間取りデータバンク さん プロフィール

  •  
間取りデータバンクさん: 家作りブログ
ハンドル名間取りデータバンク さん
ブログタイトル家作りブログ
ブログURLhttp://madrix.biz/
サイト紹介文間取りデータバンク担当設計者の日記
自由文間取りデータバンク担当設計者の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/10/20 11:17

間取りデータバンク さんのブログ記事

  • 年賀状は明治時代に定着した
  • 現在では年賀状からメールやラインなど様々な挨拶になっています。「年賀状」を送るようになったのはいつからというと岡本綺堂の「年賀郵便」によれば「日清戦争」後あたりからだと伝えています。明治時代には年賀の挨拶というのは歩いて訪問して行うのが通常で、手紙で済ますのは失礼であったようです。男は外に出てあいさつ回りをし、女が挨拶を家で受けるというのが通常という様子です。そのため正月には街中はかなりの賑わいだ [続きを読む]
  • 間取りがうまく進まないのはなぜか?
  • 今回はなぜ間取りがうまくできないのかといったことについてお話ししたいと思います。間取りの無料サービスをやってると工務店に頼んでるんだけどなかなかいい間取りが出ない。もうハウスメーカーに頼んでるんだけどなかなか前に進まないと言ったことが書いてあります。私も設計事務所て何日も書き続けてなかなか前に進まないと言ったことはあるんですね。敷地が狭すぎて入らないとか要望がこの金額に合わないとか延べ床面積に入ら [続きを読む]
  • 最も美しい金閣とは
  • 金閣という観光地があります。金閣は秋のシーズンとか季節の良い時はとても混んでるわけです.でも私がですね一番思い出に残ってるのは雪の日の金閣です。めったに雪が降ってるというわけでありませんから真っ白になるぐらい雪が降った時に金閣に行くともう一面ですね白い中に金額が浮かび上がるような非常にですね美しいですねそしてしてもあまりないです人があまりないこの贅沢さ寒ささえ我慢すれば一番綺麗な金閣が見れるんじゃ [続きを読む]
  • 大きな会社の設計士が資格を持っていなことがある(怒)
  • 大きな会社の設計部にいる人は全部建築士と限らないということを伝えたいと思います。というのはですね今日ある会社からメールが来てこの図面間違ってませんかといった内容だったんですね3階建ての住宅の法規についてだったんですけれども間違ってたかもしれませんと思ったんですが調べたら間違ってなくてですね相手が古い情報でこの図面、間違ってません?ともっと強い文体ですけどね文句をつけてきたわけですよでちょっと気づく [続きを読む]
  • 高速バスが安かった
  • 今回は新幹線と高速バスの価格が安かったのでその紹介ですね新幹線で東京名古屋間を予約するとですねいくら 新幹線の予約が10360円高速バスが3150円両方とも安いですね!!びっくりしましたまあ12000円ぐらいかかるかなと思ったので 片道ねところが高速バスで行くと時間はかかりますけれども3150円もう8000ぐらい安いってことですねそこで片道を高速バスにして ま ゆっくり行こうということにしましたそしてホテル代を捻出して [続きを読む]
  • 街路樹で紅葉狩り
  • 街路樹もすっかり色づいてもう落ち葉になり始めました。今年は紅葉狩りにも行っていないほどあわただしい。仕事ばっかりしている感じですね街路樹って誰がはじめたのかわかりませんが歩道を歩いているだけで季節楽しめるのでとっても普段の生活や気分を上げてくれます。イチョウの黄色も綺麗だったのですがそれは写真とってない。黄色とか緑とかオレンジや赤目が楽しいですね [続きを読む]
  • ジョーブログのジョーさんの最新刊
  • 「怒られる技術」の本購入しました。といってもキンドル版をスマホでダウンロードしたら読み放題にしてあったので無料でした。著者は ジョーブログのジョーさんの最新刊プロ奢ラレヤー さんの共著11/13日に出たばっかりで熱いです。内容はというと――――――――――第1章批判者はハエ第2章アンチいない奴はフェイク野郎第3章怒られない奴は無価値第4章アンチのおかげで今日もメシウマ――――――――――-完全に炎上商法 [続きを読む]
  • 無料間取り作成の送付状況について
