間取りデータバンク さん プロフィール

  •  
間取りデータバンクさん: 家作りブログ
ハンドル名間取りデータバンク さん
ブログタイトル家作りブログ
ブログURLhttp://madrix.biz/
サイト紹介文間取りデータバンク担当設計者の日記
自由文間取りデータバンク担当設計者の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 267日(平均1.6回/週) - 参加 2012/10/20 11:17

間取りデータバンク さんのブログ記事

  • ショパンのバラード
  • 今日は仕事中に聞いている音楽の話です。ちょっと疲れたときとか癒されたいとき聞くのが、ピアニストの辻井伸行さんです。あまり知らないという方はYOUTUBEでラフマニノフのピアノ協奏曲2番を検索して聞いていただくと泣きます!目から涙があふれます。で、辻井さんのアルバムは全部聞きましたが音がですね、他の有名なピアニストとは違って疲れないんです。ショパンのバラード1なんかを聞いてもらうとあぁ 違うなってわかります [続きを読む]
  • 最近の間取りの悪いところ
  • 昔の家の間取りにリビングとダイニングを分けてあるものがあります。最近はインテリアを広く見せるためにリビングダイニングキッチンとして広くする傾向があります。実際にはリビングの音がダイニングに聞こえたり逆にキッチンの音がリビングに聞こえて、テレビと洗いものの音がバッティングするなどの障害もあります。リビングでくつろいでいるときにダイニングキッチンから食べ物の匂いがするということもあるでしょう。同じ時間 [続きを読む]
  • 無料で間取りを作ることが爽快であること
  • 間取りデータバンクの間取りをつくっているととても爽快に思うことがあります。それは間取りデータバンクのプランが無料と言うことです。しかも、他で建築していただいてよいと言うのが前提でプランを自由にアレンジしてつかっていただいています。これの何が爽快なのか?ということそもそも、ハウスメーカーや設計士に間取りを依頼するとき大抵の人は無料と思っています。でも間取りを作る側のほうはどうでしょう?住宅の受注や設 [続きを読む]
  • 若い建築士は信用されにくい
  • 先日 一級建築士の更新してきました。一級建築士って3年に1度更新があるんですね。運転免許と違って 丸一日講習を受けてテストがある。。。。。。。。。といってもテストに落ちる人はほぼいないです。 これがですね。 とても退屈 そして、周りはおじさん率高い。そして、スーツ着ている人がいない。 自由なのか? 私は20代で一級建築士とりましたがうーん、30代前半だと中には信用してくれない人もいましたね。 ちゃんと一級建 [続きを読む]
  • 桜の見える窓のある家を作りましょう。
  • この間まで寒いと思っていたら今週は暑すぎるぐらいの天気が続いていますね。近所の桜の木も8分咲き位で見ごろになってきました。この季節になると窓から桜が見えるとうれしいですよね。実は住宅の窓から見える景色って大事で企画住宅のいけないところは窓からの景色を想定していないことその点、オリジナルの間取りは窓の外の景色にあわせて大きく開いたり、逆に視線を感じないように小さくしたり、高いところにしたり低い位置に [続きを読む]
  • 住宅を作るときに損をしない方法
  • 要望を伝えること住宅の間取りを作るときに見るのが依頼者の要望です。要望が明快であれば明快に回答が返せます。要望がわかりにくければわかりにくいプランになります。多くの要望をして申し訳ないといった文面をメールでいただきますが要望の多いのは設計者は別に問題はないのです。問題があるとすればそれはコストの問題だけです。コストを抑えながらいろいろするためにはどうするべきか?という問題にあたります。私は毎日多く [続きを読む]
  • そうだ部屋干し部屋干し室をつくろう
  • 部屋干し室を作ってくださいという要望は時々いただきますね。雨の日に干せるとか、花粉症に良いとか仕事しているので部屋に干して外に出たいとか理由はいろいろです。実際に建って見るとこれがすごく便利そう。このスペースがあるだけで家の中が方付くのですよね家の中が方付くと言えばリビングに壁面収納を作ることですね奥行きは30cmもあればよいし簡単な引き違いの扉で大きな扉にすればほとんど壁にしか見えませんね。これも [続きを読む]
  • 住宅の営業マンが書いた間取りでは満足しない理由
  • 無料の間取り作成サービスを続けていると、ハウスメーカーの営業マンが住宅の間取りを書いてくれたが気に入ったプランが出てこないと言う例があります。確かに経験があって長年住宅に携わっていると間取りを描けるようになっている方もいるかもしれません。でもそれは作曲をお願いしたら、担当者が書いてきました!といっているのと同じ現象です。小説家に依頼したら、担当者が私もできるので書いてきました!といっているのと同じ [続きを読む]
  • 引越し難民、急増ってほんと?
