すーさん さん プロフィール

  •  
すーさんさん: すーさんの徒然日記2
ハンドル名すーさん さん
ブログタイトルすーさんの徒然日記2
ブログURLhttps://ameblo.jp/suzugamba
サイト紹介文ガンバ大阪と男の手料理の記事を中心に思いのままを書き連ねるお気楽ブログです。時々毒も吐いてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/09/25 19:12

すーさん さんのブログ記事

  • いずれは来るだろうけれど。
  • 我がガンバの遠藤の移籍話が報道されました。長崎、福岡、京都が調査をしているというものでした。 その後の報道では、本人は「契約が1年ある」ということでガンバでプレーすることを前提にしている内容の発言があったようです。一方で古巣でもある京都は懐事情でありえないということも報道されました。ただ、長崎はどうやら移籍金の支払い含めて本格的に獲得に乗り出すような報道もされました 大先生も現在37歳。年が明けると [続きを読む]
  • いよいよ決まりのようです
  • 長谷川監督はどうやら来季はFC東京の監督に就任のご様子。12月2日のJ1最終節は味スタでFC東京とガンバの対戦ですが、スタジアムには複雑な空気が流れそうですね。。。メンバー紹介の時には味方からブーイング、敵から拍手とかになりそうな。。。ま、観に行かないので、現地の皆さんのレポートを楽しみにすることにします。そして、ウチはいよいよクルピですか。年俸が1.7億とか2億とか。。。個人的にはネルシーニョが [続きを読む]
  • 引き分けでOKの感覚(17J1-31 ガンバ大阪VSベガルタ仙台)
  • 先週に続いて台風が接近する週末。ホームでの仙台戦でした。前週の埼スタに比べればマシだったとは思いますが、それでも結構な雨の降りようでしたし気温もやや低めとなりました。 ガンバさんはけが人がさらに増えてウィジョが欠場。倉田は骨折してるけど強行出場。とりあえず、けが人だらけです。 さて、試合ここまで30試合戦って、こんな感じですから、ここに来て劇的に何かが変化することが期待できるわけでもなし。案の定、攻 [続きを読む]
  • 無事に残留確定(17J1-30 浦和レッズVSガンバ大阪)
  • 台風接近の中、開催されましたね。。。すみません。DAZN観戦でした。 中3日の浦和に対し、1週間空いてるガンバ。とてもそうとは思えない低調な前半。よく0−0で終わりました。 そして後半、点の取り合い、どつきあいとスコア的にはみえますが、内容的には決して互角にどつきあってる感じではありませんでしたね。いや、よく頑張りました。よく3点もとりましたよ、ほんとに。しかもウィジョ、赤?、呉屋。フォワード3人ですからね [続きを読む]
  • 希望はもう一度作り直したほうが・・・
  • 希望の党はなぜ失速したのでしょう 立ち上がった時には面白いことになるのかなと思ったのですが残念な結果となりました。その原因について、巷では色々といわれています 1.「排除」は原因か個人的にはこれは違うと思っています。受け止めによっては「何様やねん?」という意見もあるとは思いますが、これを原因とするのは浅薄かなと思います。本来政党は同じ主義・主張をもとに志を同じくする人達によって構成されるものだと理解 [続きを読む]
  • 「首折り男のための協奏曲」
  • 『首折り男のための協奏曲』 伊坂幸太郎著 一回読むの途中でやめたんです。というのは、短編ってことを意識せずに読んでて、話がつながるようでつながらないもんだから、頭の中「???」になって。。。 その後に本屋に行ったら「新潮文庫の100冊」の帯がついてたもんだから、あらためて読み直してみました。短編ってわかった上で読めば面白い(不思議な感じですが)です。 もちろん短編なのでそれぞれストーリーが独立してます [続きを読む]
  • 戦争と平和