  • 最近の間取りの依頼状況と送付の状況ですが一週間ぐらいで間取りを送付できていると思います。返信メールには2週間を目安にしてくださいという内容を書くのですが混雑しているときにはそうなります。というのも、無料のプランニングサービスは週に3〜4件くらいのペースで送付していますが実際に設計事務所に依頼され建てる前提での依頼の案件も週の大半を使って図面を書いているという状況だからです。設計事務所に依頼されるプ [続きを読む]
  • 映画はお昼休みに見るものじゃない
  • お昼休みに家に戻って食事ドラッグストアで冷凍の生パスタエビソースが150円だったので試してみました。「普通にうまい」カップ麺を食べるよりよっぽどいい。そしてどうでもいい話ばかり繰り返す昼のテレビを見る気にもなれずamazonプライムで「三度目の殺人」を見始めました。お 面白そうといったところで 1時間経過自分で設計事務所やってるのでべつに2時間しっかり見てから事務所に戻ってもよいのですが今日はどうしても仕上 [続きを読む]
  • 金色は暗い場所で見ると美しく見える
  • 谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」(いんえいらいさん)と言う随筆にて薄暗い中で見ると美しく見えるものに金色があるという記載があります。金色の蒔絵のある入れ物や金を織り込んだ衣服も明るい場所よりも暗い場所で見ると美しいと言うことなのです。こうした文章を読むと新しい元素記号や化学式を発見したような気持ちになります。地球が実は球体だよと教えられたりすると、いつも見ていたものが違って見えるようになるものです。金色の [続きを読む]
  • 住宅の予算を値切ると住宅ローンが増える
  • 家の設計をするうえで大事になってくるのがコスト管理です。住宅のように大きな出費の買い物になると自己資金以上に予算オーバーで購入することは不可能です。洋服や食事代であれば予定の金額をオーバーしても気にいったデザインのものや味の物を手に入れるということはあります。家や車の場合、予算オーバーすることが不可能であったり、借り入れを増やした場合、後で生活を困窮させることから、予定していた予算内で収めることが [続きを読む]
  • お盆中も無料の間取り作成サービスします。
  • 無料で間取り図作成を行って長くなります。最近はフェイスブックなどのコミュニティーでも間取りの評価をいただいています。設計事務所の業務はあす土曜日からお休みしますが、間取りデータバンクのほうは、お盆も間取り図を休まず作るかな?とも思っています。有料版のほうも好評をいただいており、公開されていない間取りのほうでもリピートしていただく方も増えました。有料版のメリットは早期納品が可能でで5日以内に早くプラ [続きを読む]
  • 猛暑に耐える家作り
  • 猛暑が続いています。今日は採光に暑いと言うTVのニュースを見て早々と心が折れそうになっています。会社に行ってパソコンの前でメーチェックして間取りの作成に入ろうと思ったのですが私の席って暑いのです。日当たりが良いのが好きなので窓のそばに席があるのですが昔のサッシなのでガラスが二重ではなく単板これが複層ガラスでガラスがLOW-Eなど熱線反射の機能があればもっと涼しくいられたと思います。暑さや寒さの対策で壁や [続きを読む]
  • メールで分かる家作りで成功する人失敗する人
  • 住宅の設計をしていると思うこと。最初の要望のメールやアンケート用紙を見ただけでその方の印象やどのような性格なのかが分かるようになってきます。他の職種でもいっしょだとは思います。メールの文面で、大体きちんとしていればまともな人間であるのが分かると言うものです。紙にペンなどで書いてあれば筆跡などでもより分かります。殴り書きしてあると家作りの先行きを心配してしまいます。住宅の要望を書くときにありがたいの [続きを読む]
  • 近江八幡で感じた昔の日本の風景
  • 近江八幡に行ってまいりました。琵琶湖のそばの歴史ある町で、水上交通があった古い日本の風景が残っています。昔の日本の街は道はありましたが物流に船を使っていたので、ほとんどの都市にはこのような風景が存在していたと思います。今は東京も大阪も名古屋も大分道路の下にあるのではないでしょうか?素材も漆喰の白い家やモノトーンの色調で和風の風合いが素敵です。看板や電柱のある風景に慣れているので観光で来ると、なるほ [続きを読む]
  • 地震があると役に立つもの
  • 大きな地震があると家の耐震性が気になります。地震があった地域だとそんなことも言っていられなくなっているかもしれません。交通機関が麻痺したり、ガスや電気水道が止まるなど生活に支障をきたしてしまうからです。東日本の震災では長期間停電してしまったり、交通機関や道路すら遮断されてしまいました。友人に電話したらガソリンが欲しいと言われてこまってしまったことがありました。関東では夜間も照明が付かないのでLEDラ [続きを読む]
