kabukumono(執行雅臣) さん プロフィール

  •  
kabukumono(執行雅臣)さん: 執行雅臣 東京ファッションと街歩きのブログ
ハンドル名kabukumono(執行雅臣) さん
ブログタイトル執行雅臣 東京ファッションと街歩きのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/3819tune1224/
サイト紹介文街を歩き、気になること・見たこと・感じたこと・得したこと・・・をこまめに書いていこう。
自由文自己紹介
「装苑」、「ハイファッション」、「MR.ハイファッション」などファッション雑誌編集者&編集長として長く生きてきました。女性9割男性1割の世界です。男性との関係経験なしです。オカマの友達はたくさんいます。面倒くさい女性よりオカマと一緒の方が楽しい。 そんな私はKABUKUMONOこと執行雅臣です。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供652回 / 365日(平均12.5回/週) - 参加 2012/09/22 15:29

kabukumono(執行雅臣) さんのブログ記事

  • 街歩きで見つけた動物たち、犬、パンダ、恐竜、ライオン、鶏、クジラ
  • 街歩きをしていて、見かけた生きていない動物たちを撮っている。意外にいろん動物がいるものだ!墨田区緑1丁目では新聞を待つ犬が。銀座8丁目の花屋さんの入り口ではブルドッグが蝶タイ締めていた。人形町の甘酒横丁では店の宣材を入れた籠を加えた犬が。パンダは上野だけではないよと中央区堀留町の中華屋ではお掃除の間パンダは外で休憩。東上野1丁目で見かけた恐竜。なんとザウルス!渋谷区恵比寿西のエステサロンではライオ [続きを読む]
  • 「夕刊フジ」10月12日発売分、服を寄付するおすすめ!
  • ビジネスマンがリタイア後に今まで着てきたスーツをどうしたらいいのだろうか。スマホのアプリで個人的に売ることが出来るなどと思ったらまず無理だと考えた方がいい。郵送料自分持ちで、販売代行の業者に売買金額の10%取られる。着てくたびれたスーツは500円で売れたら上出来だと思う。そのスーツを買った人に贈る送料と10%の手数料を考えたら労多くしてということとなる。フリーマーケットに出展してなどというのも出店 [続きを読む]
  • 「alpha PR」2018春夏展、”loomer”、”Graphpaper”
  • 「alpha PR」2018春夏展へ。http://www.alpha-tokyo.com ”loomer”ブランドは、日本最大の毛織物産地・尾州地区で50年以上続いた機工場のアイデンティティーを引き継いで新たな素材作りを始めて13年になる機屋のT'acca inc.と(株)alphaを主宰する南 俊之さんとの協業による2017秋冬ものからスタートしたファブリックブランド。世界中からより良い素材を直接買い付けていねいに織り上げた「プロダクトライン」と、過 [続きを読む]
  • 「岡西佑奈展 無〜あるが儘〜」、若く美しい書道家の展覧会、吉井画廊
  • 若い女性の書道家が増えている。銀座の”吉井画廊”で10月21日(土)まで「岡西佑奈展 無〜あるが儘〜」が開催中だが、岡西佑奈さんは元タレントであっただけに美しい人だ。書ももちろんすばらしく、天は二物を与えたなと思ってしまう。”吉井画廊”は銀座の数寄屋橋交差点から新橋方面に向かって左側を歩いて行くと、民芸品の”たくみ”を通り過ぎるとすぐにある。新橋駅からだと右側に。新橋からの方が近い!日曜休廊。書とい [続きを読む]
  • 宝蔵門、小舟町の大提灯、オレンテくん、入れ墨キユーピー