  • インターネットのニュース見てたら引越し難民のニュースをやってました。人手不足で引越し業者が手配できず、引越しできなくなって難民化するというもの。本当なのかしら?と疑ってしまいます。なんだか、引越し業者の陰謀のような気もしますが実際に予約できないとなると、それはそれで困りますね。以前、私が引越ししたときの話、良くネット広告で見かける引越し業者を比較するサイトを使ってみました。今ではテレビで宣伝もして [続きを読む]
  • 三階建ての建てられる用途地域
  • 3階建ての住宅は狭い土地を有効に活用できるので2階建てだと実現不可能な葉や数や建物の大きさも広くすることが可能になります。3階建てを建てるにあたってチェックしたいことがあります。それは土地に斜線制限がかかっていないかです。3階建ての建物は高さが2階建てよりもあるので1週低層住居地域や2種低層住居地域など軒高の制限がある地域、北側から斜線ががかる敷地では建築ができません。また高度地区などのさらに斜線制限に [続きを読む]
  • 風邪を引かない二つの方法
  • 事務所で仕事をしていると、周りの人の咳が気になったりしています。これだけ、ゲホゲホしていると、会社を休んでもらったほうが良いのですが、休まず仕事をしている人を責めるわけにも行かず風邪のウイルスをうらむしかないといったところです。インフルエンザなど風邪引きが多くなる季節ですが私なりの予防法と言うのはあります。ひとつは、運動をするということですねかぜの引き始めはこれが効くとテレビでやってました。体温を [続きを読む]
  • 土地選び 優先順位
  • これから土地を購入するというお客さんと土地を見に同行しました。結局ピンと来なかったみたいでプランすることはなさそうです。インターネットで間取りデータバンクがしている無料のプランニングサービスは全国なのでグーグルのストリートビューなどでみています。本当は実際見たほうが周りの家の窓の配置とか光の当たり具合とか土地に雰囲気がつかめるので間取りしやすいのですけどさすがに 無料で全国へ出張するわけには行きま [続きを読む]
  • 外壁コーキングの劣化
  • 先日、以前建築した施主と会う機会がありました。メンテナンスで訪れたわけではなく、たまたま、お仕事のつながりで久しぶりにあうとやはり、建築後10年すぎると外壁のリフォームを考えていると言うこと塗装を工場でしたサイディングなので塗装はまだ大丈夫と言うことでした。でも間を埋めてるコーキングが劣化してるのだそう。そうなんですよね。あれってどこの家でも劣化しちゃう。隙間がなければいらないのにどこかしらつぎめ [続きを読む]
  • 住宅取得の費用
  • 2月はまだまだ寒く、外に出ると肌がきりっとするくらい。年内に完成の予定で家作りの計画をすると今ぐらいから会社探しをして、梅雨明けに着工ぐらい。住宅をつくろうとすると予算の確保が必要設計費用と建築工事費土地に家が建っていれば解体費用斜面になっていたり、ブロックが壊れていれば造成工事費家のお金以外にも照明費用・カーテン費用・エアコン費用が必要です。テレビなどの家電やベッドやソファーなどの家具類のお金も [続きを読む]
  • 上品な施主と下品な施主
  • 家を建てるときにできるだけいろいろなことに多く関わりたいと言う方とあまり面倒なことはしたくないので楽に建てたいという人がいると思います。プロにお任せしておけば、面倒なことはなくスムーズに行くでしょうし自分の意向を入れて、行こうとすればそれなりに労力はかかります。家作りを依頼するということは、プロに任せると言うことなので信頼できる人や会社に頼めば、より安心感が生まれますね。私が思うに総合プロデュース [続きを読む]
  • 間取りの中に空間も時間も存在する
  • 映画のメッセージを見てふと気がついたことがあります。メッセージと言う映画はブレードランナー2049の監督ドゥニ ヴィルヌーヴ監督の作品です。話は未確認飛行物体の中に入って未来人なのかエイリアンなのか分からない巨大なイカのような生物とコンタクトするのですがそのときに相手の使う言葉が墨で書いた円なのですねそのときに墨のはね具合や飛び散りでいろんな意味を持つと言うお話。墨の円を理解してくるとその中に空間や過 [続きを読む]
  • 結露対策
  • 寒さにも大分慣れてきました。設計事務所で仕事をするのに暖房をエアコンでしていますが足元は少し寒いですね。今年は冬用のスリッパを新調して使っているのでいくらかあたたかくてよいです。そして事務所は冬になると窓ガラスに水滴が付きます。結露というものですね。住宅は最近は複層ガラスになって結露しにくくなりましたが、事務所は1枚のガラスなので暖房すると結露します。水滴はサッシの下に結構たまってますがあふれて床 [続きを読む]
