hasenfus さん プロフィール

  •  
hasenfusさん: 徒然なるままに欧州・ドイツ特許実務
ハンドル名hasenfus さん
ブログタイトル徒然なるままに欧州・ドイツ特許実務
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hasenfus/
サイト紹介文ミュンヘンで働く日本弁理士が、欧州・ドイツ特許実務に役立ちそうな情報を書き記していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/09/21 15:43

hasenfus さんのブログ記事

  • 口頭審理 ノンネイティブの戦略
  •  欧州特許弁理士になってから補助者としてではなく担当者として口頭審理を任されることが増えました。しかしながらドイツ語も英語もネイティブではない私にとっては口頭審理においてまともに戦ったのでは明らかに不利です。このため語学面の弱点をカバーし少しでも口頭審理... [続きを読む]
  • 英語で読めるドイツ特許実務の書籍
  • 近年特に日本においてはドイツの特許実務に関する情報の需要が高まってきていると感じます。しかしながらドイツ語での特許実務に関する情報および書籍は日本人にとってはアクセスすることは困難です。そこで「ドイツ語は苦しいけど英語なら」という方向けに英語で書かれた... [続きを読む]
  • EPOでは分割出願はお早目に
  • 審査の終盤、特許出願が査定になりそうになったときに、分割出願をして原出願でカバーしきれなかった実施形態の権利化を目指すという手法は日本では一般的です。しかしながら欧州特許庁では審査の終盤になって初めて分割出願の要否を検討するのではなく、審査開始の時点から... [続きを読む]
  • 新規顧客開拓活動の分析
  • I.背景: 私が勤務先の事務所から与えられているタスクの一つとして日本における新規顧客開拓があります。この新規顧客開拓は事務所にとっては確かに大切なことなのですが、既存のお客様にとってはなんら価値を生み出していないにも関わらずかなり時間と手間がかかります... [続きを読む]
  • ダブルパテントの制限がないEPC加盟国
  • 多くのEPC加盟国では同一出願人によるダブルパテントを避ける趣旨から同一の対象物が欧州特許と国内特許との両方で保護される場合は、国内特許が制限されます。例えばドイツでは以前の記事でも説明したように欧州特許と同一の優先権を主張するドイツ出願について特許が付与... [続きを読む]
  • Foot note solutionが見られるクレーム
  • ドイツには欧州特許庁において悪名高い「Inescapable Trap」を回避することができる「Foot Note Solution」という逃げ道が容易されています(Inescapable trapってなに?Foot Note Solutionってなに?という方はNGB社の当該記事に分かりやすく説明されていますのでご参照下さ... [続きを読む]
  • 【2017年】出没予報【9月・10月】
  • 9月、10月の私長谷川の日本での出没予報(仮)です。9月 25日(月) 東京 知財協 研修講師 26日(火) 大阪 知財協 研修講師 27日(水) 愛知 顧客訪問 28日(木) 大阪 顧客訪問 29日(金) 東京 顧客訪問10月  2日(月) 東京 顧客... [続きを読む]