な丸椅子 [続きを読む]
  • プロンポンのカフェ、テーメに立ち寄って見る
  •   ナナプラザを出て、スクンピット通りを、ほろ酔い加減でアソークに向かって歩いていた。 2〜3年前は昼間ナナ駅を降りてソイ11に有る、旅行会社にホテル代金を支払に行っていたが。 夜この道を歩くのは十数年振りである。 少し汗をかきながら、ハンカチで汗をぬぐう、歩いているのはファラン(白人)の男女が多い。 昔と違い屋台の店が、歩道の片方にしかないので、昔と比べて歩きやすいが、 数人の人を追い抜いてふと [続きを読む]
  •  ナナプラザからソイカーボーイを目指して
  •  今回の旅の目的はあくまでも、バンコクの夜の盛り場をもう一度体験したいと、 言う思いで書いていますから、従来の記事とは異なると思いますからご了解願います。 昔一番初めに入る店はレインボー1で有ったが、彼女が出来てからそう言う店に足を踏み入れた事は無い。 彼女は何時もバンコクは空港に迎えに来ており、彼女と2人でホテルに泊まって、お金の両替と彼女の服を等を買って、 ピサノロークの田舎町に帰るのが10年 [続きを読む]
  •  金庫が開かない、ゴゴバーに行けないよ
  •  タイで私が普通過ごすのは、街に出て行く朝の部と、夜の部に分かれていて、 朝の部は前にも書いたように、ショッピングモールが開く10時過ぎに出て、 ぶらぶらしながら昼食は、ショッピングモールのフードコートで100バーツで食券を買い、 食べ物と飲み物を食べてもお釣りが有り、食券を出して20バーツ位の払い戻しが有る。 その後部屋の掃除が終わった頃の時間を見計らって、ホテルに帰り、 丁度日本の相撲がテレビ放 [続きを読む]
  •  日本とタイのカップルと美容院
  •  日本に帰って来て寒い日が続き、朝ジムに行く事も辛く休んでしまう事が多い。 タイのホテルでは、朝食込みで有るので、朝起きて朝食を食べに行き、 デパートなどが開く10時前後に、ホテルから出て行く事が多い。 朝食を食べに行った時、必ず一番先にオレンジジュースを取って来て、テーブルに置いて、 それから食べ物をテックしながら、皿に入れて行くのが毎朝の慣例となっている。 オレンジジュースを取りに行った時、ふと [続きを読む]
  •  タニヤの嬢とホテルの出来事
  •        ホテルの浴室 嬢とはタイ語で話をしながら過ごしていたが、日本語も有る程度話せるレベルで有る。 私はビールを注文して、嬢には飲み物を注文して上げるが、嬢の飲み物は料金は別料金で有る。 私は飲み放題だが、酒に弱いからビールを一杯で有るが、嬢がもう一杯良いかと聞いて来る。 再度注文して暫くすると、ママが来て嬢を連れて帰れと言う、 私はまだ行きたい所が有るので、返つ事を渋っていると、この子は [続きを読む]
  •  タニヤ通りの探求
  •  ホテルを午後8時前に出て、BTSに乗ってサラディン駅に向かう、 今日は出来ればタニヤ通りと、バッポン通りを偵察したいと思っているが、 直ぐに捕まって店に入ってしまう私の性格から、無事に見学できるか自信がない。 サラディン駅に着いて、前を歩く日本人のおじさんの後を歩いて、どうせタニヤに行くだろうと、 着いて歩くと日本料理の店で立ち止まり、どうも中で食事をするらしい。 この建物は昔中で道に迷いぐるぐる回 [続きを読む]
  •  ジムトンプソン
  •     ホテルのソファーが有る、リビング タイに行くと慣例になっている、シルクの店のジムトンプソン店に行くのである。 勿論日本の頼まれたお土産であるが、本店のスリウォン店に行っていたが、 昼のタニヤ通りを通りながら、カラオケ店の看板を見ながら歩いたものであるが、 前回からスクンピット通りソイ93の店に行っていますが、 本店だけしかないと言われていた、パジャマがスクンピット通り店しかないと言われ、  [続きを読む]