  • 巷のイメージでは戦争したい人って感じなんでしょうね百田尚樹氏の「戦争と平和」 百田さんは反戦です。そして愛国です。 一部の方にはこの組み合わせは理解できないのかもしれませんが、これを読めば理解できるでしょうけど、百田さんのことが嫌いな人は読まないのでしょうけどね。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • さらに気持ちを逆撫でされてます
  • 長谷川健太の後任についての記事をみました。 これまでに名前が挙がったのはトニーニョセレーゾ、ネルシーニョ、オリベイラ、ホンミョンボ、そしてクルピ。 事実かどうかはわかりませんが、クルピに絞り込んだかのような内容の記事。 ないわ、それはないわ クルピが監督として悪いと言ってるわけではありません。彼が日本でどこの監督をやってたのかということです。 ガンバサポの中でも、何とも思わない人もいるでしょう。彼の手 [続きを読む]
  • 弱気の虫(17LC-SF ガンバ大阪VSセレッソ大阪)
  • こんな気分で記事書くことは想像してませんでした。というか、決勝の足と宿を確保してテンションアゲアゲになってるはずだったのですが。。。 ルヴァンの準決勝を迎えるにあたってガンバとしては代表選手で5人抜かれ、けが人も続出。U23チームからトップへの昇格組がメンバー入りするかなり難しい事態にはなっていましたが、それはそれ。 まずは長居での第1戦赤?の思い切ったシュートで先制。遂に決めてくれました。しかし、追い [続きを読む]
  • 絶望感に打ちひしがれる(17J1-28 ガンバ大阪VS横浜Fマリノス)
  • なんと表現したらよいのやら。。。先日「閉塞感」というタイトルで書きましたが、そんな生易しいものではなくなってまして、「絶望感」といったところでしょうか。。。 いや、前半は決して悪くなかったのです。鹿島戦もそうですが前半はかなり「戦って」いると思うのです。しかし、ミスが相手の得点に直結するわけで、この日もミスがらみのカウンターで先制されました。センターバック二人のミスはありましたが、そもそもはジェソ [続きを読む]
  • 希望の党に希望は持てるか
  • 衆議院が解散し、いよいよ選挙モードに突入です。 「大義がない」「モリカケ隠し」などと陳腐というのか愚かな批判を野党がしていました。あれだけ、安倍おろしに躍起になっていて、いよいよそのチャンスが来たのに解散を批判するって、政権獲りたくないのか?安倍さんを首相から引き摺り下ろしたくないのか?と。。。 で、若狭勝氏と、先に民進党を離党していた細野豪志氏を中心に新たな政党作りがはじまるや、次々と合流者が。こ [続きを読む]
  • リアルにやばい。
  • 後半戦の失速ぶりがひどくて、監督解任された浦和にも遂に抜かれてしまいました。確かにひどいのですが、どれぐらいひどいのか、どうやったらわかりやすいかと考えてみたら、去年、一昨年の2年間おこなっていた2シーズン制に置き換えたらどうなるかというのをやってみたところ。。。 今季(27節)    1st     2nd 1 鹿島61    鹿島36    鹿島25 2 川崎53    隣35     川崎21 3 柏53 [続きを読む]
  • 力と気持ちの差(17J1-27 鹿島アントラーズVSガンバ大阪)
  • 第27節は首位鹿島との対戦。自分たちの優勝はとっくになくなってますし、ACLすらも。。。という状況で、何をモチベーションにするかというと、その試合を勝つってことだけのような感じなのですが、この日は相手が鹿島。ハードルが高い。 それでも立ち上がり早いタイミングでウィジョが虚をついたシュートで先制に成功。その後も、この日TOPのポジションに入った大先生を起点に試合を作っていきます。 先制ゴールが影響した [続きを読む]
  • 無残に敗退(17EC-R16 ガンバ大阪VS柏レイソル)
  • 最近の戦いぶりからすると、柏を相手に勝つのはかなりハードルが高いことだとは思ってました。なので、結果だけでいうと自分の中では昇華できるのですが、さすがにこういう負け方はキツイ。。。 東口は今までに幾度もチームの危機を救ってくれていますが、この試合の東口は残念すぎました。。。判断ミスとキックミス、それぞれ失点に直結。 2点返しましたが、それは柏が緩んだからであって、最後は締められて逃げ切られてしまいま [続きを読む]