  • 久しぶりの浅草散策。雷門から仲見世通りを抜けて行くと、浅草寺本堂の手前に大きな門が見える。小舟町と書かれた大きな提灯が見える門。宝蔵門と言って2階に浅草寺の宝物が収納されているそう。小舟町と書かれた大提灯は、日本橋の小舟町に魚河岸があった時代から寄進されたもの。それを引き継いで日本橋小舟町の人たちが寄進し続けているもので、今のものは平成15年10月に寄進されたもの。浅草寺には大提灯がいくつもあるが [続きを読む]
  • Ambiance(アンビアンス)2018春夏展⑤、「divka」、「ko haction」
  • 「divka(デュウカ)」(デザイン=田中崇順さん、パターンカッター=松本志行さん)は既に展示会を開催していて、それについては9月15日のブログを見ていただきたい。世界的な活動をしている「divka」だが、Ambianceにも参加している。http://www.divkanet.com選び抜いた国内の産地でのオリジナルのプリントやジャカートの生地に加えて、独創的なカッティングで魅了する服作りをしている。左から松本志行さん、田中崇順さん。 「ko [続きを読む]
  • シロシキブ(白式部)、駒沢小学校
  • 今日の”庭の木と花”の中でムラサキシキブ(紫式部)を紹介したら、フェースブック友だちからシロシキブ(白式部)というのがあるんだそうですという知らせが!そういえば昨日駒沢小学校のところで、白いのを見かけたことを思い出した。あれがシロシキブだ!というので家から300歩超の駒沢小学校へ行った。あった。すごく大きな木に白い粒粒がいっぱい実っていた。シロシキブは美しいなあと思った。駒沢小学校では運動会をやってい [続きを読む]
  • 庭の木と花、カポック、ミカン、ムラサキシキブ、ハナトラノオ
  • 雑草園と呼ぶにふさわしい庭はいろんなものを植えている。それらが花を咲かせたり、実となったりと見ていて楽しい。 カポックは植木鉢で40センチぐらいのものを買ってきたが、今では3メートル超の大きさになった。そして実が色づいてきた!9月初旬で実が緑。9月下旬に黄色くなってきた。9月末には赤くなってきた。間もなく紫色となる。 ミカンの木はこれも鉢植えで買ってきたものを地植えにしたら高さ3.5メートルぐらいと [続きを読む]
  • 六本木の古民家、以前はラーメン屋だった面影が、東京ミッドタウン
  • 六本木へはあまり出かけない。ユニクロやGUのプレスルームへ行くか、グランドハイアット東京へ仕事で出かけるぐらい。以前から気になっている民家が東京ミッドタウンの真ん前の裏通りにある。以前はラーメン屋であった建物で、たまに六本木へ出かけると通りからのぞいてみて、まだあるなどと思っている。写真は2週間ほど前の光景。ラーメン屋の面影が残っている。敷地はけっこう広い古民家。私はラーメンを食べないから、ラーメン [続きを読む]
  • Ambiance(アンビアンス)2018春夏展③、「yoso」、「moi-meme」
  • 「yoso(ヨーソー)」ブランドの本郷佑佳さんは、パリで活躍している人で日本で初の展示会。「東京とパリでのパターンナーの経験を基に、感性と技術の両極からアプローチした奥行きのある服を提案。一見見落としがちなディテールにまで気を配り、大人の遊び心を織り込んだデザインに仕上げています」と本郷さんは資料に書いている。http://www.yosodesign.frオリジナルの素材と既成の素材とが同じ作品にあるのもおもしろいなと思った [続きを読む]
  • Ambiance(アンビアンス)2018春夏展②、「Ventriloquist」
  • 「Ventriloquist(ヴェントリロクイスト)」は、根本貴史さんと伊藤里恵子さんの二人によるブランド。ブランド名は”腹話術師”という英語だが、それには自分たちから話しなくても作品からなにかを感じとって欲しいという願いが込められている。コレクションには熟練した日本の職人が時間と手間をかけて制作している!http://www.studio-ventriloquist.com2018春夏コレクションのテーマは”BOTANICAL RHAPSODY”で、イタリア人画 [続きを読む]