  • 畳の部屋をおしゃれに作る
  • 和室を作る家と作らない家がありますが、小さな畳コーナーだけでも和室がほしいと言う方も多いようです。和室と言うと畳式になりますが、昔のように表面は伊草ではなく色の付いた強化された紙でできている畳が主流だと思います。内部もスタイロフォームなどの自然素材ではなくなっています。では本物のほうが快適化というと実際はダニなどの住処になってしまうので今の畳のほうが衛生面では安心感があります。色も自由に選べるので [続きを読む]
  • ペットルームのある家
  • 家の外に出るともう雪は降っていないけど道路が凍結していました。ワンちゃんの散歩していたら、滑ってましたね。4輪ドリフトならぬ 4脚ドリフト走法です。そういえばワンちゃん毛はふさふさだけどそれって、寒いよね。でも服着せると嫌がるしね。ワンちゃんといえば、ワンちゃんや猫ちゃん用のペトルームのある家もいくつか設計しましたね。床は滑りにくい床材、無垢材が多いですがビニル系の材料のほうが本当はふき取りやすく [続きを読む]
  • サイトスピードもだいぶ改善
  • ブログって便利です。最近はワードプレスを使っていますが理由としてはスマホで見やすくして皆さんに見ていただくためです。以前のHTMLのページは1ページごと更新しなくてはいけないので訂正も大変なのでちょっと置いてました。今週ちょっと手を入れてスマホでも見やすいようにツーカラムからワンカラムにしました。サイトスピードもだいぶ改善されたので、みなさんのスマホでもスピードをもって見れると思います。HTMLのコードを [続きを読む]
  • 地下熱を使うと冬暖かく夏涼しい
  • 多くの場所で雪が降って凍結している部分も多いと思います。凍結すると玄関タイルなども滑りやすくなるので注意が必要になってきますね。雪が降るともっとざらざらしたタイルにすればよかったとか滑り止めのことも気になってくるところです。寒い地方だと水を使わないときは元栓から締めないと水道管が凍ったりするぐらいです。話は変わりますが、新潟のお話新潟のあるお宅では雪でも池の水はそのままで鯉は水槽に移さずに外にいま [続きを読む]
  • 戸建て住宅は寒い
  • 今日から大分冷え込んできました。雪になっているところも多いのではないでしょうか?昔の住宅は完成して検査で冬訪れると足元からぞくぞくするくらい寒いことがありました。打ち合わせのときは冬の寒さ対策で床の断熱を倍の厚さにすることや夏の暑さ対策で屋根の断熱を倍の厚さに提案していましたね。それで数字的は大分違ってきますから効果はあったと思います。最近では断熱の基準があがってから大分よくなりましたから最初から [続きを読む]
  • 間取り診断サービス
  • 無料の間取り作成サービスを続けていると大抵の場合はまっさらなところからのプランになり、要望を取り入れてつくることになります。多いのは、検討中の土地があるので要望が入るか見てみたいというものです。まれになのですが、メールに現在計画中のメーカーさんや工務店さんのプランを添付してくださる方もいます。この間取りを要望の坪数に収めたいと言うものや気に入っていないので全く別の提案が欲しいと言う場合です。もっと [続きを読む]
  • エリクサ届きました。amazon echo dot レビュー
  • amazon echo dot予約して申し込んで、しばらく忘れていたころに買ってもいいよみたいなメールが来たので購入昨日 やっと届きました。感想を一言ちっさ!!想像よりかなり小さいです。早速設定してみると。これが、なかなかうまくいかない。四苦八苦してやっとWIFI接続に成功接続まで、1時間くらいかかったかな。マニュアルみたいなものをネットで見ながらスマホでアプリの案内見ながら設定するのだけど英語多すぎ。できないわ [続きを読む]
  • 雪の重みで家がつぶれる
  • 最近は雪の重みで屋根が落ちたり家がつぶれると言うニュースはほとんど見なくなりましたが、昔のニュースではちらほらありました。ほんとに?ほんとです。デパートの屋上が雪の重みで落ちたりアーケードの屋根がつぶれたりしていました。鉄筋コンクリートでも重量に耐えられないことはあるのです。アーケードなんかは雪国に向いていそうで、本当は向いていないんでしょうね?都会の設計事務所が雪国で設計した建物で入り口に滑りや [続きを読む]