  • 閉塞感(17J1-26 大宮アルディージャVSガンバ大阪)
  • 今年は大宮さんの年に1度の熊谷開催にあたってしまいましたが、2013年の天皇杯でPK戦で負けるわ、帰りのバス待ちで凍えそうになるわ、散々な思い出しかないため参戦回避。 吹田スタジアムでのイベントに行こうかとも思いましたが天候悪いし結局家でダゾることにしました。 まぁ、何と言いますか、お互いにシャキッとしないというのか、球際で少し優勢な分、ガンバが押し気味で試合をすすめて井手口の先制ゴールも得ましたが [続きを読む]
  • 「あきない世傳 金と銀 <四> 貫流篇」
  • シリーズ4作目です。面白いです。ストーリーとして分かりやすく読み易い。また、小気味良く話が展開していくので読んでて飽きません。中学生ぐらいでも楽々よめるのではと思います。いや、小学生5,6年生ぐらいなら十分いけそうです。ちょっと今回は話がうまいこと進みすぎの感がなきにしもあらずではありますが。。。そして毎回最後に大きな動きがあって次の巻に続く、となるのですが今回もまた。。。ですね。。。まだまだ話は [続きを読む]
  • 「関ケ原」
  • 司馬遼太郎作品です。映画公開中ですね。かなりヒットしてるようです。読み始めたきっかけも、今回の映画化というのは影響してます。この本の前に読んでいたのが面白くなくて、途中で読むのをやめてしまったので、失敗しない作品はないかと思ったら、本屋で積まれてるし、映画化されるし、帯に有村架純の写真だし(それかい!)まずは上巻を購入、読み始めてほどなく中・下巻を購入w戦国時代の動乱期を描く小説というのはたくさん [続きを読む]
  • 「今こそ、韓国に謝ろう」
  • 最近はテレビメディアでお見かけすることはなくて、ネットが中心。歯に衣着せぬ発言ってこともあってでしょうか。でも、存在感はばっちりあります。百田尚樹氏の本です。ふざけてるのかと思って読み始めましたが、ほぉ。と思うところがたくさんでてきます。読み終わった時には謝った方がいいかもなと思ってました。何に謝るのかは本を読んでみていただければと。 [続きを読む]
  • どんな準備を?(17J1-25 ガンバ大阪VSヴィッセル神戸)
  • 代表組が帰国し、全員が先発メンバーに名前を連ねました。 立ち上がりから神戸の積極的な攻守に手を焼き思うように試合を進めることができません。とにかく動きが鈍い。そしてミスが多い戦う気持ちがないのではないかと思うほどの愚鈍な試合内容。一番頑張って戦ってるのが一番疲労しているはずの井手口ってどういうことですか??? 後半途中から投入された泉澤とウィジョが前への推進力をみせてくれ、ウィジョの突破からPKを得て [続きを読む]
  • 長谷川監督今季で退任
  • 今季限りでの長谷川監督の退任が発表されました。 シーズン終盤、試合が続く中での発表ですが、今後に向けてのアクションがしやすくなりますし、ピリッとしないチームの戦いぶりに対するカンフル剤としての効果を期待するところもあったことでしょう。 長谷川監督の詳細な戦績はいろんなところで触れられていますので割愛しますが、ガンバに多くのタイトルをもたらしてくれました。それはイケイケサッカーから脱却して守備を構築す [続きを読む]
  • みつかった
  • 井手口がみつかってしまったな。。。 本人は海外志向あるのかな?高さがないところはネガティブ要素なんだろうけど。。。 早ければこの年末移籍もあるのかもしれないね。。。 嬉しいやら悲しいやら厳しいやら。。。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 覚悟する時間
  • 北朝鮮がミサイルを放ち、我が国の上空を超えて行った。Jアラートがなり、テレビもひたすらこれを伝えた 丈夫な建物ってどこだろう。地下ってウチのマンションの地下でも大丈夫なんだろうか。。。いろんなことを考えながら、それでも普段通り通勤する。 アラートが鳴ってもできることは限られている、もちろん、生き延びるためにできることをするのだろう。一方で、これが鳴った時って死ぬことを覚悟する時なんじゃないかと思った [続きを読む]