  •  ネットで出ていた屋台のラーメン屋さん
  •    ホテルのベットルーム ホテルで暇な時は、タブレットでネットの情報を見ていると、 スクンピット通りのソイ24の1に、美味しい屋台のラーメン屋さんが、有ると記事に出ていた。 そこの通りはバンコクに着いて、時間が余った時歩いた所である。 ここからはそんなに遠くなく、散歩がてら夕食を食べるのも良いと、行く事にした。 時間も太陽が沈み暗くなってきた、ソイ24の1はエロマッサジーが連なっている場所である [続きを読む]
  •  新し携帯電話でこんな事有るの
  •  先日新しい携帯電話を買ったと書きましたが、思いがけない出来事が有りました。 買って帰ってホテルで彼女に電話をして、先日書いたように初めは、 バンコクに来ると言う事になっていた。 それで日本に電話をしたいと思い、電話番号を携帯電話で打ち込んだが、 何か電話の通話の中でタイ語で話して繋がらない、 この電話では外国に通話が出来ないと思ったのである。 その後彼女がバンコクに来ないと言って来て、何回か電話 [続きを読む]
  •  彼女大いに怒る
  • ホテルベランダからの風景 食堂で朝食を食べて10時までは間が有るので、テレビを見たりしていたら、 彼女から電話が掛かって来た。 月曜日にはバンコクに行かれなくなったと、突然言い始めた。 私は来るものと期待していたのだが、弟がバンコクに車を変えかえるので、見に行く事になっていたが、 値段が高いので行かなくなったので、バンコクには行かれないと言い出した。 人を雇うか義父に頼んで来てくれと頼んだのだが、 [続きを読む]
  •  ナンシーの女
  •       ホテルのベランダから下のお屋敷の風景 階段を上がって行くとコンシアが寄って来て、ひな壇が見えるソファーに案内してくれる。 ひな壇には10人以上の嬢が座っている。 コンシアが値段の説明をしてくれるが、1700バーツだと言っていた。 私が安いねと言うと、コンシアはたまげた顔してこちらも見ていた、 先日のエロマッサ―ジでは3000バーツ以上の金を使っている。 何か飲み物はと聞いて来る、これは [続きを読む]
  • ペップリー通りのマッサジ パーラーの偵察
  •     ホテルのベランダから見た光景 朝ショッピングモールなどを回って、昼食を食べてBTSを使ってプロポン駅に帰り、 歩いてホテルの近くのセブンイレブンで、飲み物と軽食とホテルの警備員のドリンクを買い、 警備員にドリンクを渡すと敬礼して、喜んでくれる。 ホテルで彼女の電話の後は、相撲放送を日本より2時間遅れで見たり、 見ながらソファーで寝ている事も有る、 放送が終わると4時近くなり、バスタブに入って [続きを読む]
  •  彼女への電話
  •     ホテルの洗濯物を干しているが、ハンガー私が買った物 早速ホテルに帰り携帯電話で彼女に電話する、彼女が電話に出て来て話をするが、 昨年12月にタイに行く前に、1月17日に行くが来られるかと電話をすると。 バンコクまで17日に行くと返事をくれたが、 私の心が彼女と会って元に戻るか、このまま会わない方が良いか決心がつかない。 だからもう一度1月に、はっきりした事を電話すると言っていたのである。  [続きを読む]
  • 2日目の午前中の出来事(悲劇の始まり)
  •   公園内を運動中の人々 初めてのホテルの朝食をレストランに食べに行った、朝食券は2人分貰っているが、 相手が居ないので、一人で有るが、このホテルは、日本の駐在員などが多いよで、 日本食が揃、余り日本人以外の人は、レストランでは見かけなかった。 食事後は時間が余るので時間つぶしと、軽い運動と思い公園まで行き、少し歩いて一周してベンチに座り リスの姿を見ながら、座っていたが、デパートが開く時間近くに [続きを読む]