  • 奈良の唐招提寺へ行ってきました
  • 奈良に行ってまいりました。午前中は唐招提寺へ唐招提寺と言うと、学校の授業の日本建築史を思い出しちゃいます。授業や教科書で見るのは退屈ですが実物はやはり味わい深いものがあります。唐招提寺はなにせ国宝の集まりですからどこを歩いても建物は国宝だらけといった感じです。金堂 講堂 鼓楼 宝蔵と経蔵までも国宝なのです。地味にこの宝蔵と経蔵はかっこいいので現代でも、モダンに感じてしまいますね。御影堂は改修中で、 [続きを読む]
  • ショパンのバラード
  • 今日は仕事中に聞いている音楽の話です。ちょっと疲れたときとか癒されたいとき聞くのが、ピアニストの辻井伸行さんです。あまり知らないという方はYOUTUBEでラフマニノフのピアノ協奏曲2番を検索して聞いていただくと泣きます!目から涙があふれます。で、辻井さんのアルバムは全部聞きましたが音がですね、他の有名なピアニストとは違って疲れないんです。ショパンのバラード1なんかを聞いてもらうとあぁ 違うなってわかります [続きを読む]
  • 最近の間取りの悪いところ
  • 昔の家の間取りにリビングとダイニングを分けてあるものがあります。最近はインテリアを広く見せるためにリビングダイニングキッチンとして広くする傾向があります。実際にはリビングの音がダイニングに聞こえたり逆にキッチンの音がリビングに聞こえて、テレビと洗いものの音がバッティングするなどの障害もあります。リビングでくつろいでいるときにダイニングキッチンから食べ物の匂いがするということもあるでしょう。同じ時間 [続きを読む]
  • 無料で間取りを作ることが爽快であること
  • 間取りデータバンクの間取りをつくっているととても爽快に思うことがあります。それは間取りデータバンクのプランが無料と言うことです。しかも、他で建築していただいてよいと言うのが前提でプランを自由にアレンジしてつかっていただいています。これの何が爽快なのか?ということそもそも、ハウスメーカーや設計士に間取りを依頼するとき大抵の人は無料と思っています。でも間取りを作る側のほうはどうでしょう?住宅の受注や設 [続きを読む]
  • 若い建築士は信用されにくい
  • 先日 一級建築士の更新してきました。一級建築士って3年に1度更新があるんですね。運転免許と違って 丸一日講習を受けてテストがある。。。。。。。。。といってもテストに落ちる人はほぼいないです。 これがですね。 とても退屈 そして、周りはおじさん率高い。そして、スーツ着ている人がいない。 自由なのか? 私は20代で一級建築士とりましたがうーん、30代前半だと中には信用してくれない人もいましたね。 ちゃんと一級建 [続きを読む]
  • 桜の見える窓のある家を作りましょう。
  • この間まで寒いと思っていたら今週は暑すぎるぐらいの天気が続いていますね。近所の桜の木も8分咲き位で見ごろになってきました。この季節になると窓から桜が見えるとうれしいですよね。実は住宅の窓から見える景色って大事で企画住宅のいけないところは窓からの景色を想定していないことその点、オリジナルの間取りは窓の外の景色にあわせて大きく開いたり、逆に視線を感じないように小さくしたり、高いところにしたり低い位置に [続きを読む]
  • 住宅を作るときに損をしない方法
  • 要望を伝えること住宅の間取りを作るときに見るのが依頼者の要望です。要望が明快であれば明快に回答が返せます。要望がわかりにくければわかりにくいプランになります。多くの要望をして申し訳ないといった文面をメールでいただきますが要望の多いのは設計者は別に問題はないのです。問題があるとすればそれはコストの問題だけです。コストを抑えながらいろいろするためにはどうするべきか?という問題にあたります。私は毎日多く [続きを読む]
  • そうだ部屋干し部屋干し室をつくろう
  • 部屋干し室を作ってくださいという要望は時々いただきますね。雨の日に干せるとか、花粉症に良いとか仕事しているので部屋に干して外に出たいとか理由はいろいろです。実際に建って見るとこれがすごく便利そう。このスペースがあるだけで家の中が方付くのですよね家の中が方付くと言えばリビングに壁面収納を作ることですね奥行きは30cmもあればよいし簡単な引き違いの扉で大きな扉にすればほとんど壁にしか見えませんね。これも [続きを読む]