  •  夜の遊び場探求の1日目
  •  今回の旅の大きな目的の一つは、バンコクの夜の盛り場の探求で、ネットの話題の場所を、 自分の目で確かめたいと思い、目的の一つとして考えていた。 ホテルで仮眠を取って、風呂に入り夜8時位になったので、 プロポン駅近くに有る、スクンピット通りソイ24、24の1、26、のエロマッサジ店を探検する事にした。 朝時間が有ったので、その通りと有名店を下調べはしていたのであるが。 普通の人なら、一応一通りその場 [続きを読む]
  • タイ1日目の報告
  • 空港からエアポートレイルリンクとスカイトレインを乗り継いで、プロポン駅まで行き、 スクンピット通りソイ24の通りを、キャリバックを引きながら、ホテルまで歩いて行く。 ホテルには朝8時頃着いて、荷物を預けてチェックインの時間を聞くと2時と言う。 歩いてペンジャシリ公園に行き、ベンチに座り他の人の走っている姿等を、観察しながら眺めていた。 木の枝を何気なく見ると動くものが居る、 初めは鳥と思っていた [続きを読む]
  •  日本出発とタイの一日目
  •   朝から出発までの時間の余裕があるので、スポーツジムに行く事にした。 仲間にはタイに行くと言う話はしていない、外野席が煩いので、控えていたのである。 特に親しい仲間に話すと、驚いていた。 昨年は空港に早く行きすぎて、2時間以上待機していて、待ちくたびれていたので、 今回は1時間前ぐらいに行けば、よいと思っていたのだが、 この空港は山の中に有り、公共交通はバスだけと言う不便な空港で、高速道路に事故 [続きを読む]
  •  日本は寒いです。
  •  何とか日本に帰って来ましたが、10日近くも離れていると、 タイの日常が身に付いて、日本の生活を忘れ気味で、どの様な服装をしていたか、 思い出すのに少し時間が掛かりました。 タイでは何時も半袖で、ホテルでは一日中クーラーを掛けた生活が、 帰って来た夜は飛行場での温度は−4℃ですから、それは堪えましたね。 今回は完全な一人旅行でしたので、10数年振りと思いますが、 今浦島でバンコクの盛り場を、訪ねて [続きを読む]
  •  タイに行って来ます。
  •  昔と違いタイに行くと言っても余り興奮しません。 今回も前回と同じ朝5時着ですので、その後の時間をどの様に過ごすか、頭が痛い所です。 前回は疲れなので、翌日から酷い下痢に見舞われて、前半の殆どの日にちを下痢との格闘の日々でした。 今回はその過ちを繰り返さないように、体の事を考えて、前半は抑え気味に過ごしたいですが、 その場にならなきゃ、これまた思うようには行かないと思います。 帰って来たら、楽し思 [続きを読む]
  •  タイ人との違いって
  •   タイに住み始めた時、タイの女性がこんなに強いとは思っていませんでした。 その頃は男性が入り婿として、女性の家に入って来ていたとは知りませんし、 彼女の兄弟は嫁を貰っていた物ですから、日本と同じようなものと思っていました。 彼女は本当は親を見なければならなかったのですが、 私が人嫌いであるし、ファラン(白人)の結婚した家庭が、親と暮らすと問題が多く発生して、 離婚の原因になっているので、弟夫婦に [続きを読む]
  •  昔の良い時を忘れられない人
  •  ネットをのぞいていると、ゴ―ゴバーに働く女性との話を書いているが、 女性が人気店に変わると、段々と女性との仲が悪くなって行き、最後は喧嘩別れとなって仕舞うのだが、 タイには多く有る話であるが、何と無く同情をするのであるが、 人気店に変わると競争激しくなり、売り上げで待遇も変わって行き、 その地位を維持していくのは、年々難しくなり、ストレスも溜まって行くのだろう。 田舎町で暮らして居る時、近所の娘 [続きを読む]